韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

浪漫ドクターキム・サブ 8話 あらすじ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
キム・サブの笑顔に癒された8話でした。
カン・ドンジュ君よりも、キム・サブ、カッコいい~~!!

8話のあらすじです。
「この中でいちばん偉いのは誰だ」
「手術を止めろ、そうしないと、このねえちゃんは死ぬ!」
凶器は鎌みたい…

17031524.jpg

ナム先生が電話しようとしたのを見ていて、「電話を置け!」
でも、ナム先生、警察の番号を押して、そのまま会話が流れるようにしたみたいです。

病院の中に、凶器を持った男がいる、と警察が駆けつけて来ました。
手術室だ!って気が付きます。

17031523.jpg 17031522.jpg

「機械を止めて、後ろに下がってろ!」
カン・ドンジュ「みんな、言う通りにするんだ」
キム・サブ「命令がない限り、その場から動くな」
カン・ドンジュ「先輩を死なせる気ですか?」

「そいつは強姦者だ」
自分の留守中に、妊娠中の嫁と11才娘が…」(*_*)
「初犯だったから、3年だけ…仮釈放で2年後に出たんだ」
「初犯で優秀な囚人だからだって、そんなのあるか?」
「その後、女房は流産して、娘は人工肛門…(みたいな…)」えぇ~(T_T)

「それで自分自身で罰を?そうでしたか…十分理解しました」
「そうすればいいです。しかし、手術が終わるまでです」

17031521.jpg

「あなたの状況には心を痛めます」
「しかし、この患者を諦めることはできません」

「音楽でも聞くか…ビートルズがいいなぁ~」ってキム・サブ
Hey Jude が流れる中、手術を再開
外にはたくさんの警察が…

17031520.jpg 17031519.jpg

「手術は終わった」
「殺すか、殺さないか、あなた次第だ」
「もし回復したとしても、背中の神経を損傷しているので、彼は麻痺生活を送ることになるだろう」
「歩くこともできないし、トイレに自由に行くこともできない」
「生きていても、死んでいるのと同じ」

「でも彼のために犯罪者になりたいのなら、俺は止めることはできない」
「そのかわり、娘さんの高校や大学進学を見届けることができなくなる」

「私の仕事はここまでだ」
「後は好きにやれ、みんな外に出ろ」

17031517.jpg

「ユン・ソジョン、お前も出ろ」
出ろっていうか、解放してもらいました。

手術室には、鎌を持った男と手術後の強姦魔だけ…

17031516.jpg

鎌を持った男の嫁と娘…

17031515.jpg

それをみつめるキム・サブ
「キム・サブのおかげで誰もけがしなかったね」というユン・ソジョンと、「キム・サブのせいで、先輩が死ぬところだった…」というカン・ドンジュ…

結局、鎌の男は何もしないで、警察に連れて行かれました。
嫁と娘が抱き付いて泣いてて…
チンピラかと思ったら、愛されてるお父さんでした。

17031514.jpg

ゴデ病院外科部長
「なんで手術を止めなかったんだ」
「大ごとになったら、病院がつぶれるぞー」

キム・サブ
「もういい!二つだけ言う」
「1、彼はお父さんだ、殺し屋じゃない、2これ以上問題を複雑にするんじゃない」
「もう一度、病院がつぶれるなんて言ったら、鎌持っておまえの部屋に行くからな!」

院長、( ̄ー ̄)ニヤリッ
キム・サブ、これだけ言うと、さっさと院長室から立ち去り…

ナム先生
「私からもひと言、彼を、プ・ヨンジュと呼ばないでくれ」
「彼はその名前が嫌いなんだから、殴るかも…気を付けてね」

「ここは暴力団の病院か?」(笑)

17031513.jpg

「どんなに心配したか…なんにもわかっていない…」
「だから結婚して離婚したじゃない」
「ミョンシム씨~」
「病院での呼び名に、気を付けてって言ったでしょ」
(このふたりの関係は?ナニ?)

17031512.jpg

自分がいちばん怖い思いをしたのに、キム・サブのことを心配するユン・ソジョンです。
「この件でPTSDが再発したら、この病院ではアウトだ」
「また、大量に薬を飲んだら、それもまたアウトだ」

「集中しろ、わかったか?」
「ったく…」って言いながらも…
「ユン・ソジョン、さっきは良くやった!よく耐えてくれた!」

17031511.jpg

「誉め言葉?」って嬉しそう~

17031510.jpg 17031509.jpg

鎌の男の妻、娘に…
「明日時間ありますか、娘さんと一緒に来てください」

「人を治すのが得意なんだよ…」
「病院のお金は心配いらないよ」
そうすると思った…いい人~~♪

17031508.jpg 17031507.jpg


「ド院長と母は大学時代の親友だよ」
「ド院長は母に片思いしてたみたい…でも、その時は父と交際中だった」

このあと、ふたりとも血液型がB型だという話になり…
そんなの国の27%はB型なんだから、とユン・ソジョンは話すのですが…
DNA検査はしたことある?してみようか?と…
費用は院長息子が払うことに…
(娘なの?どっちなの?本人は他人だと思ってるけど娘?)

17031505.jpg

カン・ドンジュが少しずつ何かを悟ってくれてるようで、嬉しいキム・サブです。
救急患者のベッドで仮眠するらしいんですけど、この笑顔~~~

17031506.jpg

一件落着かと思ったのに…
「昨日のことを詳しく聞きたい」となんか偉いさんが調査しに来ました。
ゴデ病院長の指示だと思うのですが…

「ユン・ソジョンがPTSDだと知りながら、見逃したのは本当ですか?」
PTSDの話をしていた時に、ゴデ病院の看護師が立ち聞きしていたので、報告したんでしょうねぇ~

「何が狙いだ。俺か?病院か?」

ユン・ソジョンも別室に呼ばれ、PTSDについて聞かれています。
「2年前に完治しました」

「ムン医師とはどんな関係ですか?」
「事故はどのように起きましたか?」
と質問されている時に…また
「お前のせいだ、俺が死んだのはお前のせいだ」と幻聴が…

17031504.jpg 17031503.jpg

カン・ドンジュ、事務長に電話番号を聞いていたんですけど…誰の?と思っていたら
シン会長が病院に来ました。
キム・サブのピンチを救おうとして、連絡したみたいです。

ドヤ顔のカン・ドンジュ
でも…また、怒られそう~~
…つ・づ・く

17031502.jpg 17031501.jpg


1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話
韓流はココで。KOCOWA


category: 浪漫ドクターキム・サブ

浪漫ドクターキム・サブ 7話 あらすじ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
気が付けば、もう7話!
ゴデ病院の院長が、ユン・ソジョンの父親だと思ったんだけど…
先走ったかな?父親じゃないのかなぁ?
モヤモヤする~
結婚しようとして亡くなったムン医師って、看護師とも付き合ってたみたいだったけど…
あの結婚を急ぐ感じも、引っかかる…

解決しないものを抱えながら(笑)7話のあらすじを始めます。
外科部長は、ドルダム病院へ行く前に院長から…
「シン会長の手術を止めるんだ」
「キム・サブのキャリアをつぶして、俺の前から彼を消すこと!二度と医者として働けないように」
と言われていました。

17031423.jpg

息子は息子で…父親に
ドルダム病院へ行って、知識でも技術でも、カン・ドンジュ、に勝ってみろ」
「勝てない息子は面白くない」と言われて、こんな顔(写真左)

ドルダム病院では、ユン・ソジョンに
「どうしてそんな話し方をするんだ。僕を気にするな、気持ち悪い」と言ってしまいます。
髪形、変!(写真右)

17031422.jpg 17031421.jpg

待望の最新機器が到着して、喜んでるユン・ソジョンです。
「うわぁ~はじめまして超音波さん」
ゴデ病院のインス先輩は「ここで、患者を救えたのが奇跡だ」(笑)
新しい機械に頬ずりしているユン・ソジョンを見て、キム・サブ、嬉しそう~

17031420.jpg 17031419.jpg

「機器は届いたか?俺の手術日はいつだ?」
「準備ができたら、連絡するよ~」
「なんで、こいつは俺を軽々しく扱うんだ~?」
「だから好きなんでしょう~?」って秘書…

17031418.jpg 17031417.jpg

山小屋みたいな、お店みたいな…前、キム・サブとナム先生がチキンを料理していたところです。
ここがどんな場所なのか、よくわからず…看護師長もここを訪れてみんなでビール飲んだりしてたし…
今日は、ナム先生ひとり…
そこへ血だらけのの男が歩いてきました。
(一般人はこんなに病人やケガ人と遭遇しないですよね?笑)

ナム先生は、このケガ人をドルダム病院へ救急搬送

17031416.jpg 17031415.jpg

それと前後して、もうひとり救急搬送されてきました。
ナム先生が運んできた患者は、刃物で刺されていて、折れた刃物が体に残っているのだとか…
キム・サブと院長息子が手術にあたり、カン・ドンジュにアシストしろ、という指示…
悔しがるカン・ドンジュ…

17031414.jpg

ここで、外科部長のお邪魔が入ります。
家族と連絡が取れない、身元不明の患者を手術したら問題になる、と…

「チョギ~」とユン・ソジョンが手を上げて…
「救急の患者が医療に関して判断できない場合、保護者や家族がない場合は承諾の法律は破棄されます」
ということで…手術開始です!

17031406(12).jpg 17031406(11).jpg

院長息子(ド・インボム)×カン・ドンジュ
これから手術だというのに、ケンカ!!

「俺は飛ばされたんじゃない、戻ろうと思えば、いつでも戻れる」
「俺とお前は何が違うんだ?親父以外にいいとこがあったら、見せてみろ!」

院長息子って父親に似てない感じで、穏やかな子?と思っていたのですが、意外と生意気!
カン・ドンジュを殴ったところで、2人を呼びに女の子が来て…ケンカは一旦終了~

この女の子…救急に来て治療してもらって、お金がないのでお手伝いさせて、ってずっと居座っている子です。
カン・ドンジュを見る目が♥ ♥ ♥
中国人だというのですが謎???

17031413.jpg

ユン・ソジョン目線
カン・ドンジュ、口切ってる~
ド・インボム、手ケガしてる~

17031412.jpg 17031406(13).jpg

ユン・ソジョンは、院長息子(ド・インボム)に、防水の絆創膏をあげるんだけど、うっとうしがられて…
「存在そのものが嫌だ」
「ゴデ病院長の庶出の娘だからな!」
「えぇ~?誰が?私が?」
(私がえぇ~?です。お父さんじゃないの?)

17031406(10).jpg

手術前…
「今度ケンカする時は、手を使うな」
「本気でする時は、足を使え」(笑)
「それか、殴られろ!」

「なぜ僕が手術をリードするんですか?」
「この病院へ呼んだのも…父親への仕返しのつもりですか?」
「いいから、手術に集中しろ!」

17031406(9).jpg

ユン・ソジョン、こっちはこっちで薬を塗ってあげてます。
「怒られても、中に入って見学すれば勉強になるのに…」
「僕と付き合ってくれ」
デコピンされて、子ども扱い…

「アシストでもなんでもやるって、お願いするのよ!」
「謝りに行って、お願いするのよ」

17031406(5).jpg

ユン・ソジョンに言われた通り、手術室に戻り…
「俺がアシスト?って思ってんだろ?」と、手術中なのに、またいろいろ説教されて…
「出て行け!」と言われても、手術室に残っています!

17031406(7).jpg

この男、救急に来て、ビタミン剤を打ってくれ、と言って追い返されたんですが…
まだ病院にいます。
刃物で刺された男のことで、警察が来ていた時、隠れていたので、もしやもしや刺した犯人?

17031406(6).jpg

手術室でねばっているカン・ドンジュですが…
その時…ユン・ソジョンまで手術室に入ってきて
キム・サブ「どいつもこいつも…」と言っていたら…

17031406(4).jpg

ユン・ソジョン、刃物で脅されていました…
どんな刃物?これ…鎌?
…つ・づ・く
17031406(3).jpg

ゴデ外科部長が、事務長を味方につけてアレコレ探るつもりなのか、「総事務長」という肩書をプレゼント!
総事務長、張り切ってます(笑)
キム・サブは、、インス先輩を「ゴデ病院」と呼んで…普通に返事するインス先輩(笑)
ゴデ病院長とドルダム病院長が、直接電話で話している場面もあったのですが…このふたりも何かあったのかなぁ?
先を見たくなる~~!!

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話
韓流はココで。KOCOWA


category: 浪漫ドクターキム・サブ

浪漫ドクターキム・サブ 6話 あらすじ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
5話で、院長息子と三角関係?なんて、妄想したのが恥ずかしい…
まるっきり予想外の展開…(笑)えぇ~!そっち?

ってことで、6話あらすじ、いきます。
まず、見たことない女の子が登場…誰?
お母さんが、今亡くなったみたいです。

セーラー服のようでセーラー服でない…この制服…
って見てるうちに、院長が来て…「驚いたでしょう?」
「名前は?」「ユン・ソジョン」(エェーーッ!!)

母親の自殺?を発見して、院長に連絡したみたい…
(幻聴の時にフラッシュバックしていた映像は、母の自殺の場面ですね)
母親の手紙を持っていて…「自分に何かあったら、ゴデ病院のド・ヨンファン(ユンワン?)に連絡しなさい。その人が助けてくれるから」
「もしかして、アジョシが私のお父さんなの?」
(なんだってー!そんなの全然感じなかった…そういえば回診の時の院長を見つめてたけど…)

17031322.jpg

院長息子とユン・ソジョンは、子供の時に会っていて「お姉ちゃんと呼びなさい」と、院長に紹介されていたのです~~

17031323.jpg 17031325.jpg

「久しぶりだね」なんて、ユン・ソジョンが言うものだから
「2人とも知ってるの?」???のカン・ドンジュ

「院長には直接挨拶しに行くから、今日のことは内緒にしておいて」

17031321.jpg

「何、この状況?」
「いつ、どこで会ったの?まさかお見合いとか?」
「バカなこと言ってないで寝たら?」
2人の会話を聞いている院長息子・・・ユン・ソジョンのこと、思い出したのかな?

この表情…
このあと、インス先輩や外科部長に連絡することもなく、ひとりでソウルまでタクシーで帰るつもりです。

タクシーの運転手が「え?ソウルまで?うっ!」って脇腹を押さえていました。。。
まさか…持病あり?

17031324.jpg

「俺はこの手術を諦めない」
シン会長が資金を出していることを知ったキム・サブは「復帰するチャンスじゃないか!」
院長を怖れるどころか、勝負に出るみたい!

その足で、シン会長のところに行き、超音波器やら機械ををたくさん、さらに要求しました。
「書きたい絵がある」と話し…
「もしかして病院を欲しいとか?」

17031318.jpg 17031317.jpg


外科部長は、キム・サブを尊敬しているカン・ドンジュに対して…
「プ・ヨンジュがゴデ病院をなぜ追い出されたか知ってるか?」
「自分を尊敬する教え子を殺したんだ」
「手術を必要としない患者までも…サイコパスだ」

外科部長の話を100%信じるはずもなく、食事もそこそこに、患者がいるので、と席を立つのですが…
帰り際に「「キム・サブは人間じゃない、間違って関わったら、人生終わりだぞ!」

17031316.jpg

シン会長に呼ばれた院長
「そこに書いている機器を、ドルダム病院に準備してやれ!」
「プ・ヨンジュは倫理的にも、医療観点からも、とても危険な人物です」

「何をベラベラ、お前の金でもないのに…」
結局、了承することに…院長の目がとても怖い…

17031310.jpg

カン・ドンジュが心配でつけてきたのか、事務長が同じお店にいて…(笑)
調子のいいことを言って、ご機嫌を取って…

「なぜカン・ドンジュ先生に会ったんですか?」
「そんなの知る必要はない!」そう、簡単に教えないよねぇ~

その時に、院長から外科部長に電話が来て「え?ドルダム病院に?」(機械を手配しないといけない)
「すぐ走ってこい!」←院長、超キレてます!

17031309.jpg

キム・サブはカン・ドンジュが病院にいると思い…出掛けたみたいです。
シン会長のところに行って、その後、ナム先生と一緒にどっかで料理しているんですけど…
カン・ドンジュも外科部長のところに出掛けてて…まさかの誰も医者がいない状態のドルダム病院!

こんな時に、急患が来たらどうしよう…と思っていたら…
来ました!!
さっきの~院長息子が乗ったタクシー運転手です。やっぱり~!
院長息子が付き添って、連れてきたものの、ユン・ソジョンが何の指示もしないので???

17031315.jpg

キム・サブには連絡付かず…
カン・ドンジュは40分掛かると言い…

患者を救うために、ユン・ソジョンが治療することに…
手をケガしているユン・ソジョンの代わりに、院長息子が心臓マッサージをしたりして…心肺停止を乗り越えたものの、手術が必要だと…

そのうち、カン・ドンジュの携帯が応答しなくなりました…
というのも、タクシーで帰る途中に耕運機の下敷きになった人を助けていたのです。

タクシーの運転手は、手術をしないと、また心停止してしまうというので、院長息子が「僕がやる!」と…
ドルダム病院の医者ではないので、大問題なのですが、「患者を救いましょう!」ってことで、腹腔鏡手術開始!
(手術のことは、分からないんですが…なんか~上手そう…腕がいい感じ…)

17031308.jpg

そこへ、耕運機のケガ人を引き連れてカン・ドンジュ、来ました。
一足先に帰っていたキム・サブは
「お前がなんでここにいるんだ?」
「じゃ、手術室にいるのは誰だ?」

17031307.jpg 17031306.jpg

手術が終わり…
ユン・ソジョンと院長息子は、叱られるために(たぶん、そういうことですね)「ちょっと、来い」とキム・サブに呼ばれます。
キム・サブの後ろを歩いていた時に、病院に乗り込んできたゴデ病院長とバッタリ!!

キム・サブは、ここで、ゴデ病院の院長息子だと知ります。
ユン・ソジョンは、控えめに「院長…」

17031305.jpg 17031304.jpg

「僕がやりました」
「私が頼みました」院長息子をかばい、ユン・ソジョン

ユン・ソジョン
「本当にすいませんでした。でも同じ状況になったら、同じ判断をすると思います。私を認めても、認めなくても、技術があってもなくても、どんな状況でも、私は医者です」
コレ↑後で、キム・サブは看護師長に、初めてあの娘が目を見て、ハッキリ話してくれたって、嬉しそうに報告してました。

17031303.jpg

疲れて寝ているユン・ソジョンの向いに座り、手を握って、自分も寝ちゃった感じ~
ちょっと素敵な画像なので、貼ってみました…
17031302.jpg


ゴデ病院長は、ドルダム病院の場所に、老人ホーム建設を企てているようです。
今回の息子のしたことについては…
「救急患者だから仕方がない、支院の病院で治療をすることはたいしたことじゃない」って、息子には甘~~~い!
「私の息子に手を出したら、お前は終わりだ」ってキム・サブに釘を刺すのですが、

「そんなもんは怖くない、14年前に終わってるんだから…だけど、あんたの息子は始まったばかりだ」
「何が望みなんだ」

「お前の息子をちょうだい!立派に育てて上げる」
息子をちょうだいって言ったのに、ゾロゾロいっぱい派遣されて来ちゃいました(笑)

17031301.jpg


1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話
韓流はココで。KOCOWA


category: 浪漫ドクターキム・サブ

浪漫ドクターキム・サブ 5話 あらすじ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
面白くなってきた~
続けて3話くらい見た~い!!
もっと、はしょって書いてもいいのかなぁ~
また画像多くなっちゃったし…

では、5話あらすじ、いきます!

手術成功率97%、国家試験で三つの資格を持つ神の手、外科医のレジェンドってことを、カン・ドンジュ君、気が付きました!
そして、おもしろい顔の事務長の所に行き
彼がプ・ヨンジュだったら、自分の辞表を破ってもいいと…
カン・ドンジュを引き留めたい事務長‥どうしようか困って、悩んで…
とうとう辞表をビリビリに破って「俺は何も言ってないぞ!」

17031226.jpg

「プ・ヨンジュが戻ってきた、ドルダム病院にいた」
シン会長の手術を、まだ諦めていないみたいで、カン・ドンジュを利用しようとしています。

17031225.jpg

ユン・ソジョンが、看護助手をやることを、みんなに愚痴っているところへ
「良いお知らせがありま~す!カン・ドンジュ先生が我が病院に残ることになりました~」

17031224.jpg

ユン・ソジョンは、とっくにプ・ヨンジュだって知っていたみたい…

「会いたかったって言ってなかった?他の病院に行ってたら知らなかった…」
「ここは病院よ。ドラマを撮影するところじゃない」
ってなんかいい雰囲気になった時に…

17031223.jpg

「お前のせいで俺は死んだ」って幻聴みたいのが…
ちょうど、事務所の電話が鳴ったので、我に返り、電話に出たところ…救急搬送の連絡

サイクリング中の自転車の群れに、居眠り運転のトラックが突っ込んで、既に3人死亡…ケガ人たくさん
ユン・ソジョンはキム・サブに助手をやらせてくれと、頼むのですが、ナム先生を助手に指名…

17031222.jpg

軽症で済んだサイクリングの患者は、トラック運転手を殺人者呼ばわり…
運転手は「自分の治療をしないでくれ」とうなだれてて…

運転手は胸を打っただけだと、ユン・ソジョンは報告したのですが、これが、鈍的外傷から心タンポナーデに移行する稀なケースだそうで…
「稀な症状だから、疑いもせずに診断するのか?看護助手だからしょうがないな!看護助手は看護助手の仕事だけしろ!」
って、キム・サブにまた怒られちゃうんです。

17031221.jpg 17031220.jpg

ゴデ病院外科部長→カン・ドンジュ
「今夜会えないか?」
「これから手術だから無理!」って断ってます。
前回のお誘いの対応とは大違い!
「ドルダム病院に有名な外科医がいるんだ。こうなったからには、さまざまなことを学びたいと思っている」

17031219.jpg 17031218.jpg

「心臓は自分がやるから、腹腔内出血の患者はお前がやれ!」
キム・サブに言われ、手術開始です。

17031217.jpg

事務長…腹腔内出血の患者が、肝臓がんの既往歴があることを知り、キム・サブに報告に行きます。
「隣の手術室の患者は、肝がん既往歴がある。カン・ドンジュ先生は、肝がん患者を死なせてゴデ病院を追い出された…」

カン・ドンジュの患者…出血がどこからともなく…止まりません。
「肝細胞癌の破裂?」
大量出血で死なせてしまった、ゴデ病院での手術を思い出し、何も動けなくなってしまい…
「僕にはできません」
看護師長が大声で励ましても、後ずさり…

17031216.jpg 17031215.jpg

「チョンシンチャリョ~!!カン・ドンジュ!」
スマホを持って事務長が、声はキム・サブ
キタ──ヽ('∀')ノ──!!

「そこにいる患者は、5年前に肝臓がんを克服した」
「がんが戻ったようです」

「その手術は、お前が判断しろ!もし手術を止めても誰も文句は言わない。でも、そうしたら、ずっと後悔することになる」
「この患者を救う自信がありません(T-T)」

「患者を術中死させることよりも、もっと酷いことは何か分かるか?」
「もし手術を諦めなかったら、その患者を救えたのかな?ってそう思う。永遠にそのことが頭の中に過る。人間をおかしくさせるのは、失敗じゃなくて後悔だよ」

「さぁ、どうする?」
「先生、本当に自信がありません。( ノД`)シクシク…」

「できないのなら、閉じろ!言ったはずだ、責任はお前にある。好きにしろ!」
(手術しろーーー!)

看護師長…
「私とキム・サブは、これよりもはるかに難しい手術をしてきた」
「もちろん、場合によっては死ぬ患者たちがいる」
「私たちは諦めずに…患者も必死に戦っている」

ナム先生
「この患者の容態はそこまで悪くない…どうする、カン先生?」

17031214.jpg 17031213.jpg

ようやく…2、3歩後ずさりしてたのが…前に2、3歩踏み出し…
「左側の部分的肝切除を行います!」

自分の手術を終えたキム・サブも手術室に来て…
「どうする?手伝おうか?」
「僕がします」

17031212.jpg

事務長
「とても感動するコラボだった!」
「キム・サブと一緒に出血を止めているところが、映画のワンシーンのようだった…」

17031211.jpg

手術が終わって、また罵られて…(心折れますね~)
様子を見ていたユン・ソジョンは、缶コーヒーを差し入れ…
キム・サブと同時手術を羨ましがり(夢だったもんね?)
過ちを明かしてくれるのも羨ましい…と。

「パーソナリティ障害かサディストだ」(笑)←カン・ドンジュ
「それか、過去に辛い思いでがあるから…」←ユン・ソジョン

17031209.jpg

キム・サブの回想シーン↓↓↓
「誰の指示で手術したー!」と言って、現ゴデ病院外科部長に殴りかかっています。
そこに、院長が現れ…この時はまだ院長じゃないのかな?
「お前が死なせた。手術室に侵入して、術中死、全てお前の仕業、スタッフはそのように証言する。あなたの味方になる人は誰もいない」
「跪けば、まだ間に合う」
「跪くのはお前だ、彼女の母親に謝れ!」
「ゴデ病院から出て行け!国中で仕事をできないようにしてやる!」

17031208.jpg 17031207.jpg

カン・ドンジュと会うために、外科部長がゴデ病院に到着!
場を和ませろと言って、インス先輩をお供に引き連れ…「一緒に行きたい」と言い出した院長息子も一緒!

車の中から電話をしても出ないので、院長息子が様子を見に病院に入ろうとした時…
キム・サブが出てきて、ドアに手をぶつけたみたい…
「ケガしたらどうするんですか?」
手を気にしていたので…「ピアニストなの?」(笑)
「医者です。謝らないんですか?」

「どうした~?」
「変な人に会った~」(笑)

17031206.jpg 17031203.jpg

キム・サブにみつからないように、隠れながら院長に「プ・ヨンジュです。確認しました」って電話してたのに…
見つかっちゃって…

17031205.jpg 17031204.jpg

『人差し指の女王』に興味がある院長息子は、ユン・ソジョンを探して「あなたが…」と言っていたところに、カン・ドンジュ来ました。
「え?知り合いなの?」
「ゴデ病院の院長の息子だよ」

キム・サブ×外科部長
カン・ドンジュの様子を見に来たと、言っていたのですが、シン会長の手術のことで来たことをあっさり白状…

シン会長はゴデ病院に資金を出しているそうで、院長再任の決断も、この方がするのだとか…
「ド・ヨンファ(院長)が何をするか、分かっているだろ」
最後は、忠告のような、心配しているような感じの外科部長…
…つ・づ・く
17031202.jpg 17031201.jpg

院長の息子は、そんなに悪人ぽく見えないんだけど…
三角関係になるのかな?(笑)
悪人VS弱い人ってドラマは、先を急ぎたくなります。
早くやっつけてくれないと、悔しくって、胸が苦しくなる~~(笑)


1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話
韓流はココで。KOCOWA


category: 浪漫ドクターキム・サブ

浪漫ドクターキム・サブ 4話 あらすじ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
やっと、面白くなってきたかなぁ~
これって、キュンキュンする人がいないんだよねぇ~
超有名どころの俳優さんもいないし…
だけど、視聴率は良かったらしいので、もうちょっと見てみます。
韓国の方って、医療ものドラマが好きなのかな?

では、あらすじで~す。
熱傷患者の治療をしているところに、カジノのレストランのコックが入ってきて…
この人って、カン・ドンジュが、キム・サブに手首を切り落とされそうになった時に、厨房にいた人ですね。
カン・ドンジュも、患者さんを見て、あの時のコックって気づいたみたいです。

17031125.jpg 17031124.jpg

さらに、知らない人たちが、病院に押しかけてきて…
「熱傷の治療費は、当病院が支払います」
「会長がもう一度会いたいそうです。治療が終わったら行きませんか?」
「顔の治療費も、もらうからな!」
この女性は、カジノの支配人らしいです。

17031123.jpg

この3時間前…
キム・サブは、いつものカジノバーのようなところで、ボコボコに殴られて、会長室に連れていかれました。
「お前がキム・サブか?死んだ人間に手を置くと、生き返るとか…?」
「イエス・キリストじゃあるまいし」(笑)ってキム・サブ
「俺の病院で働け!個人医として…いくらでも支払うから」
「1兆ウォンくらい?」

17031122.jpg

会長、肉を食べながら、キム・サブと話してたんだけど…
厨房にステーキを追加注文!
厨房で、コンロをカチッ「あれ、調子悪いんだよなぁ」
で、もう一度カチッとやったところで、大爆発!!
会長室の監視カメラで、その様子を見ていたキム・サブも助けに行きます。

17031121.jpg

患者を熱傷センターに搬送した後で…
カン・ドンジュは、ユン・ソジョンをかばい(というか事実)「自分が熱傷の治療経験がないなので、頼んだ」というのですが
「とっさの反応ができない臆病者だ!」
「自分は最高だ、全部知ってる…独善的な医者だ」
「熱傷患者の治療をしている時に、スタッフの前で恥をかきたくないからだ」
ボロクソに言われてしまいます。

入口のところで、キム・サブを待ち構えて
ユン・ソジョン「もう一度、チャンスをください」
頼み込んでも、聞き入れてくれません。

17031120.jpg 17031119.jpg

自分のことだけでも、腹立たしいのに、ユン・ソジョンへの態度にも腹を立てて、とうとうカン・ドンジュ君、キレてしまいました!!
「僕の何が分かるんだ」
「確かに年上だし、いろいろな経験をしてきてる。それだけで全部を知ってると言うんですか?」
「年上だから、年下の僕らを見下しているのか?」
「僕のことなんか、何一つわかっていない」

「この年になったら、一つだけ見えてくる」
「本当かウソか、立派な人材になるか、ならないか」

「それじゃ、僕はウソで、立派な人材にならないと?」
白衣を脱ぎ捨てて、殴りかかるんですけど…ヒョイヒョイかわされて…

17031118.jpg

とうとう、こんな巨漢のグ君(誰?)に取り押さえられて…

17031117.jpg

「やめろーーー!!」
美しい方なのに、とんでもない顔になって…

キム・サブに説教を始めます。
「カン先生が救急で、どんなに頑張ったと思ってるんですか?」
「未経験ながらも、こんな田舎で、古い機械を使って良く耐えてくれた」
「でも、褒めるどころか、彼をイライラさせた」

「そ、そうなんだけど…」タジタジ…頭が上がらない感じ…

「ユン先生のこともそう…院長もナム・ドイル先生も頼んだでしょ?」
「ユン先生が跪いた時に譲歩してください!もう一度考え直してください!」

17031127.jpg


ゴデ病院の先輩から電話があり…
カン・ドンジュは、ゴデ病院で新しい外科医の面接をしている話を聞きます。

辞表を書いて(2度目)院長室へ…
ユン・ソジョンの進退について会議中なのに、ずかずか入って行って辞表を叩きつけ…

「先生の言う通り、僕は臆病者でバカです」
「必死に勉強したのは、将来を怖れたからだ」
「僕みたいにコネがない人間は、必死になるしか方法がないんだよ!」
事務長は、なんとかなだめて引き留めようとするのですが…

ユン・ソジョンには「成功することしか、考えられないの?」と言われます。

17031115.jpg 17031114.jpg

シン会長がキム・サブに会いに来て…
「お腹に電流が流れている。じっとしてても落ち着かない。心臓移植しない限り、こうして生きていかないといけない」
「いつになったら適合する心臓がみつかるのか…」
「もしも適合する心臓がみつかっても、信頼できる医者がいないんだ」
それで、個人医って言ってたんですね~

同じころ、ゴデ病院でも、シン会長の手術をする候補者を選考している様子なんです。
この手術を成功させると、院長の地位も安泰で、3期連続になるとか…

17031113.jpg

「僕に会えなくて寂しくなかったのか?」
(別に付き合ってたわけでもないのに…)

「森で遭難してた。滑って、転がって、手首を痛めて、ずっと3年間リハビリをしていた」
「90%機能を取り戻して、救急救命の資格が取れるようになった」
「どうせなら心胸外科になりたい」
と、これまでの自分のことを話し…
「成功、出世、それらは良いけど、でもカン・ドンジュ…私たちは医者じゃない?」

カン・ドンジュ、病院を去るつもりです。
「院長に挨拶しましたか?」
「辞表に書きました」
「申し訳ないんですが、酷い裂傷の患者がおられます。縫合してから行って頂けないでしょうか?」
って、看護師長の罠に(たぶん…)ハマっています。。。

17031112.jpg 17031111.jpg

白衣を着せて、受付に置いたカン・ドンジュのバッグとコートを、看護師の方へバンと押して、「片付けろ!(?どっかに隠せ)」みたいなアイコンタクト・・・。
絶対に引き留める感じです。
この看護師長と事務長がなかなかイイ味出してます(笑)
看護師の男の子は見たことあるなぁと思ってたら、トッケビの王様ですね。

17031110.jpg 17031109.jpg

縫合したところを見て、「良くできています。美容整形でもやっていけるかもしれません」
「遅いって言ってるんですか?」
「褒めているんです(^-^)」

「どうしてそんなにドルダム病院が嫌いなの?」
①キム・サブのことが嫌い
②この病院が気に入らない。
③この病院で、僕の未来が見えない。

僕は良い先生ではなく、最高の医者になりたいです。
だから、ここは僕の場所じゃありません。

17031108.jpg

病院に残りたい理由を、三つ言って
①先生のもとで学びたいです。
②さまざまなことを学びたい。
③先生から…教わりたいです。
私の夢は、先生と一緒に同時手術をすることです。
(カン・ドンジュと真反対ですねぇ~)

17031107.jpg

シン会長に会っているゴデ病院長
手術する医師の紹介で、来たようですが…
「来てくれたのに、すまない。手術する医者を見つけたんだ」

その時に、キム・サブからシン会長に電話が入ります。
昨日ボコボコにされたので、治療代に最新の超音波器を要求!
心臓のバッテリの交換手術をするとしたら、少なくとも超音波器、手術台、麻酔器、人工心肺装置、手術後の無菌室も必要だなぁ

「どうして私の紹介ではなく、彼なのか?」と聞かれ
昨日の火事の映像を見せ…
「普通の医者はケガした場所だけを治療するけど、ケガがひどくならないように防いでいるんだ」
「命が無くなるかもしれないのに…そこの違い…」
「命を預けても、信頼できる医者だ」

17031106.jpg

ゴデ病院長とドルダム病院長は、親友だという話でしたが、
キム・サブってお前のところのだろ!って激怒しています。
「本名はわからない…申し訳ないけど、他に言うことはない」
「くそったれが、こうして俺を裏切るのか」
って、全然親友っぽくないんですけど…

17031103.jpg 17031102.jpg

病院に残りたい理由を三つ言ったのに…
残ってもいいが、看護助手になれと言われた~~って愚痴ってます。

17031105.jpg

カン・ドンジュの患者の脱臼を、パキパキとすぐに直してしまうキム・サブ
最高の医者を目指しているカン・ドンジュは…
「先生は良い医者ですか、最高の医者ですか?」とキム・サブに聞きます。
「患者にとって、必要な医者」

「本当に成功したかったら、人の必要とされる人間になれ」
「非難するのは止めて、技術で掴め!」
「お前が変わらなかったら、何も変わらない」
最後のこのセリフ…昔、病院で暴れたカン・ドンジュ少年が聞いたのと同じ…
「まさか、彼なの?」

1話では、カン・ドンジュ少年の病室から出る院長の顔が映っていたので、てっきり院長が言ったと思ってた~~
「プ・ヨンジュ先生ですよね」

17031104.jpg

少年だったカン・ドンジュは、プ・ヨンジュ先生に感謝して
「僕は大きくなったら、先生みたいな医者になります」って手紙を書いて、後日病院に持っていってたらしい…です。
でも、その時には、もうプ・ヨンジュ先生はゴデ病院にいなかったのでした…

17031101.jpg


院長が、あんないい言葉を言ったにしちゃ~感じ悪いなと思っていたんですけど…
そうか~そういう繋がりかぁ~
でも、今んところキム・サブもあんまり好きになれないなぁ~
腕はいいみたいだけど…
ときめき君…ゼロで見るのは辛い…(笑)

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話
韓流はココで。KOCOWA


category: 浪漫ドクターキム・サブ

浪漫ドクターキム・サブ 3話 あらすじ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
ユン・ソジョンの手術が始まりました。

神経と動脈の再建、腱縫合する手術を30分で終わらせるそうで…
「そんなの可能なの?」カン・ドンジュ心の声

裸眼で見えないような厚みの血管だか、腱を、細い細い糸で縫合して…ルーペしてるものの‥
アシストのカン・ドンジュは糸が細くて、カットするのも大変!
そのうち…ハサミを落としてしまうんですが、すぐさま看護師長がカット!!
すごいスピードのキム・サブの次の動作を知っていて、冷静にアシストしている、この看護師長もナニモノ?

カン・ドンジュ心の声
ここにいる人たちみんなが、無駄な動作をせずに、完璧に仕事をこなしている…
今まで見た中で、いちばん完璧な手術だ。
そして、僕は今までいちばんバカだった。

17031023.jpg

「先生の正体はなんだ?」「一般外科か血管の専門医か?」
「いったい、何を専門にやってるんですか?」

「命を助ける。それがなにか?」
「カジノでも喉に詰まられただけなのに、除細動器持ってきたり…」
「さっき手術室で、吸引かカット(糸の)かも、わからなかった」

「分からなかったんじゃなくて、先生の速さが異常だったんです!」

ポンコツ野郎呼ばわりされて…
何者かの答えは「キ・ム・サ・ブ~」

17031022.jpg

ゴデ病院のインス先輩に電話
ユン・ソジョンがドルダム病院にいたことを、教え…
「キム・サブについて調べてくれ」と言ったところでユン・ソジョンに電話を取り上げられます。

17031021.jpg 17031020.jpg

「この5年間、必死で頑張ってきたのに、自分の居場所を取り戻したかったのに!」
「これだけは、お願いする…ドルダム病院にどのくらいいるか分からないけど、ここにいる間、お互い知らないふりをしよう」
「それから、キム・サブを嗅ぎまわるのは止めて!そのように扱うことができる相手じゃないから!」

思わず…「キム・サブのことが好きなのか?」って口走ってしまい、激しく後悔…

17031019.jpg

院長室で、事務長が「何としても、カン・ドンジュ先生を捕まえないと!」と息巻いています。
金、機器、医療チーム、何もないこの病院の危機を数うレアな宝だと(笑)
3日ともたないと言っていたのに、カン・ドンジュが国家試験トップと聞いて、手のひら返し…
院長は(^^)顔で、「まずは、キム・サブの意見を聞こう!」

17031018.jpg

救急は金曜日、忙しくなるそうで…
今までの登場人物で、病院職員全員かと思っていたら、た~くさんいました(笑)

オートバイ事故で5人搬送されると連絡が入り、急に慌ただしくなります。

17031017.jpg

搬送されてきた患者を前に…
家族から承諾書をもらわないと、手術できないというカン・ドンジュと、今すぐ手術しないと危険だというユン・ソジョン…
「家族の承諾がないまま手術をして、何かあったら医療裁判になる、規則だ」言い張るカン・ドンジュとに「くそ野郎」的なことを言って、無理矢理手術室に運ぼうとしたところに
キム・サブ「二人ともやめろ!!!」

ユン・ソジョンに外れろと言います。「患者から手を離せ!」
精神衛生法に基づいて、精神障害を持っている人は、医者になることはできない。
「自分を傷つけた人間に、患者を任せられない」
医師として失格だと…辞めさせるつもりのようです。

電話で手術の同意を取ることにして(最初からそうすればよかったじゃん!)
患者を手術室へ…
それから、救急医(ユン・ソジョン)が外れたので、今日から救急に入れ、とカン・ドンジュに言います。
「一般外科が救急室で夜間勤務?」って、なんかホントに生意気君になってますねぇ~

17031016.jpg


「お前の意見を聞いてない。命令してるんだ」
「金曜日だから、覚悟して~」って救急をやるハメに…

そこに、ゴデ病院の外科部長から電話…院長とゴルフ中
この後、夜、院長と食事をするから、お前も来い、と。
プライドを捨てて、戻れるように頼むんだ、と言われました。
だけど、救急が…と思っていたら「すぐ来て」とお呼び出し~

17031015.jpg 17031014.jpg

行ってみると、修羅場のように、たくさんの患者さん
7時までに、行かないといけないのに…どうしよう…

患者さんでごった返しているのに、キム・サブはどこかに出かけるようです。
スマホには「VIP到着」ってメッセージが…

17031013.jpg 17031012.jpg

次から次へと処置をして…ようやく落ち着いた感じで…
時計を見ると、6:20…今行けば、まだ間に合う。

「カン・ドンジュ、行こう、あのドアから出よう」
悪魔のささやきが…
「ダメだ、振り向くな」
「振り向いた瞬間、人生は終わりだ」

ドアの方へ向かって歩き出します。。。
横目でチラッと看護師長が見てたんですけど…

17031011.jpg

そこに、中毒患者が搬送されてきて
「カンセ~~~ン!!!」看護師長の叫び声
「息子を助けて下さい、先生!」年老いた両親の声が聞こえて
振り向いてしまいました!
父親を亡くした時のオンマの様子がオーバーラップしてしまって…

17031010.jpg

ゴデ病院の院長、外科部長+もう一人
席がひとつ空いていることを、院長に聞かれ、カン・ドンジュを誘ったと話します。
外科部長は、カン・ドンジュを戻すようにプッシュしてくれるのですが、反応なし、クールな院長です。

17031009.jpg

カン・ドンジュ、必死に頑張ったのですが、中毒患者の男性は亡くなってしまって…
亡くなったことを両親に告げるのですが
年取った父親は「補聴器を忘れて…」
母親は「ひとり息子に嫁を貰いたいのに…助けて下さい」と亡くなったことを受け入れられない様子。
カン・ドンジュ、謝ることしかできません。

17031008.jpg 17031007.jpg

ドルダム病院に来てから、ずっとオンマの電話に出なかったカン・ドンジュ
やっと、電話に出て…「忙しかったでしょう?疲れてるの?」って、なんでもない会話に涙がボロボロ…

17031006.jpg

ユン・ソジョンの病室で
普通に診察をするのですが、そっけな~~くされます。
毛布をかぶって、「出て行って!」と言われても
「会いたかった…」
毛布かぶりながら聞いているユン・ソジョン
毛布かぶったのはいいんだけど、足のつま先が毛布から出ていて、毛布を引っ張って足に掛けてあげてて…なんか良かった~ん!

って、そこに熱傷の患者が4人、搬送されたと連絡が!
「俺、やったことない…」「えぇっ!」

17031005.jpg 17031004.jpg

ユン・ソジョンが携帯で指示して、カン・ドンジュはイヤホンはめて、治療しています。
危なっかしい…こんな医者にあたったらイヤだ~

でも、雰囲気は、昔の研修医とインターンに戻ったみたいな、いい感じに…

17031003.jpg 17031002.jpg

調子よく連係プレーで治療しているところに、キム・サブが帰って来ました。
画像ないんですが、顔に殴られたようなアザがいっぱ~~い!
VIPと何があったの?
つ・づ・く
17031001.jpg

今のところ、まだハマれていない私…
頑張れ!私!!

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話
韓流はココで。KOCOWA


category: 浪漫ドクターキム・サブ

浪漫ドクターキム・サブ 2話 あらすじ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
2話で~す。
やっと、キム・サブが出てきました。キム師匠なんですね(←今頃)
そして、脚本:カン・ウンギョン(九家の書、製パン王キム・タック)
演出:ユン・インシク(ジャイアンツ、金の化身)だそうです。
キム・タックかぁ~、じゃ面白くなりそうだね~
ジャイアンツもラブコメじゃないけど、見た!見た!ハマったよ~
安心して、見れそうな気がしてきた(笑)


山で助けられたユン・ソジョン
「足の骨折は治療したが、右手の骨折は機能が70%以上戻らない」
「アンギュレーションは難しいですか?」
「そういう仕事をしているのか?」
と、おんぶしてきた医者と話して…
17030832.jpg

カン・ドンジュは母の店で餃子を食べながら…
ゴデ病院に来た時のことを思い出しています。
医師試験をトップで合格したカン・ドンジュでしたが、一緒に入った院長の息子をみんなでチヤホヤ

先輩医師には「この状況を変えられる方法は二つ、院長の子に生まれ変わるか、VIPの患者を担当するか」と言われます。
「VIPの患者を担当させてくれないと思う」
「だから、この悪循環は終わらないんだよ~」

17030831.jpg 17030830.jpg

そんなある日、外科部長に呼ばれ…
議会の前議長だった患者の手術をしろ、と言われます。
「手術が失敗する場合に備えて、非難を誰かに押し付ける気ですよね~?」
すんなりVIPの手術をさせるわけがないので…

立ち去ろうとした時に…院長が…
「どうして医者になったんだ?餃子屋の息子が、必死に勉強して、今の位置に立ったってことは、成功したかったんじゃないか?それじゃ、この機会を手に入れた方がいい」
「あの時、救急室で騒動を起こしたのは…君でしょ?」
「これは、難しい手術だ。HCC(肝細胞癌)の破裂、最善を尽くしても成功率は30%未満…それでも、この機会を手に入れたいなら、そのぐらいのリスクを負わないと」

少年だった自分に
「本当に復讐したいのなら、彼らより良い人間になれ」
と言った医者が、院長…?
カン・ドンジュ少年を助けれくれた時は、なんかいい人そうだったんですけど
ちょっとイヤな感じ~

17030829.jpg 17030828.jpg


結局…
「何が何でも彼らより、すごいんだってことを証明してやる」
院長、院長息子、その他医者たちが見守る中で…手術を始めましたが…

30%未満と言っていたのに、開腹したら大量出血で、成功率は5%未満みたいな手術を押し付けられた感じ…
患者さんは死亡してしまいます。

こっちの状況がおさまったら、また呼び戻すから、と言われ…
「移動通知、ドルダム病院」

17030827.jpg


山道を走って、ドルダム病院到着すると
こんなお化け屋敷みたいなボロボロな病院です。
予想以上の佇まい…愕然
病院に入らずに、街でやけ酒を飲んで…移動通知の裏に、辞職願を書いちゃってます。

17030826.jpg 17030825.jpg

カン・ドンジュの席の後ろにいた、太ったお客さん
バクバク食べてたんですけど…急に倒れてしまい…
カン・ドンジュ、さっきまでグダグダしてたんですが、
すぐに心臓マッサージをして、店員にAEDを持って来いって指示!

17030824.jpg 17030823.jpg

そこに、おじさんが現れて…この人がキム・サブ
辞職願をこっそり自分のポケットに入れて…

AEDを踏みつけて「今すぐ、この男を立たせろ!」と言うので、カン・ドンジュと口論になります。
「俺はゴデ病院の医師だ!」
「医師なら、酒を飲まないこと、酔っぱらってるなら関わるな!だから、地方の病院に降格されたんだよ!」

キム・サブと店員とで、太っちょ君を立たせ、後ろから羽交い絞めにして、お腹をギューッ!
なんかのかたまり(よく見えなかった)が口から出てきて、普通に元気な感じになり…
「食べる時はよく噛んで食べなさい(^-^)」

「生きてるね~~っ!」てドヤ顔!

17030822.jpg 17030821.jpg

キム・サブとの口論で
医者のプライドから、命懸けるとまで、言ってしまい…
カン・ドンジュは調理場に連れて行かれて、手首を切り落とされそうに!
(まぁ、ホントにやるはずないんですけど)
「誰ですか~?ヤクザですか~?」
店から逃げて、行くところもなくドルダム病院へ

17030820.jpg

「配属されたカン・ドンジュです」と受付のおじさんに言っても
確認するものがない、と言われ、待合室で寝ることに…

17030819.jpg

朝になり、院長に挨拶
「配属するなら、内科医が良かったなぁ」
もう、優秀な外科医がいるってなことを言われます(ユン・ソジョンですかねぇ)

カン・ドンジュは…
「長くても、2ヶ月くらいかなぁ」
「それでも、ゴデ病院に戻れなかったら、ソウルで大きな病院を探します」
なんて、高慢な態度…
「あぁ、そう、言いたいことは良く分かった」って、院長は嫌な顔もしないでニコニコ(^-^)した、良いおじいちゃんです。

17030816.jpg

お着替えをしているところに、ユン・ソジョンが入ってきて…
「どうして…ここに?」
「こっちが聞きたいよ、先輩、どうして…?」
「もしかして、5年前からずっと?」(5年経ってたんですね、笑)
「なんで、連絡してくれなかったんだ?」
「先輩がいなくなってから、1ヶ月ずっと音声やメールを送信してた」

17030815.jpg

ユン・ソジョン、答えません…
17030814.jpg

そうこうしているところに…
血だらけの男が(たぶん、交通事故を起こしたまま)自分で運転して、ドルダム病院へ来て、カン・ドンジュの車に衝突して、そのまま気を失います。
「えぇー、俺の車…」ってところどころ笑いを入れてくるんですが、緊迫してて、笑えませ~ん。

治療するユン・ソジョンの右手が震えています。
「ケガでもしたのか?」と聞かれるのですが…

17030813.jpg 17030812.jpg

病院の職員が全員集合して…
「大きい病院に移した方がいい」とカン・ドンジュ
「必要なものは全部ある」とか言って、ボロボロの超音波の機械を持ってきて…画面が見えませ~ん!
なのに…「脾臓に出血がある」…見える人には見えるみたい(笑)
カン・ドンジュ、ビックリ!!

17030811.jpg 17030810.jpg

そこにキム・サブ登場です。
「手術室でもない、ここでお腹を開くんですか?感染したらどうするんですか?」
と口出ししていたのですが…
お腹に手を入れて、すぐ「見つけた」と、出血した血管を見つけるのも早ければ、その後の縫合の手さばきもスゴイらしく、カン・ドンジュの眼差しが変わります。
「僕は何を見ているんだ?」

17030809.jpg 17030808.jpg

手術後…
「あれは無謀、無責任で、危険な処置です」
「知ってる。それだけ患者は危険だった」
「患者の権利と医者の倫理の一般原則のこと?」
「私の前で、そんなもんを議論しないでくれ!私の部署では、命令は一つだ」
「彼らを救う!何が何でも救う!」
「他はどうでもいい!!」

17030807.jpg

こちらは、手術後のユン・ソジョン
右手が治療中よりも、もっと震えていて…薬を大量に…(鎮静剤らしい)
目の前がクラクラしたり、幻聴も…また薬を…なんか病んでそう…

背中の画像は、キム・サブです。。。
なんか意味ありげに傷痕が映ったので、後々出てくるのかなあ~

カン・ドンジュ、キム・サブの部屋に行き、話がある!と…
「今まで何人殺した?専従医になってから、自分の手で何人殺した?」
「一人です。ここに来る前」
「それに10人足して、そのくらい殺したら、私のところに来い」
「そしたら話を聞いてあげる」

「こんなオンボロ病院、1ヶ月もいない!」
「もう一度、受け入れてくれるって?」
「技術がないから、ここに飛ばされたわけではない。不幸だっただけだ」
優秀だから、戻してくれるって確信してるんですねぇ~

17030806.jpg 17030805.jpg

ゴデ病院の先輩からお電話…
ゴデ病院の院長とドルダム病院の院長は、大学時代からの親友らしいぞって教えてくれるんですけど…
もう、朝の挨拶の時に生意気な態度を取ってしまったカン・ドンジュ…

囲碁とランが好きという情報までくれたので、ランの鉢植えを持って、再度、院長室に挨拶に行きます。
院長と話をしている時に、「また、ユン・ソジョンの発作が…」と連絡が入り…

17030804.jpg 17030803.jpg

左手にメスを持って、右手はブルブル震えて…耳を手で塞いだり…
涙を流しながら「助けて~」
ムン医師が亡くなった時のこと、他にも誰か倒れてる姿(誰かわかりませんが)など、フラッシュバックしてるみたい…
看護師長が、いつもなだめる役目らしく、メスを渡すように話すのですが
右手を切ってしまい、手術室へ(T_T)

17030802.jpg

カン・ドンジュも手術着に着替えて…
「傷は小さいけど深い。動脈、神経、靭帯、全部繋げないといけない」
「やったことあるのか?」
「いいえ、ビデオで見ました。今回が初めてです」
…つ・づ・く
17030801.jpg

はぁ~、1時間のうちに何度も手術場面が出てきて、血を見るのが恐ろしい…
ほのぼのした~~い!
笑いた~~い!

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話
韓流はココで。KOCOWA


category: 浪漫ドクターキム・サブ

浪漫ドクターキム・サブ 1話 あらすじ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
낭만닥터 김사부
Romantic Doctor Kim Sa Bu

ドタバタラブコメではなくて、久しぶりにマジメなドラマです。
というのも・・・『花郎』の裏番組で、高視聴率を取っていたので、興味津々で見始めました。
リタイアしないことを願っています(笑)

では、1話始めま~す!
ベッドで寝ている子、カン・ドンジュ、父親を亡くしたばかり・・・
父が病院に運ばれた時に、医師たちが政治家の偉いさんの患者にかかりっきりで、自分の父はほったらかし状態・・・
こっちが先に病院に来たのに!!と怒りがおさまらず、病院で金属バット(?)を振り回して大暴れ
そこに、ひとりの医師が現れ、この子を取り押さえ、傷の手当をしてくれ・・・

「復讐したければ、激怒じゃなく技術でやり返せ」
「あいつらより、良い人間になれ!」
「お前が変わらなきゃ、何も変わらない」と・・・
少年「どうしたらいいんだよ。僕みたいのが…」

17030225.jpg

少年は、治療してくれた医師の顔を見ていなかったのですが
病室を立ち去る医師がこの方↓↓↓
17030224.jpg

もう何年後だか・・・成長したカン・ドンジュ
医師になっています。インターンですけど・・・
ただ、性格がとんでもないことになっていて、アンタッチャブルと呼ばれています。
先輩にコーヒーを頼まれても
「患者を治療すること以外、命令には従いません」って感じです。

17030223.jpg

建設現場で大事故があって、ゾロゾロ重傷患者が運ばれて来たので・・・
ARDS(急性呼吸促迫症候群)の患者と付き添いの娘は、待たされています。
娘に「先に私たちが来たのに」と昔の自分と同じ言葉で訴えられ・・・
様子を見たところ、敗血症の怖れがあるので、先輩医師に伝えるのですが、取り合ってもらえず・・・

17030222.jpg

そうこうしているうちに、とんでもない状況の患者が運ばれて来て…
胸に1mくらいの鉄棒が刺さっていて、下にコンクリートが付いていて(どうしたら、こんな状態になるのやら)
どうしたもんかと思っていた時に、コンクリートごと棒が抜けて、出血がドバーーーッと大量に・・・

17030221.jpg

この方、ユン・ソジョン、研修医です。
腕がいいのか、一目置かれている感じです。
噴出した血を浴びながら、患者のお腹の中に手を入れてまさぐって・・・
血管を探し出し、人差し指で押さえて出血を止めました。
この状態で、担当医が来るまで持ちこたえて引き継ぐようで・・・
担当医は今、別の手術の真っ最中なんです。

17030220.jpg

見守るカン・ドンジュ他・・・頭に包帯巻いた患者まで・・・

17030219.jpg

ムン医師
出血を止めたと聞き、この顔!
手術中もピッチで話したりするんですねぇ~

17030218.jpg

大量出血の患者の手術が終わり、大喜び、調子乗ってるユン・ソジョンですが・・・
ARDS(急性呼吸促迫症候群)の患者が、カン・ドンジュの見立て通り、敗血症だったようで、内科医の先生に叱られてしまいます。
文句を言いに、カン・ドンジュのもとへ・・・

カン・ドンジュも全く怯まず・・・
「人差し指の女王とか呼ばれて・・・誰かの承認と認知を得る為にやっている」と言い返します。
「演技性人格障害」
「あなたこそ、自己愛性人格障害だ」
って、さんざん・・・最悪

そのあとカン・ドンジュは・・・
酔っ払い患者や、ヤクザさんや、お尻にゴルフボールが入った(?)患者など、とんでもない患者を押し付けられるんですが・・・懸命にこなします。。。

17030217.jpg

「救急では、誰が早く到着したかではなくて、誰が緊急かだよ」って教えられ・・・
17030216.jpg

「あの時は敗血症の患者は、重大じゃないと判断したから・・・私の判断が誤りで、演技するために放ったわけではない…分かった?」って素直に話すユン・ソジョンです。
鼻っ柱の強い、グイグイのし上がる女医師かと思ったのですが、ちょっと違う感じです。

17030215.jpg

また別の患者
さっきまで会話していたのに、突然心肺停止に・・・
心臓マッサージをしたり、細動除去器(ドラマでよく見るヤツ)を使って、研修医たちは、主治医が来るまでもたせようとしているんですが・・・
このままでは、命の危険もあるし、脳に障害が残るかもしれないという判断で、ユン・ソジョンは「エコモ(体外式模型人工肺)を持ってこい」と指示!!
「失敗したら医療ミスになる。主治医を待とう」と言っても聞かず「私が責任を取るって言ってるでしょう!」と自分でエコモを取りに行こうとした時に・・・
17030214.jpg

エコモを持って、カン・ドンジュ登場!!

17030213.jpg

ユン・ソジョンの隣で、何やら器具をテキパキ渡してサポート

17030212.jpg

無事に治療を終えたユン・ソジョンは看護師に患者の名前を聞いて・・・
たぶん聞こえない患者さんの耳元で
「イ・ミョンオン씨、聞こえますか?私は治療に当たったユン・ソジョンです。今、血液の中に酸素を与えているところです。上手くいくと思っています。最後まで諦めないでください」と声を掛け・・・
それを見ているカン・ドンジュです。

17030211.jpg

「患者に何かあったら、どう責任を取るつもりだ!救急は救急の仕事だけしていろ!エコモをするか決定するのは、専門医になってからやれ!」と主治医に怒られて・・・
「大丈夫!ユン・ソジョン」と自分に言い聞かせながら、泣いているユン・ソジョンを見て・・・
「先生に夢中になってはいけませんか?」
まだ1話なのに、こんなことに・・・
だ・け・ど・このあとで、彼氏がいると言われるんです。
落ち込むでもなく、自信のある顔してたのはナゼなんだろう?

17030210.jpg

仕事を終え、帰る私服のふたり
インターンってことでカン・ドンジュは学生っぽい格好なのかな?
さっき、あんなことがあったというのに、全然平気で「先輩のことが好きです。一緒に寝たい!」って(大胆~~!)
そこへ、高級っぽい車でさぁ~っと迎えに来たのが、ムン医師でした。

17030209.jpg

信号待ちでプロポーズして、指輪を人差し指(血を止めた)にしてあげるんですけど・・・
信号待ちで?っと思っていたら・・・
発進してすぐ、大型トレーラーみたいのに激突!!
展開が早すぎて、画面キャプチャが追いつきません。

17030208.jpg

病院に事故の連絡が入り、てっきりムン医師が大ケガ?と思ったら
おでこを冷やして歩いてるし・・・
そして重症っぽいユン・ソジョンがストレッチャーに・・・
この男、飲酒運転をカン・ドンジュに責められます。
韓国って、飲酒運転に対する意識がちょっと薄い気がします(私だけ?)

17030207.jpg

あれ?この看護師、ユン・ソジョンの指輪を発見して、こんな表情・・・
17030206.jpg

「私はいいから、ムン医師を治療して!」とユン・ソジョン
「出血していないから、大丈夫だ」と話したのですが・・・
「頭を打っているから、早く行って!」

17030205.jpg

やはり、ムン医師と看護師、こそこそ会って話しています。
目撃するカン・ドンジュ
このあと、ムン医師は倒れてしまい・・・
17030204.jpg

お葬式・・・早い
17030203.jpg

腕を骨折して入院中のユン・ソジョンは病室を抜け出して、山登っています。
自分を責めて自暴自棄になっているような・・・

事故の直前のことを思い出して・・・
「今日、告白されたの!少し心が揺れ動いたの…ごめんなさい」
って、こんなことがあったんですね。

17030202.jpg

足を滑らせて、動けなくなってしまったところに
見知らぬおじさんが来て・・・
「骨盤は大丈夫だな」とか言いながら、体のあちこちを触っています。
「変態?」と一瞬思うユン・ソジョンですが
挫いた足をぐきっ!て治してくれます。(たぶんお医者さん)
そのまま、置き去りにするわけにもいかず、おんぶして連れて帰ります。
今のところ、キム・サブが登場していないので、この人がそうでしょうか?

17030201.jpg

久しぶりにまじめなドラマを見たと思ったら、ハラハラする内容で疲れました。
医療モノって、手術シーンとかちょっと苦手です。

このふたりの関係
少年だったカン・ドンジュを助けてくれた医師
キム・サブの正体
などなど先が楽しみですねぇ~

花郎も完結しないといけないし・・・大忙しです!!

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話



韓流はココで。KOCOWA


category: 浪漫ドクターキム・サブ