韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

サムマイウェイ 쌈, 마이웨이 12話あらすじ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
쌈 마이웨이  サムマイウェイ
KBS 2017/05/22 ~ 2017/07/11

 Teaser動画 2 、3( 日本語字幕)
 キャスト紹介
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11 話 12 話 13 話 14 話 15 話 16 話

お気づきかと思いますが…つまらない(笑)
パク・ソジュン君だから、まぁ~最後まで見ようか、って頑張ってます。
ブログ書いちゃうと、途中で止めるのもなんだし…
見続けるのキツイ…
って、『キムサブ』リタイアしたけど(笑)


あらすじ

屋上飲みから帰る時に…
大家さんと息子にバッタリ!

屋上は、トンマンたちが勝手に秘密の通路から出入りして、飲み物を持ち込んで『ナミルヴィラ』に因んで『ナミルBAR』って呼んでたんですけど…

大家さん、全部知ってました。
「出入りしていいわよ子供のように無邪気に遊ぶのなら…大人のように遊んではいけない!」

「私たち、そこでキスしました!」
おいおいおいみたいなトンマン…

1081201.jpg


イェジンの家の前にあった荷物を運んでいたジュマン…
足に箱を落としてしまい出血!!
「オットケ~」って時に、運悪くオンマが訪ねて来て、クローゼットに隠れててって言われ…

「そんなことしたくない」って断っても、「見つかったら叩かれる~、殺される~」ってムリヤリ!!

オンマは入って来るなり、楽しみにしていたドラマを見始めて当分帰りそうにありません…

1081202.jpg



「早く帰りなさい!」って大家さん…
トンマンにヒソヒソ話して、自分の部屋に戻るエラ…
「シャワーの後、戻るって言ったでしょ?」って、大家さん、正解!!( ゚Д゚)!!

エラの反撃!
「アジュマは誰かに止められたら、もっとやりたくなるでしょ?」
「えっ?何をするつもりなの?」

「朝鮮があんな抑圧された時代じゃなければ、たくさんの水車小屋はできなかった」
(水車小屋って男女の密会の場所なんだって~)

「結局、アジュマは焚きつけてるのよ!」
部屋に入るエラ…

1081203.jpg


呆れながらも笑ってる大家さんとイケメン息子君
このイケメン君は『ああ、私の幽霊さま』のシェフでしたね?

1081204.jpg


トンマンとエラ、帰ってから大忙し(笑)
トンマンは…
まず玄関のパスワードを変更して…
(この間みたいにジュマンが入って来ないように!)
ベッドの足を溶接?ぐらつきも直して
ファブリーズをこれでもかってほど振りまいて…最後は自分の身体にもシュッシュッ!

エラは…
お洋服選びと下着選び…
結局、Tシャツ変わっただけ?

1081205.jpg


エラの方からキスしようとしたら、お腹がグ~~
緊張するとお腹が変になるエラでしたね?

トンマン、緊張してるエラを気遣ってか、静かな口調で…
「俺たちは付き合ってる。同じベッドにいる」
「お前を帰したくない」
「今夜一緒にいたいんだ」
「お前のお腹に落ち着くように言ってくれ」(笑)
自分が先に横になり、エラの肩を抱いてコロンって横にして(笑)(←文章下手)

1081206.jpg


「一晩中、抱いて寝る」
「ヤ~、死にそう…」
「ガス、ガス、ガス?」(大声で笑っちゃった私…)
「ドキドキして、息するのが大変…」
オデコに( *¯ ³¯*)♡ㄘゅとして、抱いて寝ました。。。

1081207.jpg


ジュマンの方は…
イェジンオンマが、テレビを見て寝てしまい…

イェジンがクローゼットに覗きに行くと、ジュマンも寝てました。つま先ちょっぴり出血…かわいい靴下(笑)
ソリから電話が掛かってきてたんですが、寝ていて気付かず…イェジンにも気づかず…

1081208.jpg


朝、ドアをドンドンする音で目覚める二人
お父さんかな?と思ったらソリでした。

1081209.jpg


「10分くらい前に来たところだ…」
慌てて、朝ごはん食べてるふりするエラですが、シリアルに水を注いで、アッ!

そんどころじゃないソリ…
「ジュマンが昨日から帰って来ない(T_T)」

エラが懲らしめるために、なぜかジャージ上下に着替えて、ソリと一緒にイェジンのマンションに向かいました。

1081210.jpg


「トンマンはすぐ有名になるだろう。『コ・ドンマン』でググると、お前との八百長試合が出てくる。暴かれるよりも先に攻撃した方がいい」

「10年前、記者会見をしなかったのに、なんで今そんなことしなきゃいけないんだ!」
「とにかく、お前は被害者になるんだ。メディア操作は世界を変える…」

1081211.jpg


スマホに着信があり、ブルブルして頭にゴン!
やっと起きたジュマン、朝?( ゚Д゚)!!

「起きた?」って、普通にイェジンが入ってきて…
「毛布を掛けた時に…えっと…私を抱きしめた…」
(うそー!良い子だと思っていたのに…略奪に燃える女?!)

「俺は一滴も飲んでいない!飲んだってそんなことしない!」
怒るジュマンに対して、「私の手をこんなふうに引っ張って…『ソラ、電気消して』って言った…」
自分も傷ついたみたいなことを…

ソリからの着信42件!!「あぁ~」

1081212.jpg

ソリの気持ち…
マンションの部屋番号はわからないし、ここにいるかどうかもわからない、何かあったのかも?…
イェジンに電話するにもプライドがあってできない…

ソリの夢
いい嫁、母になること
エラやトンマンに比べたら、夢って言っていいのかって思いもあるんですが…


エラが、別の人と夢を叶えることもできると言っても、「トンマン以外ダメ!」だそうです。。。

って話している所に、ジュマン、スマホ片手に来ました…
「なぜここにいるの?」
「寝ちゃったんだ…間違いはなかった…」

「靴下忘れてますよ~」ってイェジンがかわいい靴下を持って来て…
(最悪~)

「どっちにしろ、ここで寝た…同じことよ。私たち、別れましょう」

1081213.jpg


『RFCキム・タクス緊急記者会見』
「2007年、不正があったことを告白します」
(ウソ泣き、ヤンマネージャーと小芝居…コーチは乗っかりません)
「善意で提供したものが、何かの金銭的な補償に変わっていた。私、キム・タクスはコ・ドンマンに正々堂々と戦いを望みます」

テレビで見ていたトンマンとファンコーチ
「無茶するな!お前の考えていることは分かる」
「あいつの企みには乗らないよ。タクスのペースに落ちない」

「お前、成長したな~」

1081214.jpg


キム・タクスの記者会見を見たエラ…
「あんなことしてないわよね?」
「あいつには、いつか立ち向かわないといけない!」
そんなことをしたら、汚いアイツらが酷いことしてくるのは目に見えているので↓

「あんたが3度撃たれたら、2回は弾を取る!!」
「なんで2回なんだ?」(笑)
「ぜ~~んぶは無理かもしれないけど、人生の3回のうち、2回は絶対に防御する!」
そのぐらい好きなんだそうです。

「お前に守ってもらうようなヤツになるのは嫌だ!俺は本当に強くなる!!」


トンマンのTシャツ… Nirvana ニルバーナ / Nevermind のTシャツですね~?

1081215.jpg


トンマンの父がお仕事ついでに、トンマンの所に来ました。
1日中ジャージ姿のトンマンに、「働きに行かないのか?」
「結婚でもしないのか?」
「この年齢になっても、なんの考えも計画もない!」

頭の固いジジイ…部屋のインテリアもガラクタだ、捨てろって(笑)

「学費も家賃も払ってもらったことないんだから、あれこれ言わないでくれ!!」
「よくも、そんなことを…」

1081216.jpg


荷物をまとめに来たソリ…
「悪かった…」
「今日1日の失敗だけじゃない。あなたは毎晩、携帯をサイレントにしている。いつも、着信のライトが光っている。とても悲しくなる。彼女の所に行くのがわかっていても、行かせた…」

「事故だったんだ。酔ってベンチで寝たこともある…」
「関係ないわよね?無視することができなかったのよね?」

「怒ってるからそんなこと言うんだろ?」
「この6年間、怒って別れようと言ったことはない。いつもいつもあなたに尽くしてきた。なんの後悔もない」

ソリは自分の部屋に戻り、ジュマンはぐずぐずに泣き出しました。

ソリ+エラ
エラは、独立記念日だと言って、ろうそく1本立てたケーキを準備したのに、「吹き消すことができない」と言って泣き出しました。
「ジュマンが泣いていた…」

ジュマン+トンマン
「なんでソリを泣かせるんだ?」
「謝れよ…」
…無言

1081217.jpg


オンマから電話でアッパがバーで120万ウォンも使った、と…

カードの請求書にあったバーに行きました!
若い社長にいいように言われ、金も支払わされて…それでもじっと我慢している父の姿を見て、ダニドクターをやっていた時の、理不尽な難癖を付ける上司とオーバーラップするのでした。。。

帰り道、父の後ろを歩きながら…
「アボジは家族と一緒に歩くことは決してなかった…」

回想シーン
トンマンと母のずっと前を歩いて、バスに乗り込んで席を取って座らせてくれたり…
トンマンが病気の時、背負って病院に駆け込み、夜なのに病院のドアをドンドン叩いたり…


「アボジ~、息子と一緒に飲もう!」って声を掛けました。

1081218.jpg


「アボジの夢は何ですか?」
ちょっと躊躇ったのですが…「パイロット!映画を見て…」
「目指せば良かったのに!」
「エアフォースアカデミーに行くお金がなかったんだ。今はお前たちが俺の夢だ」

「アボジは最初からアボジだったから、夢を聞いて少し変な感じがする」
「お前を育てるのに必死だった…」

「待っていてくれ!パイロットにしてあげられないけど、コックピットに近いファーストクラスに乗せる!絶対に!」

エラも「アジョシ~」って、食べ物を持って来ました。
「おぉ、お前に合えずに帰るかと思ってたよ」って、ニコニコのトンマン父…
自分の息子より嬉しそうってヤキモチのトンマン(笑)

「ところで、お前たち二人、もう済んだのか?」
咳き込む二人(笑)
「俺たちが何をしてないって?」
無尽(頼母子講?)をやってるのかと聞いているみたいでした。
「銀行は当てにならない」って(笑)

「そ、そうだね…」ってトンマン
ホッとして笑うエラでした。

「계 가 최고요~」って言ってた気がします。
(前にも何かのドラマで『無尽』の話してた…)

1081219.jpg


そして、父をジムに連れて行きました。
「アボニム、トンマンを説得したのは自分です。トンマンは何も悪くない」

「すぐには稼げないけど、信じて欲しい」
「俺はこうやって生きなかった。朝早くから夜寝るまで働いてきた」

「こういう生き方が気に入らないのは分かってる」
「俺のように生きてはいけない」

「えっ?俺の道を生きていいんだよね?」
「お前がやりたいこともできないと考えると腹が立って来る。破産した父親のためにあんな試合をしなければいけなかった。ドンヒの重荷まで背負わせて…」

「でも、お前がこれをやってくれると分かって、やっと息ができる」
「翼を広げて飛べ!お前ののやりたいように生きろ!」

1081220.jpg


すまない気持ちはあるけど、ジュマンと付き合いたいって言うイェジン…

結婚しないし、別れるし、好きなようにしていいよ…って言われて、ちょっと笑顔になるイェジン…
笑顔になるのもどうかな~?と思ったら、グラスの水を掛けられました!

「付き合っていることを知らないならまだしも、知ってからもこういう態度って、酷い女!」
「ジュマンは本当に私のことが好きだった。私との記憶がジュマンにもある。あなたと付き合っても、その記憶がずっと取り付くことを願ってる!」

1081221.jpg


トンマンはアボジが帰る時に、コンビニの袋みたいのを手渡して…
バスが出発してから、中を見るとお金が入っていました。
トンマンが部屋に帰ると、キレイに掃除されて、洗濯物のお上にお金が!!
お互いに心配して、お金を渡したんですね。


トンマンはアボジの気持ち、応援で気持ちが高ぶってファンコーチのもとに…
もう大人のふりをしない。自分の道を行きたい!
2007年11月3日のことを、ずっと毎日考えていた。キム・タクスが贅沢に暮らしているのを見て、後悔した。怒りでおかしくなりそうだった。

ダウンしたドンホは打てなかったけど、キム・タクスを殺すことはできる。
キム・タクスと戦ったら、息ができなくてもタップアウトしない!
10年間の記憶を落とさせて下さい!

1081222.jpg


「愛してる」
「好きだー!!」って( *¯ ³¯*)♡ㄘゅ( *¯ ³¯*)♡ㄘゅ( *¯ ³¯*)♡ㄘゅ

つ・づ・く

1081223.jpg






関連記事




category: サムマイウェイ