韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『黄金色の私の人生』 あらすじ5話 パク・シフ、面白すぎる~!!  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
황금빛 내 인생 My Golden Life
脚本家:ソ・ヒョンギョン『いとしのソヨン』『検事プリンセス』
演出:キム・ヒョンソク『棚ぼたのあなた』
KBS 2017/09/02 ~ 2018/02/18

キャスト 人物相関図
1話 2話 3話 4話 5話 6話

こんばんは~
パク・シフ、面白いねぇ~『逆転の女王』の時みたい…
笑った~!!
ジアンのジェットコースターみたいな人生、上がって落ちるの意味もわかりましたよ~

あらすじで~す!

「両親の家に行くって?」不思議がる兄弟たち…
本当のジアンではないこと、実の両親(ヘソングループ副社長夫妻)の元へ行く決心をしたことを話しました。

ジスがいちばん動揺していました。
「ジホは、オンニがいなくなって悲しくないの?」
デパートで土下座するジアンを思い出し…
「俺はOK!姉であることに変わりはない!」
ジテにも…
「オッパは大丈夫なの?」
「話すことは何もない。大人だし、もう決めたんだから」

tyousyoku.jpg


ミョンヒはウンソクのために、朝早くから業者を呼んで、お部屋のリフォームを急いでいます。
いつ来てくれるかも分からないのに…
だったのが、ミジョンから「行く決心した」と連絡が入り、明るい表情!!

dogyon,aboji


ジェソンも朝食中なのに、洗面所に行って泣いていました。
ソヒョンだけは「もう?いつ来るの?」

aboji,uru


泣きながらパン屋さんに出勤するジス…

ミョンヒから2000万ウォンの振り込みを確認して、ドギョンに電話するジアン…
「アニョハセヨ、2070万ウォン借金している者ですけど‥」(笑)
「もう話すことはないって言ったはずだが…500万ウォンのことか?要らないよ!」
「500万ウォンのことじゃない!いいから、どこにいるか教えて!!」


車の中で、ジアンを待ちながら…
「500万ウォンじゃないとしたら何だ?」
黒いゴミ袋みたいのに、お札を入れてジアンが来ました。

「ウンソクの件はまだ話すな!大企業なんだからマスコミがうるさい!行動に気を付けるように!」って、アボジの注意が頭をよぎり…周囲を気にして、サングラスを掛けて、車から降りないし…(笑)
そして穏やかな口調で…「要件は何ですか?」

窓から、お札が入った袋を押し込みました!
「数えて、領収書を下さい!」
(人から借りたお金なのに、また態度デカい!)

大量のお札を見て…( ゚Д゚)「もう車替えたし…ローン組んだのか?」
無視!イベントの報酬とタクシー代、クリーニング代として20万ウォンを、袋の中から抜き取りました。
「昨夜持ってなかったのに、どこから手に入れたんだ?」

とうとう車から降りて…「受け取らないと決めたんだから…どうしてそんな無謀なことをするんだ?この金を返してこい!」

「ローンじゃないし…」
「誰がお前のような人に、こんなにくれるんだよ!」
(アボジの教えも、ノブレスオブリージュもどっか行っちゃった…)

「(゜Д゜) ハア??私のような?」
しまった…みたいな顔のドギョン(笑)

「あなたは、ぜ~んぜんノブレスオブリージュじゃありませんよ!」って言われちゃうし…
「ローンでも臓器提供でもバーで働いたとしても関係ないじゃん!!」

お金の袋があっち行ったり、こっち行ったり…最後は車に乗って逃げようとするドギョン目掛けて、袋をバシッ!と投げつけて、タクシーで帰ってしまいました。

satsu.jpg


仕事中のアッパ…ミジョンから「テジョンに来ている」と電話が来ました。
一緒にお昼を食べるのですが…様子がおかしいミジョン…

「大きな間違いをした…。捨てたんじゃなかったのよ。あの子は誘拐されたの」
「何言ってるんだ?」

「ジスのことよ…産みの親が来たの」
(えぇっ!!ジス!???)

「私はジアンだって言った…」
「なぜだ?どうしてそんなこと言ったんだ?」
ヘソングループの娘が失踪した記事を、アッパに見せました。

「あの人たちは、化粧品の訪問販売員を雇った…歯ブラシが無くなった時のこと覚えてる?」
(あの人たちが雇ったんじゃないけど…)

「それにしてもなんでジアンだと言ったんだ?」
「あの女性が、誰?誰?って私を追い詰めて…ジアンの後姿が浮かんで、思わず…」

ユン・ハジョンとケンカして警察沙汰になった時に、オンマも警察に駆け付けていて…
友人がコネ入社をして、ジアンが職を失ってケンカになり…金持ち親子の前で頭を下げ、泣きながら帰る後ろ姿をずっと見ていたのでした。


「ジアンがあんな人生を歩んでいたなんて…。あの姿を見た時に、死にたくなった。学費を稼ぐために必死に、インターンや契約社員として働いてきた。こんなに惨めに生きていたことを知らなかった」

「私たちは、ジスを自分の娘のように育ててきた。取り替えたって…」
「何言ってるんだ?許されることじゃない!すぐに真実を言って謝るんだ!」

「もう遅い!ジアンは行くと決心したんだから!」
ヒステリックに叫ぶミジョン…冷静、真面目なテスは「すぐにソウルに行かないと!本当のことを話さないと!」

「そんなことしたら、二人の娘を失うわよ」
「どういう意味だ?」
「ジアンはもう決心したのよ!ジスが私たちを許すと思う?」
「もうみんな知ってるのか?俺に黙って、なんてことするんだ?」
「留学だってさせられる。ずっと夢に見ていたことをさせてあげられるのよ!誰のために諦めたの?」
今度はテスを責めます…昔は金持ちだったのに、どん底生活をしているのが、相当不満なんですね?

「罪の意識を感じないのか?」
「ジスはここで十分幸せよ。ジアンは私たちと一緒だと不幸なのよ」
「俺の知っているミジョンか?35年間一緒に暮らしてきた女か?」

ミジョンはソウルに帰りました。

mijon.jpg


ジェソン+ミョンヒ
「ウンソクは亡くなったと思おうとしていた…。君とウンソクに申し訳ない気持ちでいっぱいだ」
「辛すぎることだったから…」

「望みを捨てなかった君のおかげだ。ありがとう」


会社に戻ったドギョンは…良くない妄想ばかり…
ヤミ金で金を借りるジアンの姿や、飲み屋で働く姿、臓器提供のためにベッドに横たわる姿(笑)などなど勝手に考えて自己嫌悪…

mousou.jpg


ドギョン→秘書に
「今日2000万ウォン必要だとしよう、なきゃクビだとしたらどうする?」(笑)
「チーム長にお願い…」
「俺は一銭も貸さない」

「じゃ、家の保証金を使います」
「友達の家にいて、保証金はない!」(設定が(笑))

「時計かなんか売ります」
「全部バッタもんだ!!」(笑)

「退職金を前借りします」
「退職金はない!!」(笑)

「両親に頼みます!親はきっと助けてくれます!!」

「親か…?5万ウォン札で2000万ウォン?」
「そんな人いないですよ~サラ金でもなければ」

「1番、サラ金 2番、バーで働く 3番、臓器売買」
「女性なら2、男性なら3!ですが…最近のバーは超セクシーじゃないとそんなに払いませんよ!それも1人1000万ウォンくらいじゃないですか?」

「1人1000万ウォン?じゃ、二人?」
バーで働くジアンとジスを想像するドギョン(笑)面白過ぎる!!

copy.jpg


テスは木材を運んでいる時に、気分が悪くなったのか、階段を踏み外してしまいました。
体調も気分も悪い…

ミョンヒ+ミジョン
ジアンに留学をさせてくれと話すミジョン…シカゴの美大に行かせたかったが、父親が事業で失敗してできなかった、と。
「こちらでやりますので」
ジアンはとても才能がある、と話すミジョンを遮り…

お店の権利書のようなものを渡して
「あなたの夫は事業に失敗してから苦労して、日雇い労働者をしている…安定した職業に就くべきでは?」

「夫は配送センターのマネージャーです」
「ソ・テスさんがそう話しているの?」
夫が肉体労働していることを知らないミジョン…

pan_2017101019591730c.jpgパン屋さんでは…ずっと泣いてるジスに…
「親が亡くなったのか?」
「自転車の彼に拒否されたのか?」
「じゃ、目の病気だから病院へ行け!」
何があったのかな~?と心配…


ドギョン、今度は金持ち息子の仲間に相談
「昨夜まで金がなかったのに、今朝キャッシュで持って来たんだ。ビニール袋に5万ウォン札をいっぱい!帯封もないんだよ!」

「プライドを守るために金を手に入れた…おもしろいなぁ」
「こんなに気分が悪くなったことないよ~そりゃ少しからかったけど、傷つけたかもしれないけど。50万ウォンもないのに、一晩で2000万ウォンを手に入れたんだよ!」
「復讐だ!すぐに金を返せ!金を受け取ってるところを撮られてるかもしれない」

「周りに何もなかった気がするけど…」
「だとしたら、プロの仕業だ!」(笑)

「写真を撮ってどうするんだ?」(ビクビク)
「ヘソングループの後継人なんだから…ネットに投稿するか、記者に売るんだよ!」

sansei.jpg


ジアン+ジス
「私はヘソンへ行った後も変わらない。心配しないで」
「何が同じなの?毎日会えないじゃない」

「どうして行けるの?」
「向こうの立場で考えてみて」

って時に、知らない番号から電話が…
「被害者で~す」(ドギョン)
容赦なく切ります!!


ジテ+スア
漫画喫茶でいつも会ってる二人…
屋上部屋を手に入れて、アジトにしようと提案するスアですが、「そこで結婚したいのか?」とジテ…

帰り道…「俺のためにすまない…」
「悪いと思うなら、明日一緒に結婚式に行って!」
友だちの結婚式で、彼氏がいるってのを見せびらかしたいみたい…


テス+ミジョン
ミジョンが、フランチャイズ契約の書類を見ていた時に、テスが突然帰って来ました。書類隠しました。
「ジアンが高校生の時に、事業がダメになった…夢を諦めて、大学卒業後働かなければいけなかった。全て俺のせいだ」

「あなたを責めるつもりはなかった」
「お前の言ったことは正しい。でも何度考えても、これは間違ってる」
「私だって間違いだって分かってる。ジスに悪いと感じてる」
「絶対に行かせない!!」
「もし今そんなことしたら、ジアンは罪悪感と羞恥心から立ち直れない…」

「俺は、俺は…ジアンの父親だ!ジアンはそんなことで傷つかないと分かっている!」

「ジアンに何を言うつもり?」
「ジアンは金持ちになるために、行くんじゃない!警察に通報しないで、家の子にしてしまったから、行くと言ってるじゃないか?」

cafe_2017101019591500a.jpgジアン+ヒョク、姉のカフェで
大きな紙袋をヒョクに渡したら…
「え?プレゼント?」
「あ、あ…」
ドギョンのイベントの帰り、借りた上着でした(笑)ガッカリ…
「どうしていつも良くしてくれるの?」
「理由があるからさ」

hyoku,bikkuri


回想シーン
制服のスカートの下にジャージを履いて…鋸で木を切ってるジアンを見つめるヒョク…
高校の時の、木工の授業で見てから好きになったみたい…

「ところで、あの女性は誰?」
「ビジネスパートナーだよ」(姉なのに…)

high school


パン屋のナムグはジスに、お店で使う椅子を2個見つけてきてって、ジスに言います。
近くに家具工房があるからってヒョクの所ですね?

アッパから電話が来て、タクシーで帰るジアンをお見送りするヒョク…
お遣い途中のジスが、見ちゃうんですけど、タクシーの中の女性の顔が見えなくて…「誰?誰?」

taxi.jpg


公園のベンチに座っているアッパ…

「オンマから聞いたよ、驚いただろう?」
「行くと決めたから…ごめんね」

「先に俺の話を聞いてくれ!お前に話さなければいけないことがある。ジアン、お前は行ってはいけない」
つ・づ・く

appa,bench


ジアンを迎え入れる前に、きちんとDNA検査すればいいのに…ねぇ?
ジアンは、ジスに対しても、ヒョクや同級生と接する時も、なんか余裕が出てきた感じがします。
ガツガツ働いていたのに…人は変わるのね?

産みの親が貧乏だったら、どうなんだろう?行かないですよね?



関連記事

category: 韓国ドラマ