韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『黄金色の私の人生』 あらすじ8話 イ・テソン頑張りました!  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
황금빛 내 인생 My Golden Life
脚本家:ソ・ヒョンギョン『いとしのソヨン』『検事プリンセス』
演出:キム・ヒョンソク『棚ぼたのあなた』
KBS 2017/09/02 ~ 2018/02/18

キャスト 人物相関図
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話 51話 52話


こんばんは~
長男ジテ(イ・テソン)が、なぜ結婚したがらないのか分かりましたよ~
涙流して、すんごい演技でした。
イ・テソン君は今32歳。
犬とオオカミの時間 』の時は22歳
イタズラなKiss〜Playful Kiss 』の時は25歳
屋根部屋の皇太子』の時は27歳
大人になったなぁ~~
確か結婚したよね?と思い、調べたら…もうすでに離婚していました(゚ロ゚;ノ)


あらすじで~す!

「ここから今すぐ出て行け!」
「出て行く前にいくら欲しいんだ?」
「お前は、金のためにここにいる。金を払うから」

驚いていたジアンですが、開き直って…
「いくら払うの?兄のふりしてからかっていたんでしょ?」

兄として受け入れる努力をしているのに、何も努力をしないで、3000万ウォンを元の家族のために使ったことを非難するドギョン…

また乞食呼ばわりされて反論するジアン
「まだ一晩過ごしただけなんだから、元の家族が心配なのは当たり前!!『出て行け』って、あなたは親じゃない!」

ドギョン…溜め息です。
「兄として接したくない。だから出て行け!お前は実家へプレゼントを買った時に、俺たち家族に何か買ったか?俺たちのことを考えさえしなかっただろう?」
「自分の娘が帰ってきて、あんなに喜んでいるのに…」
「2、3日前まで、お前はおれのことを嫌っていた。俺もだ。この家のルールに従わないのなら、ここに置いておかない」

下を向いて、無口になるジアン…
部屋に戻り、ジェソンのプレゼントの名前入り万年筆を見つめていました。

deteike2.jpg


ミョンヒに呼ばれて、1週間のレッスンスケジュールを渡されました。失った25年間を取り戻すかのようなビッシリのスケジュール!!

ヒョク+姉
朝食にかぼちゃパンを出し、ヒョクに食べさせる姉…カフェで売りたいって積極的です。
ヒョクは、姉が初めて自分から提案したって喜んでいました。

パン屋さんの外で、中の様子を伺うヒョク姉
ジスが気付いて、お店の中に入れた時…パン屋のシェフ(ナムグ)は慌てて隠れました。

ヒョクと会う約束をしていたジアン…もう家の前(元の家)にいるというので、タクシーで駆けつけて…
スマホを落としたんですけど、気付かず…
尾行(?)していたドギョンが拾いました。

ヒョク+ジアン
「どこにいたんだ?何着てるんだ?」(笑)
2000万ウォンの小切手?入りの袋を渡しました。水商売とか援助交際でお金を手に入れたと考えたみたいで(笑)
「お前に2000万ウォン貸す人なんていない。返して来い!」
「ヤー!!」って胸ぐら掴むジアン…

結局…「今はまだ言いたくないけど、心配するようなことは何もない」と言うだけ…

hyok,jian


pan_2017101019591730c.jpgジスとナムグパン屋さんのシーンは和みますぅ♪
「自転車の彼に会うために、カフェにパンを置いてもらうことを勝手に決めちゃって…彼に会う唯一の方法なんです!」

「売っていいよ。その代わり責任取れよ!」
「えっ?どういう意味?」
「オーナーがここに来たりしないように、お前がパンを納品しろ!」
「本当に?」目がキラッキラのジス(かわいい♪)
「もしオーナーがここに来たら、お前はクビだからな!」


cafe_2017101019591500a.jpgヒョクのカフェで…
ジアンにコーヒーを取りに行かせた隙に、ジアンのバッグにこっそり2000万ウォンの小切手を入れて…
「仕事が見つかるまでここでアルバイトしろ!」(笑)

「こんなことばかりするんだったら、電話番号をブロックする…。本当の友達なら、もう少し時間をちょうだい…全て話すから」
帰ろうとするジアンの手を握って引き留めているところを見て、ドギョンは、また溜め息…

ジアンは、ジスに電話しようとして携帯がないことに気付き…あちこち探し回り…
そんなジアンを見て、ドギョン笑ってる~ジアンの携帯を持ってるし~

sumaho.jpg


レッスンの時間になっても帰らないジアン
ミョンヒは、電話しても繋がらなくてイライラし!!
とうとう涙目で、仕事中のジェソンの元に行き
「電話が繋がらない、拉致されたんじゃ!?」って半狂乱!!

histericomma.jpg


会議中のドギョンのテーブル上には、ジアンの携帯が…アボジから着信ですけど…

仕事中って変なメガネ掛けてるパク・シフ…韓国のメガネっておしゃれじゃない気がします。『怪しいパートナー』のチ・チャンウク君のメガネも変だった~

megane.jpg


ジアンはいつだったかアッパが座っていた公園のベンチに、靴を脱いで座り…アッパと話したことや、ヒョク、ドギョンの言葉を思い返し、うなだれて…

jian,kouen


ジェソンがソワソワ心配しているところに、ジアンが帰ってきました。
探しに行っていたのか、ミョンヒも帰って来て「あぁ~良かった~」と抱きしめ…
「オンマ…」とつぶやくジアンに、嬉しくなるミョンヒ

携帯を失くして、探すのに気を取られて、連絡できなかった…大事な写真や情報が入っていたから…って素直に謝りました。

両親がどれほど心配したかを感じるジアン…
今後はひとりで外出させないそうです。

jian,myonhi


ドギョン→ジアン
「気を付けて行動しろ!オンマに気付かれる前に、男とは別れろ!」
「すみません」(初めて謝った?)
「昨日話したこと…自分の考えが足りなかった…」

「お前が思慮不足でもずる賢くても、俺には関係ない。我が家のルールを壊すな!俺のことは、好きなように無視すればいい!」
「それと…彼氏はいません」
「はぁ~」溜め息(ヒョクと会ってるの何度も見てるしね~)

ドギョンは『俺が見つけて良かった』って、ジアンの携帯を自分の机の引き出しに収納!!

そうとは知らずにジアンにメッセージを送信するヒョク
『バッグに小切手を入れた。お願いだから、昔の友人として受け取って、借りた人に返せ!そしてまともに生きろ!』


久々登場のジホ…
浪人生のふりをしているので、朝8時に家を出て、デパートとクラブで働き…空いてる時間は友達の家で過ごしているようです。
入学試験まで『考試院』に住めば?というアドバイスに「ハレルヤ~」って乗っかっちゃうのかな?

TVでヘソングループのCMを見て…ジアンに電話すると、使われていない番号というアナウンス…
「えっ?番号変更を俺に教えないの?」

jiho,ching


友人に勧められた企業セミナーに参加するテス…
ベトナムに食品を輸出する事業で、話がウマすぎる怪しい感じ…早めに退席しました。


街でビラ配りをしていたテスは、スアと初めて出会ったカフェが近くにあるのに気付き、ふらふら~っと近づいて行くと…スアが男性と一緒にいるのを目撃…
テスには残業だと嘘をつき、友達が紹介した男性と会っていたスア…

「何をしているんだ!残業だと嘘をついて、俺たちが初めて会った場所で!」
「何が悪いの?誰と会ってもいいって言ったじゃない?」
「だけど俺たちは別れなかっただろ!!」
「私は結婚したかったのよ!でも絶対に結婚しないと言った!」
「お前も結婚しないと言ったじゃないか!」

二人の周りに人垣ができて…テスが通りかかり…

「カナダに行くって言った時も、何も止めなかったじゃない」
「行かないと分かってるからだよ!信じていたから!」

「誰と会ってもいいって言ったのに、なぜ大騒ぎしてるの?前もって言わなかったから?ごめんなさい、これでいい?」
「もうお前に愛情を感じない!別れる前に何もかも言え!」
「あなたの家族は個室を与えることもできない。だけどあなたは、いつもいい息子になろうとしている。そういうの嫌なの…」
立ち去ろうとするスアの洋服を掴んだら、ビリビリに破れて背中半分の下着丸見え( ゚Д゚)!!

「あなたが言いたいことは何?」二人とも人前でグジャグジャに泣いています。
「わかったよ。絶対に結婚しないよ!俺は貧しい家の長男だ!望みもない…自分の子供たちに貧しさを受け継がせたくない。お前が望む家を与えることもできない。一生結婚しない。だから行け…」

テスはもう聞いていられなくて、立ち去ってしまいました。

sua,jite


セミナーを紹介してくれた友人と会うテス…
あの時、不渡りさえ出さなかったら、大丈夫だっただろうか…
家族を飢えさせてしまうと思うと、新しいことをするのが怖い…

夜、ジアンの部屋を訪れるミョンヒ
Tシャツに楽なパンツ姿のジアンを見て、「パジャマは?」
寝る時もきちんとしないとダメなんだそうです~

一緒に寝たいというミョンヒ…
ストライプ柄のパジャマに着替えて、母娘一緒に寝ました。
(娘じゃないけど…)

jian,omma


夜、ジスの部屋に行くミジョン
寝てると思ったら「オンマ、一緒に寝て…」と言って抱きつき…涙…

「ジス、あなた幸せ?」
「うん、今まで不幸なことは一度もない。でも今は違う、オンニがいなくなったから」
こっちも、本当の母娘じゃないのに一緒に寝ました。

jis,omma


朝、ジアンが目覚めたら、ミョンヒはもういませんでした。
頭にタオルを巻いてパジャマ姿でバスルームから出た時、ドギョンと会い…挨拶して頭を下げたはずみで、下着がボロッと床に落ちて…

ドギョンはまた溜め息…

ドギョン一家の朝食…
「オモニと一緒に寝たんだって?嫉妬したぞ~俺も一緒に寝てもいいかな?」ご機嫌のジェソン…
「もう、いくら娘でも、もう大人なんだから…」って嬉しそうなミョンヒ…
「冗談だよ~」

ニコニコの両親なんですが、面白くないソヒョン
「オンニ、口に食べ物が入ったまま喋らないで!って言ったわよね!」
「指摘するのは止めて!今日からレッスンするんだから…」ミョンヒ
「バスルームで洗濯しないって教えますか?」ドギョン

「何のためにお手伝いさんがいるの?」って叱られました ヒェー(゚ロ゚ノ)ノ

ジアンはソヒョンと仲良くしようと思い、お茶に誘い…
「チェロ専攻だけど、卒業後は?音楽家になるの?」
「ニューヨークのジュリアード音楽院に留学して…」
「え~~すご~い!」
無反応…その後は大企業の次男と結婚すると淡々と話し…
「お茶が終わったから、もういいかしら?」と立ち上がり…「親しくなりたい」と話しても…
「共通点がないのに…早くここに慣れることを願ってるわ」
(嫌な妹…ジアンも嫌だけど…)

ジアンは、秘書に新しい携帯電話を渡されました。
もう登録済みで、前の携帯は解約したみたい…
実家のオンマに番号が変わったことを連絡…

パンをヒョク姉の店に納品に行くジアンですが、ヒョクに会えずじまい…

ヒョクはジアンにメッセージを送信したのに、返信がなくて溜め息…(ジアン、見てないし)

ジアン+マナーレッスンの先生
自己紹介の挨拶して…「こちらに座ってください」
秘書に「お茶でも持ってきて」
先生に「あ、お茶でいいですか?」

「まず座ってください。あなたは立ち上がる必要はない。私に深くお辞儀しなくてもいい。私は雇われているのですから」
(そうか~、金持ちの振舞いがわからない…)
「あぁ…お客様で、先生だし…」

姿勢や立ち振る舞い方の基本から…大変!!

lesson.jpg


フランチャイズ店の打合せから帰ったミジョン
ジスがご飯の用意をしてくれるのを見て、すまない気持ちからか、「要らない!!」と怒りだして…

「ジアンがいつもやっていたことをやりたいの。たったひとりの娘だから、私が料理しないと…」
と言うジスに、ますます申し訳ない気持ちに…

ミジョンは隠していた箱から、写真を取り出し‥‥「ごめんね、ごめんねジアン」と涙を流し…
この写真は…ウンソクを拾った時に、両親を探すために必要だからと、テスが写したもの…

そこに大家さんが、ジアン、ジス双子の1歳のお祝いの時の写真を持って来ました。同じような顔をした双子で「どっちがジアン?」と聞かれます。
何も答えられず…追い返してしまいました。

一部始終を部屋の外で聞いていたジス…
「オンマ、どうしてこの子をジアンと呼んでいたの?これは私よ」

つ・づ・く

korehawatasiyo.jpg


ジテ(イ・テソン)とスアのシーンが迫力ありましたね~?
そして、ジテが話している内容がとっても気になりました。
裕福な家でないとしても、結婚してふたりで働いていけば生活できるんじゃない?
奥さんが働くって、あんまりないのかな?
ミジョンも働いてないし…

そういえば…ドラマを見ていて…専業主婦が多い気がするなぁ~
家で、もやしとか葉っぱをむしって、夕食準備をしているオンマが多い(笑)
パート行ってきました~って姿はないですね(笑)






関連記事


category: 黄金色の私の人生