韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

あなたが眠っている間に あらすじ16話 変なタイミングで告白…  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
このサイトはsmallheart.jpg『韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中』kandorapen.com で~す!!

こんばんは~
なんだかんだで、見てます。
見ると、面白いんですけど…
もうひとつ見てるドラマに心を奪われているので、気持ちが入らなくて…
16話は、ウタクもジェチャンも、カッコ良かったです。
二人とも賢いし…


while you were sleeping1

あなたが眠っている間に
당신이 잠든 사이에
While You Were Sleeping
SBS 2017/09/27 ~2017/11/16


キャスト 人物相関図
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話


あらすじ 16話
取調室
「この事件を始めて聞いた時、容疑者は、ド・ハギョンだと思いましたか?」
「はい」
「なぜですか?」
「ニュースで、CCTVを見た。ド・ハギョンだった。カメラには他に誰も映っていなかったんですね?」
「階段、エレベーター、老化のCCTVを調べましたが、他に誰も映っていませんでした」

「ええ、聞きました。しかし、それがド・ハギョンを容疑者だと誤解した原因です」
「なぜ誤解だと思うんですか?」

17112401.jpg


ユボム+ホンジュ
「もし俺がド・ハギョンの弁護士なら、事故死だと言う。被害者は、転んでテーブルで頭を打って、大量出血で亡くなった。不幸な事故だ」
「あり得ない…事故だとしたら、床の血の模様をどう説明するの?」
「ド・ハギョンが描いたという証拠はない」

「もしド・ハギョンじゃなかったら、誰が?あの日は、ド・ハギョンとユ・スギョンの二人しかいなかった」
「ド・ハギョンじゃない。彼の手、足、首、靴、どこにも血液は付いていなかった。この事実は、彼を有罪にすることができない」

17112402.jpg


取調室
「自白前に十分時間があったから、血液の汚れを落としたんだろう…」
「それは仮定です。仮定は証拠になり得ない」

チェ捜査官「じゃ、血で描かれた模様はどう説明するんだ?ド・ハギョンは、それについて何て言ってるんだ?」

「彼は、分からないと言いました」
「分からないと言ってるだけじゃダメだ。無罪になるには、血の絵を描かなかったと証明しなければいけない」
「違います。検事が証明しないといけない。ド・ハギョンが描いたなら、起訴される。あなたは何が描かれているのか分からないんでしょう?」

マジックミラー裏
部長「なんだ!この警官は!弁護士なのか?」
ソ検事「取り調べというより、裁判みたいね…」
ヒミン「もうすぐ、警官がチョン検事の上行っちゃうわよ…」
イ検事「なぜ理由もなく逃げたか、聞かないんだ?」

取調室
「それじゃ、彼はなぜ逃げたんですか?」(聞きました)
「無実でも追われる。無実でも、刑務所に行くことになるかもしれないと考えたからです」

「あなたの家にド・ハギャンが行っ日、自首するように言いましたね」
「いいえ、逃げるように言いました。本当にユ・スギョンを殺したなら、逃げろ!無実なら自首しろ!法を信じろ!と言いました。そして彼は自首しました」

マジックミラー裏
ソ「本当にド・ハギョンは犯人なの?」
部「いったい何言ってるんだ?ド・ハギョン以外、誰がいるんだ?」

取調室
「なぜ、ド・ハギョンが無実だと信じているんですか?」
「家に来た時に、無実を証明するために、助けてくれと言った。さっき会った時も、真犯人を探しているのかと話していた。有罪だったら、そんなことを言わない。アリバイの工作を頼むだろう」
「確かに…」

マジックミラー裏
部長「何、同意してるんだよー!」
ヒミン「うちのチョン検事は、警官に負けた」

取調室
「ド・ハギョンにはユ・スギョンを殺す動機がある。ユ・スギョンは、ド・ハギョンのサービス対して、低評価を出していた。その上ゴミ出しまで頼んだことが、彼を憤慨させた」
「それではなぜ、彼女を殺した後で、彼はゴミを捨てたんですか?怒らせたんだったら、ゴミをそこに置いておくでしょう?」
(ゴミを分別して捨ててる映像がありました)

マジックミラー裏
ヒミン「そうよね…」
部長「お前まで、あいつの味方するのか?」
ソ検事「どうして私たちをここに呼んだか…これよ!チョン検事は私たちに見せて、説得したかったのよ」

ジェチャンは取り調べの前に、みんなに見に来るようにお願いしていました。
逮捕した犯人を無実にしてしまったら、大問題で…ジェチャンもチェ捜査官もクビ!間違いなしなので、みんなにも納得してもらおうって…チェ捜査官の入れ知恵です。

結局、逮捕取り消しになりました。

17112403.jpg


ユボム+ホンジュ
「カン・デヒのようにはさせない」
「カン・デヒの弁護士はあなたじゃない!」
「俺は、今回はジェチャンサイドだ」
「あなたの助けがなくても、彼はうまくやれる!」

「ジェチャンは、これをひとりでやれない…ジェチャンに能力がないんじゃなくて、これは難しい事件だから」

ユボムは…ド・ハギョンの父親が薬物売買で逮捕歴があること、ド・ハギョン自身も暴行、窃盗の過去があることを調べあげていて…
記事にしてくれれば、たくさんの人がサイコパスなド・ハギョンの仕業だと思う…
記事にすることで、ジェチャンの起訴を助けることができる、とホンジュに話すのですが…

17112404.jpg


帰りの車の中で、迷ってる様子のホンジュ

ホンジュの回想シーン
お葬式会場から立ち去った犯人の兄を、バイクに二人乗りして、追いかけるジェチャン少年とホンジュ


17112405.jpg

河原に乗り捨てられた車…誰も乗っていなくて…
川の方へ走っていったら、犯人の兄は水の中に入って行って、頭が見えなくなりました。

ジェチャンは自分の体にロープを巻き付けて、ロープの端をホンジュに渡し、引っ張れと…

「どうして助けなければいけないの?」
「当然、助けなければいけないだろう?なぜ溺れさせるんだ?」
「死ねばいいのよ。父親を殺した人の兄じゃない!!」

ジェチャン少年は、ホンジュを殴り…
「しっかりしろ!アジョシは俺たちと同じだ。昨日起こったことを信じられない気持ちでいる。時間を戻すこともできず、夢だったらと願っている。助けに行くから、俺とアジョシを、お前が助けるんだ」


17112406.jpg


お仕事が終わったジェチャン…社用車で来たホンジュと、いつものカフェへ

17112407.jpg


「ウタクの取り調べはどうだった?起訴するの?」
「起訴できなかった」
「もっと証拠が必要なの?保釈されるの?」

ホンジュの手を握り…「俺の話を聞いてくれ」
自分も最初は、犯人だと思ったが、解剖しても、押収したものからも、何も証拠が出なかった。
ユ・スギョンは耳石症のために、何度も倒れていて、そのために早く引退した。
解剖結果は、損傷が何もなく、死因は脳出血
血の絵は一気に描かれたもの(ひと筆書き?)
返り血もなく、13分で全て行うのは不可能

「じゃあ、誰が?…」
「ド・ハギョンではないと思う。見落としている何かがあるに違いない…」

17112408.jpg


ルンバが血の絵を描いて…窓から落ちちゃう映像が流れていました。
(そうか…納得)
サッカーボールで遊んでいる子供が、草むらでルンバを発見して、ゴミ置き場へ…
(永遠に謎になる~)

17112409.jpg


「それで、あなたは容疑者を見逃しちゃうの?」
「ああ、無能だろ?ウタクの言葉に負けて、容疑者を逃がした」
「ミヤネ~、そうじゃないって言えない」

そして突然…
「好きだ」
「えっ?」
「お前を失望させたのは嫌だけど、すんごくお前が好きだ」
「どうしたの?そんなこと言うなんて、バッドタイミング…」

「どうしてもド・ハギョンを起訴したかったけど、無実の人を起訴することはできない。人の人生を壊してしまう。お前のことは、ものすごく好きだけど、俺の感情で、彼の人生を変えられない。ガッカリさせて悪かった」

ホンジュは、テーブルにあった、金色のビニタイで指輪を作って、ジェチャンの小指にはめてあげました。

「これは何?」
「あなたに必要だと思って…誰かさんに似てる」
「誰?」
「ずーっと前に、私を殴った少年!」
「女を殴るって、酷いヤツだな…」
(あなたです!(笑))

「彼の名前も、どこに住んでるかも分からない。でも悪いヤツじゃなかった」
「女の子を殴る酷いヤツじゃん!普通じゃない!そんなのと連絡取っちゃダメだよ~!あ~不愉快…そんなのと似てるって…」
「あ~分かった、分かった、似てない…」

17112410.jpg


翌日…社内で、ユボムの資料を見てるホジュン

「後悔したくなかったら、俺とアジョシを助けるんだ!」と言い残し、川に飛び込むジェチャン
水中でアジョシを捕まえたんですが、息が続かなかったのかな?意識がなくなり、そのまま深く沈んでいき…

ホンジュはやっと決心して、泣きながらロープを引っ張り…二人を引き上げました。

犯人の兄は、指先がピクピク動いていたから大丈夫そう…
ジェチャンは気を失っているようで…ホンジュが心臓マッサージ+人工呼吸をして、息を吹き返しました。
泣いてるホンジュを抱き締めるジェチャン

(今の二人…早く気付いて欲しい)

17112411.jpg


ボン先輩に、ユボムの資料で記事を書けと、言われますが、「今回の事件とは関係ない。検察の取り調べを混乱させる」と言って、ボツにしちゃいました。
「お前の言葉を信じよう」と、了承してくれる良い先輩…


部長は…逮捕取り消しの書類にハンコを押すのをだい~ぶ躊躇していました。

釈放の報告を受けたユボムは、机のものをバーン!!ジャラジャラと手で払い落して、悔しがり…
ド・ハギョンの資料を、メディアに流すように指示!

指輪のケースを持ってポーズするジェチャン…
横断歩道の向こう側のジェチャンを見ているホンジュ…
ジェチャンに何者かが近づき、立ち去ったと思ったら、ジェチャンのお腹から出血…白いYシャツに血の色がじわじわ広がってる~

横断歩道を渡り、ジェチャンを抱きながら、救急車を呼ぶように叫ぶホンジュ

ホンジュ、目覚めました。
『今まで見た夢の中で、いちばん甘い夢が、いちばん恐ろしいものになった…』
つ・づ・く

17112412.jpg


犯人はルンバだったんですね~
見てると、ホント面白くて引き込まれます。
マジックミラー裏の他の検事たちが面白いんですけど、なかなか上手に書けなくて、残念です(笑)


関連記事


category: あなたが眠っている間に