韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『スイッチ-世界を変えろ』 あらすじ7話 一人二役が大変そう…  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
스위치 - 세상을 바꿔라
Switch: Change the World
SBS 2018/03/28 ~ 2018/05/17

 あらすじ 
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話

18040900.jpg


こんばんは~
6話の最後がドキドキで、興奮しました。
寝てるシーンが多かったペク・ジュンスがとうとう起きましたよ!
本格的に一人二役…髪形とかメイク(眉とか?)を変えてるのかな?
グンちゃんの演技力のせいでしょうか…お上手です♪


あらすじ 7話

シャツを脱いで、火傷痕を見せたサ・ドチャン!!
エッ!!って感じのキル・テロと、ポッカ~ンのヤン部長とオ・ハラ(笑)

シャツを着直しながら…
「2004年1月14日、木曜日の午後2時だった。へドンという名の店の隣の倉庫で起こった。俺たちが家から持ち寄ったジャガイモを料理しようとした時に、火事が起こった。火を消そうとして、俺たちは火傷した。火事の直前、お前はテサン女子高の先輩とデートに行ってた。彼女がどんなにキレイか聞かされて、ラブレターの代筆を頼まれた」
太「ジュンスや~、俺たち二人だけで、倉庫に行った。ジュンスだけが、そこで起こったことを知っている。彼はペク・ジュンスに間違いありません!」
口あんぐりの部長(笑)
変なショーを見せられて、不愉快そうな検事長…

大ピンチだったくせに、ヤン部長はキル・テロを口撃!
「お前はどこからそんなメチャクチャな話を持って来たんだ?ああん?何やってんだ?自分の席に戻れ!!」
今度はホッとして、自分のお猪口にお酒を注いで飲みました(笑)

検事長→キル・テロ
「君の努力は認めるよ。だが、行き過ぎだ!ペク検事に謝罪しなさい」

小馬鹿にしていたペク・ジュンスに謝るなんて…悔しそうな表情のキル・テロ(笑)
『キル・テロ、ざまぁみろ』って顔で、サ・ドチャンを見るオ・ハラ(笑)

18040901.jpg


チョ社長一味は、立ち入り禁止区域内の建物に、ずかずか入り、病室のような所をみつけ…布団を剥ぎ取ると…枕が2個!!
「これは何だ?なぜここじゃないんだ?なんだよーー!!」

チョ社長→クム・テウン
「代表、いませんでした」
「どういうことだ?」
「ペク・ジュンスは病院にはいません」

18040903.jpg


お誕生会がお開きになり…検事長をお見送りした後…オ・ハラは、サ・ドチャンの手を引いて、人がいないお座敷に連れて行きました。
オ・ハラ+サ・ドチャン
「あんたって、ほんとスゴイわね?先輩の方の火傷をどうやって知ったの?私だって知らないのに!知らなくて当然か…とにかく、あんたは天才!!」
ず~っと無言のサ・ドチャン

「怖くて死ぬかと思った。オ・ハラの人生、最後だと思った」
「オ検事、危険を知りながら、これを始めたのか?修正プランはどんなだ?」
「ないわよ~あなたが修正するんじゃん?詐欺師なんだもん」

様子が違うサ・ドチャン?偽ペク・ジュンスのはずですけど…
「まさか…」

オ・ハラのネックレスを見て…
「結局、あの女性をお前は壊したのか?天秤だけ残ってるところを見ると…」
(引っ越しの時に預かった、天秤を持った女神像みたいなのを、女性って呼んでます(6話))

「先輩…どうして…」
「まだ俺の仕事はあるか?」
「どういう意味?」
「戻っても仕事がないかもって、お前が言ってた」
(昏睡状態でも聞こえてたんですね?)

18040904.jpg


「サ~プラ~イズ!!」襖を開けて、サ・ドチャンが入って来ました(笑)
「役者だね?ペク検事!詐欺はタイミングが命だからね?」
「じゃ、二人で計画したの?」
「驚いたか?裏の裏をかいたんだよ」

18040905.jpg


真ペク・ジュンスの身なりを整えるソ・ウンジとチョン・インテ…仕上げにサ・ドチャンのメガネを掛けて完成です!

「戻ってくれてありがとう、先輩」と、オ・ハラがペク検事に抱きついた時…意識を失って倒れてしまいました。

18040906.jpg



検事長→クム・テウン
火傷痕があって、ペク・ジュンスに間違いないことを報告…

倒れた真ペク・ジュンスを、詐欺団のお家に収容
「ホントにそっくりね~双子なの?」
「俺たち、検事と一緒には住めない」
「ドチャンを助けた人だ。しばらく面倒みよう」

ほっぺをつんつんしてみるソ・ウンジ
「こら!遊ぶな!」

18040907.jpg


オ・ハラ+サ・ドチャン
「あなたはキル・テロが試すって分かってたの?」
「俺たちみたいな専門分野の人間は、いつもあらゆる準備をするのさ」
「キル・テロは何をしたの?」
「総務課で騒動を起こしてた。ペク・ジュンスの個人情報を手に入れようとしてたんだ。だからすぐに、俺のチームを招集した」
→太っちょ同級生とキム・テロが会ってるところを、ポン監督が張り込み

「ペク先輩は?」
「ペク検事は、危険にさらされていた」
→サ・ドチャンは、救急隊員の所へ先回り。ペク検事を探している人が来たら、連絡をくれるように話していたので、即連絡をもらう。

「ラッキーなことに、ペク検事を搬送している時に、意識が戻った。彼に全てを話し、お互いに助けることになった。皮肉なことに…」
「とにかく、スゴイわ」
「完璧であることが、俺の魅力さ!」
「だけど、目覚めたとしてもまだ、ペク先輩を当てにできない」
「詐欺の仕事って…企んだ計画が99%、そして少~しラッキーがある。スプーン1杯くらい」
笑って、コーヒーカップで乾杯のカチンコをする二人…すっかりイイ感じ~♪

18040908.jpg


お部屋に戻ったオ・ハラに…
「検事さん、あの男はいつまで、ここにいるんだ?」チョン・インテ
「おいおい」とポン監督にたしなめられても…
「敵と一緒に寝るなんてできない。落ち着かないんだよ」

オ「申し訳ないけど、しばらく…」
サ「何が落ち着かないんだ?怖がることないよ。罪人だけが、検事の前で怖がるんだ。俺たち、なんか証拠があるか?」

「お前が言うことはもっともだが…刑法118条、公務員になりすましている…」
いつのまにか、ペク・ジュンスが部屋に入って来ていました。

(ガラス越しの映像で、反射して見にくい…すみません)

18040909.jpg


クム・テウン+チョ社長+キム室長
ク「病院にいなかった?」
チ「2、3日前に退院したようです。名前もペク・ジュンスじゃなくて、ファン・ドンチャル?かなんか…とにかく病院にはいなかったんです」
キ「そんなことあり得ません。ソクチョにいた男は確かにペク・ジュンス検事です」
チ「まだそんなこと言ってるのか?違う人を海に落としたんだよ!無実の人を殺すんじゃないよ!そうですよね~♪代表!」
ク「ペク・ジュンスが、悩みのタネだ」
チ「私が悩みのタネを取り除きますよ。本物でも偽物でも、とにかく邪魔者なんだから!そうですよね~♪代表!」
ク「ペク・ジュンスには触れるな!」
チ「えぇ~~(・_・?)」

18040910.jpg


ペク・ジュンス+オ・ハラ+詐欺団
オ「そのことを分からないわけじゃないけど、あなたが昏睡状態だったから…。ナム・スンテは先輩以外は会いたくないって言うし…方法がなかったのよ」
ぺ「何も変わっていない。法の前では、サ・ドチャンは公務員になりすました罪がある。オ検事は共犯だ。3年の懲役か700万ウォンの罰金だ。そして、もう一人共犯者がいる、俺だ。俺も参加したから」

サ「はいはい。とっても厳しい検事さまがおっしゃったことは、理解できました。本物の検事さんは、本当に違いますね?あなたは刃物のようだ。主演男優が戻ったから、演技は止めよう!俺は舞台を降りるよ。俺を告訴するのは構わないが、俺のチームはそっとしておいてくれ!彼らの意志ではなくて、無理にやらせたんだから」

18040911.jpg


オ・ハラはヤン部長に、告訴されるかも…と報告
お茶を噴き出していました(笑)

庁内でのキム・テロの威厳が、ガタ落ち⤵⤵⤵
「昨日は面白かったよ」
「いいショーだったわ」
笑わモノになり下がりました。

オ・ソラ+キル・テロ
スマホを見ながら…
「検事長の誕生日パーティで失敗した検事…」
「おい、もう記事にしたのか?」
「いいえ、見出しを考えていただけです。どう思いますか?」
「オ記者、一緒に働いた仲じゃないか。そんなことするな」
「それじゃ~『K検事、同僚の中傷に当惑』これはどう?」

キム・テロ…どいつもこいつも、ンモォー!! o(*≧д≦)o″))

18040912.jpg


コ係長→ペク・ジュンス
繋がらず…「仕事にも来てないみたいだし、何かあったのかな?」

クム・テウンが現れました!
って、クム・テウンの家の前で、電話してたんですね。

「クム・テウン代表ではありませんか?」
「どなたですか?」
「検察庁の者です。刑事6課の調査官、コ・ギボンです」
「調査官が私に、どんな用事ですか?」
「あぁ、ペク・ジュンス検事があなたを訪ねるようにと指示しましたので…」
『ペク・ジュンス?』って顔…

家の中へ
「サ・マチャン?」
「覚えてますか?」
「あ~聞いたことあるかな?ところで、どうして彼のことを知ってると思ったんですか?」
「彼の事件簿を読んでいたら、あなたがその事件の刑事だった。当時有名な詐欺師だったと…」
「あ~サ・マチャン!自殺したと思ったが…」
「あ~はい…ですが、他殺かもしれない。あなたが担当していたので、事件のことをもっと知っているかと思いまして…。他殺と思われる証拠のようなものはありませんでしたか?」
たぶん、収穫になるようなことを話すはずもなく…コ係長が帰ってから…
『ペク・ジュンス、なんで今頃20年前の事件を探ってるんだ?』とひとり言…

18040913.jpg


ポン菓子おじさん+黒づくめの男
ポ「何が起こったか分からなかった…分かった。見守ってくれ」
黒「分かりました」
(んんん?このおじさんって、サ・ドチャンのお父さん?合ってるのかな?何か調べてるようですね。謎!)

男が立ち去ってすぐ、オ・ハラオンマが来て…「2袋ちょうだ~い」
「アイゴ~、ヘップバーンさん、いらっしゃい」
「あら?覚えてるの?」
「娘が検事だって、言ってたでしょ?どこの事務所だい?」
「ソウル中央検察よ」
「わぉ~すごいな~これは運命だな」
「何が?」
「ウチの息子も同じ事務所の検事長だよ」
「ホントに?検事長なら、50代よね?」
50代の息子がいる???
「また冗談でしょ!!」
「正解!ハッハッハ」
「もう冗談ばっかり…」
「いつも冗談を言いながら、ポン菓子を売ってるんだ…ところで娘さんは結婚してるのか?」
「してないわ…同じ事務所の検事を好きなの。キレイな肌でよわっちぃって聞いたわ」
「そのキレイな肌の検事の名前は?何て言うんだ?」
「ペク・ジュンスよ」
は~~?って表情のポン菓子おじさん
「それじゃ、娘さんは刑事6課か?」
「そうよ…えっ?どうして知ってるの?」
「ペク・ジュンスは俺の息子だ」
「また冗談ばっかり!」
怒って、ポン菓子のザルを踏んづけて、帰ってしまいました。

「やぁ~世の中って狭いな、彼女がオ・ハラのオンマか…」


18040914.jpg


ポン監督+サ・ドチャン
「ペク検事をあんまりつっぱねると、永遠に失うことになるぞ」
「結局、俺に助けを求めてくるよ。本当に問題なのは、ペク検事が良くなって、元の場所に戻る前に、ヒグマ(プルゴム)の正体を明らかにすることだ。俺たちには、時間がない」
(どゆことですか?)

オ・ハラ+ペク・ジュンス

「先輩、覚えてる?私がなぜ検事になったのか…私が泥棒の濡れ衣を着せられた時、クラスメートも先生も誰も、私を信じなかった。違うって何度言っても、信じてくれなかった。唯一信じてくれて、明らかにしてくれたのが先輩だった。先輩がソウル国際大学のロースクールに通っていた時、私も検事になるって話したわよね?あの頃、教科書も持たずに学校に行ってたのに…。必死に勉強した。先輩のような検事になるために…。だけど、その先輩が死にそうになって…どうして元気でいられるの?(T_T)これを始めた時、自分の仕事がダメになってもいいと思った」
「だけど、お前の行動は間違ってる。俺たちは検事だ。間違った方法は、間違った結果になる」
「それを知らないとでもおもってるの?アイツらは、あちこちで法を犯している。平気で人を殺す怪物なのよ。アイツらを刑務所送りにする前に、私たちが罪を被ることが、先輩の言う正義なの?ヒグマ(プルゴム)を捕まえた後で、私たちも罪を償いましょう!」

18040915.jpg


サ・ドチャン+オ・ハラ
「彼はホントに変わってるな。俺には不思議でならないよ。彼と同じくらいハンサム君は、あんな狭い心じゃないだがな~。世の中の人って、見た目キレイな人に優しいだろ?だから、俺たちみたいな人が、ちっちゃい心になるなんてあり得ないんだよ。俺を見ろ!!(笑)いつも広い心だ!(笑)」
「そうね~私も先輩を説得してみる。もう一度私たちを助けて!」
「俺が望んだとしても、ペク検事の考えが固くて、何もできることはないよ」
「先輩は、あの体調では仕事に行けない。手伝ってくれなければ、調査を続けることができない。そしたら逃げられてしまう。自分を攻撃した人たちを、捕まえたいって言ってたでしょ?」
「また攻撃されたらと思うと怖い」
「危険な時、守ってくれるって言ったじゃない!」
「まさか…俺を信じてるのか?」
「"o(-_-;*) はぁ~詐欺師だったわね…真実を言ったことはないの?!!」
「(^-^)ペク・ジュンスを襲った人を捕まえられなくて、怒ってるのか?」
「先輩のこともあるけど、あなたを危険な目に遭わせた責任もある。だから捕まえる必要があるのよ!ダメ?」
「オッケ~♪やるよ!」
「ホント?二言はないわね?」

グータッチをはぐらかして…
「その代わり、3つ条件がある」
「あぁ~~(>_<)」
「①俺を先輩検事として尊敬しろ」
「あなたは本当の検事じゃないもの」
「②俺を詐欺師と呼び続けるけど、今後は呼ばないように!」
「アラッソ、コル!先輩~3つ目は何ですか~♪」
「簡単だよ!ペク検事に会う時、恋愛感情で見ないように!」
「私がいつ?…何?まさか嫉妬してるの?」
「ああぁ、違う、明らかに」
「じゃあ、何?」
「ミラー効果?お前が、俺に似た人を見てるのを見ると、俺のような感じがして、混乱するんだ」
「笑わせるわね…」
つ・づ・く

18040916.jpg



関連記事


category: スイッチ-世界を変えろ