韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『スイッチ-世界を変えろ』 あらすじ9話 面白いよ~グンちゃんの演技もいいよ~  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
스위치 - 세상을 바꿔라
Switch: Change the World
SBS 2018/03/28 ~ 2018/05/17

 あらすじ 
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話

18040900.jpg


こんばんは~
私は今のところ、面白い面白い!!
一人二役のグンちゃんの演技も、なかなか良い!!
私は、サ・ドチャンの方が好きです。
謎も多くて、先が楽しみになりました。


あらすじ 9話

チョ・サンヒョン外交官を逮捕して、連行する偽ペク検事とオ・ハラ
偽物ドチャンは、矢継ぎ早に質問する記者たちを制止して、「今回の事件は、検察として…」
オ・ハラは、調子乗って喋り出すドチャンを、引きずって庁内へ連れて行きました(笑)
本物のペク検事は、テレビのニュースで逮捕を知りました。

18041201.jpg


取調室のマジックミラー裏
次長+ヤン部長
「お疲れさん!!大きな獲物を捕まえたわね」
「検事長はどんな反応ですか?」
「そうそう…次回からは、事前に報告しろって言ってたわ」
(検事長はクム・テウンとグルだから?)

そこへ検事長が入ってきて、怒声、罵声!!
「何やってるんだ!運び屋を捕まえるために、大統領を足止めしたんだろ?俺に報告もしないで!覚悟しておけよ!」

もっと怒りまくってるのは元総理!!
テーブルを叩いて、クム・テウンに当たり散らしています!
「どういうことだ?説明しろ!!!」
「まさか大統領を止めるとは思いませんでした」
「あのバカ外交官を、黙秘させたのか?」
「彼はファン社長と連絡を取り合ってるだけですから、私やあなたのことは知りません」
「のんびりしてる場合じゃない!資金を追及して、捜索令状を取るだろう。どこから手が伸びるか分からない。とにかくヤツを黙らせろ!!」
「分かりました」

18041202.jpg


取調室には、コ係長+チョ・サンヒョン
マジックミラー裏には偽ペク検事+オ・ハラ

「もう6時間、黙秘してる」
「像の中に薬物があるって、どうして分かったの?」
「なんとなくねぇ…その道の人間の直感っていうか…」
「あなたは、大統領側近の持ち物を破壊した。そんなの信じると思ってるの?」
「知ってるか?俺も黙秘権の申請ができるんだぜ~しかも5ヶ国語で」(笑)
「正直に話しなさい!どこで情報を手に入れたの?この事件を解決したからって、信じると思ってるの?情報源は何?」
「薬物を見つけなければ、クビ切るだろ?疑う前に、まず感謝しろよ」

18041203.jpg


クム・テウンのギャラリーで、モアイ像の残骸を見たことが気になるドチャン…またギャラリーを訪ねました。
花柄のシャツに花柄のネクタイ、襟にお花を挿している悪いヤツ(笑)

クム・テウン+ドチャン
「こんなに早くまたチャンギができるとは…あ💡昨日は、大手柄だったらしいな?」
「ええ、感謝しないと…」
「感謝?ん?」
「初めてココに来た時、モアイ像を見たんです」
目が泳ぐクム・テウン…

「偶然、外交官も同じように搬送していたんです。像が空洞だとしたら?当てずっぽうでぶち壊してみたんです」
オーバーリアクション気味で(笑)
「あ!そこにブツがあったんだね?あ~~~すごいね~~!!」
「そこにあるなんて思わなかった」
「それで…薬物事件に私が関係してるかもしれないと?」
「でなければ、このアイデアをくれたことに感謝します。あなたが関係しているなら…」
「ハッハッハ…あなたは遠回しの言い方を知らないんだね?ダイレクトだ~ハッハッハ」
「謝ります…」
「いいや結構ですよ。誤解があるなら、はっきりさせましょう」

古代の中南米の展示資料を、スタッフに持って来るようにお電話しました。

展示物の資料かと思いきや…展示のために輸入した際の、保険の書類を見せられるドチャン
総額95億ウォン!!
ニッコリ笑いながら、資料をめくっていました。(詐欺師って演技が上手?)

18041204.jpg


地区検事長は、検察総長の所に行って、ペク検事、オ検事の『不正捜査』に対する処分の提案書を出していました。

ドチャン+オ・ハラ
解雇とか言われちゃうのかな?減給じゃすまないだろうな?と、結果を待っていると、ヤン部長がガッカリした様子で、部屋に入って来ました。
不安がいっぱいの二人…

「ペク・ジュンス検事(本物)は、明日から働けるか?」
「何言ってるの?具合悪い人を、叱られるために、無理に引っ張って来いって言うの?」

「状況は深刻だ。青瓦台(大統領官邸)は明らかに強く言って来てる」
下向いて無言の二人…

「検察総長が、担当チームを結成するように命じた」
「担当チーム?良い話じゃない?私たちはやりたい放題、思いっきり調査できる!」
「問題があって…チーム長がペク・ジュンスだって言うんだ_| ̄|○ ガクッ」
「あぁ~っしっ!」

「ってことは、もっと報酬をもらえるってことだね?」
心配しているオ・ハラと部長に睨まれました(゚O゚)\(--; ォィォィ

大統領声明
『今回の事件に関して、私の立場が危機にさらされても、検察に全面的に協力します』
(大統領はイイ人?正義の味方?)

18041205.jpg


医者+真ペク・ジュンス
診察のために、オ・ハラが連れて来ました。
「来る途中、お前が良くならないからって、オ検事に叱られたよ。早く良くなって、走り回って欲しいんだな。まだ彼女に話してないのか?」
「準備ができたら話します。それまで黙っていて下さい」
(これはどういうことでしょう???)

18041206.jpg


医者が帰ってから、3人でミーティング
オ「今までサ・ドチャンは、医者のふりして白衣を着て、患者の治療はしなくてもよかった。だけど、今回は違う。本物のメスを持って、手術をしなければいけない。チーム長になって、刑事も派遣され、検事の数も増える。彼自身も注目の的になる」
サ「俺、注目されるのは大丈夫だが、正体がバレるのは時間の問題だ」
オ「先輩、この状態で仕事復帰はできないでしょ?」
ぺ「俺はサ・ドチャン씨の方が、うまくやってくれると思う」

18041207.jpg


『外交バッグ薬物担当捜査チーム』のお部屋ができて、オ・ハラ、コ係長と女性の調査官、刑事などなど、集結したところに、キル・テロが入って来ました。
「先輩も、このチームなの?」
「前例のない事件だからな。俺のような、ベテラン検事が必要じゃないか?いやぁ~全く心配だ!一匹狼が、このチームを取り仕切るっていうし、ポンコツが捜査を混乱させるだろうし…」
フン!って顔のオ・ハラ…

コ係長が座ろうとした席に、キル・テロが平気で腰かけるので…
荷物を持って、仕方なく移動するコ係長…でも、わざとキル・テロにぶつかって「チョソンハムニダ~」(笑)
「お前が通るにはちょっと狭いなぁ?痩せたらどうだ?」
怒りメラメラのコ係長
(コップ片付けろって、威張ってたこともあったしね?(6話))

キル・テロは、検事長に探るように言われて、このチームに来ました。

18041208.jpg


いちばん最後に偽ペク・ジュンスが来て、チーム長として、ご挨拶後、お話…
「チョ・サンヒョンは、薬物組織の運び屋だ。我々は、彼の背後の組織を明らかにしなければいけない。そうすることで、全体を取り仕切るヒグマ(プルゴム)を捕まえることができる」
ナム検事:銀行の取引、隠し金庫を探す
コ係長:FIU(金融情報機関)に協力要請
など、テキパキと部下に仕事を指示…
「チョ・サンヒョンは外交官だ。海外に架空会社を設立している可能性も高い。キル先輩は、FinCEN(資金洗浄をする機関)に協力を要請してください」
「フィン…何だって?」(インテリ気取ってたくせに(笑))
「金融取引の情報収集、分析をする、アメリカの機関だ」
もっと詳しく説明する偽ペク・ジュンス…
実はコレ、検察庁近くに止めた車の中で映像を見ながら、本物ペク検事がマイクで話してるのを、サ・ドチャンがワイヤレスイヤホンみたいので聞いて、そのまま話しています。
すご~~~い!!

18041209.jpg


チーム長の指示通り、動き回った結果、チョ・サンヒョンがバハマに出入りしていて、口座を持っていることを突き止めました。
クム・テウン+キム室長
「ファン社長に連絡して、工場の生産を止めろ!」
「もう止めました」
「販売もだ。単独行動をしないように、しっかり部下を管理しろ!」

元総理+クム・テウン
「バハマ?あの検事が突き止めたのか?」
「何重にも罠をしかけましたが、もしバハマの口座がバレれば、予想外のダメージになります」
「ダメだ。そんなことあってはならない。お前も俺も終わりだ。何もかも破滅だ。強硬手段を取るしかない」
「はい、外交官自身がやったことにしないといけない。あなたはマスコミを操作して下さい」

バハマの口座を見つけた情報は、ポン菓子おじさんにも届きました。黒づくめの男が報告に来て…
「調査を続けてくれ」って言ってましたけど…
(この人は、サ・ドチャンのおとうさん?ってことは…家を飛び出したまま、ずっと会ってないけど、息子のことを心配して調べてるってこと?そしてこの人もヒグマ(プルゴム)と関係あり?)
「結局、あいつと戦うことになるのか?急がないと」って、嬉しそうな表情でした。

180412010.jpg


捜査チームで…オ・ハラは、無意識なのか?いつもネックレスを触っています。

キル・テロ+オ・ハラ
「変わったネックレスだな?正義の女神ディケの天秤じゃないか?」
「これが?」
「買ったのか?誰かからもらったのか?」
「誰かから取ったのよ」
「取った?高そうでもないのに…14金か?18金か?」
「ひとつしかない、限定品よ」
「誰かから取ったんだろ?窃盗じゃないか」
「彼は通報しないから、心配しないで」
ず~っと聞いていたドチャン…気になります(笑)ネックレスをガン見してます(笑)

180412011.jpg


疲労困憊で帰宅のオ・ハラ+真ペク・ジュンス
「先輩のおかげで、外交官ルートを塞ぎ、大統領ルートで捕まえることができた…」
「ハラ…俺言ったよね?この捜査が終わったら、俺たちは罰を受けないといけない」
「私たちにも、サ・ドチャンを見代わりにしている罪はあるけど、同じ罪と言う言葉でも、窃盗や詐欺、暴行、殺人とは違う…」
自分のネックレスをつまみ出して
「誰の罪が重いか判断してもらうために、この女神の天秤がある」
「覚えてたんだ…」

オ・ハラオンマ+ソラ
胡瓜パックしながら、↓こんな話
「あんたのオンニは、同じ担当チームになって、ペク・ジュンスに夢中なの?」
「その前から、とにかくくっつきまくりよ。別れさせようとしたら、余計プッシュすることになるわよ」
「チーム長って、そんなにお給料もらうの?」
「死ぬほど働いたって、同じよ」
「はぁ~、金持ちだったら許そうと思ったのに」
「検事が高給になるには、2つ方法がある。賄賂をもらう腐った検事になるか、スター検事になって法律事務所に行くか…。ペク検事は、この件がうまくいけばスターになるわよ」
バクッと起き上がって「そうなの?!!」
「どうする?くっつける?別れさせる?」
「慎重に進捗状況を見て、決めるわ…」

180412012.jpg


チョ社長とアホな子分たちは、目の前にある薬物を見て…
「なぁんかもったいないなぁ~」
「ちょっと売るぐらいだったら、バレないんじゃない?」
「行こうぜ、行こうぜ」
こんな軽いノリで、売りさばきに行ったところに、警察がいて、大慌てで逃げて帰りました。

このことは、キム室長を通して、すぐクム・テウンの耳に入り…
検察にも、売人が現れてブツを残して逃げたと、情報が入りました。

検事長→クム・テウン
「どういうことだ?こんな危険な時に、売りさばくなんて!!手に負えないようだったら、もう止めないからな!」

チョ社長はボコボコにされて、鉄格子のある部屋に監禁されました((+_+))

180412013.jpg


真ペク・ジュンス+オ・ハラ
「サ・ドチャンが、下心なくて俺を演じることに同意すると思うか?」
「また私たちに詐欺をはたらくってこと?心配しないで。また詐欺をしようとしたら、殺すから!!」
「サ・ドチャンが追っている、本当の標的を知りたいんだ」

クム・テウンの手引きで、元総理に会いに行った検事長…
「ナムサンクラブに入らないか?大きな獲物が手に入るぞ~」なんて、仲間に誘われるのですが…帰りの車の中で嫌な感じの顔…
(この人は情報をちょっと流すだけで、本格的に悪事に手を染めてるわけじゃないのかな?)
つ・づ・く

180412014.jpg

関連記事


category: スイッチ-世界を変えろ