韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

チャン・グンソク『スイッチ-世界を変えろ』 あらすじ10話 ドキドキドキ…  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
스위치 - 세상을 바꿔라
Switch: Change the World
SBS 2018/03/28 ~ 2018/05/17

 あらすじ 
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話

18040900.jpg


こんばんは~
詐欺実行の回は、ハラハラドキドキ…
悪いヤツを懲らしめるので、気分がいいです。
視聴率、もっと上がれーー!!


あらすじ 10話

取り調べをするコ係長と、黙秘を続けるチョ・サンヒョン…口を割りそうにありません。
そこに、弁護士が来て、なにやら耳打ち…笑顔になるチョ・サンヒョン…

その後すぐに、喋り出した!と言うので、取調室にオ・ハラ、ドチャン、キル・テロ、全員集合です。
「薬物は、VIPに指示されて運んだ」
「VIPとは誰だ?」
「大統領の指示だ」
即、報道に走るキル・テロ…

『大統領選の資金調達のために、薬物を密輸した』と、大ニュースになりました。
テレビを見て、ニンマリする元総理(悪いヤツ!)
キル・テロも、スマホでニュースを見て、面白がっています。
真ペク・ジュンスは、報道を見て、手がプルプルになっていました。
偽ペクとオ・ハラも、策略だと気付いてる感じ…

検事長+キル・テロ+オ・ハラ+偽ペク検事
オ「検事長がやったんですか?先輩には検事の倫理がないんですか?どうして報道にリークしたんですか?」
キ「俺がウソを言ったか?お前も聞いただろ?」
オ「チョ・サンヒョンが言ったことは、事実無根です。私たちは真実かどうか、調べなければいけない!!もし事実だったとしても、チーム長と話し合いをするべきです!」
検事長、机をドン!!「オ検事!大統領は容疑者だ。もう、この事件から外れろ!」
あ、あ、ぁ…って顔で、無言の偽ペク検事…

18041401.jpg


クム・テウン+キム室長
「チョン・ドヨン検事長をどう思う?」
「ソウル国際大学卒業時に司法試験に合格して、両親とも、かつては裁判官でした。彼は全て兼ね備えていると、世間は考えています。ただ、代表の前では、注意深い態度のように見えます」
「近づく人間には、とても慎重になる男だ。あらゆる可能性を準備しようとする。そういう態度を、俺は気に入ってる。操り人形として使うには、絶好のタイプだ…。彼は野心家だ。経験はあるが、正義感は緩い。ルールを少し曲げるくらいは怖れない。だが、自制心がある」
「ナムサンクラブに誘うんですか?」
「もうすぐ連れてくるだろう。クラブが舞台を用意して、ショーが始まる。操るのは俺だ。俺が世界を動かすんだ」

18041402.jpg


オ・ハラオンマ+ポン菓子おじさん
(オンマって、こんなお店をやってたんですね?おじさんは、検察の情報を教えに来たみたいです)
「特別検事???」
「大統領が関与したから、この事件を特別検事が引き継ぐんだ」
「だけど、娘が担当チームかなんかって言ってたけど?」
「検事は公務員なのは知ってるだろ?公務員が大統領を調査するのは躊躇する。だから民間の弁護士に頼んだんだ。これが特別検事だ」
「民間の弁護士検事は、偽の検事なんじゃないの?」
「フッフッフ、偽者じゃないよ。一時的な検事ってとこかな?」
「じゃ~娘のチームはどうなるの?」
「特別検事に、全て渡さなければいけないさ~テヘラン路のビルだって聞いたぜ…資料は全部そこに行くと思うよ」
「うぅぅ~、担当チームで死ぬほど働かしておきながら!!今になって放り出すって何?!!」

18041403.jpg


ポン菓子おじさんが言った通り、特別検事事務室ができて、担当チームの資料を根こそぎ持って行きました。

担当チームの看板も外されてぐちゃぐちゃになり…
部屋もガラ~~~ン!!
悔し涙を堪えてるオ・ハラを、心配そうにドチャンは見ていました。

18041404.jpg


ナムサンクラブ
ちょっと暗くて見にくいんですが…
チョン・ドヨン検事長が、ナムサンクラブのみなさん(元総理、クム・テウン、その他偉いさん)に歓迎されています。

特別検事も、こっち側の人間だそうで…(やっぱり)
緊急大統領選も可能じゃないか?って大喜びの元総理…
検事長は時折、固い表情を見せていました。

元総理をお見送りしてから…
クム・テウン+検事長
ク「ナムサンクラブのデビューおめでとうございます」
長「あなたのおかげです」
ク「人脈、資金など必要なら、提供しますよ」
長「検事と刑事として出会った因縁が、今も続いてる」
ク「6年前インチョンで起こった事件を忘れちゃいけない」
グラスを置いて、クム・テウンに厳しい目を向ける検事長…
ク「ハハハ、悪だくみなんてしてませんよ。私は実業家ですから、単なる保険ですよ。昔は、スターになるために、懸命に働くスタッフを無視した」
(クム・テウンは、検事長の弱みを握ってグイグイ引き寄せようとしている様子…あんまりいい気分じゃない検事長…)

18041405.jpg


この人たちは何者??
先に帰った元総理の車の中で、秘書が「今日ロシアからビクトール・ジャンが来ました」と報告していたので、その御一行様?
「クム・テウンには話すなよ」と、秘書に釘をさしていたのはどういうわけでしょうか?

18041406.jpg


「あ~ぁ、チャンギ(将棋みたいな…)でもやりに行こうかな~」
ドチャンは、クム・テウンのギャラリーに行きました。

チャンギをやっている、ちょうどその頃…
特別検事の元へ移送されるチョ・サンヒョンの車が、交差点でダンプカーと激突して横転!!
ダンプカーが突進してきたんです!!

18041407.jpg


チャンギ対戦をしているクム・テウンとドチャン
ドチャンのスマホに『注文品は納品されました』と、通知あり!
クム・テウンのスマホを、凝視するドチャン…

キム室長→クム・テウン
「わかった。どこだ?…損害がないように確認しろ」

ドチャン+クム・テウン
「何かあったんですか?」
「あ、搬送中に些細な事故があって」
「事故というと?」
「明らかに、運搬中に傷がついたんだが、修復の専門家を要求できる。もちろん価値を失うが、ギャラリーを経営していれば、たまにあることだ」

18041408.jpg


『バンポテニスクラブ、キム・チュンガプ会長の還暦祝い』
ドンヨン製粉のファン・ボンド社長から、ご挨拶です…
(この人は、クム・テウンの指示でチョ社長をボコボコにした人…3話にも出てたの忘れてた~モアイ像から出た薬物を、製粉会社のトラックで運んだ人だった~)
「バンポテニスクラブをより良い環境にするために、私が市会議員に選出されるべきではありませんか?」
お祝いの挨拶が、選挙演説のよう…(>_<)

18041415.jpg


チョ・サンヒョンの交通事故がどうなったかというと…
口封じのために殺したのかと思ったら、脱走しました。
どこで調達したのか(?)軽トラに乗って、どこかの駐車場に入ったところで、ガス欠!!
ファン社長に電話しましたが…
「どなたですか?」(笑)
「俺ですよ。チョ・サンヒョンです。あなたが話した場所に到着しましが、次は何をすればいいですか?」
「何言ってるんですか?チョ・サンヒョンという人は知らないが…」
「何言ってるんだーーー!!あんたらが俺を逃がしたんじゃないのか?!!」
「間違い電話だ。もう切るぞ」

18041409.jpg


チョ・サンヒョンの車の近くで…いつもの機材を積んだ冷凍車みたいのに乗っているチョン・インテとポン監督
チョ・サンヒョンの電話を傍受して、相手の位置追跡しているのかな?
「OK!キャッチした!」

ポン監督→ドチャン
「ご注文の荷物を受け取って下さい」
「あ、どこに行けばいいですか?」
「バンポのマリオットホテルです」

ドチャン+クム・テウン
「すみません、荷物を受け取りに行かなければいけなくて…」
「ゲームを終わらせませんか?」
「次回また…」
足早に立ち去りました。

クム・テウンもすぐに、電話!!
「チョ・サンヒョンはどうしたんだ?!!」

キム室長が、チョ・サンヒョンを探しまくっていますが、どこにもいません。
クム「誰が連れていったんだ?」

18041410.jpg


ドチャン⇔3人
「ホテルに着いたぞ!この中のどこだ?」
「えぇっと…」すぐに特定できないチョン・インテとポン監督
いつのまにか、オ・ハラが後ろに立っていて…
「誕生日ソングが聞こえた」

還暦祝いのお部屋を発見したドチャン!!
「OK!オ検事~♪」

18041411.jpg


担当チームがなくなった、最初のシーンに戻ります。
ドチャンが、涙をこらえてるオ・ハラの肩に、手を掛けようとした時…
「やめて!」
「俺が何か?」手を戻しながら…(笑)

「ずる賢い計画とか立てないでよ!あんたが好きなスイッチとかセッティングとかも止めてって言ってるのよ!運び屋のチョ・サンヒョンを泳がせたら、彼の雇い主に辿り着く。だけど、どうしてそんなことできるの?交通事故でも起こせって?そしたら、逃げて、雇い主のところに行くわ。でも違法なこと…私は検事だから、可能な解決策があるとしても、そんなことしない」
吐き捨てて、部屋を出て行きました!
「はぁ~(^-^)オ検事は、詐欺師になればいいのに♪」

18041412.jpg


詐欺プラン
・牧師にスイッチしたポン監督は、チョ・サンヒョンに聖書の差し入れ…聖書にはメッセージが…
・路上で、護送車とダンプカーが激突タイミングを計るチョン・インテ
・警官にスイッチしたポン監督は、チョ・サンヒョンの手錠を外して、ガソリン少なめの軽トラを提供…
・軽トラにスマホを置き『サダン交差点に着いたら連絡しろ』とメモ紙
・バイクで尾行していたソ・ウンジ…軽トラを乗り捨てて、逃げようとするチョ・サンヒョンを、ヘルメットで殴打!簡単にやっつけちゃいました(笑)

18041413.jpg


還暦パーティの会場に到着したドチャンですが、大勢のうちの誰なのか、全く見当がつきません。
ドチャン+3人
「もう一度、電話を鳴らしてくれ」

「チョ・サンヒョンて名前の人は、知らないんだよー!」とキレ気味で話している人が、ドチャンの背後に…振り返ると、とんでもない太ったおじさんが(笑)

ドチャンの前を通り過ぎます…
「見つけたぞ!!」

「YES!!やったーーー!!」
ヒグマ(プルゴム)を見つけたと、湧き上がる3人!!
(でも、あれ?ヒグマ(プルゴム)はクム・テウンですよね?)
つ・づ・く

18041414.jpg






関連記事




category: スイッチ-世界を変えろ