韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

チャン・グンソク『スイッチ-世界を変えろ』 あらすじ13話 サ・ドチャン派?ペク・ジュンス派?  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
스위치 - 세상을 바꿔라
Switch: Change the World
SBS 2018/03/28 ~ 2018/05/17

 あらすじ 
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話


こんばんは~
SBSのサイトで、こんなかわいいのを見つけました。
オ・ハラだったら、どっちを選ぶ?って投票するみたいです。

docchi.jpg

サ・ドチャン派?ペク・ジュンス派?
私はドチャン!!で~~す!!
髪形とかお化粧を変えているのかもしれませんが、グンちゃんの演技も光ってます♪


あらすじ 13話

チャイナタウンのモーテル7号室に到着したドチャンですが、見張りの男がゴロゴロいて、一人ではとっても無理…
男どもをかわしながら、非常ボタンらしきものを押して…
辺りが真っ暗!何も見えなくなって…明るくなったと思ったら、ドチャンだけ7号室のドアの前!!他の男たちは、鉄格子の扉の向こう側!!
(って、どうやったの?)

部屋の中には誰もいませんでした。
外に出ると、立ち去るキム室長の車…

オ・ハラたちの車も到着しましたが、遅かった…
肩を痛めたドチャンを見て…『下心なしで、俺の身代わりをやるか?』というペク・ジュンスの言葉がよぎります。。。

あまりにもむごい映像なので、キャプチャしなかったのですが…
キム室長に連れ去られたチョ社長は、山の中で首つり自殺に見せ掛けて、殺されそうになっていました。
もうピンチ~~~!!って時に、クム・テウンから電話があり「チョを連れてこい。調べたいことがあるんだ」
命拾い~~~~

18041901.jpg


オ・ハラ+ドチャン
「私と一緒に来て」と、オ・ハラに連れられて行った先は、ファン社長の別荘…
「ここ、初めてじゃないわよね?」
「プールの薬物を捜査する時に来たじゃないか」
「プールの調査の時は、中に入ってないでしょ?サ・ドチャン、あなた、私と会う前からこの場所を知っていたわね?私たちがヒグマ(プルゴム)を追っているって気づいた時、あなたの目の輝きが変わった。鉄パイプで頭を殴られて死にかけたのに、検事の影武者に戻った。莫大な量の薬物をかっぱらったのに、ファン・ボンドを逮捕するのに使った。肩を負傷して流血しているのに、ヒグマ(プルゴム)を逃したことに怒っている…ここでヒグマ(プルゴム)を見たのね?」

「見てない。見なかった。警告するぞ!俺の人生に深く入ろうとするな!」
「警告するけど…個人的感情で、ヒグマ(プルゴム)に関わらないで!」
「俺がゲームのルールを設定した。オ検事、俺とゲームするか?かくれんぼ!誰が先にヒグマ(プルゴム)を見つけるか…」

18041902.jpg


20年前1998年
プールがある別荘ではしゃぐ少年とポン菓子おじさん
「気に入ったか?」
「アボジ、また詐欺ったの?」
「違うよ。ここの留守番をするんだ。だから一緒にここに住めるぞ!どうだ?」
「ホント?」

部屋の中に入って、ふかふかのソファーでピョンピョン跳ねる少年…
「見て!」指さした時計は、何の前触れか…4月4日4時4分
(韓国でも4=死なのかしら?)

白いドアに、生々しい血痕…
ポン菓子おじさんがひとりで、その部屋に入り、驚きの表情…
何も知らない少年に「ドチャナ~、かくれんぼしよう!」
(やっぱりドチャン親子だったんですね?」
「かくれんぼ?」
「アッパがうまく隠れるから、降参って言うまで絶対に出て来ちゃダメだ!わかったか?絶対だぞ!」
「もし僕が勝ったらどうする?」
「お前の望み通り、詐欺師にならなくていいよ」
指切りげんまんをして、ドチャン少年は2階のベッドに潜り込みました。
そして、布団から目だけ出して見た光景が…いつも見る悪夢なんですね…
首を絞められている人が誰なのか、ハッキリ見えないんですが、アッパってことですか…?

18041903.jpg


クム・テウンの前で、正座するチョ社長
「この男を知ってるか?」
チョ・サンヒョンの拘置所に、聖書の差し入れをした牧師(ポン監督)の写真を見せられました。
「知ってます!!!」
1話の賭場で詐欺をした時、思いっきり顔を見られている…ポン監督

それから…チョ社長を食堂に連れて行って、腹いっぱいご飯を食べさせました。
襟にお花を挿したクム・テウンと、殺し屋スタイル、黒づくめのキム室長と、血だらけのチョ社長の3人(笑)

ク「キム室長、これからは家族同様に扱うように!これ以上ケンカするな」
キ「チョ元総理が…」
ク「俺はその命令には従わない。俺は自分の家族を守る。分かったか」
キ「ですが…」(ペク検事もモーテルに来てたのが脳裏に…)
ク「これからは一緒に行動しろ!写真の男を見つけるまでだ。お前の命は、写真の男をみつけるかどうかにかかってる」

18041904.jpg


ファン・ボンドが逮捕されたおかげで、大統領に頼まれてやったというチョ・サンヒョンの自白はウソだったことが明らかになりました。そして特別検事チームは解散!

ファン・ボンド+オ・ハラ+ドチャン
「俺がヒグマ(プルゴム)だ」と繰り返すファン社長
「じゃ~お金はどこ?1000億持っているはずなのに、どこなの?…脅迫されてるんでしょ?あなたに命令した人がヒグマ(プルゴム)でしょ?」

18041906.jpg


元総理+検事長+クム・テウン
「ファンをヒグマ(プルゴム)にしろ!この事件を早く終わらせろ!ペク・ジュンスとオ・ハラを僻地に左遷しろ!」
「それは逆効果です。大統領が彼らを取り上げてから、注目されています」
「それじゃ、お前はどうする気だ?」

検事長は記者会見をしました。
『ドンヤン製粉のファン・ボンド社長は、外交官のバッグを利用し、薬物密輸の首謀者だと自白しました。確かな証拠を得たことから、刑事6課から強行犯課に担当を代えることを決定しました』

記者会見場に駆け付けたオ・ハラ、ドチャン、ヤン部長、次長まで困惑顔…

18041907.jpg


次長+検事長
会見終了後、検事長室に乗り込む次長!!
「この事件は、ペク・ジュンスとオ・ハラの担当です!!担当検事はまだ結論を出していません!それなのになぜ会見を開いたのですか?!」
「自白の供述を得ただろ?証拠もある。あと何が必要なんだ?この件を早く終わらせなさい」
「外部から何かあったんですね?最初から私が指揮するべきでしたね?」疑惑の目
自分の検事長席を指して…
「そうそう機会はない…この席を君にあげるつもりだよ」
ますます不審がる次長…

18041908.jpg


ロシアから来た誰だっけ???
調べました。(自分のブログで(笑))
ビクトール・ジャン+元総理他
「トルクメニスタン中部のカラクム砂漠です。有毒ガス除去のため、45年間燃やし続けている。天然ガスの最高額利益を生み出しているのが、トルクメニスタンです。工場が建設されればすぐに、我々は掘削を開始する計画です。ガスが出れば、数100倍の利益になる。いや1000倍にもなる」
「あなたが言うビジネスが有望なら、投資家を募らないといけない」
「採掘権は開発におけるあらゆる権利を持っています。土地売買も…。二重契約で投資できます」
「二重契約?利益のうちいくらか戻せってことか?」
「そのためのプレゼンなんです。次の政権のリーダーになる政治家を見つけるために来ました」
「次の政権?ハッハッハ…あなたは人を見る目がありますね」
超嬉しそうでしたが、条件を出しました。
「私自身が直接、王室に会うことだ」
「もちろん、そうして下さい。私がセッティングします」

クム・テウンに内緒で動いていた元総理でしたが、会議が終わってホテルから出るところを、キム室長が見ていました。
すぐに、クム・テウンに報告
「ビクトール?」
「トルクメニスタンの王室と親しい実業家です。チョ元総理と一緒に事業をするつもりだと思います。それと、取引銀行の頭取が内密に、自宅を訪問しています」
「見張りを続けてくれ」

「あのじいさん…何をしようってんだ…」

元総理は…
「薬物事件は、もうイライラする。新しい事業を始めたいと思うのだが…。1000億ウォン用意してくれ」
銀行の偉いさんは、とんでもない金額に、目が飛び出るほど驚き、躊躇しましたが…
「俺の言うとおりにすればいいんだ!!!質問するな!!」と激昂するので…言いなりになりました(笑)

18041909.jpg


ポン監督+ドチャン
「あの家は、クム・テウンと共同の持ち物ではない…古い資料も調べた」
ドチャンも資料を見ています…
「ん?チョ・ジョンピル?」
「1948年生まれのチョ・ジョンピルって、もしかして前の総理?」

18041910.jpg


久々に自分の事務所に戻ったチョ社長
遅くなりましたが、使えない子分3人のお顔です。個性的(笑)
(社長がいちばん使えないかもですが…)
「赤いパンティを見つけたんですか?見つけないと半殺しですよね?(・_・;)」
無人島で賭場を開いた時、ポン監督が幸運の赤いパンツをはいていたので(笑)

今の所は、クム・テウンの言いつけ通り、キム室長と一緒に、ポン監督探しをしていますが…殺されそうになった恨みや怒りがいっぱいで…
「あいつら全員、殺してやる!!!」

18041911.jpg


新担当検事が、オ・ハラにこっそり情報をくれました。
「ファン・ボンドの家に行ってきた。たいして捜査をしなかった。引き出しなんかも調べなかったし…やらせみたいじゃないか?」

オ・ハラ+詐欺団3人
「詐欺って懲役10年くらいよね?知ってた?」
軽~く脅迫して、ゆる~く詐欺をお願いするオ・ハラ(笑)
「ファン・ボンドのことなんだけど…大金を持ってるはずなのに、どこにあるのか分からないのよね~」
「それって、私たちにやれってこと!?」ムキになるソ・ウンジ(笑)

そんな声聞こえませんってふうに(笑)バッグから写真を出して…
「ここがファン社長の家よ。令状なしで押しかけたいところだけど、できないのよね~捜査ができたらなぁ~はぁ~どうしようかなぁ~♪」
「あの…我々が少~しお手伝いできます。法をちょっと犯すんですが、それで検事さんの欲求不満が解消するのであれば…」byポン
「じゃ!!サ・ドチャンには言わないでね!」

「何なの?今の…。詐欺を頼みに来たのよね?ドチャンに内緒で」byウンジ

18041912.jpg


というわけで…3人はこんな格好で、ファン社長の家を訪ねました(笑)
「疾病管理センターから来ました」
この地区で拡散しつつある有毒な害虫(肺炎やリウマチの原因になる)を駆除に来たんだそうです(笑)
半ば強引に家の中に入り、薬を散布!!

18041913.jpg


入ってはいけない!!と警備が立っている部屋…ここもムリヤリ侵入しました。
発見したPCに何やら挿入して、遠隔操作でチョン・インテがデータを抜き取り…
ポン監督は、大量の絵画の写真を撮りました。

そして、このデータをオ・ハラに渡してミッション完了!!

18041914.jpg


ドチャンは隠家で、子供の時に目撃したことを、もっと詳しく思い出そうとしていました。
「何て言ってたかな?」
馬乗りになった男の声なのか、下にいる男の声なのかはっきりしないのですが…
『この取引を断れば、選択肢は何もないんだよ』
『お前は俺の嫁を殺した。そして自殺する、いいな?』

「クム・テウンはチョ・ジョンピルの娘と結婚して、殺した。そしてアボジを陥れた…そうだ💡4月4日…」

18041915.jpg


そこへポン監督、インテ、ウンジが来ました。
ポ「オ検事にモノを渡してきたよ」
ド「これで、ファン・ボンドの資産を追跡できる。彼の背後に誰がいるのか見つけられるだろう」
イ「気になることがあるんだけど…薬物がある所に金があるって、ヒョンは言ってた。ファン・ボンドの薬物を持ち去る計画はなかったのか?」
ウ「私も…オッパ、検事の演技が長すぎるんじゃない?オ検事との時間が多過ぎる」
イ「がっかりしたよ。俺やウンジに隠してる秘密があるなんて…」
ポ「ドチャンにも理由があるんだよ」
ウ「理由は何?なんで話してくれないの?」
イ「話してくれないなら、俺、チームにいれないよ」
ポ「ちょっと待て、ドチャンを信じて、時間をくれ」

ド「話すよ…ヒグマ(プルゴム)は、俺がずっと探していた男だ。そいつを捕まえることが、俺の目標だ。それでここまでやって来れた」
ウ「そんなこと考えていたなんて…なんですぐ話してくれなかったの?オッパは、私が詐欺をした時に助けてくれた…(T_T)私が傷を癒してあげる~~」
泣いてドチャンに抱きつくウンジを、インテとポン監督がハガシました(笑)

18041916.jpg


ドチャンとポン監督は、図書館で古い新聞を探していました。
1998年6月10日付けの新聞
『チョ・ミナ、父チョ・ジョンピルの選挙運動を手伝った後、交通事故で死亡』
「なぜ4月4日じゃないんだ?どこに埋葬されているか調べたか?」
「チュンチョンの埋葬室だ。毎年6月9日に供養しているそうだ」
「クム・テウンはどうだ?行ってるのか?」
「チョ・ジョンピル一人でひっそり行っているそうだ。一緒に行くのは運転手のみだ。ドチャン、今回のは間違いだと思うぞ」
「あぁ~、パズルの最後のピースがなぜ合わないんだ?」頭を抱えるドチャン

『最後のピースを手に入れたら、かくれんぼは終わりだ…』

オ・ハラは…
詐欺師からもらったデータを調べても、これといった資産が出てこなくて、がっかりのオ・ハラでしたが、絵画の写真を見てハッとしていました。

本物のペク・ジュンスは…
とっても元気がなくて…自分のIDカードを下げたドチャンを見て…検事時代の写真を眺めていました。
つ・づ・く

18041917.jpg



関連記事


category: スイッチ-世界を変えろ