韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

チャン・グンソク『スイッチ-世界を変えろ』 あらすじ15話 痛快コメディだよ♪  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
스위치 - 세상을 바꿔라
Switch: Change the World
SBS 2018/03/28 ~ 2018/05/17

 あらすじ 
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話

こんにちは~
久しぶりにお昼に書いています。
私的にはなかなか面白いのですが、視聴率を調べると下落…
韓国では、チャン・グンソクって人気がないのかな?
このドラマ、最初はグロい場面もあって、ちょっと…と思ったのですが、『ト・ボンスン』や『怪しいパートナー』より、グロシーンは少ない気がします。
どっちかというと、『キム課長』のような、痛快コメディ♪なんですよ。
詐欺師も残忍なことはしないし…むしろ悪者をやっつけてイイ気分♪
チンピラもどこか抜けてて笑える~
痛快コメディですね。まだキュンシーンらしきモノはないので…


docchi.jpg


あらすじ 15話

腰が引けてるチョ社長(笑)
前にはドチャンと屈強な男3人、気が付けば後ろにも男たちが…
「あ、お前は…」

チョ社長、自分の角材を捨てて観念しました。
そして、また正座(笑)


「俺が誰か、気にならないか?」
(゚-゚*)(。。*)ウンウン声が出ません(笑)
「俺は詐欺師だ」
「だけど…検察庁まで付いて行って、調べたぞ」
「あぁ、お前のおかげで、検事のふりをするようになったんだ」
「身代わり?」
「本物のペク検事は、交通事故でケガをした。ソクチョでね」
チョ社長は、キム室長とのやりとりを思い出しました。ソクチョって言ってた…そうだったのか…って顔…

「要するに、俺は検事であり詐欺師、詐欺師であり検事…俺のような有能な詐欺師は、検事の資格も入手できるんだ。わかったか?この仕事を始めてから、大きな計画をした。クム・テウン、フィールギャラリー代表…彼をターゲットにして30億ウォンの仕事だ」
「30億?」
「だが、誰かが俺の邪魔をするんだよ。お前だ」
「え?俺?何も…」

用心棒がセメントとドラム缶を、棒でコンコン叩いて見せて、「船の準備ができました」って脅し(笑)
今度こそ殺される~~~って青ざめるチョ社長(笑)

「こんな大仕事の邪魔は排除しなきゃな?」
「命だけは…」
「もうこんな秘密の話をしちゃったんだぜ?」
「決して誰にも言いません」

18042101.jpg


オ・ハラから電話をもらったシーンに戻ります。
ベルトに付いていた指紋が判明したという電話…
「あなたも知ってる人よ」ってところで終わってましたが…チョ・サンド!!

そして詐欺会議…司会はポン監督
「ターゲットはチョ・サンド、何度も死にかけたのに、生還した!生き返り男!!」
スクリーンに映し出された、いかにも小物な感じ…一度騙したことあるし…詐欺メンバーはヒュー!!ヒュー!!と拍手喝采!(笑)
そして尾行が始まり…連れション…ドチャンが待つ建物へ誘導

生き返り男は、死にそうになったら、すぐに口を割ります。
「ホントのこと話すよ!クム・テウンは俺を殺そうとしたんだ!あいつに仕返しするチャンスをくれ!どのみち、もうダメなんだ」
んん?って顔のドチャン
「ホントだよ、真実を話してる。クム・テウンをメチャクチャにしてやる!」
「お前が?できるのか?」
「できる!その代わり、成功したら俺にも分け前をくれ」(セコイ、小物)

ここまでを、ソ・ウンジが録画していました。
『クム・テウンをメチャクチャにしてやる』って、録画されちゃった…また青ざめるチョ社長
そんな顔を見て、大笑いするドチャン(笑)
「お前…めったなことしたら、クム・テウンに動画を送るからな」
はぁ~~~やっちゃった…うなだれるチョ社長

18042102.jpg


クム・テウン+キム室長
「チョ・サンドはどうしてる?今回は何かやってくれるといいが…」
「代表…チョ社長は何か怪しいです。もっと注意するべきだす。私がチャイナタウンに行った時、検事が私を追っていました。万が一、チョ社長が検事に助けを求めたのなら…」
「検事がそこにいたのか?確かか?」
「注意して下さい。いつ裏切るか分かりません」
「俺が裏切られるはずがない」
「はい」
「人は信じるから裏切られるんだ。信じなければ裏切られることはない」

18042103.jpg


チョ・サンドはなぜか教会へ…
マリア様の前で、アーメンのジェスチャーですが、なんか違う(笑)
そして懺悔室に入り、窓の向こうへ封筒を渡しました。
窓の向こうの牧師様はポン監督…
「クム・テウンがK貯蓄銀行の支払い受領書を書いた時に、俺たちは金をもらいました」
「そうか」と言って、窓の隙間から資料が入った封筒で頭を小突きました(笑)
「はぁ~?」

ポン監督は隠家に戻り、金の流れのフローチャートを映して、みなさんに説明!
K貯蓄銀行はチョ・ジョンピルの取引銀行…社長のゲ・チュンシクは雇われ社長(汚いことを肩代わりする社長みたいな)
銀行を通して、賄賂が行ったり来たり…

18042104.jpg


ワイワイ楽しくピザを食べているところに、無断で入って来たデカい男…
「誰の使い出来たんだ?」「なんだ?なんだ?」
「検察から来ました。タハァッハッハッハ」
コ係長でした。

チョ・サンドは、ベルトの指紋は、自分のじゃないって言い張ったみたいです。

18042105.jpg


クム・テウンは、ビクトール・ジャンが気になるみたいで、経済雑誌の記事を見ていました。
そこへ、キム室長が銀行の頭取を連れて来ました。
「チョ元総理と会ったそうだが、何を指示されたんだ?」
「裏金を作れと言われました」素直に白状…
「作ってやれ」
は?キム室長…
何か企んでるんですね?きっと…

18042106.jpg


夜、PCで金を操作している頭取のお部屋に、クム・テウンとキム室長が突然現れ…メモを差し出し…
「金を作ったか?ここに入金しろ!」
「ですが、このお金はチョ元総理の…」
「俺の言う通りにしなければ、お前はここで今死ぬことになるぞ」

緊張感がハンパなくて…ネットで振り込みました(T_T)
振り込みを確認後、頭取をビルから、無理矢理突き落とそうとしています。
「助けてくれ~金をあげたら殺さないと言ったじゃないか」
「俺がいつ殺さないって言った?そんな約束してないぞ!俺の秘密を知った者は、二つの道がある。死ぬか自殺するかだ」
とうとうキム室長が突き落としました(T_T)
監視カメラも事前に電源オフして、自殺に見せかけるために遺書を置いて、終了…

18042114.jpg


新聞で、K貯蓄銀行頭取死亡の記事を見ている検事長…厳しい顔で頷いて、検事長室をあとにした次長…
(何か言われたのかな?)
テレビのニュースで死亡を知った元総理
「俺の指示を果たさないまま死んだのか?」

銀行頭取の件は、次長の指示でキル検事が担当になりました。
「遺書と動機はある。横領で解決して!」

オ・ハラ+ドチャン
「おかしくない?」
「何が?」
「自殺かどうかはっきりさせるようにじゃなくて、調査する前から自殺だって結論付けてる」
「そうだ!💡横領も決めつけてた」
「何か変…」
「検事が問題だ…」
って、どこか違う方向へ行くドチャン
「どこ行くの?」
「フィールギャラリーだよ!チャンギをやりに」
「なんでまたあそこに行くの?捕まっちゃうわよ!!」

18042107.jpg


クム・テウン+ドチャン
「そういえば奥さんと会ったことないですね?いつか食事でもどうですか?」
固まるクム・テウン
「すみません。もしかしてうまくいってなくて???」(知ってるくせに)
「いいや、随分前に亡くなったんだ」
「はっ?どうして?」
「交通事故だった。議員だった義父の選挙運動を手伝って、家に帰る途中だった」
「あぁ~こんな悲しいことを思い出させてしまって…」

18042115.jpg


オ・ソラ+キル・テロ
「どこ行くんですか~?」
「同窓会だ」
「銀行頭取の件の調査はしないんですか?」
「自殺だろ?」
「今、銀行に聞き込みに行ったんですが、ギャンブルをするような人じゃないって、みんな言ってましたよ」
「や~オ記者、人のホントの気持ちなんて分からないだろ?」
「そんなに急いで結論出さなくてもいいじゃない?もし殺人の痕跡が見つかったら、あなた、また非難されるわよ」
「自殺だよ!賭けをするか?」
「ワォ!検事なのに賭博するの?」
「はぁ~~~~」

18042108.jpg


ドチャン+クム・テウン+元総理
頭取のお葬式で…
ド「故人とお知り合いでしたか?」
ク「ギャラリーのメンバーでしたから…ペク検事はどうしてこちらへ?」
ド「私はよく知ってるんです。仕事柄…」
今気づいたかのように、元総理の方を見て…
「チョ・ジョンピル総理じゃありませんか?お会いできて光栄です」ペコリ
褒められるの大好きなおじいさん、ホッホッホって大喜び…「で、誰だ?」
ク「ペク・ジュンス検事です」
態度急変の元総理(笑)
ド「総理もクラブのメンバーですか?」

ド「納得いかないことがあるんですが…ケ・チュンシク(頭取)はギャンブラーではなかった…あれだけの金額の賭博は、海外じゃないとできないのに、出国した形跡がない」
チ「言う通りだ。ギャンブルをするような人じゃなかった」
クム・テウンをチラ見するドチャン…
ド「この事件を理解するには、誰が利益を得るのか見つけ出さなければいけないってことですね」
クム・テウン、ブス~~
チ「ハッハッハ、君は賢いね」
ク「遺書があったでしょ?」
ド「そんなの簡単に作れますからね」
チ「ペク検事、また会いましょう♪有能な人材に会うといつも、夢中になってしまうよ~」

帰りの車の中で、元総理→秘書
「クム・テウンのヤツ…よくも俺にウソをつきやがって!!明日ナムサンクラブを招集してくれ」

帰りの車の中、クム・テウン→キム室長
「準備できてるか?」
「はい、一人のメンバーを除いて、全て加わりました」
「それじゃだめだ。全ての時間帯を繰り上げないといけない。じいさんは機転が利くから」

18042109.jpg


オ・ハラ+ドチャン
「何か掴んだ?」
「クム・テウンは不安そうだった。チョ・ジョンピルは餌に食いついたよ。俺の仕事は終わったから、次はオ検事の番だ」
オ・ハラはスマホで、自分のアバター(かわいめのやつ(笑))を作って、キル・テロにメール!
『キル先輩♪ちょっと屋上まで、会いに来て』

キル・テロが、ぶつくさ文句を言いながら、屋上へ行ったスキに…ドチャンがキル・テロのオフィスへ入り…書類を盗み見です(笑)
『遺書には故人の指紋がなかった』

一方…キル・テロ+オ・ハラ
「なんだ!このメールは!オレを誘ってるのか?なんだよ!ここで会いたいって!」
「銀行頭取の自殺の件を調査してるでしょ?」
「なんでお前が介入してくるんだ?」
「調査がどうなってるか、気になるのよ」
「下っ端のお前に関係ない。生意気を言うな!」

帰ろうとするキル・テロ…このまま帰っちゃ~ドチャンと鉢合わせになるので、苦し紛れに足止め…
「細塵と黄砂では、どっちが悪いですか?」
「塵になるまで殴って欲しいのか?死にたいのか?」
「先輩は本当の検事ですか?」
「今度は何だ?!!」
「司法試験の合格が、本当の検事ではない!上層部に言われたからって、調査もしないで自殺で片づけるなんて!本当の検事だったら、自分のやるべきことをやらないといけない!」
「今日はどうしたんだ?あん?オ・ハラ…今日はお前に説教しなきゃいけないな。お前の立場を思い知らさないと!!」

おっ!長くなりそう、ラッキーと思った時に、屋上の階段を上ってきたドチャンが、OKサイン!!
もう用はないので「すみませんでした!!私がバカでした!」
「あぁ~お前ってヤツは…」って帰りました(笑)

18042110.jpg


オ・ハラ+ドチャン
「他殺の重要な証拠、見つかったの?」
「遺書に指紋がなかった」
「指紋がなかったの?あなた、現場写真を見たでしょ?遺書はどこにあったの?プリンター?机の上?」
「机」
「故人は遺書を書いて、印刷して机に置いた。それなのに指紋がなかった」
「💡オ検事!さすが本物の検事だな」

18042111.jpg


チョ・サンドはキム室長と一緒に、牧師探しのために教会巡り…見つかるはずない…

そんな時に、ポン監督の写真をクム・テウンに渡すチョ・サンド…
「あ~探すのに苦労しました。詐欺師です。名前はポン・マノ」
「お前が探したって?」
「へへへ…」嬉しそう、得意満面(笑)
事前にこんなこと↓があって…
ドチャン+チョ・サンド
「これをクム・テウンに渡せ」
「ホントに?そんなことしていいの?」
「手元に置いておきたい、有能なやつと思われるぞ~」

クム・テウンに戻ります。
キ「いつ見つけたんだ?一緒に探していた時、何も見つけられなかったのに」
チ「キム室長は、俺が見つけたから嫉妬してるんですか?思ってたよりちっちゃいなぁ」(笑)
ク「この詐欺師とペク・ジュンスは、どんな関係だ?」
チ「そ、そこまでは、まだ分かりません」
ク「二人が一緒に仕事をしている証拠を持って来い。もしそうじゃないなら、特に捕まえる必要もないし」
チ「はい!!!信じて下さい!」
態度がおかしすぎて、キム室長もクム・テウンも何か感じちゃいましたよ。

18042112.jpg


チョ・ジョンピルは、どこかの偉いさん相手に…
「明日、クラブメンバーを招集して、クム・テウンを追い出してやる」と話していましたが…

当日、会場に行くと…すでに来ていたメンバーは座ったまま…そしてクム・テウンが階段を下りてくると、席を立ってお出迎え姿勢…
追い出されたのは、自分???のチョ・ジョンピルでした。
つ・づ・く

18042113.jpg





関連記事


category: スイッチ-世界を変えろ