韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

チャン・グンソク『スイッチ-世界を変えろ』 あらすじ20話 ソン・ウォンソク♪アン・スンファン♪  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
스위치 - 세상을 바꿔라
Switch: Change the World
SBS 2018/03/28 ~ 2018/05/17

 あらすじ 
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話

docchi.jpg


こんばんは~
20話です。普通の1時間ものだと10話、そろそろ終盤…
謎も少しずつ解明されて、面白くなってきました(^^)/

1話から気になっていたのですが…チョ・インテ役のアン・スンファン
名前調べました!詐欺団のIT担当でカッコイイというか、かわいい~
それから悪役キム室長役のソン・ウォンソク…
この人も全く初めましてなので調べました。
慎重188cm!悪役のキモさを出すためか、どす黒い赤色のリップをつけてるのかな?
でもイケメンです!
キル・テロ役の子もかわいいです。
やっぱり~相手役の女子と、周りを固めるイケメン君って大事!


あらすじ 20話

倉庫から飛び出したポン監督は、キム室長と子分たちに追われて、廃墟みたいなところの小部屋に隠れて内側から鍵を掛け…出るに出られず、外からはドアを破壊されそうな勢いで…
試験当日のドチャンに助けを求めました。

「あの日のことを考えると、お前にすまなくて言葉もない…。悪かった…。本当の検事になれたのに…俺のために…」
「ヒョン、そんな昔のこと…検事は俺に合ってない。あの時のおかげで、今もっと楽しいんだから」

18042901.jpg


クム・テウン→ペク・ジュンス
「チョン検事長のこと…なんとしても釈放させて、法的に無罪にしてくれ」
チョン・ドヨン→新検事長
「どんなことになってる?」
「ペク検事を担当にしました。安心してください」

チョン・ドヨン(前検事長)の取り調べが始まりました。
犯罪者なのに、まだ上司気取りで威張ってます。
「あまり早く終わらせるな。まだ外に記者がいるから」

弁護士も来て、説明…
「2012年、兵馬俑のレプリカを1体100万ウォンで買った。受け取りもここにある。本物なら数億のものだ。1000万払ったのだから、レプリカなのは明らかです」

その時、文化財庁から分析結果が届きました。
『10年以内に作られたレプリカ…』
レプリカだと聞いて動揺するチョン・ドヨン
レプリカだと思って買ったというのは言い逃れで…
本人は本物だと思って大事にしてきたのに(笑)

18042902.jpg


レプリカなので、一件落着!で帰ろうとしたところに、オ・ハラが鍵付きロッカーに封印していた書類を持って現れました。
「チョン・ドヨン씨!!」
「チョン・ドヨン씨?!!!オ検事、ナニ言ってんだ?」
「ここからが始まりよ!第2ラウンドの始まり!」

18042903.jpg

6年前に戻ります。
手にデカめの石を持ったチョン・ドヨン…頭から血を流して倒れているマンギュ
大量に流れた血が、像の土台にも…

チョン・ドヨンは、クム・テウンに助けを求めたようです。
「こいつが俺を脅迫したから…助けてくれ!一生恩に着る」
交通事故に見せかけることにして、車に運ぼうとしたところに、ポン監督が入って来て…弟の姿を見たのでした。

18042904.jpg


取調室
オ・ハラ&調査官+チョン・ドヨン&弁護士

「チョン・ドヨン씨、今からあなたは6年前のポン・マンギュ殺人の容疑者です」
「殺人?」
「この受け取りは、6年前ポン・マンギュから受け取ったモノに間違いありませんね?ポン・マンギュ씨は2012年2月18日午前11時、交通事故で死亡しました」
当時の血液の分析結果と、兵馬俑に付着していた血液の結果が一致!!
もう言い逃れもできなくて…取り乱すばかり…

18042905.jpg


オ・ハラの取り調べがうまくいくように、祈っていた詐欺メンバー
ニュースを見て大喜びです♪
グンちゃんの今日のパーカー…金魚の柄(おしゃれですか?)

元総理も大声で笑って喜んでいました。

18042906.jpg


クム・テウン+キム室長
担当検事がオ・ハラだと聞いて…
「オ・ハラとサ・ドチャンが最初から計画していたのか…」
「そうだと思います。彼はキレる詐欺師です。いつも我々の先をいっています」

やられっぱなしで悔しいクム・テウン
ドチャンが持って来たチャンギの駒を壁にバーン!と投げつけました…
駒が割れて、中からICチップみたいのが出て来て…盗聴器みたいなもの?
イライラMAXになって、金属っぽいチップを歯でガリガリ食いちぎりました(((( ;゚д゚)))アワワワワ

「悪魔は細部に宿る」と言っていたドチャンの言葉を思い出しながら…口からぺっぺっって吐いて、怖い~~~

18042907.jpg


鉄格子の中のチョン・ドヨン
「レプリカだったのか?俺は騙されたのか?」
6年前
手のひらサイズの兵馬俑を持ったクム・テウン
「兵馬俑を持った者は王になるという、中国の伝説がある…本物の兵馬俑を持てるぞ」
向上心メラメラのチョン・ドヨンに火を付けました。

倉庫でポン・マンギュと会うチョン・ドヨン
当時、仁川の検察庁勤務でした。
「来週、中国から船荷が着くそうだな」
無言…
「兵馬俑だ…や~取引しないか?」
「ん?」
「仲買人のクム・テウンを入れなければ、お前は手数料を多く取れるし、俺は安く買える」
バカバカしくて笑い出すポン・マンギュ
「嫌なのか?嫌なら、来週中国から荷が来た時、税関をよこすまでだ」
ハァ~?って顔のマンギュ
「クム・テウンに送ってはいけない。来週、直接俺が買いに来る」

「クム・テウンが俺を騙したんだ」

18042908.jpg


謎の男+サ・マチャン
「チョン・ドヨン検事長が殺人で逮捕されたのを知ってますよね?」
カン刑事」(えっ?刑事)
「はい」
「兵馬俑…6年前に仕組まれたと思いますよ」
「え?」
「中国で本物に見えるレプリカを、私は作った。そしてクム・テウンに近づくために、ボン・マンギュを味方にした。マンギュは本物を密輸できるとクム・テウンに話した。他の作品も密輸していたから、すぐに餌に食いついた」
「あ~」
「影響力のある人物が偽物を買ったら…俺はクム・テウンを違法な密輸で追い詰めようとした」
「そしたらチョン・ドヨンがしくじった…」
「そう、あいつは検事の権力を悪用した…欲を出して…それで俺の計画は失敗に終わった」
「しかし最終的には、罪ほろぼしをしてるじゃないですか?」
「どういう意味だ?まだ生きてうまいことやってる。ヤツの罪全てを解明して、世間にさらさないといけない」

(刑事だったから、オ・ハラがドチャンの追跡を依頼していたんですね?だとしても、どうしてサ・マチャンに情報を流して、部下のようにしてるのかしらん?一緒にドチャンを助けに行ったし…)

18042909.jpg


海に向かって、ポン監督弟マンギュの冥福を祈る4人
「マンギュや~すまなかった。6年も掛かった。安らかに眠ってくれ」

18042910.jpg


良いシーンが続いたのに、チョ・サンドのおバカな映像…
賭けポーカーで負けちゃって「金を貸してくれ」とムンシクに泣きついています。
「俺が金持ってるはずないじゃないですか?」
「この間、車の中でちょっとあげたの出せよ」
って、全くダメダメなヤツです。

18042911.jpg


ペク・ジュンス+サ・ドチャン
倉庫に一人いるサ・ドチャン
険しい顔でペク・ジュンスが入ってきました。
「お疲れさま…全部サ・ドチャンのおかげだ」
「全部ペク検事のセッティングのおかげだ」
(セッティング:詐欺のための計画、シナリオみたいな…)
「ペク検事が俺を怒った時、すんごく怖かったよ。ピカいちの演技だった!」
「(^-^)」
「こんな大胆な計画をプレゼンされた時、正直驚いたよ」

18042912.jpg

数日前のサ・ドチャン+ペク検事
サ「聞いたと思うが…IDを取り上げられた。明日から仕事ができない。ペク検事のキャリアを台無しにしてしまって申し訳ない…」
ぺ「だから警告したんだ」
サ「正常な状態に戻す。誰が仕組んだことか分かっているから」
ぺ「クム・テウン…こんな罠を仕掛けるのはアイツしかいない。少しずつ追い詰めて、検事を辞めさせようとしている。時間が無い。俺が辞職になったら、できることもできなくなる」
サ「俺がクム・テウンに会って…」
ぺ「いや、俺が会う」

ドチャンの目の前で、車椅子からゆっくり立ち上がり…
「俺が会って、サ・ドチャン씨を売る。クム・テウンを欺く唯一の方法だ」

倉庫で会ってる二人は、最後ニコニコ(^.^)でした。

18042913.jpg


サ・ドチャンがコーヒーを飲んでる所に…オ・ハラが来て…
「お疲れさま!サ・ドチャン!すごいスイッチだったわ。検事長はファベルジェの卵に騙されて、像を持ち出した。そして最終的に6年前封印した真実を暴いた」
「ありがとう!オ検事のおかげで、ポン監督は復讐できた」
「あとはクム・テウン一人…」
「ヒグマ(プルゴム)」
「あ、もう一人いる。ペク先輩…あなたを捕まえようとしている。気を付けて!先輩はこうと決めたら諦めない人だから」
「チッ!ペク検事の何が怖いんだよ(^-^)だったら俺の所に来いって言え!」
「あっ!」
誰か来ました。

誰かと思ったら…
「ペク先輩」
「オ検事、こんなことして…危険なことを知ってるのか?どうするつもりだ?」
「どうするって…」

へへと笑い出すドチャン
「俺がペク検事を呼んだんだ~」
厳しい顔だったペク・ジュンスがニッコリ(^^)
「詐欺師たち!」

18042915.jpg

クム・テウンは…
「何かおかしい…ペク・ジュンス、サ・ドチャン…二人がグルになって俺を騙したのか?アイツらーー!!」
やっと気づきました。
つ・づ・く

ペク・ジュンスは何か企んでいると思ってましたヨ♪
早くクム・テウンをやっつけて、お父さんとの再会シーンを見た~~い!!


関連記事


category: スイッチ-世界を変えろ