韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『フンナムジョンウム』 あらすじ9話 自分の気持ちに気付き始めるジュンス君  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
훈남정음
Handsome Guy and Jung Eum,The Undateables
SBS 2018/05/23~2018/07/12

 あらすじ 
人物紹介 おもちゃたち 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話(最終回)

こんばんは~
これまでのフンナムの行動を整理すると…
『オズの魔法使い』のブリキ男を、ジョンウムが持っていると気付いたあたりから、ジョンウムへの態度が変わったんですよ…
そして、時々何かを思い出したみたいに、動きが止まったりする。。。
ブリキ男をフンナムも子供の時に持っていたはずなのに、ハンバーガー屋さんでお母さんに預けた…
そして1話の最初のアニメみたいのを、何気に見たら…恋に落ちた木こりさんが悪魔に呪いをかけられて、手足がバラバラになって、ブリキで作ってもらったんですよ…これってフンナムとブリキ男の暗示?
ってことは、子供の時に二人は会ってる…写真に写っている子がジョンウムなのかな?と思うんですが…
ジョンウムのアッパも、フンナム父を知ってるみたいだし…
ジョンウムとフンナムがいい感じになってきたところで、ジュンス君もジョンウムのことが、やたら気になり始めたみたいですね?
いいなぁ~イケメン2人の三角関係…

あらすじ 9話

ジョンウム+フンナム
「あなたはキスの達人じゃないと思う。思ったほどじゃなかった」
「そうだろうな。俺の気持ちが入ってないから」
「そう。気持ちが入ってないキスで、私の恋愛歴が分かった?」
「大丈夫なのか?怒らせたくないんだけど」
「分からないって認めたら?大口を叩かないで…」
「5年前、片思いで、捨てられた」

当たり!空港で拒絶されて大泣きした(1話)ことを思い出すジョンウム…この時、フンナムが見てたし…

ジュンスが来ました。
「ここにいたのか、あちこち探したぞ」

フンナムとジョンウムのキスシーンを目撃したと思ったのですが、ギリギリ見てないのかな?
フンナムとジュンスが、以前にも会いましたね~なんて言って、フンナムが立ち去ったのに…ジョンウムはまだぼ~っとしていて…
「あ、ジュンス…いつここに来たの?」
「どうかしたのか?」
「私がどうだって?」

18060701.jpeg


ジュンスと一緒に会場に戻っても、フンナムを探しているのか、あちこち見回すジョンウム…
フンナムを見つけて見つめ…フンナムも気付き…ちょっとした距離をおいて、見つめ合う二人…

ステージ上では操り人形のショーが行われて…
バラの花を持った人形が、フンナムにバラを手渡しました。
「このバラを、今晩一緒に過ごした女性に渡してください」
歓声が上がる場内…フンナムはバラを持って、ゆっくり歩いて…ジョンウムの前を素通りして、派手な赤いワンピースの女子に手渡しました。
ジョンウムは、ジュンスと腕を組みながらも、もしかして自分?って身構えてたのに(笑)

18060702.jpeg


ヤンコーチ+ユクリョン
「ちゃんとご飯食べてるの?この間、顔色悪かったから」
デカいバッグから、栄養剤の豪華な箱を出して渡しました。
「俺みたいなやつを気にするな」
「そんなこと言わないで、ちゃんと食べて!」

18060703.jpeg


箱を受け取ってすぐ、また若い女の子二人にちやほやされるユクリョン…
たまらなくなって、ヤンコーチは女子二人とユクリョンの間に割って入り…
「このままじゃイヤ!1ヶ月だけ付き合って!それで嫌いだったら、その時また捨てればいい!」
社交ダンスのように、ユクリョンを抱えてクルリと回して強引に( *¯ ³¯*)♡ㄘゅ

18060704.jpeg


オ・ドリ+キム・ソウル
握手を拒否して、無礼だと叱られて…
「父親にも怒鳴られたことないのに」
もっと大声で「それが無礼なんだ!!」
「私のどこが!!!あなたは髪の毛がないじゃない!!」
「髪の毛がないことは、ちっとも恥ずかしくない。だがお前の年齢でその態度は、最も恥ずかしい。お前のような人間に会うために、種芋とパンジー?を置いてわざわざ来た、この俺の決心がいちばん恥ずかしいがな!」

18060705.jpeg


ジョンウムとジュンスが、バーカウンターに行くと、お向かいの席にフンナムカップル…視線がまた絡み合います(笑)
ジョンウム「ジェームス・ボンドが映画で飲んでたのをください」
フンナム「マティーニをお願いします」
ジョンウム「あっ、そう!マティーニをください」
フンナム「スイートマティーニにして」
その後、フンナムが隣の女性にマティーニのうんちくを…スイートマティーニやらエクストラドライマティーニやら…
丸聞こえのジョンウムは「エクストラドライマティーニをください!」

ジョンウムがジェームス・ボンドのカクテルのうんちくをたれると…
丸聞こえのフンナムは「カクテルで有名なのは、ジェームス・ボンドよりウィンストン・チャーチルとヘミングウェイだ」って応酬…なんだこの2カップル(笑)

その後も変なクロストークが続き…ジュンス君が切り上げました(笑)
「焼酎でも飲みに行こう」
ジョンウムは見せつけるかのように、ジュンスと腕を組んでいなくなりました。
フンナムは、ジョンウムを追いかけようとしたのに、チャーリーに捕まっちゃって…できず…

18060706.jpeg


ジョンウム+ジュンス
久々にヒールを履いて、足がガタガタのジョンウムは、しゃがんで持って来たバンドエイドを貼るんですが…
ミニスカートでお行儀が悪いので、ジュンスが慌てて自分のジャケットを脱いで、足に掛けてあげるんです。
バンドエイド貼った後は…ミニスカートの丈を心配?ジャケットを腰に巻いてあげました。
他の人の見せたくないって感じで、周りをきょろきょろして気遣いのジュンス君

18060707.jpeg


ジョンウム+ジュンス
「読心術ってあると思う?」
「読心?」
「人の心を読む才能があるって言うじゃない?」
「それは才能じゃなくて…欲しい答えが返ってくると勘違いするんだよ。心理的なトリックさ」
「そうなの?」
「『お前、キスしただろ?』そんなあり得ない言葉よりも、『お前飲んだだろ?』って方がしっくり入る。それが心理的弁論だよ」
「なんでそんなこと急に聞くんだ?」
『キスしただろ?』辺りから、固まってるジョンウム…

「なんでもない」
「なんか怪しいな」
「なんでもないって…」
「ホントになんかあったんじゃないのか?」

18060708.jpeg


チャーリー+フンナム
チャーリーに呼び止められて、お話を聞くフンナム…
チャーリーは雑誌『Le Chic』のキャラクター事業の担当になったそうで…フンナムにキャラクター開発の仕事を勧めるんですが…
「俺はビジネスマンだ。アーティストじゃないぞ」
「お前がキャラクター開発をしたがっているのを、知らないとでも思ってるのか?」
お断りしましたが、どうなるんでしょうか?

18060709.jpeg


家に帰ったジョンウム、ブリキ男の胴体を手に取り…
「明日、これを渡す。これを渡すことが、明日彼に会う理由よ!」
自分に言い聞かせるように呟くんですが…頭の中は、フンナムの( *¯ ³¯*)♡ㄘゅ
雑念を払うみたいに、着替えてランニングに行きました(笑)

18060710.jpeg


フンナムの方も…パーティのお客様をお見送りして、部屋に戻り…頭の中はジョンウムとの( *¯ ³¯*)♡ㄘゅ
チャーリーが置いていった企画書に目を通していました。

18060711.jpeg


フンナムは、オンマと一緒に写った写真のフレームを外して、中から絵を出しました。
猫の絵です。
回想シーン
オンマ+フンナム
パン屋さんのテーブル席で…
「このパンを食べて…飽きたらお絵かきして待ってて。ちょっと新しい場所を見てくるから!どこにも行かないで、ここにいるのよ!」
なぜだか、こんなちっちゃい子供に大量のパンと大きなコップの牛乳…
フンナムは窓の外の猫を見て、お絵かきを始めました。

牛乳を飲み終わって、暗くなったのにオンマは帰って来ないんです。
猫の絵も完成して、ドアの方を何度も見て、オンマを待っているフンナム…
(どういうこと?かわいそ過ぎる…)

その当時の絵を見て…
「すぐ戻るって言ったのに」
子供の時と同じように、「にゃお~、にゃお~」と猫に話しかけるフンナム…

18060712.jpeg


ジョンド+ウンニム
デカいテーブルの端と端で食事してます。
「選挙区を変えたよ」
「えっ?勝ちたくないの?」
「政治家が選挙を怖れちゃいけないって言ってたのはお前だろ?」
「これまでどれだけの時間とお金を使って、地盤を固めてきたと思ってるの?」
「そんなの、お前は嫌いだろ?」

「はぁ~理由は何?」
「そこの地域は、再開発の対象になっているんだが、モクレンとアジサイがとてもキレイな場所で…守ってやりたいんだ」
「今、モクレンとアジサイを守るって言ってる場合?」
「俺たち、そこで新しい生活を始めるんだよ。最初の家を覚えてるか?俺は消えてしまうものは欲しくない」
「カッコつけてるの?」
「お前も好きだと思ったんだけど」
「結構よ!今日私を探さないで!」
「なぜだ?どうしたんだ?」
「遊びに行くの!あなたに頼らないで一人で何でもするわ!」

18060713.jpeg


いつものように、ジョンウムアッパは、地域のおじいちゃん、おばあちゃんに工芸を教えています。
「この町に、議員のカン・ジョンドが事務所を構えるって聞いたぞ」
「あらあら、あのイケメン議員がこの町に来るの?」

激怒するアッパ
「カン・ジョンドは選挙に出るだけで、まだ議員になってない!!」
(やっぱり~なんか恨みでもあるのかしら?)

18060714.jpeg


レンタルした洋服を返却したヤンコーチとジョンウム…
ドレスにチキンやラーメンの匂いが染みついていると文句を言われていました(笑)

プレゼンの資料を忘れたジュンスのために、届けてあげたジョンウム…
急いで来たジョンウムに、ちっちゃい扇風機で風をあててあげているうちに、大きく開い襟元?鎖骨?その辺を見て、変な気分になるジュンス…
そんな自分に小さく舌打ち(笑)自分に扇風機の風をあてています(笑)

「なんで耳赤いの?」と指摘されて、慌てるジュンス…
そんな時、フンナムからジョンウムにメール
『体くれよ。早く』
ブリキ男の話と分かっていても、体くれよって言葉に、ちょっと反応するジョンウム…
「ヤー!お前、なんで顔が赤いんだ?」

「体あげるわよ。せっかちなんだから!」
「なんだって?!!」
「え…なんでもない。行くね」
ジョンウムが帰ってから、また自分の顔をピチャピチャ叩いて、正気に戻ろうとしているの?みたいなジュンスでした。
つ・づ・く

18060715.jpeg




関連記事




category: フンナムジョンウム