韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『フンナムジョンウム』 あらすじ19話 ジョンウムもヤンコーチも悲しかった…  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
훈남정음
Handsome Guy and Jung Eum,The Undateables
SBS 2018/05/23~2018/07/12

 あらすじ 
人物紹介 おもちゃたち 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話

こんにちは~~
ワールドカップ韓国戦のために、水曜日放送がありませんでした。
民放のどこか1局でやればいいのに、全ての局でやってたみたいです。
木曜日放送分も時間がちょっとズレたりして…20話はついにオ・ドリが出ますよ~

あらすじ 19話

「カン・フンナム…私たち別れましょう」
4人沈黙の後、先に帰るというジョンウムをフンナムが追って、公園で言い合いに…
「いったいどうしたっていうんだ?」
「賭けをしたって聞いた!ウソで私と付き合ってる。ウチに来たのだって誘惑するためだった。ホントなの?そうなんでしょ?」
…無言
「ホントだったのね。それで付き合おうって言ったのね。うまくいったからもう捨てるんでしょ?」
「ジョンウマ~そうじゃないんだ」
「賭けをしてるとは思わなかった。私…私…ホントに好きだったのに・゚・(ノД`)・゚・。」

お会計を済ませたジュンスは、スジから賭けのことを聞いて、ジョンウムを全速力で(笑)追いかけました。

18062901.jpeg


ジョンウム+フンナム
「賭けは本当だったの?」涙ポロポロ
…何も言えず…
「ウソでもいいから違うって言えばいいじゃん!」
「賭けをしたのは事実だ。悪かった…だけどどうしてこうなったか説明させてくれ」
って時…走ってきたジュンスに殴られました(-.-)

「スリルを楽しむなら他でやってくれって言った!騙されやすいし弱いやつだって言っただろ!ジョンウムの前にもう現れるな!」
「ジュンスや~行こう」
フンナムの胸ぐらを掴んでいるジュンスの手を引いて…ジョンウムとジュンスは帰りました。

フンナムはジョンウム家に帰りましたが、明かりがついていないジョンウムの部屋の前でたたずむだけ…それからトランクを引きずって自分の家に帰りました。

18062902.jpeg


朝、ジョンウムが部屋の戸を開けると、折りたたんだ手紙がポロリと落ちて来ました。
『謝ってどうにもならないと思っている。スタートは間違ったけど、俺の最終ゴールがお前なのは確かだ。スタートラインに戻ろうと思う。きっと戻るから、梅酒の約束を守ってくれ』

梅酒を見つめて、手紙をバッグにしまったところに、ジュンスが…
「なんかおいしいものでも食べよう」
ジョンウムのおでこに手をあてて「病気になるなよ」

18062903.jpeg


翌朝、ギャラリーをお掃除中のユクリョンに白紙の覚書を渡すフンナム…
「代表、これは?代表が賭けに勝ったと思ったんだけど」
「俺の負けだ。無茶な使い方をしたら殺すぞ。使う前に承認を得ろ!」
ユクリョンに文句を言うのかと思ったら、とっても穏やかというか、気が抜けたようなフンナム…

「承認が必要なら、なんでこれを渡したんだ?💡彼女をホントに好きなのか?」

18062904.jpeg


ジョンウムが出勤すると…チーム長が代表と電話中
ジョンウムの解雇をもう少し待って欲しいとお願いしています。
最後はキレ気味で、「会社のために一生懸命働いた社員を守れない上司になりたくありいません!責任は私が取ります!!」

受話器をガチャン!!と置いたら…ジョンウムがそばに立っていてヽ(゚ロ゚; )
「私のせいですよね?」
「違うわよ~あなたのせいじゃない」
「何件ですか?ゼロ会員を何件マッチングすればいいんですか?それができれば、私のために責任を取ることもなくなる。オ・ドリがいちばん大きな案件ですよね?」
「ストレスに感じることない。私も疲れたから休暇が必要だし」
「休暇?チーム長は稼がないといけないって言ってた…私が解決するからもう少し時間をください。キム・ソウルを探します!もしもチーム長が辞めるとしても、堂々としていて欲しい。このヒョウ柄のジャケットを投げつけてやるのよ!」

何とかしなきゃ!!で、キム・ソウルを捜索している新人社員に連絡しましたが、見失ったんだとか…

そんな時、フンナムからカカオトーク?
『どんぐり~仕事中か?ナ・ガヨン씨の件はどうする?』

18062905.jpeg


メッセージ送信しても、返信がなくて携帯を振ってみたり(笑)ずっと画面を見ているフンナム(笑)

18062906.jpeg


ユクリョンを呼んで…
「キム・ソウルは見つかったか?ジョンウムに会いたいから早く見つけてくれ」
「キム・ソウルですか?!」
「うん…会いたくて頭がおかしくなりそうだから、早くしてくれ」
すっかり元気がなくなり、ユクリョンの肩にもたれかかり頼り切っています(笑)

18062907.jpeg


ヤンコーチはお誕生日にユクリョンからもらった、使いまわしケーキとワインに心を痛めていました。
ユクリョンにメッセージ
『今夜時間を作って!重要な話があるの』

教え子のプレゼントのランジェリーを手に取り…
「こんなかわいいのくれちゃって(-.-)…そうね、私が始めたんだから、私が終わりにしないと…」

18062908.jpeg


ジョンウムが帰宅すると…
アッパとジュンスがこんな格好で、ノリノリでカラオケ(>_<)
ジョンウムを励まそうとして盛り上げる二人…

18062909.jpeg


フンナムがお仕事中?実は展示以来の用紙に『ジョンウムは経緯が分かっていない。誤解だ。誤解。誤解。本当のことを話しただけ』
相当落ち込んでいます。

そこへスジが来て…
「人生で初めて、フラれた気分はどう?」
「考える時間が必要なだけだ」
「あなたが考えても、もう隙間を埋められないんじゃない?」
「より強くなるカップルもいるだろ?」
「例えば誰みたいな?あのカップルはとっても強い絆を感じたけど…」←ジュンスとジョンウム
「お前はあの男を引っ張り出して、悪化させる気か?お前らしくもない」
「あ~メロドラマみたいでつまんなかったわね…私らしくないかもしれないけど、面白くするつもりよ…アッパが病気なの」←なんか卑怯…
「重病なのか?」
「家に帰ったら、いつも元気なアッパがベッドで横になっていた。私の手を握って、『全部達成したけど、ただひとつだけやり残した』って言って…」
「そうか…結婚するべきだよ」
「だから私も、結婚の計画を立てる!」
「うん、いい考えだ」
「でも結婚するなら、自分の望む人としたい!私と結婚して!!
「俺?」
「うん、私と合う人はそうそういないもん!私たちはお互いに合ってるでしょ?」
「バカなことを言うのは止めろ!」
「私、本心なんだけど!」

ユクリョンが「重要な報告が…」と割り込んで来ました。「帰ります」の報告と、あとは耳元でヒソヒソ…

18062910.jpeg


ユクリョンとヤンコーチは、イルミネーションがキレイな所でおデート…
「実はここに来たかったの。あなたと、こんなふうに…」手を握っています。
「やりたいこと全部やろう!全部!」
はしゃぐ二人です…

18062911.jpeg


ギャラリーまで送って、ヤンコーチの方から( *¯ ³¯*)♡ㄘゅ
「今までありがとう。私たち、1ヶ月になるね。これで終わりにしましょう」
それだけ言って、ヤンコーチは自分の水泳チームの車で帰ってしまいました。

『他に会う女の子いるし…心配ない…でもこの感じは何だ?』
↑ユクリョンひとり言

18062912.jpeg


アッパ+ジュンス
「竹の間のアイツはどうしたんだ?掃除しに行ったら荷物がなかったぞ」
「出張ですよ。長期出張」

もう1曲歌えと言われて、ジョンウムが歌った曲
キム・グァンジンの『手紙』
「おっ!ジョンウムが好きな曲!」と言ったものの、歌詞が悲しくて…今のジョンウムの気持ちのようで悲しくなっちゃいました。

『♫ここまでが終わりみたい…もう立ち去らないと…無理をして運命にさからったりしない。あなたを辛くさせたりしない。言いたい言葉も言おうとした言葉もそのまま残して…もしかしてって期待もしない。どうがお元気で。長い沈黙も別れのサインだと分かった…』

ヤンコーチは飛び込もうとした川?漢江?のベンチに座り、缶ビールを飲んで、同じ曲を口ずさんでいました。(車運転してるんだけど…)
ワインのコルク栓を握りしめていて…カニ屋さんに行ったことや、ギャラリーでの熱烈ラブシーンを思い出して…溜め息…
「愛してた、バカヤロー!」コルク栓を力いっぱい川に向かって投げてやりました!
そしたら、またファンタジーが(笑)
コルク栓が花火になって、空に大きなかに座のマーク…なんだコレ(笑)

フンナムは書斎で、PCに向かい…
『ジョンウムの怒りの鎮め方』ってタイトルで、何か入力していました(笑)
つ・づ・く







関連記事




category: フンナムジョンウム