韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『フンナムジョンウム』 あらすじ21話 フンナムオンマとジョンウムアッパ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
훈남정음
Handsome Guy and Jung Eum,The Undateables
SBS 2018/05/23~2018/07/12

 あらすじ 
人物紹介 おもちゃたち 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話(最終回)

こんにちは~
ちょっとずつ謎が解けてきましたよ。
ジョンウムアッパの若作り再現シーンはちょっと無理があったけど(笑)
早く気付いて!二人!って感じです!

あらすじ 21話

「これまでありがとう」
正式に別れを告げられたフンナム…
「オ・ドリのマッチングも手伝ったのに」
「だからブリキ男の残りを全部あげた」
「俺が…」いろいろ言ってもダメでした。

「あなたがギャラリーのオーナーで恋愛の神様だったら、人の心をもてあそんでいいの?」
「そうじゃなくて…」
「別れは瞬間の問題だ。結果を変えることはない。変えられない結果にしがみつくより、呪文を唱えた方がいい」
↑これってフンナムがコラムに書いてたヤツ
本当にいなくなっちゃいました。
ついさっきまで一緒に帰れると思っていたのに、一人残されたフンナム…

ってのを思い出しながら、ブリキの木こり?を眺めています。
「お前も心臓がないのか…」
マジマジ見ているうちに、何かに気付いたようなフンナム…

18070501.jpeg


翌日、出社するジョンウムを、車で来たフンナムがキャッチ!
「もう話すことはないと思うんですけど」
「俺もそう思ったんだけど、心臓がないんだよ」
目パチパチのジョンウム(笑)
「ブリキ男の心臓だよ。約束しただろ?心臓をくれよ」
ブリキ男の心臓の所に❤が付いてた💡
「家に帰って探したら送ります」
「俺たち今他人だよな?他人を信じられるか?ブリキ男の心臓をもらうまで、どこにも行けないよ。早くくれ~!」
ジョンウム、いつのまにか前髪切ってます。

18070502.jpeg


「心臓くれよ~」
ジョンウムを追いかけて一緒に会社へ…
仕事中も、待合室みたいなところで雑誌を読んで時間をつぶすフンナム
ジョンウムを見掛けると笑顔で手を振っています。
明るい失恋男です(笑)

18070503.jpeg


お昼ごはんも、ジョンウムと同じ店で、向かいの席に勝手に座るフンナム(笑)
手振ってます(笑)

出前のお兄さんが差し入れをお届け…これもフンナムが注文したもの…ずっと会社にいます。

18070504.jpeg


スジ+ジュンス
クリニックに飾っている写真を見て…
「それジョンウム씨でしょ?飛び込みの選手だったの?」
「なんで分かったんだ?」
「それって大会のメダルでしょ?アッパが水泳連盟の会長なの」
「そうなんだ~」
「それなのに、今なんで…」
「あ、ちょっと理由があって…競技をやめてカップルマネージャーをやってるんだ」
「飛び込みの競技をやってたのに、不思議…」

18070505.jpeg


スジはジョンウムが出場した大会を思い出していました。
ジョンウム両親とジュンスの後ろ、赤いコートの女性がスジ…

飛び込みの制限時間が迫っても、なかなか飛び込めなくてハラハラするコーチとアッパたち…
時間ギリギリになって、回転も何もなくバシャンと飛び込み、逃げるようにプールをあとにするジョンウム…

「どこで彼女を見たか思い出した」←スジ

18070506.jpeg


ブリキ男の心臓を、部屋中探し回るジョンウム
回想…若いアッパと子供ジョンウム
引っ越し用のトラックと荷物が玄関先にあります。
「ヒギョン、不動産屋に行くって言ってたのに…ずいぶん長く掛かってるなぁ」
「ヒギョンおばさんの子は何歳?」
「お前より3歳上、オッパだ」
「ヒギョンおばさんの名前はなんでユンなの?アッパはユなのに」
「ヒギョンおばさんは本当の妹じゃないからだよ。俺たちは子供の頃から、同じ学校へ行って、一緒に遊んで大きくなった。30年も近所で暮らしたんだ」
「そんなに仲良しだったのに、なんで私1回も会ったことないの?」
「ジョンウムが生まれた時はいなかったけど、今度近くに引っ越してくるから会えるぞ。ヒギョンの子に会ったら、仲良くするんだぞ」
アッパの携帯が鳴り…

18070507.jpeg


病院の救急センターに駆け付けたジョンウムとアッパ
ヒギョンは交通事故に遭い、意識もはっきりしていない様子…
「フンナムを…お願い」
ジョンウムアッパはどこかに消えて、病院で待つジョンウム…
床に落ちていたバッグはヒギョンのものですか?ブリキ男が中から出ていて、ジョンウムが拾っていました。

その後、黒いスーツのアッパに(たぶんお葬式帰り)「アッパ、これ!ヒギョンおばさんのカバンにあったの。これオッパのじゃない?返さなきゃ!いつ会える?」
「今度な…」
子供のジョンウムはブリキ男を、自分のバッグにしまいました。

「ブリキ男は、人のモノ…会ったら返そうと思っていたのに、結局一度も会えなかった」

18070508.jpeg


フンナム+ユクリョン
「お前何度もフラれてるよな?」
「フラれたんだ?」質問に質問返し(笑)
「フラれた時、諦めたのか?」
「さぁ~どうやってフラれたかに因る」
「たとえば?」
電話が音信不通
別れの時、友達を送ってよこす
簡単にメールで
いちばん辛いのは、目の前で別れの言葉を聞くことだと言い、ヤンコーチとの別れを思い出していました。
フンナムはジョンウムに別れを告げられたことを思い出し…
「その方法を選択したということは、よほどの決心なんだ。だから考え直させるのは難しい」
(説得力あります(笑))
お互いに思い出しながら、胸に手をあてるフンナムとユクリョン…

18070509.jpeg


スジ+ジョンウム
「単刀直入に言うわ。フンナムオッパと別れたってホント?」
「自分で彼に聞いてみたら?」
「フンナムオッパは、あなたと恋愛しているふりを続けている。本当に別れたんなら、私が戻ってもいいのよね?戻れない理由がひとつあって…」
「あなたの思うようにやってください」
「ところで…あなた、5年前は飛び込みの国際大会に出ていたのよね?私も見てたのよ。競技の途中でいなくなっちゃった」
思い出したくないことを…って顔のジョンウム…
「もしかして男のことが原因?」
「えぇ、そうよ!!好きな男のため!だからもうバカなことをしたくないの。元カノに許可をもらいに来ないで、好きなようにして!」
そう言われても、なんだかスッキリしないスジ…

18070510.jpeg


帰宅したジョンウムを映画に誘ってもあっさり断られるジュンス…
ジュンスの味方のアボジがホームシアターみたいのを調達してきて、ジュンスにプレゼント!
やっとジョンウムが部屋から出て来てくれました!
映画のセリフ
『100晩、彼女のバルコニーの前で愛してるって言ったら、100晩めに彼女になる』
みたいな…
「ねぇ…兵士はなんで99晩の後に去ったと思う?」
「それは、王女が自分を好きじゃないって分かったんじゃないか?考えても見ろよ、王女が兵士を好きなら、もうとっくに王女は落ちてるよ。99日も待たせて辛い思いをさせたくないだろ?受け取り方は人それぞれだけど、俺はそう思う」
「兵士はバカだね。あともう1日待てば、王女と結婚できたかもしれないのに」
「たぶん兵士は王女に負担をかけたくなかったんだ。すんごく好きだったから…俺のように
「ジュンスや~忘れないで」
「今はチングだ。チングが落ち込んでるのに慰めることもできないのか?お前が傷ついているうちは、何もするつもりはない。俺はそんなに卑怯じゃない。友情として親切を受け入れろよ」
「親切にされ続けたら、混乱するかもしれない♪」
「あは~~ん?冗談言えるくらいなら、だいぶ良くなってきたな?」
ビールを飲みながら笑う二人…

18070514.jpeg


ジョンウム+チーム長
「新規ですか?(*゚0゚)!!」
「いろいろうまくいってる…オ・ドリの件といい、いいことは続くわね?」
「ホントにそうですね?」
「スペシャルAグレードの男性だから、うまいこと面接してちょうだい」
ファイティン!!(ง •̀_•́)ง‼

面接準備をして待っていると…来たのはフンナムでした。

18070511.jpeg


ジョンウム+フンナム
「あなた立派な人なんだから…私の仕事をバカにしてるでしょ?」
「そうじゃないよ。お前に会う唯一の方法なんだ」
フンナムの話を無視して、会費の説明や基本情報の聞き取りをするジョンウム(笑)
「私があなたに聞いているんです」
あなたに~で、手をフンナムの方に向けると、フンナムも手を出して…
「心臓くれよ~」(笑)
「まだ見つかってないんです」
「まさか捨てたのか?」
「捨ててません!見つけられなかったんです。少し待ってください。できるだけ早く見つけますから」
「大丈夫だよ。見つけなくても…一生。そうすれば毎日ここに来る言い訳に使える…永遠に(^-^)」

「会員登録をしないなら…」
「あぁぁ、全く短気なんだから」
「するよ!登録してください」
「年齢は?」
「35歳」
「職業」
「ギャラリー館長」
「父親の職業は?」
「議員」
「母親の職業は?」
「DMJフード代表」
一瞬、ジョンウムの手が止まりましたけど…
「理想の女性も説明しましょうか?」
「そうですね。どんなタイプの女性が好きですか?」
「ユ・ジョンウム❤」
「女性の身長は?」
「ユ・ジョンウムの高さ❤」
「体重の好みはありますか?
「ユ・ジョンウムくらい❤」
「ヘアスタイルの好みは?」
「ユ・ジョンウムの髪型❤」

チーム長が様子を伺いに来て、質問終了!!
「リストアップして連絡します」
ジョンウムが退室…すぐ追いかけたいのに、チーム長が入会プレゼントを次から次へと出すので行けず…(笑)

18070512.jpeg


ジョンウムが帰宅すると…家の前でフンナムが待っていました。
「お付き合いについて相談したいんですが…」
「業務時間外です」
「プレミアムプランだと時間の制限がないんですよね?」
つ・づ・く

18070513.jpeg




関連記事




category: フンナムジョンウム