韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『フンナムジョンウム』 あらすじ22話 泣けた…もう許してあげて…  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
훈남정음
Handsome Guy and Jung Eum,The Undateables
SBS 2018/05/23~2018/07/12

 あらすじ 
人物紹介 おもちゃたち 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話(最終回)

こんにちは~
今日2話めです。テヘヘッ(*゚ー゚)>
ず~~っと謝ってるフンナム…オ・ドリとキム・ソウルがくっついた時に許してくれると思ったら…長いですよね?
ドラマを見てあんまり泣かない私ですが、22話の最後はちょっと涙が出そうになりました。
これでまだ許してくれなきゃ怒る!!
今日の10時、見ないと!!

あらすじ 22話

こぎれいな飲み屋さんで、業務時間外の相談が始まりました。
「最近会った女性なんだが、朝早く男ひとりで住んでいる家に、サンドイッチを持ってきたんだ。俺のこと好きだと思いませんか?」
「いいえ~たぶん手ぶらで行きたくないので持って行ったんでしょう?」
「そうなのか?じゃこれはどう思う?彼女は俺を見ていつも笑っていて、俺がラーメン食べたいって言っても付き合ってくれた。この女性は俺のこと好きだと思いませんか?」
「お腹空いてたんでしょ?」
「そうか…その女性は出勤の時に俺のホッペにキスしてくれた。この女性は俺のこと好きだと思いませんか?」
「いいえ、特に理由もなくキスする女性もいます」

はぁ~~~溜め息←フンナム
「実は、俺たちがキム・ソウルの家にいた時、金を持ってたんだ」
「何ですって?」
「俺は金を持ってないと言った。そうすればお前と一緒にいれるから…その時もう俺はお前のことが好きだったんだ。ギャラリーに戻ったら、ユクリョンが『ジョンウム씨が代表を好きなように見えない』って言って、俺を刺激したんだ」
黙ってるジョンウム…
「俺どうすればいいんだ?ユ・ジョンウムマネージャ!この男はどうすればいいんですか?」
「う~~ん、他の女性と付き合ってください」
時間外業務終了…

188070501.jpeg


ヤンコーチ+ジョンウム
フンナムの賭けの話をしてから、気を使って連絡をとっていなかったヤンコーチ
「言わなきゃよかったと思った。心配させないで話して!どうなったの?」
「終わったわ、完全に」
「大丈夫なの?」
「男に騙されていられない年だもん…バカだったわね?私…何度もバカなことして、またバカやっちゃった」
「実は私も別れたの」
「え?」
「1ヶ月って言ったじゃない?私は大丈夫よ。始めて、終わりにしたんだから…だけどあなたのおかげで40歳でロマンスを経験できた。ありがとう」
「ありがとうなんて…私のせいで…」
「いいのよ。本当に後悔してないんだから」
「今度また飲みに行きましょう…って、今日のそのスーツは何?さっきから聞きたかったんだけど」
「コレ?今度ね、ウチのチームが大会に出場するの」
「ホント(*゚0゚)!!!?」
「それで協会の会議に参加しないといけなくて…」

188070502.jpeg


フンナムは仕事もしないで(笑)自分の写真を撮って、動く3Dアバターみたいのにして…「ミヤネ~チャルモッテッソ(ウィンク)」ってのを作っていました。
ノックもしないでユクリョン侵入!
注意してやり直しさせました(笑)

外での展示を計画しているようで、ユクリョンはヤンコーチと行ったイルミネーションがキレイな場所をおススメしていました。
「ところで妙なものを見つけたんですけど…」
フンナムの結婚相談所の登録用紙(笑)
「俺の机のモノをいじるなと言っただろ!!」
「返せ!」取り合いになって、書類が床に落ちたと思ったら…スジが来て拾いました。(嫌な予感)

188070503.jpeg


フンナム+スジ
「会長は元気か?」
「いつ男を連れてくるんだって、いっつも聞かれる…それにしてもオッパ~結婚相談所の会員になったの?」
「関係ないだろ?」
「知っとかないと!あなたと結婚するつもりなんだから」
「もう止めてくれ!何しに来たんだ?」
「話した通り…いいもの見つけたし…」
フンナムと結婚する意思が固いです!

188070504.jpeg


フンナムが作った動くアバターを受信…笑顔で見てるジョンウムです。
そして昨夜のフンナムが話した言葉も思い返していました。

188070505.jpeg


ヤンコーチ、水泳連盟の会合の帰り
運転中、ユクリョンと一緒に聞いた曲がラジオから流れ…車をUターンさせて、思い出のイルミネーションの場所へ行きました。
ユクリョンは屋外展示の件でイルミネーションの場所にクライアントを連れてきていて…クライアントが帰ってから、思い出を辿るようにあちこち歩き回り…
同じようにヤンコーチも歩いているのですが、すれ違いで会えずじまいでした。

188070506.jpeg


チーム長+ジョンウム
「ジョンウマ~!!!運が向いてきたわよ!私たち!!」
「今度は何?」
「幽霊会員が紹介デートに行くって!!」
「ホント?!!」
「この場所に行って、理想の男性を聞いてきて!VVIPなんだから頑張ってよ!」
住所のメモを渡され…
行った先では撮影が行われていて、幽霊会員はスジでした。
チャーリーが持ちかけた記事の撮影とインタビューが終わり…レストランへ…

スジ+ジョンウム
「カン・フンナムは会員でしょ?彼を相手に選ぶわ。カン・フンナムと正式なデートを調整して!」
「だったら、チーム長に直接お話すれば良かったのに」
「彼女は良い人ねぇ…あなたの成績にするために、あなたを担当にするって言ってた。それと…紹介デートのことは、オッパに言わないでね。サプライズの方が面白いじゃない?」
チーム長の気遣いで…逆に傷ついちゃったジョンウム…肉をガツガツ食べて、帰ってからジュンスに親指の血を抜いてもらってました。
(韓国ドラマでよく見るヤツ)

188070507.jpeg


ジュンス+ジョンウム
消化不良には梅酒が効くと言って、ジュンスが持ってきてくれて…
このマグカップは、フンナムが下宿初日に高いお酒を飲むのに使ってたヤツ…しみじみ見てるジョンウムを見るジュンス…(くどい?)
「何考えてるんだ?」
「ただ…この猫、こんなだったっけ?分からなかった」
「お前それ、かわいいかわいい言ってたじゃないか」
「あの時は、見えてなかったのよ。どうして彼を好きだったのかな?」
「辛いのか?」
「ううん」←NO
「優しいなぁ~ヒドいことされた男にも思いやりがあって…感動したぞ~」
「うるさい!」
「俺にはウソをつかなくていいんだぞ」
「ホントは辛い…でも時間が経てば良くなるでしょ(ノД`)シクシク」
泣いてるジョンウムの背中に手を伸ばすジュンスですが…やめました。

188070508.jpeg


イ・スジ、カン・フンナムの登録内容を見るジョンウム…どちらも家柄、教育など素晴らしくて、プレミアム会員A⁺
「同じグレードで、お似合いね…それに引きかえ私は…」

書類を持って、フンナムのギャラリーへ行きました。
久しぶりにジョンウムをギャラリーで見掛けて「ドングリ~」笑顔のフンナムです。
「あなたに合う方を見つけました」
フンナムの笑顔が一瞬で曇りました(笑)
「OKだったら、すぐにデートの調整をします」

188070509.jpeg


フンナムのデート待ち合わせ場所に現れたのは、もちろんスジ!!
「お前、ジョンウムに何て言ったんだ?」
「ユ・ジョンウムマネージャーがセッティングしてくれたのよ」
「彼女に何を言ったんだ?」
「どうしたの?オッパ」

思わぬ展開に腹を立てるフンナム…すぐにジョンウムに電話!
「今どこだ?初回のデートの時は同席するもんじゃないのか?」
「すみません、少し遅れます」
「今どこだ!!!」
話している途中、オートバイのクラクション音とジョンウムの悲鳴が聞こえ、電話が繋がらなくなってしまいました。
フンナムは店を出て、そこら中を走ってジョンウムを探しているんですけど…

188070510.jpeg


フンナムの頭の中は…「すぐ帰って来る」と言ったオンマを、パン屋さんでひとりで待っている幼い自分…
夜になり…ジョンウムアッパに手を引かれて、病院でもう意識がないオンマと対面した悲しい過去

188070511.jpeg


信号待ちしているジョンウムを見つけ、涙がこみあげてくるフンナム…横断歩道を走って渡って、思いっきり抱き締めました。
(私、ちょっと涙出そうでした)

「すぐ戻るって言ったじゃないか」号泣するフンナム
ジョンウムもフンナムに手を回し、抱き合っている姿を、スジが見ていました。

188070512.jpeg


夜…
フンナム→ジョンウム
『今、お前の家の前にいる。出て来るまで待ってる』
出て行かないジョンウム…そのうち雨が降ってきて…ずぶぬれのフンナム

子供の時の回想
オンマを待っていたパン屋にジョンウムアッパが来て「フンナム~」
(って名前も知ってるのに、下宿に来た時気付かない?)
病院でオンマの手を握り、泣くだけのフンナム…
「愛してる」と言って、目の前で息を引き取りました。


『愛しているという言葉は、俺にとっては怖い言葉だ。愛してると言った途端、いなくなるような気がして言えなかった。でも今は愛してるって言える気がする』

188070513.jpeg


呼び鈴を押そうとして押せず…ずっとずぶぬれ…
『愛してる、愛してるジョンウマ~』
傘を持った人が来て…見上げるとジョンウムでした。
つ・づ・く

188070514.jpeg







関連記事




category: フンナムジョンウム