韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『フンナムジョンウム』 あらすじ25話 アッパに挨拶…  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
훈남정음
Handsome Guy and Jung Eum,The Undateables
SBS 2018/05/23~2018/07/12

 あらすじ 
人物紹介 おもちゃたち 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話(最終回)

オモニと鉢合わせ!!!なんですけど、特に家柄がとか反対されることもなく…クールでした。
そんなことより、恋愛しないんじゃないかと思っていたフンナムに彼女ができた驚きの方が大きいのかな?
そして、父親に雰囲気が似てるので、心配してます。

久しぶりにナムグン・ミンのインスタをチェックしたら、25話の予告動画?がありました。
トイギャラリーでおちゃめなポーズの写真も…goodでした(#^.^#)


あらすじ 25話

ラブラブなところにオモニが現れて!!…の続きです。
「外にも笑い声が聞こえ手ごたえたわよ。アガシは?」
「俺が…話します」
「そう?じゃ、カフェで待ってるわ」

ジョンウムは一旦、上の階のフンナムのお部屋で待機です。

18071201.jpeg


ウンニム+フンナム
「ギャラリーにみだりに女を連れ込むような立場じゃないでしょう」
「みだりにじゃない。真剣に考えています。話すのが遅くなってごめんなさい」
うんうんと冷静なウンニム…
「手短に話すわ。じゃ、公式なものにして。あなたの年齢を考えて、お互いの家族にも挨拶するべきだわ」
「はい」
「ご両親には会ったことあるの?」
「オモニも一緒に行ってくれると信じてるよ(^-^)」
反対するようなこと言わなかったし、↑これ言っても反論しなかったので、OKなんですよね?

18071202.jpeg


フンナム+ジョンウム
「突然で驚いただろ?紹介しなくて…」
「いいんです。ところで何て言ってたんですか?」
「アボジに会いに行こう」
「アボジに?」
「あぁ」
「きちんと会って挨拶をして、俺たちのことを話そう」

それから挨拶の練習です。
スーツ姿のフンナム、アボジ役はユクリョン(笑)
「アンニョンハセヨ!ジョンウムのナムジャチングのカン・フンナムです。」
①「よくもウチの大事な娘を!!」
②「お前が娘の彼女か?」
「ヤ~~!!」「あ、間違えた彼氏だ」(笑)

上着を脱いでラフなシャツスタイルになったり、韓服を着たり…話し方もいろいろ変えて練習しました。ユクリョンに、この時とばかりにからかわれたりしながら(笑)

18071203.jpeg


ジョンウムの家の前で、緊張気味のフンナム
「やっぱり花を買ってくればよかった」とか、「俺大丈夫か?」「うんイケメン!イケメン!」とか…グズグズしてやっと家に入ろうとした時に…
「あれ?竹の間じゃないか?出張帰りか?」と、アッパが帰って来ました。

18071204.jpeg


フンナム+ジョンウム+アッパ
久しぶりだから飲もう!と、アッパが言い出し梅酒を持って来ました。
「あ、俺が注ぎます」

「ダメだ!!!!!」
「チョソンハムニダ((((;゚д゚))))アワワワワ」
付き合いを断られたような錯覚をして、正座して謝るフンナム…梅酒の飲み方を注意されただけでした(笑)
やかんに入れ直して飲むんだそうで、「ハハハ…」笑顔になるフンナム(笑)

「それにしてもこの食材は…カルビや朝鮮人参まで…誰かが見たら、俺がお前の将来の義父で、ジョンウムをもらいに来たみたいじゃないか」
目が泳ぐ二人…「アボニム…ジョンウムと俺は…」
言い掛けた時に、アボジは目の前の蚊をバチン!!と手でやっつけて…
フンナム言い出せず…

18071205.jpeg


アボジ+フンナム
「俺は分かってるぞ」
「はぁ~(^-^)」
「全部分かってるぞ」
「そうですねぇ( ^^) 」
なんのことか分からないまま笑顔で相槌するフンナム…

「全部分かってる。お前たち二人が付き合ってることを。分からないとでも思ってたか?子供の顔を見れば言いたいことが分かるのが親だ。足音や呼吸から、子供が怒ってるのか、楽しいのか、悲しいか、全部分かる」
しんみり聞くフンナム…
「だけど、変な男じゃなくて、竹の間みたいな男を連れてきて、安心したよ」
「カムサハムニダ、アボニム」
ジョンウムも笑顔「コマウォ、アッパ~」
「俺、祝福したか?梅だって熟すまで1ヶ月掛かる。お前たちの恋愛も熟成するまで、時間が必要だと思わないのか?娘を育てた親として、付き合いを簡単に許すわけにいかない。お前を見守ってるからな」
「もちろんです。おっしゃる通りです。ジョンウムとは結婚するつもりで、お付き合いしたいと思っています。彼女と結婚するのに相応しい男になります。見ていてください」
嬉しそうに頷くアッパ(^-^)

18071206.jpeg


やっと和やかになったところで、テレビのニュース速報…
『カン・ジョンド候補の息子が経営する会社が、高齢者センターに賞味期限切れの食品を寄付していたことが発覚…。反対派の党は、寄付で国民を騙したと候補を非難しています…』

「カン・ジョンド!ゴミが!!お前がやったに違いない!卑劣なヤツめ!!!」
顔色が変わり、怒り狂うアボジ…途中ピーが何回も入るくらい汚い言葉で罵っているのを聞いて、いたたまれないフンナム…

ジョンウムは父親だって知ってましたっけ?
あまりにも取り乱すアボジに声を掛けておとなしくさせましたけど…

「普段はこんな人間じゃないんだ」
「はい、分かります。あの、何かあったんですか?」
「カン・ジョンドのヤツの悪い過去を知ってるんだ」
「どんな過去ですか?」
「ずいぶん前…本当の妹のように大事にしていた人が…ジョンウムのように無邪気で、簡単に騙された。カン・ジョンドはもう家庭を持っていたのに、純粋な彼女を口説いて子供を産ませた。彼女は一人で子供を育てて…(T_T)俺は最後までやめるように言ったんだが、止められなかった。これがアイツと30年以上縁を切った理由だ。それなのに、俺の地区に事務所を構えた…ジョンウムも似てるから、騙されるんじゃないかって心配してきた」
言葉が出ないフンナム…

「お前は、そんなヤツじゃないよな?」
「はい、そんな人間ではありません」

18071207.jpeg


酔っ払いアボジを寝かしつけるフンナム…
寝言でもジョンウムを心配しているようなことを言い…考え込むフンナム

竹の間で寝たら?と言われましたが、ギャラリーに帰ることにしました。

18071208.jpeg


父カン・ジョンドを呼び出したフンナム
てっきりニュースの件だと思ったら…
「オ、オンマと再会したときどうだったんだ?気になってたんだ。オンマみたいな人が、どうしてまたアボジと付き合ったのか…既婚者だというのに」
「お前のオンマが先に会いに来たんだ。どっちが先かは問題じゃない。俺たちは恋に落ちたんだ」
「それはいい…ユ・スンリョル씨という人物を知ってますか?」
「えっ?お前がなんでスンリョルを?」

ジョンウムアボジの言っていたことが確信に変わり…厳しい顔に…
最初は彼女の父に会う緊張感だけだったのに、…毛嫌いされているカン・ジョンドの息子…

18071209.jpeg


ジョンウム出勤で~す。
キャンピング結婚式に出席するというチーム長(笑)二人ともアウトドアデザイナーだそうで…
「ところで…100回デート拒否会員と幽霊会員を、いつくっつけたの?今日二人のデートだって聞いたけど」
「(・・?」

カップルマネージャー抜きで、デートをすると連絡が入ったそうです。
「ジョンウム씨、知らなかったの?」
「はい、イ・スジがチェ・ジュンスを選んだのは知ってますけど、彼がOKしたとは思いませんでした」
「ナ・ガヨンとカン・ドルジンも頑張ってよ~~~」

18071210.jpeg


スジ+ジュンス
「こうやってデートをして、家族に挨拶すれば、ジョンウム씨の成績になる。私もアッパに男性を会わせることができたら嬉しいし」
「これでジョンウムの罪悪感が少なくなるなら…」
「本当に好きな女性のためにこんなことしてるの?」
「違う。本当に好きなチングのためにやってる」
「ジョンウム씨が羨ましいわ~私チングがいない。性格が悪いから」
「ふふ(^-^)俺が、チングになるよ」
「この次、もっと気楽なところで会いましょう!ここって本当に紹介デートの場所って感じ…」
「そうだな、今度は楽なトコにしよう!」

18071211.jpeg


家族会議ウンニム+ジョンド+兄夫婦
ウ「フンナムは?」
兄「忙しいみたいです。来ると言ってましたが…」
ジ「アイツ…家族の問題だというのに、忙しいだなんて」
ウ「あなたに言う権利はありません!」(笑)
ジ「o( _ _ )o ショボーン」

兄「オモニ…会社が間違ったのは事実ですが、反対勢力の党が偽の証言をさせてるんです」
ウ「選挙とは無関係に、常に注意するように言ったはずよ」
ジ「俺が出て行って謝罪するよ」
ウ「起こったことを認めて、被害があった方には保証して、成り行きを見守りましょう」
ウンニムが家長のようです。

ウンニム+ジョンド
「ウンニマ~そんなに心配するな。俺が解決する」
「それはそうと…フンナムに彼女ができたみたい。誰かさんに似てるから…」
「フンナムが?」
「ハァ~(-.-)フンナムはあなたに似てない?」

18071212.jpeg


ユクリョン+フンナム
「本当に大丈夫なんですか?」
「何が?」
「DMJ(兄と母の会社)が買収されるかもしれなっていうのに、落ち着き過ぎじゃないですか?」
「俺には関係ない」
「これは、前回の不倫事件とはスケールが違う」

ユクリョンの心配をよそに、次の展示の話を切り出すフンナム…
父親への恨み、憎しみが強いフンナムです。。。

18071213.jpeg


ユクリョンと話したあと、イライラしてる時に、髪の毛ショートにしたチャーリーから電話
出るなり「ダメだ!」
まだ何も言ってないのに(笑)
「最近、笑顔がいっぱいだったのに、どうして暗くなったんですか~?」

「何の用だ~?」
「お前、たくさん人を知ってるだろ?今月号の誰かを探してるんだけど…〆切が近くて…」

「ナ・ガヨン씨を捕まえるの、たいへ~~ん」ジョンウムが入って来ました。

「💡世界人口デー(7/11)だから、世界貿易の交渉をしている人はどうだ?」←ナ・ガヨンのこと?
「世界人口デーで何をしたらいいか分からないけど…新鮮なアイデアだな」
「国内でも大手の貿易会社で、輸入から流通まで全過程を監督してる人を知ってる。11ヶ国語を操る貿易商人だ。俺がインタビューするから、お前は写真を撮るだけでいいよ」
何から何までフンナムがやってくれるというので、二つ返事でOKするチャーリーです。

ジョンウム+フンナム
「ナ・ガヨン씨が~忙し過ぎて話もできない。追いかけてるだけで、時間がなくなっちゃう」とぼやくジョンウム…
「待ってろ」
「なんか方法があるの?」
「うん(^-^)」

18071214.jpeg


そしてナ・ガヨンの撮影!!
ショッピングカートに乗って、右手に飛行機の模型、左手に書類(笑)
撮影中も「いつ終わるんだ?忙しんだけど」

18071215.jpeg


撮影終了後、カートに乗せたまま(笑)ナ・ガヨンを、ユクリョンが運んで来ました。
つ・づ・く

18071216.jpeg





関連記事




category: フンナムジョンウム