韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『ラブリーホラーブリー』あらすじ4話 椅子にハマるフィリップ(笑)  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
Lovely Horribly
러블리 호러블리
KBS 2018/08/13 ~ 2018/10/02

あらすじ
人物紹介 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話(最終回)


lavely11.jpeg


4話のフィリップの不幸は、椅子にハマって抜け出せなくなるシーンです(笑)
慌てたり、弱気になったり…笑えました。
私、主役の女優さんを初めましてだとばっかり思っていたのですが、知ってました!!(笑)
朱蒙』のイェ・ソヤじゃ~ん!『宮〜Love in Palace』のバレリーナの子じゃ~ん!
ドハマりしたドラマで、さんざん見たのに(笑)
そう言えば目元が見たことあるような…とは思っていました(笑)
この子も、もう37歳なんですね。
やっと今日の放送に追いついた~~

あらすじ 4話

『幽霊の恋』の台本について、誰かから聞いた話じゃないか?と疑われるウルスン…
「ラヨンの名前は?」
困った末に「ラミョン…」

『そんなこと言っちゃダメ』ってふうに首を振るイ・ソンジュン(笑)
(ラミョン=ラーメンですね?)

「ラミョン…ラミョン…ラヨン」
「ハッン!こんなふざけた人とは仕事をしたくない!」
フィリップは部屋を出てしまいました。
あとに残った代表も、フィリップの態度を見て無理だと悟ったのか…
「事故後、快復のために休養が必要です。このドラマは別の方をキャスティングしてください。メディアには私の方から話します。申し訳ありません」
代表も逃げるように部屋からいなくなりました。

18081901.jpeg


フィリップ+マネージャー+代表
「彼女を調べろ!疑わしい」
「え?」
「あの女はナイフをこうやって握るヤツだ!」
「え?え?ナイフ?」

「フィリップ씨!!」
ウルスンに呼び止められて、一瞬足が止まる3人
「オ作家が呼んでますよ」
「振り返るな!歩き続けろ!」
競歩みたいな格好で歩く3人(笑)
「フィリップ씨、ちょっと待ってください。話があるんです~」

エレベーターまで逃げて、閉じるボタンを連打するフィリップ(笑)
閉まりかけたドアの隙間に、ウルスンは自分の汚いバッグをスローイン!!
フィリップがキックして、バッグをウルスンに返却!!(笑)
その時、黒い影のような手がフィリップの背中を押して…フィリップはエレベーターの外に押し出されました。

18081902.jpeg


ウルスン+フィリップ
「山崩れは…変更します」
「何だって?」
「山崩れが気に入らないんだったら、交通事故にします。水死、首吊り、薬物でも…好きなのを言ってください」
「オ作家!覚えとくよ!今まで会った中で最悪の作家だ!」
「え?」
「作家が考えもなしに、俳優の言う通りに変更するのか?自動販売機か?自動販売機作家!どこへ行っても作家だと名乗るな!本当に最悪だ!」

ウルスンの必死さが裏目に出ちゃいました。
(ここは幸運にはならないんだ…)

18081903.jpeg


車の中…フィリップ+マネージャー+代表
フ「ハァー!ホントに妙なヤツ!!あの女と話している時に、足に力が入らなかったんだよ。あそこからどうやって歩いて来たか分からないよ」
マ「酷すぎないですか?彼女はヒョンの代わりに刺されたんでしょ?命を救ってくれた人なのに」
フ「車の中にいた俺を、アイツが引っ張り出したんだぜ!」
マ「女性がヤラれてたのに、車の中に隠れてたんですか~?」

フ「俺のこと、気付いてなかったよな?」
代「気付いてないと思うけど、なんらかの恩返しをするべきじゃないか?」
フ「ダメ、ダメ、ダメ!そんなこと話したら、俺のことを、黒いレジ袋男だって人に言うだろ?意気地なしだってなるだろ?」

フ「あぁ~~足がまだ変な感じだぁ~ところで…さっきエレベーターで、誰が俺を押したんだ?お前か?」
マ「違いますよ~~」

18081904.jpeg


ウルスン+ソンジュン
2人が来た場所…ウルスンの家?これは2話のいちばん最初に映った家のlovelyな方ですね。
「花が咲いてる」
「ホントだ。8月に花が…」
「この木は花をつけたことがなかった。20年間ここに住んだけど、花を見るのは初めて…狂い咲きかしら(T_T)」
「オ作家、泣いてるのか?」
「恥ずかしいの…自動販売機作家って言われた」
「傷つくことない。アイツはきちんと2部を読んでいなかった。最初からお前を批判する気だったんだ」
「あの人は間違っていない。彼が言ったことは正しかった。口を塞ぎたい気持ちになった」
「彼の他にも俳優はたくさんいる。諦めるな」

ピンク色の花を見上げながら…
「諦めない。イPD(プロデューサー)、もしかしてフィリップ씨が住んでる所を知ってる?」
「なんで?」
「自分で会いに行こうとしてる?」
「ええ、2部を書き終えたら、彼に見せて説得する」
「え?ダメだよ。彼はお前に恥をかかせるだけだよ」
「それでもいい。このまま引き下がるわけにいかない。死んだと思っていたりんごの木が、20年後に花を咲かせたんだから!やれないことはない。できることは何でもやる」
「どんな方法?」
「美人なのを利用する…」
「フッ(^^)オ作家の冗談を聞いて安心したよ。良かった~」
「冗談じゃないわよ」
「チ─(´・д・`)─ン」

18081905.jpeg


一方、こちらはフィリップ宅
リンゴの実がたくさん落ちています。風で落ちたんだろうというフィリップですが、全て腐ってます。
「ペットとか植物って、主人と同じようになるって言うよね…なんでこんなことになるんだ?本当に運が尽きたのかな…」
泣きそう…不安になるマネージャーです。
そんな時に、電話が鳴り…スティーブン・テイラーから連絡で、映画のオファーがキャンセルになりました。

18081906.jpeg


ここはフィリップの家の門でしょうか?
いつも出てくる白帽子、白ワンピースの女性が立っています。一度も顔が映っていません。
イ・ソンジュンが車で通りかかり、女性を見ていました。

18081907.jpeg


白帽子の女性は、フィリップの家の階段に、『幽霊の恋』の2部を置いて立ち去りました。
(自由に入れる家なの?)

誰が持って来たのかも分からない台本…
フィリップは開きもしないで、マネージャーに捨てるよう命じました。
マネージャーは、1部の終わりから次どうなるのか、内容が気になる~って言ってましたけど…

18081908.jpeg


ウルスンは…
「そうよ!2部を修正して、フィリップ씨に見せる!」
ノートPCで入力し始めた時に、部屋が赤いライトで照らされたようになり、『赤く、赤く…』と歌声も聞こえてきました。

どこから聞こえるのか、耳を押さえて嫌がっていたウルスンですが…鳴りやまない歌につられるように『赤く…』とタイピング…

『赤く、赤く地で染められた人気作家の部屋…人気作家を凶器で攻撃し…倒れ…』
表紙を赤い紙で印刷していたので、修正完了したみたいです。。。

18081909.jpeg


ごみ箱の台本が気になるフィリップ…
拾ってはもう一度捨てて…また拾って「読むだけ!」と自分に言い聞かせて、読み始めました。

『山…雨の中、白い洋服の女性は泥に埋まったシンの車の前に立った。『私、戻って来た』雷が鳴り、彼女の顔は…』
ページをめくった時に、不思議な風が吹いて、次のページはカウンターの椅子の下に飛ばされました。

18081911.jpeg


フィリップ、紙を拾いに…
床に固定されている椅子で、動かすことができず…上から手を伸ばしても、絶妙な高さで届かず…
しゃがんで椅子の下から手を伸ばして、「届いた」と思ったら、紙は左にフワッと飛ばされて…
フィリップも手を伸ばして、体勢を左に変えると、怪しげなピンク色の炎みたいな煙みたいのが発生して…椅子の脚にはさまって動けなくなってしまいました(笑)

18081912.jpeg


完成した原稿を持って、フィリップの家を訪ねたウルスンですが、勇気がなくてピンポンを押せないでいます。
帰ろうかなと思っていた時に、どこからともなく『中に入れ』と声が聞こえて、頑丈なドアが開きました。

中に入った様子を、駐車した車の中で黒帽子の男が見ていましたけど…

18081913.jpeg


マネージャーを呼んでも、誰も来ません。
静まり返った家でひとりぼっち…困っているフィリップの目の前に、幽霊みたいにウルスンが現れました(笑)
「お前!!どうやって入って来たんだ?出て行け!いますぐ出て行け!!」←声が弱々しい(笑)
「だけど、出て行ってもいいの?」
「ぉえ?」
「見た感じだと…あなた一人を置いていくのって大丈夫なのかな?まぁ帰れって言うなら…」

「帰るな!助けてくれ!」ウルスンのパンツの裾を掴んで、お願いしました(笑)
「帰れって言ったんでしょ?どっちなのよ?」
「あぁ~~ん、帰るな…ゴホッゴホッ(T_T)」

18081914.jpeg


イ・ソンジュン、ウルスンの家の絵を描いています。
鉛筆で手書きで描いたものと、デジタル化したのかな?PCにはきれいに彩色されたものも映っています。
ウルスンを送って行った時に、黒い霊の影を見たようで、手書きの絵にもPCの画面にも、女性の幽霊みたいのを書き込んでいます。
フィリップが海外から帰国した時(1話の最初)に見た、黒い影と同じものだと確信しました。
この人には、しっかり見えるんですね?

ウルスンに電話しましたが、出ません。
『一人で行っちゃダメなのに…』
ウルスンはフィリップ家でお取込み中?(笑)

18081915.jpeg


フィリップ+ウルスン
ウルスンの怪力で、フィリップの足を引っ張っても全然ムリ(笑)
「イタタタタ…ホントに痛いんだって!」
「もう、こうなったらあんたの顎か肩を諦めるしかないわね!」
「うぉ?何を諦めるって?」
「顎は危険だから、肩にしよう。肩の関節外したことある?私がすぐに整復するから!さぁ!!」
「おぃおぃぉぃ、頭おかしいのか?俺の関節に触るな!そんなことしたら、お前、死ぬぞ!」

「そもそも、なんでそんなとこに行ったの?」
「お前の原稿のせいだよ~最後のページがここに飛んで…取ろうとしてハマったんだよ」
「私の原稿を読もうとして(*^^*)こうなったの?面白いでしょ?次が気になるでしょ?だから~修正版持って来たわよ(^^)」
赤い表紙のヤツを出しました。

「何やってんだよ~ここから出してくれよ~(T_T)」
「アイゴ~ここから出してあげる間、何もしないって手はないわよね~」
フィリップの目の前で台本を開いて「さぁ、読んで」
( ゚д゚)、プップッ、唾を吐くフィリップ(笑)
「よくもそんな態度を…(ฅ`ω´ฅ)」
「何立ち上がってるんだ?悪かったよ(>_<)ヽ置いていかないでくれよ~(。>﹏<。)ゴホッゴホッ」

態度を改める様子なので、フィリップから見える場所に原稿を置いて、金切り鋸を調達してきて、椅子の脚をギコギコ切り始めました。
顎のすぐ下で動く鋸を気にしながら、原稿を読むフィリップ(笑)
「血まみれの手で、作家は床を這ってるのか?」
「2部の終わりで、誰かを殺す必要があったから、山崩れをやめて、作家を殺した。どう?面白いでしょ?」
「面白い…?この女性を誰が殺したんだ?」
「白い洋服を来た人…ラヨンよ。人気作家がシンの過去を知って脅迫し続けたから、彼女が殺した」
「脅迫されるほど、どんな過去があったんだ?」
「あなたの酷い言葉遣いを我慢してるんだけど…」
「シンは何を隠してるんですか??」
「何でしょうか~?考えてみて~」
「もう~何だよ~腕の感覚がなくなってるんだぞ」
「もうすぐよ!」

すごいスピードを鋸をギコギコ(笑)
顔に鋸の刃が当たりそうで、気が気じゃないフィリップ(笑)

18081916.jpeg


とうとう殺人事件発生!
山で、遺体が発見されました。

刑事たちの話
「山崩れの土砂が遺体を覆っていたようです」
「でも、どうしてこんなひと気がないような場所なんだ?不気味じゃないか?」
「そこに共同墓地があるからでしょう。住民だってここまでは来ない。釣り人がたまに来るくらいだったんですが、最近テレビのセットを近くに作ったから、よそ者が来るようになったそうです」


DNAの結果を待たないと、と言ってる間に、ストレッチャーで運ばれる遺体…
左手の人差し指に三連の指輪…見覚えないんですけど(笑)ウニョンですか?手が血だらけです。

18081917.jpeg


やっと椅子から脱出できました!
「おい!お前とラヨンはどんな関係だ?」
「関係って何?私は作家で、彼女は私のキャラクターよ?」
「ラヨンが俺を閉じ込めて、火を付けたことは誰も知らない。代表にだって秘密にしているのに、どうやって、お前がそこにいたみたいに書けるんだ?」
「ちょっと待って…あなたは、ラヨンが実在の人だと言ってるの?そうなの?うゎぁ~不思議!」
「不思議?死んだ人間が生きてるって言ってる方が不思議だろ?」
「死んだの?死んじゃったの?」

急にあちこち見回すウルスン…
「なんだ?どうしたんだ?」
「ここ…なんか変…」
寒気がするみたいに体をすくめて、腕をスリスリするウルスン…
「どこがだよ?何言ってるんだよ」
「家の前に立った時も、女の声で『入って~』って声が聞こえたし…」
「え?」
「もしかして、亡くなった女性に何か悪いことしたんじゃない?だから女性があなたの周りをうろうろしてるんじゃない?」
「えぇ…」
「そうなんだ!ホントにそうなんだ!知ってる?幽霊の中でいちばん怖いのは、恨みを持った独身女性の幽霊って…(゜.゜)」
「も~この女は!!」

「それにここって、変なことがたくさん起こってる…。まともな人が、あんな椅子に頭がハマる?しかも大人よ!玄関の門だって、誰かが開けたみたいに開いたのよ~」

またハッとして、違う方向を見るウルスン
「何だ~?何かいるのか?」
「実は…私…」
「止めろ!」
「死んだ人…」
「止めろ!止めろ!」耳を両手でパタパタして聞こえないようにするフィリップ(笑)
「見えないんです~~♪」
「あ?なんだよ!!俺だってそうだよ!!!ほとんどの人がそうだよ!!なんでそんなに怖そうにしなきゃいけないんだよー!!」

18081918.jpeg


すっかり怖くなっちゃったフィリップ…
帰る気のウルスンを「せめてマネージャーが来るまで」って、引き留めているうちに、痛い右手を掴んじゃって…倒れて、もうこんな韓ドラあるある体勢に↓(笑)
フィリップの左手が、ウルスンの体の下に入っていて、右手で自分の体を支えている状態…離れるにも離れづらい様子です(笑)

こんな状態で、緊急ニュースが流れました。テレビも自然についたんですか?
『人気作家キ・ウニョンが山中で遺体で発見されました。原稿執筆のため、地方にいると思われていましたが、自宅で殺害された模様です』

『ひと気のない山道。作家の遺体は山の斜面に倒れていた』

途中、ウニョンが首を絞められたリ、殴られたのか血まみれで、床を這っている映像が(>_<)

『血だらけの手で、力を振り絞って床を這って…助けて…』

ウニョンの映像の方は、犯人と思われる人に足を引っ張られて、ずるずると引き戻されていました。

「2部では人を殺すしかないから、作家を殺した」とウルスンが言っていたのを思い出すフィリップ
「お前は誰だ?いったい何なんだ?」
小さく首を振るだけのウルスン…
つ・づ・く

18081919.jpeg




関連記事




category: ラブリー・ホラーブリー