韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『ラブリーホラーブリー』あらすじ14話 ドキドキ…  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
Lovely Horribly
러블리 호러블리
KBS 2018/08/13 ~ 2018/10/02

あらすじ
人物紹介 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話

lavely11.jpeg


こんばんは~
ドキドキしまくりでした。
ただ、格闘しているところなんか、うまく伝えられない。残念な私…
見てください!!
最後も良かったですよ~


あらすじ 14 話

フィリップ+代表
「オ作家はどうしてるって?」
どこかに電話した代表…
「な~~んにも心配ない!植木鉢を持ち上げて、トラックなんか片手でハンドル操作して、バックしてたって…それにしても、どうして彼女にあんなに警備を付けたんだ?お前に付ければいいのに」
「言った通りにしてくれ」
ウルスンの家に周りに、張り込みがいっぱいいたんですよ。
警察じゃなくて、フィリップが頼んだ警備だったんですね~

マネージャーが来ました。
「意識が戻ったことを秘密にするように、医者に話して来ました」
「記者にも言うなよ」

連絡を受けたユナは、派手な洋服で、病院の廊下をバタバタ笑顔で走っています。
(みんな振り返ってるんですけど…バレるじゃん?)
病室の前で…マネージャーとフィリップの声↓を聞いちゃいました。
「あ、そうだ。オ作家に連絡しないと!喜びますよ」
「言うな!」
「え、どうして?意識が戻ったのをいちばんに教えないと…。毎日来てたんだから…」
「言うな!意味もなく巻き込まれるんだから!絶対に言うなよ!」
ユナは病室に入らないで、帰りました。怖い顔で何か企んでそう…。

180904101.jpeg


代表+フィリップ
「警察を呼ぼう。怖くてしょうがないよ~」
「ドンチョルが犯人だと公表されたら、逃げてしまう。俺はドンチョルと会う必要がある。会って話をしたいんだ」
「じゃ、せめてここに警備を置こう」
「ここに警備がいたら、ドンチョルが会いに来るか?」
「う~~怖いんだよ」
代表は防弾チョッキを着込んでいました(笑)

「ドンチョルは、8年前のことを恨んで、こんなことしたんじゃないよな?」
「だから、会わないといけないんだ」

ドンチョルは、ネット記事を見ていました。まだ昏睡状態だと思っています。

180904102.jpeg


ウルスンはトラックを運転中、また曲が聞こえて急ブレーキ!!
近くに『公園スーパー』があります。
前日、JRエンターテインメントの方と一緒の時も、ここで曲が聞こえた…。不思議な気持ちになるウルスンです。

ウルスンが通り過ぎた後で、スーパーで買い物をしたドンチョルが出てきました。Σ(゚□゚;)

180904103.jpeg


KBCの局内で…
撮影候補地の写真をチェックしているソンジュン…
「ユ・フィリップ씨が寝込んでるのに、なぜそんなことしてるんだ?オ作家もクビにしたのに」
「分からないよ~俺もクビになるかもしれないし…」
「どういうことだ?」
「台本はあるんだ!誰かがやるとしたら、使えるだろ?何があるか分からないから、仕事してるんだ」
って時に、変な写真を発見!

隣のボーダー男子が、たまたま空がキレイだったから写したもので、フィリップが襲われた日の写真…
ソンジュンは、車に注目していました。

180904104.jpeg


病室で…
オシャレな洋服で、デザートを食べていたら、マネージャーが慌ててて駆け込んで来て「オ作家が来ます!!!」
慌ててパジャマに着替えて、意識不明のふりするフィリップです(笑)

ウルスンは、寝てるフィリップの横で、一方的に語り始めました。
「元彼は、あまりにも不運続きだって、私をフッたのよ。私と会ってから、なにもかもうまくいかなくなったって言ってた。私がユ・フィリップ씨と会った時、同じことを考えた。会うといつも、刺されたり、スコップや鋸を持って…。本当にあなたは不運だと感じた。だけど、そうじゃなかった。ユ・フィリップ씨は、世の中でいちばん大きなことをしてくれた。火傷痕のために8年間、伸ばしていた前髪を、切ってくれて…私の台本を、世に送り出す手助けをしてくれた。全部、ユ・フィリップ씨のおかげ…。だけど、ありがとうって言えない。(T_T)本当にありがとう。本当に本当にありがとう。これを言いたかった。あなたのことを忘れない。人生であなたに会えて、幸せだった。そして…ごめんなさい。あなたを助けられなくて…(ㅠ_ㅠ)」

ネックレスをはずして…
「これ、ユ・フィリップ씨にあげる。私はもう病気じゃないから。受け取って」
フィリップの手に、ネックレスを握らせました。
「負けないで!そしてまた会いましょう。また会ったら、その時はホントに優しくする」

180904105.jpeg


ウルスンが帰ると、フィリップはすぐに起き上がり、パジャマの上を脱ぎ捨てて、ウルスンを追いかけました。
病院の玄関に出た時には、ウルスンのトラックが走り去るところ…

途中で見つかったマネージャーに…
「こんなところ歩いてちゃいけない!」
「車のキーはどこだ?」
「はい」って、渡しちゃうマネージャー(笑)
(エッ?撃たれたんじゃないの?大丈夫?)

ソンジュンは、車が写った写真を警察に持って行きました。
「フィリップ씨が襲われた日だけ、車があったんです」
「数え切れないほど、車なんてあるだろ?なぜ記憶してたんですか?」
「スタッフは、ここの駐車場は使わないんです。前と後ろに倉庫があって出づらいというのもあるし、CCTVの死角だから、何か事故があった時に証拠が残らないのを知ってるから」
「そうなのか?」
ナンバーを追跡することになりました。

180904106.jpeg


ウルスンが、気になる『公園スーパー』で、車を止めて外に出ると…
『永遠の友だち』の曲が、耳鳴りのように聞こえてきました。

少し遅れてフィリップも来ました。ウルスンの姿を探していると…
「ウルチュガ~こっちだよ」と、男の声がして…

180904107.jpeg


フィリップが振り返ると、同じ場所を歩くドンチョルと自分の姿を思い出したのかな?幻が見えたのかな?
「俺の本名を言うなって言っただろ!」
「有名になったら、頼まれても呼ばないよ」
「キスンやチュンリョルにも言うなよ!知ってるのはお前だけなんだからな!」
「わかったよ~ウルチュク~~」
「おっ!ワハハハ」
仲良さそうな二人…

『この近所だった。あの当時…』思い出したフィリップ…

180904108.jpeg


ウルスンは、曲が聞こえる方へ歩いていました。
原曲のまま元気な感じではなくて、エコーがかかったような声で、ピンクの光も出てきました。

ドンチョルが、契約金と家族のお金をはたいて、この辺に家を買ったと話していたことを、フィリップは思い出し(昔、家に行ってるんですね、きっと)…記憶を辿って歩いていましたが…道を間違えちゃって、ウルスンが上っている道の横道に…(え~会えないの?)

180904109.jpeg


ウルスンは、曲を頼りに、とうとう一軒の家に到着…
ウルスンには見えないんですが、ピンクの光が門の前で光っています。
一人で入っちゃ危険なのに、中に入って行くウルスン…

背後から声を掛けられました。
「何してるんですか?」
「あ、犬がこっちに入って来たと思ったんだけど…。ゴン、ゴン?どこ行ったの?」

犬の名前を呼びながら、ドンチョルの横を通り過ぎようとした時…
「7部!終わりはどんなふうですか?」
「ヽ(゚ロ゚;)」
「今度は、シンは死ぬんですか?オ作家!」

そばにあった植木鉢を、ドンチョルにぶつけて、逃げようとしましたが、羽交い絞めにされて…それを背負い投げ…うまくいったと思ったのに、転ばされて、銃を向けられました((((;゚Д゚))))

「オ作家、この現場をもうすでに見たのか?当てろよ!俺は引き金を引くのか?引かないのか?」

玄関の方で物音が聞こえ…
「ここよー!!」
助けを求めるウルスンの口を塞いで、引きずってどこかに連れて行こうとするドンチョル…指を噛んで応戦…

フィリップが、門を蹴破って入って来ました。
ドンチョルは、ウルスンに銃を向けています。
「話をしよう!」

180904110.jpeg


フィリップ+ドンチョル+ウルスン
「お前と話をしに来た。警察には話していない。俺一人で来た」
あれ?通報してないのに、サイレンが聞こえてきました(笑)

「俺は呼んでないぞ!8年前は誤解だった。」
「誤解しているのは、お前の方だ。これで終わりにしよう。お前から自由になりたい!」

突然、銃をフィリップに向けたドンチョル!!
銃を持った手を、ウルスンが掴んで捻り上げたスキに、フィリップが向かっていったのですが、胸を蹴られて…(T_T)負傷しているのでヨロヨロ…

ウルスンは、ドンチョルの手を壁に叩きつけて…手から銃が落ちて…
ドンチョルは、ウルスン突き飛ばして、走って外へ逃げて行きました。

180904111.jpeg


ドンチョルの家を、捜査!!
ウニョンのアシスタント、イ・ソジョンの身分証明書のコピー?、フィリップの8月のスケジュール、赤青黄のコードがついた装置…そして地下倉庫のような所に、工具が並んでいて、ウサギのぬいぐるみ、ウニョンのスマホと思われるものもありました。

180904112.jpeg


マネージャー+フィリップ+代表+ソンジュン
マ「どうして一人でこんな所に来てるんですかぁ~」
フ「しょうがなかったんだよ」
代「ドンチョルは本当に消えたのか?」
フ「ところで、防弾チョキは1着だけ買ったのか?」

普通に話してるフィリップを見たウルスン…
「意識が戻ってたの?」

ソンジュンは、車のナンバーが、ドンチョルの妹のものだったので、登録の住所に来たのでした。
ジャケットを脱いで、ウルスンに着せて、また四人で話しているウチに…

ウルスンがいなくなっていることに気付いたフィリップ…
『また、どこ行ったんだ?』

180904115.jpeg


ウルスンが、一人で家に帰ると、外でフィリップが待っていました。(≧∇≦)
「俺に会えて嬉しくないのか?言ってたじゃないか?俺は会えて嬉しいよ!すごく!」
顔は笑顔なんですけど、シャツに染みてる血がみるみるデカくなって…笑ってる場合じゃない(゚Д゚;)

家で包帯を替ええようとしても…涙が止まらないウルスン…
「病院に戻らないと…(ㅠ_ㅠ)」
「お前は血が出ても、薬局!歩けなくなったら病院だろ?」
「それは私の話よ~」
「大丈夫、病院に行く必要ない」
「強情なんだから…(T_T)」

包帯を替えるウルスンに…
「怖くなかったか?さっき、ドンチョルの家の前で」
「…」
「俺はすごく怖かったんだぞ。オ作家がケガするかと思って…良かった、ケガしなくて…それと、本当に悪かったな」

ネックレスをウルスンに掛けて…
「誰にもあげちゃいけない」
下を向いて、また涙が出ちゃうウルスン…
「なんでずっと泣いてるんだよ」

フィリップは、義眼のハラボジの『取り返さないといけない』という言葉を思い出しましたが…
『そんなことしたくない。他に方法があるはずだ…』

180904113.jpeg


そして、こんないい感じになりましたよ~
つ・づ・く

180904114.jpeg



関連記事




category: ラブリー・ホラーブリー