韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『ラブリーホラーブリー』あらすじ16話 ネックレスがーー!!  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
Lovely Horribly
러블리 호러블리
KBS 2018/08/13 ~ 2018/10/02

あらすじ
人物紹介 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話

lavely11.jpeg


こんにちは~
宝くじも当たっちゃうステキなネックレス…私も欲しいと思ってたネックレスが…
詳細は最後の方で…

あらすじ 16 話

急にイ・ソンジュンが来て…
「早く、隠れて!隠れて!」
「なんで隠れるのよー!」
「ウチにいたいんだろ?じゃ、隠れろ!」
「隠れたら、帰れって言わないの?(^-^)」
「わかった!言わない!だからイPDに見つかるなよ」

玄関まで出て行って、家の中に入れない作戦
「おー!!イPD!!」→とうせんぼ(笑)
「どうしたんですか?こんなに歓迎してくれて…」
「会えて嬉しいからだよ~飲みに行こう!!アハハハ」
「いいえ、今日は家主として来たんです!」
「あ~家主さん、飲みに行きましょう!」
「いいえ、酒は飲みません!」

「じゃ、お茶の準備をします」マネージャー

180905101.jpeg


家主が先にどんどん中に入りました。
フィリップのソファの後ろに、ウルスンが隠れています(笑)
ソンジュン+フィリップ
「契約があと1ヶ月なのは、お分かりですよね?それで来たんですけど」
「1ヶ月で引っ越しできないよ~」
「あなたが引っ越ししたがってると、不動産屋が話してましたよ」
「あ」
(そう言えば…リンゴが枯れてボタボタ落ちて来た時に、ここで亡くなった人がいないか、家主に聞け!もし言わなかったら、引っ越すぞって言えって…マネージャーに話した…)
フィリップ、思い出しました。
「あ~状況が変わったんだ」
フィリップがソファにやたら寄りかかっているので、気になるソンジュン(笑)

「売りに出さないよね?」
「売りません。6歳からアメリカに行くまで住んでた家です」
「じゃ~もううんざりだろ?」
「そんなことありません!自分にとっては特別なんです。ユ・フィリップ씨が引っ越したら、住むつもりです」
「俺にだって特別だよ。思い出がたくさんなんだから!」
「実は、この家にそんなに感情はないんです。いつか、元の住人として戻ってきます。だから売りません。引っ越してくれ」

ソンジュン、帰りました。
「帰ったぞ、帰ったぞ」って、フィリップとウルスン…いいコンビ(笑)

180905102.jpeg


幽霊の声が聞こえなくなって、すっかり書けなくなってしまったウルスン…
部屋にあったタイプライターを使い始めました。
フィリップ+ウルスン
「なんでこんなの使ってるんだ?」
「行き詰ったから、気分を変えるのに使ってみたの」
「なんでそんなにトロいんだ?」
ハングルのタイプライターって、入力法が違うんでしょうか?やっとこさ入力しています。

いつのまにか、おでこの火傷痕が丸見えだったウルスンを見て…
「きれいだな~おでこ」
机の上にあったクリップで、前髪を留めてあげました。ちょっと抵抗しましたが…されるがまま…
「前髪上げた方が、キレイだぞ~キレイな額だし、眉もキレイだ。そんなちっちゃな傷のために、なんで隠してたんだ?」
もう~~ホントにいい感じ♪こんなの好き♪甘々な曲が流れてるし(笑)

180905103.jpeg


それから、ウルスンが話す文章を、タイプライターが大得意なフィリップが入力!!
映画の演技のために、必死に練習したことがあるんだそうです。
フィリップも、クリップで前髪を留めて真剣そのもの(笑)

180905104.jpeg


シーン22
深い森、シンは走って逃げた。ラヨンは後を追っている。
「話をしよう」
「私は、私は悔しい」

「悔しいって?ラヨンが悔しいのか?何が悔しいんだ?俺を殺すことができないって怒ってるのか?」

ジュースを運んで来たマネージャーが、ドアに耳をくっつけて聞いていました。
(どう思いますか?怪しくないですか?マネージャーがラヨンの弟かなってずっと考えてるんですけど…キム・ヨンマン)

ウルスンは、途中で寝ちゃって…フィリップがブランケットを掛けてあげています。
「外に出しても不安だし~ここにいても不安だなぁ~どうしたもんかなぁ~本当に厄介だ…💡俺がここにいなきゃいいんだ」

180905105.jpeg


結局、二人仲良く寝ちゃってます。
フィリップがコロ助に見える(笑)

180905106.jpeg


そして、翌朝…お友達のスミンが、ウルスンの家の前を通ると、踊っている人影が窓に映っていて…
「最近、なんでこんな一生懸命踊ってるの?」
不思議そうでした。((((;゚Д゚))))何?誰なの?

フィリップ宅で目覚めたウルスン
外で枯れたリンゴの木を見つけました。
「あんただったの…」
ウルスン家の木は、リンゴの実を付けていて…栄養を吸い取った木がどこかにあると思っていたんですよね?

180905107.jpeg


ユナが、フィリップの家の前を車で走っていると…
フィリップがちょうど出掛けるところで、外に出てきました。
「あっ!おっぱ~❤」
と、思ったら…ウルスンも出てきて…
フィリップは、ウルスンの自転車を押して外に出してあげて、仲良さそうです。
「どうして、あの女がそこから出て来るの(`´)」

フィリップに手を振って、自転車で帰るウルスンを忌々しそうに見ているユナ…

スピードを上げて、ウルスンを追いかけて、轢き殺しそうな勢い!!(゚Д゚;)思いとどまってかな?急ブレーキ!!
ウルスンも道の左側に寄って止まったので、なんとか助かりました。

180905108.jpeg


海辺にいるドンチョル…
相変わらずソジョンの幽霊につきまとわれています。
「痛いでしょ?病院にいかなきゃ…こっちよ…楽になりたいでしょ?休みたいでしょ?」
幽霊ソジョンに誘われるまま、海の浅瀬を歩いて…フィリップに電話しました。

ドンチョル→フィリップ
「ウルチュガ、ソジョンがここにいるんだ」
「ドンチョラ、お前なのか?」
「あんなことするんじゃなかった…」
「今どこだ?」

電話している間も、ソジョンがそばにいて、ドンチョルの肩を掴んでます((((;゚Д゚))))
「助けてくれー!助けてくれー!!」
↓すんごい画像…すみません。

180905109.jpeg


「果物ですよ~」マネージャーに呼ばれて、リビングに行くウルスン…
ウルスンのことが心配で、フィリップは代表と出かけて、マネージャーを家に置いたみたいです。

一緒にテレビを見ていると、ウニョンが情報番組に出演…インタビューに答えています。
「アンニョハセヨ、『幽霊の恋』の原作者のキ・ウニョンです」

えぇー!!ヽ(゚ロ゚; )のウルスン!!
フィリップの事務所も電話が鳴りっぱなし…
テレビを見ていたソンジュンも激怒していました。

180905110.jpeg


ウニョンの話がまだ続きます。
「サ・ドンチョル씨の犠牲になる前からありました。」
「サ・ドンチョル씨とは?」
「ジャンプファイブのサヒャンです」
「アイドルグループのサヒャン!この方が殺人者なんですか?ショッキングですね」
「サ・ドンチョル씨の話を元にして、『幽霊の恋』を書くように誘われました」
「もう少し話していただけますか?」
「サ・ドンチョル씨はグループの中で、人気のあるメンバーでした。映画出演も考えていたのに、事故でチャンスを失い、代わりにユ・フィリップ씨が手にしました」

↓画像は、フィリップが新人演技大賞みたいなトロフィーを持って、ドンチョルが「おめでとう」と面白くなさそうに言ったところ…
そこに、ミンジュンが来て…
「何がおめでとうだよ!悔しくないのか?フィリップのせいでケガしたっていうのに!」
「やめてくれ」

ウニョンの話の続き…
「それが始まりでした。ユ・フィリップ씨が、人生の何もかも奪ったと思ったのです。ユ・フィリップ씨はその後、人気上昇…一方でサ・ドンチョル씨はジャンプファイブ解散後、行き場がなくなりました。軍役後にカムバックを試みましたが失敗して、結局前科者になったんです。喪失感からとうとう8月7日、イ・ソジョンを殺害しました」
「何もかも奪われたと感じたんでしょうね…気持ちは理解できますが、殺人は行き過ぎですね」
「8年前の出来事がきっかけでした。サ・ドンチョル씨は結婚の約束をしていた女性がいました。その女性はフィリップ씨に捨てられた後、亡くなり…サ・ドンチョル씨は、ユ・フィリップ씨を殺すと話していました」

「そんなことない!絶対に!!なんでこんなウソを作り上げてるんだ!」マネージャー

ドンチョル+ウニョン
「テレビで笑った顔を見ると殺したくなる。俺から全て奪って、ラヨンを殺しておいて!!」
テーブルをグーでドン!!
「いつか俺自身で、アイツを終わりにしてやる!」

180905111.jpeg


ウニョンのインタビューの続き…
「敗北感と怒りが、彼を化け物にしたんだと思います。イ・ソジョン씨はこの事実を知り、フィリップ씨に警告しようとして殺されたんです」ウソ泣き
「悲しい話ですが…これを元に書いたんですよね?」
「はい…『幽霊の恋』はこうして誕生しました」

「嘘つき!!」
ウルスンは、怖い顔でテレビを見つめていました。

180905112.jpeg


ドンチョルは、ソジョンに手を引かれて、海にどんどん入っていって、姿が見えなくなってしまいました。

180905113.jpeg


ウニョンが自宅に帰り…
8月7日の回想シーン
刃物で脅されたソジョンが、ウニョン宅に帰り…怖いのでウニョンにメール送信…
ドンチョルが解錠して家に入ってきて、その後すぐウニョンが帰宅したので、ソジョンはウニョンのそばに駆け寄って「警察を呼んでください!!」

ウニョンは、抱き着くソジョンを突き飛ばして…
ウニョン+ドンチョル
「この娘はどこまで知ってるの?」
「何も…話してません」
「はぁ~うんざり…」
床に倒れて怯えるソジョン…回想おわり

ウニョンは、テーブルにあった、重そうな骸骨の置物を、思いっきり床に投げつけました!!
何に腹を立てているんでしょう???

180905114.jpeg


ドンチョルがいなくなった海…
携帯は発見されましたが、本人は発見されず…
「逃げようとしたんじゃないか?」と言う警察に「逃げようとする人が、俺に電話するか?」とフィリップ…

180905115.jpeg


灯台↓近くにたたずむフィリップ
『ドンチャラ~、お前から何もかも奪ったって言ったよな…。俺のせいで不幸になってしまったのか?俺は、結局周りの人を不幸にしてしまうのか?』
ウルスンを危険な目に合わせたことも、思い出しています。。。

米粒暗いのパク・シフ씨ですが、きっと灯台を入れてキレイな画像を撮りたかったんだろう思い(笑)キャプチャーしました。

180905116.jpeg


海を見てたたずんでいる所に、ウルスンが来ました。
「ここで何してるの?」
「え!!w(゚ロ゚;どうしてここに?」
「ヨンマン씨よ!(マネージャー)ユ・フィリップ씨の携帯の位置追跡したの♪」
「はぁ…俺に助けを求めたんだ、ドンチョルが…なぜ電話したんだろう?本当に俺を殺したかったと思うか?」
「そうじゃないと思う。あの時先に知ってたらね。最近、曲が聞こえないし、腕に文字も出てこないから、ユ・フィリップ씨は大丈夫よ」
「俺のせいで、ドンチョルがあんなに傷ついてるって、考えられないんだ。オ作家は不運だって、前に言ってただろ?俺は、周りの人を不幸にする…」
「そんなふうに深く考えないで~元気出して!」

180905117.jpeg


フィリップ+ウルスン
「オ作家!俺から離れろ!」
「え?」
「俺から逃げるんだ!」
「逃げるって…」
「オ作家が俺のそばにいると、死ぬかもしれない。お前を避けるから、お前も俺に近づくな!」
「どうして私が逃げなきゃいけないの?」
「俺のそばにいたら、オ作家が代わりに不幸になるんだ」
「えぇ?」
「考えてみろ!俺たち会った時からずっと、どちらかがケガしている。今度どうなるのか?お前がネックレスをしているから、次は俺の番だ。近くにいたら不幸を受けてしまうんだよ」

ウルスンはクビからネックレスを外して…
「これのせいでしょ?」
「くれるなよ!受け取らないからな!」
ウルスンはネックレスを海に放り投げました!!

「何してるんだ!!」
ウルスン、何も言いません…
つ・づ・く

180905118.jpeg




関連記事




category: ラブリー・ホラーブリー