韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『ラブリーホラーブリー』あらすじ20話 マンドゥ泥棒の話…  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
Lovely Horribly
러블리 호러블리
KBS 2018/08/13 ~ 2018/10/02

あらすじ
人物紹介 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話(最終回)


lavely11.jpeg


こんばんは~
今頃なんですが…『幽霊の愛』にしようか、『幽霊の恋』にしようか、まだ日本で放送されていないといろいろ悩みます。人の名前の微妙な発音を、カタカナでどうしようかな?とか…
餃子屋さんもマンドゥで書けば良かったのか…とか。
餃子っていうと、日本で食べてる形のものを想像しますよね…
20話はマンドゥの話が出てきます。マンドゥで書いているのでよろしくお願いします。

お名前も混乱しないように…整理すると…
マネージャー=キム・ヨンマン…フィリップ、ウルスンはヨンマンと呼んでいます。
キ作家=キ・ウニョン…他の方はキ作家と呼ぶんですが、ウルスンはウニョンと呼んでいます。
オ作家はオ・ウルスンですね。

あらすじ 20 話

フィリップ+ユナ
「ユナ、もうウソは止めろ」
「どういう意味?」
「お前が良い人を見つけて去るまで、できるだけ長くそばに置こうと、いつも考えていた。でも長過ぎた…もう終わりにしよう」
「私は、イヤ」

フィリップの隣に座って、肩の火傷痕を出して…
「これを見て!火事の時に、オッパを助けるために、命を危険にさらした。オッパが、好きなだけそばにいていいって言ったんでしょ?私はまだイヤ!」
「ここまでにしよう」
「約束を守って」
「できない。これ以上ウソをつきたくない!」
「オッパ!!」

「こんなことを言うのは辛いが…俺の気持ちが変わるんじゃないかと待っていた…でもこれは間違ってる!!」
ウルスン家から持ち帰った写真をテーブルに出しました。。。

一瞬しまった~って顔になりましたが、まだちょっと甘え声で、ごまかそうとするユナ…
「オッパ、なんで私にこんなことするの?何があったの?私がやったこと、なんでも許してくれたのに…この8年の間に、こんなことなかった!!」
「別れたと公表するんだ。好きな時でいい」
言い捨てるようにして、いなくなりました。
ユナは、写真のウルスンを、唇を噛んで悔しそうに見てるんですけど…復讐しそう((((;゚Д゚))))

18091301.jpeg


局長からウルスンに連絡があり…
『キ作家が、共同作家に同意してくれた。難しいと思うけど、頼むよ~』

キャリーバッグを持って、ウニョンの部屋へ移動したウルスン
「私たち、前にも一緒に仕事をしたことあるから、お互いのスタイルは分かってる。干渉しないようにして、一緒にやりましょう」
「私から盗んでおいて、よく一緒にやろうって言えるわね?変わってないわね。プライドがなくて、限りなく楽観的!だからここまできたのね」
(↑お前が盗んだんだろ!)

「どうして共同作家を承諾してくれたのか、分からないけど、あなたも選択肢がなかったのね?違う?私も同じだけど…だから一緒にやりたいのよ」
「…」シカトするウニョン

「10部、読んだわ」と言って、台本の束を乱暴にぶん投げるウニョン!
「共有する資料があるなら共有して、書いた下書きがあるなら渡して!きっとゴミになるだろうけど!」

「ウニョンガ~、恐れないで!」
「え?」
「とっても頑張って、私を無視しようとしてるけど、怖がってるように見える」
「…」

18091302.jpeg


何も書けなかったウニョンが、怖ろしいスピードで、怖ろしい形相で、タイピングしています。
唇を強く噛み過ぎて、血が出てるし…

18091303.jpeg


フィリップ+ウルスン
「共同作家の方は大丈夫か?」
「どうして大丈夫なのよ~ふぅ~」
「キ・ウニョン作家のこと、なんか聞いてるか?」
「え?」
「知り合いが調べたところによると、キ作家が共同作家を承諾したのは何かあるんじゃないかって…」

真剣な話の途中で、ウルスンのお腹がぐるぐる~
「冷蔵庫にまだ餃子(マンドゥ)があるから持って来る」
「ヨンマンに、チキンを取らせるよ」
「えっ、まだあったけど?」
「俺、言わなかったけど、世の中でいちばん嫌いなのがマンドゥなんだよ」
「どうして?」
「マンドゥ泥棒でぶたれたことあるか?」
「アハハ…ユ・フィリップ씨はあるの?」
「あるよ~4日間食べてなくて、市場を歩いてたら、マンドゥ屋のアジョシが蒸し器の蓋を開けっぱなしにして、奥に入って行って、チャンス!と思った!マンドゥ2個ガッと掴んで、逃げたんだ!!」
「それで?」
「すんごい熱かったんだよ~!火が付いた炭を握ってるみたいだった、分かるか?だけど腹が空き過ぎて、手を離せなかったんだ」
「それで?食べられたの?」

18091304.jpeg


2002年、マンドゥ泥棒の回想シーン
高校生くらいのフィリップが、店のアジョシに追いかけられています。
逃げているフィリップは、通行人にぶつかって転んで、アジョシに捕まって、地面に押さえつけられているのですが、視線は手から転げ落ちたマンドゥにクギ付け!手を伸ばして、必死にマンドゥを取ろうとしています。
もう少しで、手が届きそうな時に女子高生が現れて、マンドゥを遠くへ蹴飛ばしました。
女子高生はウルスン(゚Д゚;)!!

「あのアジョシよりも、女に腹が立つよ!」
心当たりありそうなウルスン(笑)
「それって、いつ?」
「2002年、ワールドカップの時だ」

ウルスンの目の前に前進して…顔と顔が10cmくらい!(*^^*)
「俺、かわいそうだろ?」
「うん」
「俺、お前の同情心を利用したい」(笑)
( *¯ ³¯*)♡ㄘゅを要求する目と口(笑)

「ヒョ~ン!チキンが届きましたよ~」
タイミングが悪すぎて、フィリップは、椅子から転げ落ちました(笑)

18091305.jpeg


『幽霊の恋』初回放送日です!
シャンパンとケーキの箱?をテーブルに用意して、ニマニマしているフィリップ
ヨンマン+フィリップ
「どうしたんですか?今日はあの方は来ませんよ」
「俺が誰を待ってるか、知ってるのか?」
「ユナ씨じゃないのは確かです!オ作家へ、デビューのお祝いですか?」
図星?目がキョロキョロ(笑)

「あぁ~だけどオ作家は、イPDからさっき電話が来て、出て行きましたよ」
「も、もちろん、監督と一緒に見るべきだよ」

「分かりましたよ~♪」
「何するんだ?上着を脱いで…」
「今日はオフだけど、一人で置いておけないから、付き合いますよん♪」
「出て行け!!!」
ガッカリ~のフィリップ(笑)

18091306.jpeg


ソンジュン+ウルスン
スマホを気にするウルスン…
「オ作家、約束でもあったんですか?」
「あ、いえ…」
落ち着かないウルスン…

「私、ユ・フィリップ씨と8年ごとに会ってるの。不思議でしょ?」
「8年ごと?」
「そう、24年前に初めて会って、16年前にまた会って(マンドゥ事件)、8年前も同じビルにいた。今が4回目。今回別れたら、また8年後に会うのかな?」
「8年ごとに何があったんですか?不幸を運んできた?幸運?」

他にもスタッフが一緒だったようで…
「イPD!局長から電話~」と呼ばれたすきに、ウルスンは帰りました。

18091307.jpeg


すっかり退屈しちゃって、フィリップは寝てました(笑)
隣に、そ~っと座るウルスン…

18091308.jpeg


ウルスンがソファに座ると、起き出して…一緒に『幽霊の恋』を見ました!
途中、二人で笑ったりして楽しそう~❤
エンディングはフィリップが拍手、ウルスンも拍手(/^ー^)/"""パチパチ

「どんな気分だ?」
「気分…スゴイ!ヤバイ!」目に涙…
「楽しかったか?シンを生かしてくれて…」
「私のせいで、私が書いた話のせいで、大変な思いをさせてしまって…。死にそうにもなった」
「オ作家が書いたものは、殺してない。命を救ってる。これからも助けてくれよ」

18091309.jpeg


ウルスンのために、ネックレスのプレゼントを用意していました。
「おめでとう!俺のせいで、海に捨てたネックレスの代わりだ。俺のために失くしたものは、全部返すよ。これが最初だ」

ウルスンに手渡そうとして、手の傷を見てしまったフィリップ…
「これもいつか、返すよ」

ネックレスを付けてあげました。
「ネックレスのおかげで、24年後に俺たちはまた会えた」
「24年後じゃないわよ。8年ごとだった」
「え?」
「ユ・フィリップ씨、覚えてないでしょ?私たち、16年前に会った」
「16年前(・・?」
「マンドゥ泥棒の日の女は、私よ!マンドゥが欲しかったら、いつでもウチに来て!って、あなたに言ったでしょ?」

18091310.jpeg


マンドゥ屋のアジョシが、フィリップを殴ろうとした時…
「アジョシ!止めてください。どれだけお腹が空いていたか、考えてみてください」
「黙れ!警察に行こう!」
ウルスンはアジョシの腕を掴んで、突き飛ばして、アジョシは退散!!

「お腹が空いたら、ウチに来て」と、メモをフィリップに渡しました。
「いくらでも食べさせるから」
『ドンチ洞 ウルマンドゥ(餃子)』

ってことは…フィリップ、気付いた様子…でも、ウルスンの話は続きます。
「8年前のコリナレジデンスの火事の時も、お互いすれ違っていたかもね」

18091311.jpeg


「ウルマンドゥ?あれはお前だったのか?」
訪ねて行ったら、オンマがお店をやっていて…
女子高生をかわいがっているのを見て、何も言わずに立ち去ったんですよね…

「名前を覚えてたのね?」
懐かしそうに笑うウルスンですが、フィリップは涙目…

18091312.jpeg


ウルスン家を訪ねたヨンジュン
ウルスンが、ウニョンの家で仕事をしていることを、知らなかったみたいです。
ウルスンオンマ+ソンジュン
「そういえば…あの家にまだ住んでるの?ウチが倒産した時に、買った私たちの家…」
「あ~貸してます。近くに住んでます」
(ウルスンの家だったの?)

「ところで、この間話していた祈祷って、何ですか?」
「ウルスンが10歳の時に、あれをやってから病気になり始めて、アッパの事業もダメになったの」
「その時、何か他に聞きませんでしたか?」
「ウルスンが、変わった運命を持ってるって聞いたわ。8年ごとに運が変わるとか…。ウルスンのために、りんごの木を掘り返して燃やしたりもした。妙なことをたくさんやったのよ」

18091313.jpeg


外には、ウルスンを育てたオンマがいて
フィリップ(ウルチュク)の産みの親で、幽霊…
元気がなくなった、りんごの木の幹を触りながら、「ウルスナ~ごめんね」と涙を流していました。りんごの幹からは、血(たぶん)が出ていました。

18091314.jpeg


「話をしよう、俺がそっちに行く」
フィリップが向かった先は、ソンジュンの家
いつものオシャレなリビングじゃない!!変な幽霊の鉛筆画が、壁にたくさん貼ってあります(+_+)
フィリップ+ソンジュン
「幽霊を見たスタッフって…誰だ?」
「…」
「イPDだろ?俺の周りにいる幽霊を見ただろ?」
「はい、見ました」
「いったい何を見たんだ?」
「2ヶ月前、帰国した日、山崩れの日だった。ユ・フィリップ씨と同じ日に帰国しました。フィリップ씨の周りに、霊気を見ました。その後、オ作家の周りでも同じ霊気を見ました」
「霊気?」
「それから、霊も見た。オ作家の家の1階、今やっていない食堂で」
「イPDが見たのは、この女性か?」
ポケットから(たぶん)写真を出して、ソンジュンに見せると、小さく頷きました。

18091315.jpeg


フィリップはウルスン家の食堂へ行きました。
勝手にひとりで入ったんですけど、出入り自由ですか?(笑)
『ウルマンドゥ』の看板を見て…「オンマ、オンマ、いるのか?」もう涙目です。

「ウルチュガ~」
振り返ると、黒い影がよぎり…驚いたフィリップは、テーブルの上にあるものをひっくり返して、倒れてしまいました。それと同時に、棚が不自然に壊れて、皿がフィリップの頭上にガチャガチャ落ちてきて…
フィリップは、床に落ちた包丁で手を切り…手をナイフで切ったウルスンを思い出しました。
足は、ウルスンの柔道大会の写真立てのガラスで切って、血が滲んでいます…これも、フィリップ家のガラスが粉々になった時に、ウルスンが傷を負った場所と同じ…

『俺のために失ったものを全部返す。俺のせいで傷ついたら、全部償う』
自分が言った言葉通りに…

オンマの声が聞こえました。
「初めから、お前のものじゃない」
オンマの姿も見えました((((;゚Д゚))))
「もう全部返すのよ」

「オンマ…」
フィリップには、声が聞こえてるけど、姿は見えないのかな?視線はあちこち動いていました。
つ・づ・く

18091316.jpeg



関連記事




category: ラブリー・ホラーブリー