韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

浪漫ドクターキム・サブ 2話 あらすじ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
2話で~す。
やっと、キム・サブが出てきました。キム師匠なんですね(←今頃)
そして、脚本:カン・ウンギョン(九家の書、製パン王キム・タック)
演出:ユン・インシク(ジャイアンツ、金の化身)だそうです。
キム・タックかぁ~、じゃ面白くなりそうだね~
ジャイアンツもラブコメじゃないけど、見た!見た!ハマったよ~
安心して、見れそうな気がしてきた(笑)


山で助けられたユン・ソジョン
「足の骨折は治療したが、右手の骨折は機能が70%以上戻らない」
「アンギュレーションは難しいですか?」
「そういう仕事をしているのか?」
と、おんぶしてきた医者と話して…
17030832.jpg

カン・ドンジュは母の店で餃子を食べながら…
ゴデ病院に来た時のことを思い出しています。
医師試験をトップで合格したカン・ドンジュでしたが、一緒に入った院長の息子をみんなでチヤホヤ

先輩医師には「この状況を変えられる方法は二つ、院長の子に生まれ変わるか、VIPの患者を担当するか」と言われます。
「VIPの患者を担当させてくれないと思う」
「だから、この悪循環は終わらないんだよ~」

17030831.jpg 17030830.jpg

そんなある日、外科部長に呼ばれ…
議会の前議長だった患者の手術をしろ、と言われます。
「手術が失敗する場合に備えて、非難を誰かに押し付ける気ですよね~?」
すんなりVIPの手術をさせるわけがないので…

立ち去ろうとした時に…院長が…
「どうして医者になったんだ?餃子屋の息子が、必死に勉強して、今の位置に立ったってことは、成功したかったんじゃないか?それじゃ、この機会を手に入れた方がいい」
「あの時、救急室で騒動を起こしたのは…君でしょ?」
「これは、難しい手術だ。HCC(肝細胞癌)の破裂、最善を尽くしても成功率は30%未満…それでも、この機会を手に入れたいなら、そのぐらいのリスクを負わないと」

少年だった自分に
「本当に復讐したいのなら、彼らより良い人間になれ」
と言った医者が、院長…?
カン・ドンジュ少年を助けれくれた時は、なんかいい人そうだったんですけど
ちょっとイヤな感じ~

17030829.jpg 17030828.jpg


結局…
「何が何でも彼らより、すごいんだってことを証明してやる」
院長、院長息子、その他医者たちが見守る中で…手術を始めましたが…

30%未満と言っていたのに、開腹したら大量出血で、成功率は5%未満みたいな手術を押し付けられた感じ…
患者さんは死亡してしまいます。

こっちの状況がおさまったら、また呼び戻すから、と言われ…
「移動通知、ドルダム病院」

17030827.jpg


山道を走って、ドルダム病院到着すると
こんなお化け屋敷みたいなボロボロな病院です。
予想以上の佇まい…愕然
病院に入らずに、街でやけ酒を飲んで…移動通知の裏に、辞職願を書いちゃってます。

17030826.jpg 17030825.jpg

カン・ドンジュの席の後ろにいた、太ったお客さん
バクバク食べてたんですけど…急に倒れてしまい…
カン・ドンジュ、さっきまでグダグダしてたんですが、
すぐに心臓マッサージをして、店員にAEDを持って来いって指示!

17030824.jpg 17030823.jpg

そこに、おじさんが現れて…この人がキム・サブ
辞職願をこっそり自分のポケットに入れて…

AEDを踏みつけて「今すぐ、この男を立たせろ!」と言うので、カン・ドンジュと口論になります。
「俺はゴデ病院の医師だ!」
「医師なら、酒を飲まないこと、酔っぱらってるなら関わるな!だから、地方の病院に降格されたんだよ!」

キム・サブと店員とで、太っちょ君を立たせ、後ろから羽交い絞めにして、お腹をギューッ!
なんかのかたまり(よく見えなかった)が口から出てきて、普通に元気な感じになり…
「食べる時はよく噛んで食べなさい(^-^)」

「生きてるね~~っ!」てドヤ顔!

17030822.jpg 17030821.jpg

キム・サブとの口論で
医者のプライドから、命懸けるとまで、言ってしまい…
カン・ドンジュは調理場に連れて行かれて、手首を切り落とされそうに!
(まぁ、ホントにやるはずないんですけど)
「誰ですか~?ヤクザですか~?」
店から逃げて、行くところもなくドルダム病院へ

17030820.jpg

「配属されたカン・ドンジュです」と受付のおじさんに言っても
確認するものがない、と言われ、待合室で寝ることに…

17030819.jpg

朝になり、院長に挨拶
「配属するなら、内科医が良かったなぁ」
もう、優秀な外科医がいるってなことを言われます(ユン・ソジョンですかねぇ)

カン・ドンジュは…
「長くても、2ヶ月くらいかなぁ」
「それでも、ゴデ病院に戻れなかったら、ソウルで大きな病院を探します」
なんて、高慢な態度…
「あぁ、そう、言いたいことは良く分かった」って、院長は嫌な顔もしないでニコニコ(^-^)した、良いおじいちゃんです。

17030816.jpg

お着替えをしているところに、ユン・ソジョンが入ってきて…
「どうして…ここに?」
「こっちが聞きたいよ、先輩、どうして…?」
「もしかして、5年前からずっと?」(5年経ってたんですね、笑)
「なんで、連絡してくれなかったんだ?」
「先輩がいなくなってから、1ヶ月ずっと音声やメールを送信してた」

17030815.jpg

ユン・ソジョン、答えません…
17030814.jpg

そうこうしているところに…
血だらけの男が(たぶん、交通事故を起こしたまま)自分で運転して、ドルダム病院へ来て、カン・ドンジュの車に衝突して、そのまま気を失います。
「えぇー、俺の車…」ってところどころ笑いを入れてくるんですが、緊迫してて、笑えませ~ん。

治療するユン・ソジョンの右手が震えています。
「ケガでもしたのか?」と聞かれるのですが…

17030813.jpg 17030812.jpg

病院の職員が全員集合して…
「大きい病院に移した方がいい」とカン・ドンジュ
「必要なものは全部ある」とか言って、ボロボロの超音波の機械を持ってきて…画面が見えませ~ん!
なのに…「脾臓に出血がある」…見える人には見えるみたい(笑)
カン・ドンジュ、ビックリ!!

17030811.jpg 17030810.jpg

そこにキム・サブ登場です。
「手術室でもない、ここでお腹を開くんですか?感染したらどうするんですか?」
と口出ししていたのですが…
お腹に手を入れて、すぐ「見つけた」と、出血した血管を見つけるのも早ければ、その後の縫合の手さばきもスゴイらしく、カン・ドンジュの眼差しが変わります。
「僕は何を見ているんだ?」

17030809.jpg 17030808.jpg

手術後…
「あれは無謀、無責任で、危険な処置です」
「知ってる。それだけ患者は危険だった」
「患者の権利と医者の倫理の一般原則のこと?」
「私の前で、そんなもんを議論しないでくれ!私の部署では、命令は一つだ」
「彼らを救う!何が何でも救う!」
「他はどうでもいい!!」

17030807.jpg

こちらは、手術後のユン・ソジョン
右手が治療中よりも、もっと震えていて…薬を大量に…(鎮静剤らしい)
目の前がクラクラしたり、幻聴も…また薬を…なんか病んでそう…

背中の画像は、キム・サブです。。。
なんか意味ありげに傷痕が映ったので、後々出てくるのかなあ~

カン・ドンジュ、キム・サブの部屋に行き、話がある!と…
「今まで何人殺した?専従医になってから、自分の手で何人殺した?」
「一人です。ここに来る前」
「それに10人足して、そのくらい殺したら、私のところに来い」
「そしたら話を聞いてあげる」

「こんなオンボロ病院、1ヶ月もいない!」
「もう一度、受け入れてくれるって?」
「技術がないから、ここに飛ばされたわけではない。不幸だっただけだ」
優秀だから、戻してくれるって確信してるんですねぇ~

17030806.jpg 17030805.jpg

ゴデ病院の先輩からお電話…
ゴデ病院の院長とドルダム病院の院長は、大学時代からの親友らしいぞって教えてくれるんですけど…
もう、朝の挨拶の時に生意気な態度を取ってしまったカン・ドンジュ…

囲碁とランが好きという情報までくれたので、ランの鉢植えを持って、再度、院長室に挨拶に行きます。
院長と話をしている時に、「また、ユン・ソジョンの発作が…」と連絡が入り…

17030804.jpg 17030803.jpg

左手にメスを持って、右手はブルブル震えて…耳を手で塞いだり…
涙を流しながら「助けて~」
ムン医師が亡くなった時のこと、他にも誰か倒れてる姿(誰かわかりませんが)など、フラッシュバックしてるみたい…
看護師長が、いつもなだめる役目らしく、メスを渡すように話すのですが
右手を切ってしまい、手術室へ(T_T)

17030802.jpg

カン・ドンジュも手術着に着替えて…
「傷は小さいけど深い。動脈、神経、靭帯、全部繋げないといけない」
「やったことあるのか?」
「いいえ、ビデオで見ました。今回が初めてです」
…つ・づ・く
17030801.jpg

はぁ~、1時間のうちに何度も手術場面が出てきて、血を見るのが恐ろしい…
ほのぼのした~~い!
笑いた~~い!

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話
関連記事




category: 韓国ドラマあらすじ