韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『私の後ろにテリウス』あらすじ10話 キム・ボンの家に行ったよ~  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
Terius Behind Me
내 뒤에 테리우스
脚本オ・ジヨン
演出パク・サンフン、パク・サンウ
2018/9/26~

9話 あらすじ 11話
登場人物紹介のページ


こんにちは~
地味~に見てます!楽しいです!!
ソ・ジソブ様、ステキなんですけど、アップになるとやっぱり老けたなぁって感じますねぇ?
目がくぼんでる!!人のこと言えないけど…痩せたのかな?
眉も…書いたりしないのかな?

あらすじ 10 話

運転手パク・スンイル+チン・ヨンテ
「バッグをこんなに早く取り戻せるとは思いませんでした」
「息子が結婚間近で、金が必要なんだ。結婚する時に、家を準備してあげるつもりで…」
「事前に、家庭のことまで調査してるんですね!?」
「これが、拒絶できない提案だよ。完璧なタイミングで望むものを与える!」

コ・エリンの子たちが、めちゃくちゃにしたバッグと同じデザイン…
チョン・インテクに渡して…もう何らかの意思表示の表れで、返ってきたってことですか?

18102601.jpeg


ユ・ジヨン+コ・エリン
「彼らが扱うバッグを見たことありますか?」
「もちろんです!」
「販売する相手を知ってますか?」
『どうしてあの会社に興味を持ってるの?』コ・エリン心の声

「詳細については知らないんですか?」
「バッグのマークは見たことあります。シリアルナンバーがあります」
「もしかして写真はありますか?」
「はい(^-^)」
「見せてもらうことはできますか?」
「その前に、雇ってくれますよね?」
やるじゃ~ん!って顔のラ・ドウ(笑)

そして、たぶん演技だと思うんですが…
「あら~もうこんな時間、他にも面接があるので、雇ってくれないなら、帰ります~」
いちかばちか、勝負に出ました(笑)

「来週から来てください!!」
「ありがとうございます~す(^^)」
「とにかく写真を見せて…」
「雇用保険はありますよね?」
「分かりました。準備します」(笑)
「ありがとうございます!」
帰るフリしてたのに、また椅子に座りました(笑)
ユ・ジヨンの右手は、ずっと写真ちょーだいの形のまま(笑)
双子がジュースをこぼしたバッグのタグを写したものを見せました。

「契約書のサインはいつですか?私、他にもバッグを見ました」
「早く!契約書を持ってきて!」
うまくいった~♪ニッコリ笑うコ・エリン

18102602.jpeg


双子とキム・ボンがお留守番している時に、「合格!合格!」と、コ・エリンが帰ってきました。
チラシを持ってきてくれたお礼だと言って、キム・ボンも一緒にサンドイッチ屋さん(クイズノス・サブ)へ…
サンドイッチを運ぶ時に、キム・ボンはササ~ッと取りに行ったり、ジュンスにピザを食べさせてあげたり…もうお父さんのよう(^-^)

この後スーパーに行くから、キム・ボンに帰った方がいいって言ったんですが、自分も買うものがあるからと言って、ぴっちりガードする気満々?
それにしても、口にこんなに詰め込んで喋らなくても…(笑)

18102603.jpeg


スーパーで、一人ずつカートに乗せて一緒にお買い物です。
野菜、食材を買ってるコ・エリンの後ろで、缶詰、牛乳、レンジご飯をカートをに入れるキム・ボン…コ・エリンの視線を気にしています(笑)
「あら?ごま油が1本買うと、もう1本ただ!ボン씨!ごま油要るでしょ?」
「いいえ…」
「ただだからあげる(^-^)」
貰っても…って顔のキム・ボン(笑)
スイカも半分っこしようって、完全に仕切られています。

ジュンスとジュニが、いつのまにか熱帯魚の水槽にしがみついていて…オンマに熱帯魚をおねだり…
「魚の家も買わないといけないのよ」コ・エリンの説得が続きます。
「私のベッドに置いてもいいよ」
「じゃ、どこで寝るの?」
「一緒に寝れるもん!」
かわいいなぁと思って笑顔になるキム・ボン

「ベッドが水浸しになったら、洗濯が大変でしょ?さぁ、行こう!」
「買って!買って!!!」
ジュンスは床に座って実力行使!!!

「ひとつ買ってやったら?」←キム・ボン
「うるさい!!」
「 o( _ _ )o ショボーン」嫁に叱られた夫みたい(笑)

ジュニもジュンスと一緒に座り込み、二人で足をバタバタして大泣き!!スーパーで恥ずかしい…。

18102604.jpeg


水槽に顔をくっつけて、嬉しそうな双子(笑)
キム・ボンが買って、自分の家に置いたんですね。
「こんなにまでする必要ないのに…」
「大丈夫ですよ。魚を育てようといつも考えてましたから」(笑)
「ありがとう!ときど~きここに来ます」
「はい」

「わぁ~とってもキレイにしてるんですね。家具もないし…ハッ💡ミニマルライフですか?流行ってるものね?」
「いいえ、必要ないんです」
「羨ましいなぁ…こういう所で住むの夢だった~家で食べたりするの?」
なにげにキッチンの収納を開けようとしたら、扉の前にスッと立ち、断固、絶対!ガードするキム・ボン!!(笑)

18102605.jpeg


ジュンスとジュニは、走り回っています。
「この家、キレイ!」「ここに住みたい!」
二人を追いかけるコ・エリン…
3人の騒々しさを、微動だにしないでじーっと耐えているキム・ボン(笑)
いつもの薄暗い静かな部屋とは大違い!!

BGMじゃなくて、お経みたいのが流れていたので、よっぽど精神統一しないと耐えられない空間って感じですか?(笑)

18102606.jpeg


ユ・ジヨン+ラ・ドウ
(今日いちばんのイイ表情のラ・ドウ♪)
「あの女性がJインターナショナルで仕事をしていたことを、なぜ話さなかったの?」
「誰が?テリウスが?」
「コ・エリンが今日私に話したこと…バッグの写真を持ってることを、テリウスは知ってたの?それでどうして私に隠したの?何?私を信じてないの?それとも一人で捜査しようとしてるの?」
「答えを全部知ってるのに、どうして質問してるんですか?!!」
「は?」
「コ・エリン씨が、俺たちの仕事に関わることを望んでないんだよ」
「じゃあ、なぜ雇ってくれって頼んだの?!!」
「危険な目に合わせたくないけど、彼女を助けたいんだろ?そんなとこじゃない?」

『まさか、ボン씨は彼女を好きなの?』ユ・ジヨン心の声
「違う、そんなことない…」
何を考えて、そんなこと言ってるのかお見通し?のラ・ドウ…切なそうな目でをユ・ジヨン見ています。

18102607.jpeg


NIS院長+ユ・ジヨン
「従業員?」
「ムン室長暗殺の目撃者がいるって話しましたね。その方の奥さんです」
「目撃者じゃなくて、どうして奥さんなんだ?」
「目撃者チャ・ジョンイル씨はもう亡くなっています。ムン室長の暗殺に気付いて、同じ日に殺されたようです」
「暗殺を目撃したという証拠はあるのか?」
「あります」
「他に知ってる人はいないんだな?」
「はい」
「お前の疑心をバカげたことだと思っていたが、だんだん真実味を帯びてきたな。進捗状況を報告しろよ。そして気を付けてやれ!」
「はい」
「ところで、どうして妻を雇ったんだ?」
「目撃者チャ・ジョンイル씨の調査をもっとする必要があります。彼女は情報提供者として利用します。許可してください」
「彼女は信じられるのか?」
「もちろんです!従業員としても良くやってます。ハハハ…」

18102608.jpeg


チン・ヨンテが机の引き出しを開けると、見慣れない資料が…
『生意気なバカ野郎の食事の好み』…コ・エリンが作ったんですね?
曜日や、料理ごとに分析してグラフまで作っていました。
「生意気なバカ野郎って俺のことか…あの女性はトロいタイプじゃなかったんだな…」

↓ほら!この人もイケメンで、そんなにイヤな感じじゃない(笑)
でも、有吉弘行とフォルムが同じ!

18102609.jpeg


コ・エリン…KING'S BAGで、あまりにもお客さんが来ないので不安になっています。
「静かでいいじゃないか~」ってラ・ドウ(笑)
「従業員なのに、そんなこと言って!お店の家賃の支払いもあるのに、オーナーはどうして給料を払えるの?」
「ハハ…心配ないよ」

18102610.jpeg


またキム・ボンへの圧迫面接?
「忙しいんですけど…どんな用事ですか?」

キム・サンリョル→キム・ボン
「今年、ワイフが昇進するかな?」

ボン・ソンミ→キム・ボン
「主人と私、うまくいくか知りたいの。二人目の子を作るべきかどうか、教えて欲しい」
「何を話してるんですか?」

シム・ウナ→キム・ボン
満面の笑みで(#^.^#)
「ジュンスオンマが話してくれたの。未来が見える人だって!頼りにしてたわよ」
は~、それか~~って顔のキム・ボン(笑)
「主人の兄弟が、来春結婚するんだけど、良い日を選んで欲しい」

3人とも、名前や生年月日?を書いた紙をテーブルに出して…
「ボン씨、誰にも言わないよ!俺たちだけで仲良くやろう(^-^)」

苦笑いのキム・ボン…紙を3枚持って、家で占って、後で連絡するってことにしました(笑)

18102611.jpeg


仕事中に、コ・エリンに電話が来たと思ったらチン・ヨンテでした。
「この間は無事に帰ったか?」
「はい、おかげさまで!!とっても安全にあそこから家に帰りました!!」
「お前を見てたら分かるよ!無人島に打ち上げられても、陸まで泳いで帰れそうだ」
「ヽ(#`Д´)ノところで、どんな用事ですか?」
「他でもない、セカンドチャンスをあげようと思って…」
「え?」
「そんなに感動するなよ!また戻る気があるんだったら、これから俺が言うことを覚書に書けばいいよ」
「 (*゚0゚)」
「どうだ?」
「オモ?本当に?チャンスをくれるの?」
ほくそ笑むチン・ヨンテ…

「って言うと思ったでしょ?」
「(*_*)」
「結構よ!!私、もう新しい仕事を見つけたの」
「もう?」
「チンピラのチン代表!ここまで来てくれてお疲れさま!ここの払いは私がするわ!」
コ・エリン、帰っちゃいました!

「チンピラ?」
チン・ヨンテは、面白そうに笑ってました。

18102612.jpeg


ラ・ドウ→キム・ボン
マネーフローの点では、疑わしいことはないみたいです。購入者リストは数日中に渡すと言ってる時に…
侵入者を知らせるブザーが鳴りました。

モニターを見つめる3人…侵入者はコ・エリン他3名です(笑)

ボン・ソンミが持って来たアルミホイルをレフ版にして…バッグを持った写真をそれぞれ撮って、スマホのプロフィール画像を変更…
4人で写した写真には『近所にできた最高のバッグ店で…』ってコメント付きでUP!!

18102614.jpeg


ユ・ジヨン「いったい何をやってるの?」
キム・ボン「何か、悪い予感がする…」
ネットワークの広さを知ってるから?(笑)

18102613.jpeg


翌日、KING'S BAGは、お客さんでいっぱいに!!(笑)
生き生きとした表情で接客して、売り上げを伸ばそうとしているコ・エリン…

カムフラージュのために、バッグを置いているだけなのに、なぜ客まで動員して働いてるのか、全く理解できないユ・ジヨンとラ・ドウ(笑)
キム・ボンはお店の外のベンチに座って、逞しいコ・エリンを見て「ホント、信じられない…」とつぶやいていました。

18102615.jpeg


キム・ボンの家で、熱帯魚を見ている双子
熱帯魚に名前を付けることになり、ジュニが「アンクルはどう?サヒャンが、アジョシって英語でアンクルだって言ってたから」
アンクルって響きもいいし、アジョシ=自分のことだし…嬉しくなるキム・ボン♪

ユ・ジアンからメッセージ
『ヤー!!私たち、仕事を辞めてバッグ売りにならないと!!すんごいコ・エリン씨が、店のバッグを全部売っちゃったのよ!』+ちゃぶ台返しのスタンプ

読んでて、笑顔にっていると…
「アジョシ!何笑ってるの?」
「ジュンジュン!オンマがいちばん得意なことは何だ?」
「怒ること!掃除!洗濯!残り物を食べること!重い物を運ぶ!」
ん~~?何のために聞き出したの?

18102616.jpeg


キム・ボンは、外でコ・エリンを待っていました。
「私を待っていたの?」
「まさか、ゴミを出しに来たんだ」(いつもこれ(笑))

「チッ!子供たちは?」
「もうだいぶ前に寝たよ」
「今日も、お疲れさまでした~」
頭を深々と下げたと思ったら、「プレゼントよ!」

「開けてみてよ~売り切れる前に買ったのよ」
黒いお財布でした。
「それに、私が支払うお金が入ったら、車のひと月分払えるわね」
「…」
「ボン씨!ジュンス、ジュニの面倒をみてくれて、本当にありがとう。おかげで心配せずに仕事に行ける」
「どういたしまして…大切にするよ」

18102617.jpeg


ルーカス・コン社のZ-38…2023年までに30機配備する予定だと報道されました。
ユ・ジヨン+ラ・ドウ
「新しい安保室長は、ルーカス・コン側になったのね」
「Jインターナショナルとルーカス・コン社の繋がりを見つけないと」
「考えたんだけど…Jインターナショナルの裏にもっと大きなものがいるような気がする」

それから場面がクルクル変わって、目まぐるしいんですけど…
・NIS…スマホを握りしめたクォン・ヨンシル副院長

・チン・ヨンテの机の引き出しの携帯のうちひとつがが鳴り…「分かりました。心配は要りません」
電話の相手はクォン・ヨンシルかなと思ったら、男性…

・チン・ヨンテの電話相手…顔が少ししか映らないので、誰なのか不明…この人はキム・ボンと同じようにPCで牡羊座を占い…出たタロットカードはhigh priestess(女教皇)

・そして足元のスニーカーとぼんやりした全身のシルエットだけの男性…この人はNIS院長の部屋に忍び込み、、コ・エリンのファイルを写真に撮っていました。誰なのか…


朝、幼稚園バスを待っているいつもの光景…

キム・ボンは、朝、シッターしてないんですね?自宅で占いのサイトを開いていて、出たカードがhigh priestess(女教皇)
「このカードは出たことないな。どんな意味なんだ?」
スマホと連動してるの?不明なんですけど…スマホの画面を開くと地図が出て来て、キングキャッスルアパートにランドマークがあり…慌てて外に飛び出しました。

幼稚園バスが、子供たちを乗せて出発したところ、コ・エリンも無事でひと安心のキム・ボンでしたが…コ・エリンの胸の辺りにレーザービームみたいな、どこからか狙っているような光が見えます。
光を出している建物の窓も確認!!チェ・ヨンギョンが狙撃された時と全く同じ状況に焦るキム・ボン…
ものすごい勢いで走り、コ・エリンに飛び掛かって守り?地面に一緒に転がりました。
周りは騒然!!(笑)
つ・づ・く

18102618.jpeg



関連記事




category: 私の後ろにテリウス