韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

浪漫ドクターキム・サブ 3話 あらすじ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
ユン・ソジョンの手術が始まりました。

神経と動脈の再建、腱縫合する手術を30分で終わらせるそうで…
「そんなの可能なの?」カン・ドンジュ心の声

裸眼で見えないような厚みの血管だか、腱を、細い細い糸で縫合して…ルーペしてるものの‥
アシストのカン・ドンジュは糸が細くて、カットするのも大変!
そのうち…ハサミを落としてしまうんですが、すぐさま看護師長がカット!!
すごいスピードのキム・サブの次の動作を知っていて、冷静にアシストしている、この看護師長もナニモノ?

カン・ドンジュ心の声
ここにいる人たちみんなが、無駄な動作をせずに、完璧に仕事をこなしている…
今まで見た中で、いちばん完璧な手術だ。
そして、僕は今までいちばんバカだった。

17031023.jpg

「先生の正体はなんだ?」「一般外科か血管の専門医か?」
「いったい、何を専門にやってるんですか?」

「命を助ける。それがなにか?」
「カジノでも喉に詰まられただけなのに、除細動器持ってきたり…」
「さっき手術室で、吸引かカット(糸の)かも、わからなかった」

「分からなかったんじゃなくて、先生の速さが異常だったんです!」

ポンコツ野郎呼ばわりされて…
何者かの答えは「キ・ム・サ・ブ~」

17031022.jpg

ゴデ病院のインス先輩に電話
ユン・ソジョンがドルダム病院にいたことを、教え…
「キム・サブについて調べてくれ」と言ったところでユン・ソジョンに電話を取り上げられます。

17031021.jpg 17031020.jpg

「この5年間、必死で頑張ってきたのに、自分の居場所を取り戻したかったのに!」
「これだけは、お願いする…ドルダム病院にどのくらいいるか分からないけど、ここにいる間、お互い知らないふりをしよう」
「それから、キム・サブを嗅ぎまわるのは止めて!そのように扱うことができる相手じゃないから!」

思わず…「キム・サブのことが好きなのか?」って口走ってしまい、激しく後悔…

17031019.jpg

院長室で、事務長が「何としても、カン・ドンジュ先生を捕まえないと!」と息巻いています。
金、機器、医療チーム、何もないこの病院の危機を数うレアな宝だと(笑)
3日ともたないと言っていたのに、カン・ドンジュが国家試験トップと聞いて、手のひら返し…
院長は(^^)顔で、「まずは、キム・サブの意見を聞こう!」

17031018.jpg

救急は金曜日、忙しくなるそうで…
今までの登場人物で、病院職員全員かと思っていたら、た~くさんいました(笑)

オートバイ事故で5人搬送されると連絡が入り、急に慌ただしくなります。

17031017.jpg

搬送されてきた患者を前に…
家族から承諾書をもらわないと、手術できないというカン・ドンジュと、今すぐ手術しないと危険だというユン・ソジョン…
「家族の承諾がないまま手術をして、何かあったら医療裁判になる、規則だ」言い張るカン・ドンジュとに「くそ野郎」的なことを言って、無理矢理手術室に運ぼうとしたところに
キム・サブ「二人ともやめろ!!!」

ユン・ソジョンに外れろと言います。「患者から手を離せ!」
精神衛生法に基づいて、精神障害を持っている人は、医者になることはできない。
「自分を傷つけた人間に、患者を任せられない」
医師として失格だと…辞めさせるつもりのようです。

電話で手術の同意を取ることにして(最初からそうすればよかったじゃん!)
患者を手術室へ…
それから、救急医(ユン・ソジョン)が外れたので、今日から救急に入れ、とカン・ドンジュに言います。
「一般外科が救急室で夜間勤務?」って、なんかホントに生意気君になってますねぇ~

17031016.jpg


「お前の意見を聞いてない。命令してるんだ」
「金曜日だから、覚悟して~」って救急をやるハメに…

そこに、ゴデ病院の外科部長から電話…院長とゴルフ中
この後、夜、院長と食事をするから、お前も来い、と。
プライドを捨てて、戻れるように頼むんだ、と言われました。
だけど、救急が…と思っていたら「すぐ来て」とお呼び出し~

17031015.jpg 17031014.jpg

行ってみると、修羅場のように、たくさんの患者さん
7時までに、行かないといけないのに…どうしよう…

患者さんでごった返しているのに、キム・サブはどこかに出かけるようです。
スマホには「VIP到着」ってメッセージが…

17031013.jpg 17031012.jpg

次から次へと処置をして…ようやく落ち着いた感じで…
時計を見ると、6:20…今行けば、まだ間に合う。

「カン・ドンジュ、行こう、あのドアから出よう」
悪魔のささやきが…
「ダメだ、振り向くな」
「振り向いた瞬間、人生は終わりだ」

ドアの方へ向かって歩き出します。。。
横目でチラッと看護師長が見てたんですけど…

17031011.jpg

そこに、中毒患者が搬送されてきて
「カンセ~~~ン!!!」看護師長の叫び声
「息子を助けて下さい、先生!」年老いた両親の声が聞こえて
振り向いてしまいました!
父親を亡くした時のオンマの様子がオーバーラップしてしまって…

17031010.jpg

ゴデ病院の院長、外科部長+もう一人
席がひとつ空いていることを、院長に聞かれ、カン・ドンジュを誘ったと話します。
外科部長は、カン・ドンジュを戻すようにプッシュしてくれるのですが、反応なし、クールな院長です。

17031009.jpg

カン・ドンジュ、必死に頑張ったのですが、中毒患者の男性は亡くなってしまって…
亡くなったことを両親に告げるのですが
年取った父親は「補聴器を忘れて…」
母親は「ひとり息子に嫁を貰いたいのに…助けて下さい」と亡くなったことを受け入れられない様子。
カン・ドンジュ、謝ることしかできません。

17031008.jpg 17031007.jpg

ドルダム病院に来てから、ずっとオンマの電話に出なかったカン・ドンジュ
やっと、電話に出て…「忙しかったでしょう?疲れてるの?」って、なんでもない会話に涙がボロボロ…

17031006.jpg

ユン・ソジョンの病室で
普通に診察をするのですが、そっけな~~くされます。
毛布をかぶって、「出て行って!」と言われても
「会いたかった…」
毛布かぶりながら聞いているユン・ソジョン
毛布かぶったのはいいんだけど、足のつま先が毛布から出ていて、毛布を引っ張って足に掛けてあげてて…なんか良かった~ん!

って、そこに熱傷の患者が4人、搬送されたと連絡が!
「俺、やったことない…」「えぇっ!」

17031005.jpg 17031004.jpg

ユン・ソジョンが携帯で指示して、カン・ドンジュはイヤホンはめて、治療しています。
危なっかしい…こんな医者にあたったらイヤだ~

でも、雰囲気は、昔の研修医とインターンに戻ったみたいな、いい感じに…

17031003.jpg 17031002.jpg

調子よく連係プレーで治療しているところに、キム・サブが帰って来ました。
画像ないんですが、顔に殴られたようなアザがいっぱ~~い!
VIPと何があったの?
つ・づ・く
17031001.jpg

今のところ、まだハマれていない私…
頑張れ!私!!

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話
関連記事




category: 韓国ドラマあらすじ