韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

浪漫ドクターキム・サブ 6話 あらすじ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
5話で、院長息子と三角関係?なんて、妄想したのが恥ずかしい…
まるっきり予想外の展開…(笑)えぇ~!そっち?

ってことで、6話あらすじ、いきます。
まず、見たことない女の子が登場…誰?
お母さんが、今亡くなったみたいです。

セーラー服のようでセーラー服でない…この制服…
って見てるうちに、院長が来て…「驚いたでしょう?」
「名前は?」「ユン・ソジョン」(エェーーッ!!)

母親の自殺?を発見して、院長に連絡したみたい…
(幻聴の時にフラッシュバックしていた映像は、母の自殺の場面ですね)
母親の手紙を持っていて…「自分に何かあったら、ゴデ病院のド・ヨンファン(ユンワン?)に連絡しなさい。その人が助けてくれるから」
「もしかして、アジョシが私のお父さんなの?」
(なんだってー!そんなの全然感じなかった…そういえば回診の時の院長を見つめてたけど…)

17031322.jpg

院長息子とユン・ソジョンは、子供の時に会っていて「お姉ちゃんと呼びなさい」と、院長に紹介されていたのです~~

17031323.jpg 17031325.jpg

「久しぶりだね」なんて、ユン・ソジョンが言うものだから
「2人とも知ってるの?」???のカン・ドンジュ

「院長には直接挨拶しに行くから、今日のことは内緒にしておいて」

17031321.jpg

「何、この状況?」
「いつ、どこで会ったの?まさかお見合いとか?」
「バカなこと言ってないで寝たら?」
2人の会話を聞いている院長息子・・・ユン・ソジョンのこと、思い出したのかな?

この表情…
このあと、インス先輩や外科部長に連絡することもなく、ひとりでソウルまでタクシーで帰るつもりです。

タクシーの運転手が「え?ソウルまで?うっ!」って脇腹を押さえていました。。。
まさか…持病あり?

17031324.jpg

「俺はこの手術を諦めない」
シン会長が資金を出していることを知ったキム・サブは「復帰するチャンスじゃないか!」
院長を怖れるどころか、勝負に出るみたい!

その足で、シン会長のところに行き、超音波器やら機械ををたくさん、さらに要求しました。
「書きたい絵がある」と話し…
「もしかして病院を欲しいとか?」

17031318.jpg 17031317.jpg


外科部長は、キム・サブを尊敬しているカン・ドンジュに対して…
「プ・ヨンジュがゴデ病院をなぜ追い出されたか知ってるか?」
「自分を尊敬する教え子を殺したんだ」
「手術を必要としない患者までも…サイコパスだ」

外科部長の話を100%信じるはずもなく、食事もそこそこに、患者がいるので、と席を立つのですが…
帰り際に「「キム・サブは人間じゃない、間違って関わったら、人生終わりだぞ!」

17031316.jpg

シン会長に呼ばれた院長
「そこに書いている機器を、ドルダム病院に準備してやれ!」
「プ・ヨンジュは倫理的にも、医療観点からも、とても危険な人物です」

「何をベラベラ、お前の金でもないのに…」
結局、了承することに…院長の目がとても怖い…

17031310.jpg

カン・ドンジュが心配でつけてきたのか、事務長が同じお店にいて…(笑)
調子のいいことを言って、ご機嫌を取って…

「なぜカン・ドンジュ先生に会ったんですか?」
「そんなの知る必要はない!」そう、簡単に教えないよねぇ~

その時に、院長から外科部長に電話が来て「え?ドルダム病院に?」(機械を手配しないといけない)
「すぐ走ってこい!」←院長、超キレてます!

17031309.jpg

キム・サブはカン・ドンジュが病院にいると思い…出掛けたみたいです。
シン会長のところに行って、その後、ナム先生と一緒にどっかで料理しているんですけど…
カン・ドンジュも外科部長のところに出掛けてて…まさかの誰も医者がいない状態のドルダム病院!

こんな時に、急患が来たらどうしよう…と思っていたら…
来ました!!
さっきの~院長息子が乗ったタクシー運転手です。やっぱり~!
院長息子が付き添って、連れてきたものの、ユン・ソジョンが何の指示もしないので???

17031315.jpg

キム・サブには連絡付かず…
カン・ドンジュは40分掛かると言い…

患者を救うために、ユン・ソジョンが治療することに…
手をケガしているユン・ソジョンの代わりに、院長息子が心臓マッサージをしたりして…心肺停止を乗り越えたものの、手術が必要だと…

そのうち、カン・ドンジュの携帯が応答しなくなりました…
というのも、タクシーで帰る途中に耕運機の下敷きになった人を助けていたのです。

タクシーの運転手は、手術をしないと、また心停止してしまうというので、院長息子が「僕がやる!」と…
ドルダム病院の医者ではないので、大問題なのですが、「患者を救いましょう!」ってことで、腹腔鏡手術開始!
(手術のことは、分からないんですが…なんか~上手そう…腕がいい感じ…)

17031308.jpg

そこへ、耕運機のケガ人を引き連れてカン・ドンジュ、来ました。
一足先に帰っていたキム・サブは
「お前がなんでここにいるんだ?」
「じゃ、手術室にいるのは誰だ?」

17031307.jpg 17031306.jpg

手術が終わり…
ユン・ソジョンと院長息子は、叱られるために(たぶん、そういうことですね)「ちょっと、来い」とキム・サブに呼ばれます。
キム・サブの後ろを歩いていた時に、病院に乗り込んできたゴデ病院長とバッタリ!!

キム・サブは、ここで、ゴデ病院の院長息子だと知ります。
ユン・ソジョンは、控えめに「院長…」

17031305.jpg 17031304.jpg

「僕がやりました」
「私が頼みました」院長息子をかばい、ユン・ソジョン

ユン・ソジョン
「本当にすいませんでした。でも同じ状況になったら、同じ判断をすると思います。私を認めても、認めなくても、技術があってもなくても、どんな状況でも、私は医者です」
コレ↑後で、キム・サブは看護師長に、初めてあの娘が目を見て、ハッキリ話してくれたって、嬉しそうに報告してました。

17031303.jpg

疲れて寝ているユン・ソジョンの向いに座り、手を握って、自分も寝ちゃった感じ~
ちょっと素敵な画像なので、貼ってみました…
17031302.jpg


ゴデ病院長は、ドルダム病院の場所に、老人ホーム建設を企てているようです。
今回の息子のしたことについては…
「救急患者だから仕方がない、支院の病院で治療をすることはたいしたことじゃない」って、息子には甘~~~い!
「私の息子に手を出したら、お前は終わりだ」ってキム・サブに釘を刺すのですが、

「そんなもんは怖くない、14年前に終わってるんだから…だけど、あんたの息子は始まったばかりだ」
「何が望みなんだ」

「お前の息子をちょうだい!立派に育てて上げる」
息子をちょうだいって言ったのに、ゾロゾロいっぱい派遣されて来ちゃいました(笑)

17031301.jpg


1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話
関連記事

category: 韓国ドラマ