韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

花郎(ファラン) 15話 あらすじ Hwarang: The Beginning  

シェアする シェアする シェアする 後で読む ブックマークする LINEしちゃう
1話  2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話

おまけ・・・花郎dance動画
おまけ・・・ソヌ❤アロ動画


[「왕이다ーー!!」と叫んだソヌ
パルリュ「ハッ!?」 スホ「うむ」 サムメクジョン「え、えぇ~?」

チャン太子「お前が本当に王か?それをどう信じろと?」
「俺に出て来いと言ったのは、そっちだろ!信じないなら、探すべきじゃないだろ」
「ほっほ~度胸があるな~」
ソヌだけ、ハチマキしてないのは、なぜなんだろう?髪型のため?

17030a30.jpg17030a32.jpg17030a31.jpg17030a33.jpg


「戦の勝ち負けは運だ。私は最近、運が良い。新羅の何者かが、かなりの大金と共に、花郎の中に王がいると知らせて来た」
「本当に出てくるとは思わなかったが…もしや、あの女のためか?」
ソヌ、妹だと言えず…なんも言えず…
「理由はどうでもいい、王でなくてもいい。王であろうがなかろうが、王に仕立ててやる」
「そして、私の足元に跪いて、命乞いさせてやる」
「太子は太子らしくして欲しいもんだね。軍隊を持たずにきた使節団を人質に取り、新羅を手に入れようとする者を、誰が太子だと思う?俺が機会をやるよ。将来、南夫餘の王として男が立つ機会を!」

17030a29.jpg

牢屋にいるアロ
「こんなに気落ちしたら、機会ができても逃げることはできないわ」
「希望を持って…」と励ましても…
「軍隊や武器もないような王が、俺たちを助けることができるか?」と言われてしまいます。

「さっき、名乗り出た人は、良く知っている人よ」
「絶対に、私たちをこのまま死なせたりしない」
「私は信じてる!」

17030a28.jpg

チャン太子「どうすれば、私が新羅の王を、正々堂々と倒す機会を持てるのだ?」
ソヌ「俺たちが、一騎打ちで戦えば、民たちは大使が新羅の王を打ち破ったと思うだろう。何でも、勝てる勝負を選ぶといい。俺は受け入れるから」
「剣術にしよう…」ってことになりました。

17030a27.jpg

勝負の前に、運試しをしよう、と言ってサイコロを振るチャン太子→5、6
ソヌは、胸の高さに上げた手から、バラバラとサイコロを落とし、結果も見ずに立ち去り…

17030a26.jpg 17030a25.jpg

寝所を用意しよう(一応、王様だから)と言ったのですが、もともとの場所がいいと、牢屋へ
スホは、ソヌを守るようにと、太后に言われているし…すっかり王様扱い!
「大丈夫か?…えっと、大丈夫ですか?」
パルリュは「本当にお前が王か?」
「そうだ、俺が王だ。俺たちがここを抜け出すまでは、な」

17030a23.jpg 17030a22.jpg

ソヌとサムメクジョン
「これからどうする気だ?」
「チャン太子と戦う」
「無謀だ、戦いで鍛えた体だぞ…人を殺すことを、遊びにして育った男だぞ!」
「俺は勝つ!守るものがあるからな」
「妹か?」
「そうだ、そして…国を誤って選び、飢え、恐怖に震えている人たち…お前の言うところの…『民』だ!」

17030a24.jpg

1対1勝負のために、南夫餘の将軍がソヌを迎えに来て…
会場に案内している時…後ろから斬りつけます!
そして、斬ったところに、すぐ包帯巻いてくれるんですけど…

「これは…なんだ?」
「1対1…他の条件は同じです。これは、私の老婆心とでも、お考え下さい…」
(?????どゆこと????)

17030a21.jpg

対決会場…公主、花郎、神国の民、南夫餘の家臣(?)の前で
「南夫餘のチャンだー!」
「今日は新羅の王を迎えて、剣で競うつもりだ」
「この対決は、お互いを尊重した公平な対決であり、この結果により、今後、両国の関係は変わるだろう」
「どんな結果であろうとも、それを承服するものであり、今後、このことで何があっても、問題視しない」
「これを、百済の長寿と、新羅の花郎たちの前で誓おう!!」
って、宣言してから、戦いが始まりました!

17030a20.jpg

もう既に、斬られているソヌ…しかも、相手は超絶強いので…
右腕、左腕、右足って斬られまくりです。

ソヌは斬られながらも、冷静に相手の動きを見ていて…
「動きが早い…避けられない」
「こうやって、くたびれさせてから、突き刺すつもりか…」
「腕を斬るなら斬らせてやる。だが、次は俺も斬ってやる!」
「もう一歩早く!1‥2‥今だ!!」って、とうとう反撃!!

17030a19.jpg

ソヌ、ボロボロの身体で頑張っています。
チャン太子が刀を落としたのを機に
ソヌ「ルールを変えよう」と言って、殴り合いのケンカ状態に…

17030a18.jpg 17030a16.jpg

最後は、チャン太子に刀を突き付け「負けを認めろ!」と
チャン太子の脳裏には、勝負前のサイコロ…
ソヌは6と6を出していたんですね~

今回の件で新羅と戦をしないこと、公主と使節たちを釈放することを、約束させました。

ただ・・・民たちは、南夫餘のものを盗んだ罪人だから、と言って釈放してくれません。
アロも、誤解されたまま同罪…
17030a14.jpg 17030a13.jpg

チャン太子の気が変わらないうちに…ということで、使節団はさっさと帰ることにしました。

一旦、帰ったふりをして、このふたりは、アロと民救出のために戻って来て…
見張りを次々とやっつけるんですけど…
(ソヌって、重症ってくらい斬られたり、殴られたりしたのに・・・?)
17030a12.jpg

牢屋の人々を救出して、外に出たところで、敵に囲まれて…ピ~ンチ!
17030a11.jpg 17030a10.jpg

ってところで、パルリュとスホも駆けつけて…
17030a09.jpg

どのぐらい歩いたのでしょうか…もう明るいんですけど…
良かったねぇって言っているところに、矢が飛んできて…チャン太子+南夫餘の将軍が追って来て…
「お前たちを、生かして帰す気がなくなった」
17030a08.jpg 17030a07.jpg

ソヌを目掛けて矢が…
気が付いたスホは、身体を張ってソヌを助けて…
矢がグサッ!!

17030a06.jpg

小さくて、よく見えないけど(笑)
敵の数多し…もう無理~~~!!
と思ったら、背後から矢が飛んできて、南夫餘の将軍にグサッ!次々、敵にグサッ!!
花郎たちが、助けに来てくれたーー!!
ヨウルも、ウィファ公も、副弟も…ゴツイ看守さんも…みんなヽ(^◇^*)/ ワーイ

17030a05.jpg 17030a04.jpg

ウィファ公が…カッコイイ~
「花郎を紹介するには、酷い格好だな」
「その酷い姿を除けば…お前たちが、私の花郎であることが、誇らしい」

「そちらが、どなたかわかりませんが、今、神国の土地を踏んでおられます」
「見たところ、狩りの道を間違って入ったようだが、ともすれば戦でも起こすかと誤解されかねない」
「まさか、軍隊もなく和親を目的とした使節団を、追いかけて来た南夫餘のチャン太子ではないと思いますし…」

「帰りましょう、今は分が悪いです」と、将軍に言われ…
「虎狩に夢中になり、つい国境を越えてしまった。寛大に許してください」と言って、やっとこさ、チャン太子たちは諦めて帰っていきました~~
17030a03.jpg

仙門に帰ったソヌとアロ
「気が狂うくらい…抱きたい…」(≧∇≦)キャー♪
「傷は大丈夫?ちょっと見せてみて」
「お前に駆け寄るのを我慢して、死ぬかと思った」
「こんな時、どうしたらいいかわからないが…愛してる」

17030a02.jpg

それを見ているサムメクジョン…いつも、こんな顔(笑)
あれ~、兄妹だったのに~~って?
王とも名乗れず、ショックがいっぱいのサムメクジョン…つ・づ・く
17030a01.jpg


1話  2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話

おまけ・・・花郎dance
関連記事


category: 花郎