韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

イ・ジョンソク『あなたが眠っている間に』 3話あらすじ キャラ変ですか?  

シェアする シェアする シェアする 後で読む LINEしちゃう
あなたが眠っている間に
당신이 잠든 사이에
While You Were Sleeping
SBS 2017/09/27 ~2017/11/16


キャスト 人物相関図
2話 あらすじ 4話

2話の終わりが、とてもとても良かったのに…
ホンジュのキャラが激変!!
こんな感じじゃなかったのに…
救急車に乗っていて、ハートの目をしていたくらいまではかわいかったんですが…

あらすじ 3話
救急車に乗り込んだ二人…
自分を助けに来てくれたジェチャンの姿を思い出して…目がキラキラしているホンジュ…
「私は大丈夫だから、そんなに見るのを止めてくれませんか?」(笑)

ジェチャンは抱きついてきたホンジュの姿を思い出し…
「どうして俺を信じることができるんですか?」
「どういう意味?」

「さっき言ったことだよ…俺はユボムに、あなたとオンマが亡くなるだろうと話した。俺があなたの立場なら、そんなこと信じないだろう…激怒したかもしれない」
「私は怒らないわよ。あなたが助けてくれたことを、本当に信じてる」

「なぜ信じられるんだ?あ、ウソだって言わないんだ?」
「あなたは夢を見たんでしょう?あなたの夢は現実になる…そうでしょ?」

「どうして分かったんだ?」
「私もそういう夢を見るから…私の夢はいつも現実になる。あなたと一緒」

17101101.jpg


場所が変わって、ピアノリサイタルの会場
女性が具合悪そうにしていて…「大丈夫ですか?汗かいてるみたいだけど」と若い男性
「ここはちょっと暑いから」
旦那さんは女性の(奥さん?)手を握って「大丈夫だよね?」

17101102.jpg


治療を終えた二人…
「よくそんな夢を見るの?」
「そう、たくさん…あなたは初めて?」

「ああ…どの程度、予測できるんだ?」
「1ヶ月先のこともあるし、明日のことも、数分後ってこともある」

「夢は悪いことばっかり?変えようと思わなかったのか?」
「だから、あなたはスゴイと思う」
「俺は本当に誰かを救ったのかな?」
「そうよ」

「だけど、一体どうなるんだろう?未来を変えたことで何が起こるんだろう?」
「さぁ…時間の流れを変えてしまったから…違った方向に流れるのかな…」

「時間が他方へ流れるとしたら、良い方向へ行くのだろうか…それとも…」
「人々は、最初のうちは時間が変わったことに気付かない。だけど、時間が経過すると、違いが大きくなっていくんじゃないかな…」

17101103.jpg


警察官が二人…
太った方が「どうして今日遅いんだ?」と聞くと…
「そんなこと聞くなよ。俺は死んだようなもんだ…」
「???」
「はぁ~」って溜め息…

この警官、ユボムとホンジュの車に轢かれて死ぬはずだった人…

17101104.jpg


パク・ソユン(ピアニスト)
ピアノリサイタルの後、インタビューを受けています。
インタビューをしているのは、観客席で女性の隣にいた若い男性…男性記者で、夫婦はピアニストの両親のようです。

インタビューを見守っていた母親が、途中で倒れてしまいました。
仰向けに倒れた母親のブラウスには、土足の跡がたくさん付いていました。
「家庭内暴力だ!」と、警察に電話する記者
「私じゃない」と言う父親を睨んでいる娘…

父親は「俺が誰だか分かってんのか?!!」と叫びながら、警察に連行されました。
警察官は、さっきの「死んでる」と言った方…
ユボム運転の車で死んだはずの人!

17101105.jpg


花束を持ってジェチャン弟のスンウォンが来ました。
ピアノリサイタルに行こうって言ってたのは、この方のだったんですね。

ピアニスト(ソユン)はスンウォンに掴みかかり…
「今日あったことを、ひと言も言わないで!」
「わかった。何も言わないよ、絶対に」と、自分のコートを掴んでいるソユンの手を握りました。
「ありがとう…」

17101106.jpg


「あなたの夢に出ただけなのに…どうして車をクラッシュさせたり、ケガしてまでも、私を助けてくれたの?」
「さぁな~?」

「分からないの?いつから?私を好きになったの…」
「えっ?俺が?」
「ビンゴ~♪」

「誤解だよ…」
「私がハグした時に、恋に落ちたでしょ?」(笑)
「そんな感情はない!」座っている場所をずらして離れて、離れて…ホンジュはどんどん近づいていくし…(笑)
「なんにも?だって、あなたも私を抱きしめて、背中を撫でたりしたじゃない?どんな女性にもそんなことするの?」

「違います!!!」
「お!じゃ私は他の女性とは違うってことね♪私のどこがそんなに好き?」

17101107.jpg


「どうしてそんなふうに考えるんだ?」キョトーン?
「あ!間違えた!あなたは私を助けた後で抱きしめた…もしかして、バス停の時から?じゃないとしたら…え!まさか、お餅の時?」

すごい勢いでホンジュが近づいてくるので、とうとう椅子からずり落ちて尻もちのジェチャン(笑)
「やっぱり~あの時だ~私の声が好きになったの?」
「まさか私のために引っ越してきたの?」(妄想が過ぎます…笑)

17101108.jpg


気持ち良く目覚めたホンジュ
「お向かいのハンサム君が、私のことを好きなの」ってオンマに報告♪
ハート型おにぎりを作って…助けてくれたお返しをしたいの♪

ド~ンヨリ目覚めたジェチャン
お向かいさんと付き合うの?と聞かれて、「あり得ない…彼女はとんでもないナルシストなんだ…病院で診てもらった方がいい」(笑)

ジェチャンの家…ピンポーン!
インターホンのモニター越しで…
「お向かいのホンジュで~す♪お顔を見せて~おにぎりを作って来ました~♪」
「どうしたんだ?」←弟
「言っただろ?」

「俺はお前を助けていない。だからお返しも要らない。おにぎりは持ち帰ってくれ!」
(ここら辺から、お前呼ばわりにします)

17101110.jpg


ジェチャンには会えず…そのまま街を歩き出すホンジュ
同じ場所を、数分後くらいに歩いているジェチャン
ステキな場所ばかり…

風船を飛ばしちゃって、木に引っ掛かって取れなくてしょんぼりの女の子に…
「背が高い人が来て取ってくれるよ、名前はチョン・ジェチャン♪」と話すホンジュ

風船を取ってあげたジェチャン
「ありがとう~チョン・ジェチャンアジョシ」とお礼を言われて、???(笑)

カフェで…
「3分後に来る、ベージュのコートを着た背が高い男性の注文で~す」
ジェチャンが注文しようとすると「アメリカーノ、ダブルショット、ヘーゼルナッツシロップですね」

はぁ~溜め息のジェチャン…そろそろ気付いた?

17101111.jpg


地下鉄の駅に到着したホンジュ…数分後到着のジェチャン
席に座ったジェチャンに、隣の隣からアピールするホンジュ(笑)

真ん中に挟まれたおじさん「お知合いですか?」
「はい❤」
「いいえ」
席を譲ってくれました。
「お向かいのナム・ホンジュです」
「知ってるーー!」

「たくさん聞きたいことがあるでしょう?私が尾けてきたんだと思ってる?だけど、前の電車だったから妙でしょ?」

「お前は俺の気持ちが読めるのか?」
「私の夢で、あなたが行ったところを見たから…」って、夢メモをポッケから出しました。

「夢で未来が見れるって言ったでしょ?だから、あなたが私を助けたのは真実なの!私はあなたに大きな時間の借りがあることは事実!」

17101112.jpg


ホンジュは、必要になるからって。傘を渡しました。
「お前が話していることを信じない。信じたくないんだ。もう一度、同じことを夢見ても、決して信じない。俺の夢で誰かが死ぬのを、気にしたくない。もし助けられなかったら、永遠に自分を責めることになる。処理しきれるか?」
(やっと落ち着いたキャラになったホンジュ…)
「できない…」
「だったら、全ての夢を無視するんだ!お前を悩ますこともない。本当に変えたいなら、他の誰かを探せ!」
夢メモを握りつぶして、傘を返しましたが…
「誰も探すことができなかった…」

「頑張って探してみろ!2人いるんだから、3人か4人はいるだろう」
行っちゃった…
「いないんだって…あなたしか…」

17101113.jpg

回想シーン
「アボジ、昨日の夜、変な夢を見たんだけど…アボジが夢で死んだの」
「どうやって俺が死んだんだ?たくさん出血したか?たくさん血が出るのはいい知らせだって言うよ。」
「アボジのバスが爆発したんだ。若い兵士が手榴弾と銃を持って、バスに乗り込んで来て…」
「ここはアメリカじゃないんだぞ!あり得ないよ」
「ホントに見たんだよ~バスで手榴弾を投げて、みんな死んだの…今日は仕事に行かないで…私の夢は本当になるんだもん…」


17101114.jpg


ユボムの弁護士事務所で…
ピアニストの父親が、奥さんを蹴っているCCTVの映像を見ています。
「診断書によると、肋骨骨折で全治6ヶ月でだそうですね。CCTVの映像を削除するのに、ずいぶんと苦労しましたよ」

「分かってるよ。だから相当額支払うんじゃないか」
「傷害罪は複雑になるから暴行罪にしましょう。奥様から署名入りの処罰取り下げ書をもらわないといけない。そうすれば起訴されることはない」

「裁判することもない…そのくらい分かるよ」(反省の色なし)
「奥さんはサインするでしょう?」
「そうしなければ、私を刑務所に送ることになるんだから…心配するな。ソユンを犯罪者の娘にしないだろうし…」

ユボム+ホンジュ
「聞きたいことがあって会いたかった…謝罪とか…」
「事故の時の私の行動で、失望したのは分かってる」
「分かってくれて良かったよ」
「あなたが何も悪くないのも分かってる。だけど、ここで関係を終わりにすれば、良く眠れるの」
「ん?ちょっと、ホンジュ氏…」
「だから、ここで終わりにしましょう!バカだって呼んでいいし、私がダメになるのを望んでもいい。私はもう話すことは何もない!悪かったね!!」

「これを謝罪って言ってるのか?」(笑)
「そう!!謝罪よ!!心から謝る時は大声になるの!!」
立ち上がって叫ぶので、周りの人もジロジロ…恥ずかしいユボム
「全部私が悪い!!私の責任だ!!」

17101115.jpg


学校に行かないで、アボジのバスに乗り込むホンジュ…
夢で見た兵士が乗って来て、気が気じゃないホンジュ…
臨時ニュースが流れました。
『ライフル銃と手榴弾を所持した上等兵が、江原道の軍基地から姿を消しました。コンビニで警察官が射殺されたため、警察と軍は彼の行方を追っています』
つ・づ・く

17101116.jpg


予知夢のお話なんですが、時空もの?ってところもあって、考えちゃいます。
ホンジュのキャラ変ぶりも…(笑)
ホンジュアボジって、あの人ですね。
名前は知らないんですけど、私の中ではダメ夫イメージ(笑)


関連記事




category: あなたが眠っている間に