韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『黄金色の私の人生』 あらすじ14話 次回が楽しみ♪  

シェアする シェアする シェアする 後で読む LINEしちゃう
황금빛 내 인생 My Golden Life
脚本家:ソ・ヒョンギョン『いとしのソヨン』『検事プリンセス』
演出:キム・ヒョンソク『棚ぼたのあなた』
KBS 2017/09/02 ~ 2018/02/18

キャスト 人物相関図
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話 51話 52話


こんばんは~
ジテが良かったですぅ~
でも、最後ら辺は緊迫しましたよ!
次回のを早く見たい!見たい!

あらすじで~す!

留学を勧められて、下を向いて黙ってしまうジアン…
「ウンソクは行きたくないように見えるけど…」ミョンヒ
「驚いたんだよ~ドギョン、話してあげて…」
「お前のためのサプライズプレゼントだったんだけど、こんなに驚くと思わなかったよ、アハハ」

留学はドギョン提案のことでした。
彫刻を勉強したかったと聞いていたし…
最近のジアンは、期待に応えようとして、40周年イベントで頭がいっぱい!楽しく働いているとは思えない…
オンマのアートギャラリーを開きたいという希望も叶うし…

喜んでくれると思ったのに、とうとうジアンは泣き出してしまい…
「そんなに喜んでるの?」って嬉しそうなミョンヒでしたが、「ごめんなさい」と言って自分の部屋へ…
ベッドに潜り込んで、ドギョンがノックしても、着替えてるとかシャワーだと言って、部屋から出ませんでした。

「ウンソクが変わったと思わないか?仕事を始めた時は、とても明るかったのに、今はよそよそしくて冷たい…」
「契約社員だったのが、今はビッグプロジェクトを任させて怖いんでしょう…でもきっと大丈夫だと思うわ!」
「そうだな、君の娘だしね…」

17101601.jpg


映画館でスアを待っているジテ…
病院に連れて行った時に、スアのコートにチケットを入れておいたんでした!
来ないと思って、しょうがなく中に入ったら、スアが先に来ていて座っていました(良かったね~)
手を握りながら映画を見る二人…

その後は、お医者さんの言いつけ通り、たくさん食べさせようとして、お食事に行きました。
テーブルの上に指輪の箱を置くスア…結婚指輪かな?2個入りです。
「これは何だ?なんでお前が、指輪を持って来るんだよ~俺がやるべきなのに…」

それから自分のことを話すジテ…
自分が仕事を始めた時に、祖母が胃がんになり、家の保証金を手術費に充て…半地下の賃貸に住んだ時に、絶対に結婚しないと決めた。父は事業に失敗して負債を抱えた。


「こんな家の長男として生まれた」
「私たちは賃貸に住んで、二人で稼げばいいじゃない?」

「俺の家で生活するのは…どう思う?」
「空いてる部屋があるの?」

17101602.jpg


翌朝…また誰にも会わないで、家を出るジアン
長い時間バス停に座って、何本もバスをやり過ごしています。
スマホの連絡先を修正…
テバン洞アッパ→アッパ
テバン洞オンマ→オンマ
アボジ→副会長
オモニ→代表
ドギョンオッパを修正しようとしたら、電話が鳴り…
出ませんでした。

17101603.jpg


それからヒョクの工房へ行くジアン…
「なぜここにいるんだ?帰れ!」
「一緒に朝ごはん食べて!お腹が空いて死にそう…」

大口でガツガツ食べるジアン
「飢えていたわけじゃなくて、2、3日よく食べられなかったのよ」
「どうして?」
「何も聞かないで欲しい…」
「聞いても答えてくれないよな?」

「お前がどこで何をしてるのか分からないけど、何のためにこんなことしてるんだ?洋服は豪華になったけど哀れに見える」
「どうしてここに行き着いたのか、考えてるところ…」
「俺を好きか?」
「えっ?」
「そんなに驚くなよ!好きじゃないのは知ってる」

1番 訪ねる人はあなたしかいないから
2番 ソ・ジアンとして話せる人が必要だったから
3番 気楽にご飯を食べる人が必要で、そんなことできるのはあなただけだったから
4番 あなたは少しの間怒るんだけど、最終的に許してくれるから

「どれを選ぶ?」
「何言ってんだ?金を送ったのを忘れたのか?もう会いたくなくて、電話番号を変えたんじゃないのか?」

暗~くなって、立ち去ろうとするジアンに、「俺は全部選ぶよ!」
ジアンの手からスマホを奪い、自分の電話番号を入れました。
「何も質問しないから、話したくなったら電話しろ!苦しみをひとりで全部背負わないで…」とスマホを返して…「まだお前の謝罪を聞いてないぞ!」
ジアンはヒョクの胸をグーで叩いて、「コマプタ!ソヌ・ヒョク!」

17101604.jpg


pan_2017101019591730c.jpgカフェからジスに電話が入りました。
グループ客が来ているので、パンを大急ぎで納品することになりました。
パンを袋に詰めている時に、ジスのノートが紛れ込んだんですけど…そのまま配達!!

cafe_2017101019591500a.jpgジスは、納品して、頼まれてもいないのにお店の手伝い!お客さんがいっぱいで、注文を間違えそうなトコなのに、テキパキと働くジス…
帰ろうとした時に、ヒョクが来て…棒読みみたいな挨拶(笑)をしてました。

パンの袋の中のノートを見つけたヒョク姉は、「追いかけて、渡してあげて」

走って追いかけた時に、ノートから紙切れが地面に落ちましたけど?
ヒョク…他人のノートなのに、開いて…パンのレシピがビッシリ書き込まれていました。

pan_2017101019591730c.jpg「挨拶できたよー!」と小躍りして帰るジス♪
「なぜこんなに遅いんだ?」

17101605.jpg


ジアン→部長
ひとりでイベントを担当するのは大変なので、ユン・ハジョンを担当に追加してくれとお願いします。
(えぇー?こいつを?って顔のみなさん(笑))

「何を企んでるの?」と訝しがるハジョンですが…
「重要なイベントだから、あらゆる準備をしたかったのよ」
「あらゆる準備って?」
「例えば私が交通事故で死ぬとか…」
「え?」

テスは名刺を作り、喜んでいるところに、ジテから電話で、今日何時ごろ帰るのか聞かれました。
(お?もしかして?って顔のテス)

外回り中のジアンに、ドギョンから電話…
言い訳して断ろうとしたのに、目の前に立っていました(笑)
「ここで何をしてるんですか?」
「お前がここに来るように言ったんだろ?」
「いつ私が?」
「留学するように話した時に、お前は泣いていた。朝早くいなくなった。俺の電話を無視した…オッパ~私、困ってますってっことじゃないのか?」

「ところで、どうしてここに?」
「俺が上司だ。副社長だ。付いて来い!」
プロモーションビデオに使えるような、レトロな雰囲気のお店を再現しているところ(?)に行って、はしゃいでジアンを元気づけるドギョン…
(カジュアルな格好のパク・シフ!)

17101606.jpg


「妹を手伝いに来たんだ。喜んでくれて良かったよ。もし彫刻家になりたければ、留学して勉強して、自社ビルの前にアート作品を置こうよ~」

何も答えず…「ここからバスで帰ります」
「なぜ毎朝早く家を出るんだ?今日俺の電話に出なかったのはなぜだ?なにを悩んでるんだ…?」
「それは私自身の理由のためです。このプロジェクトを成功させたいんです」
「あぁ~理解できない…」

バスで帰るというジアンを、会社の近くまで送りました。
ドギョンの車から降りるところを、何者かがパパラッチ!!

17101607.jpg


帰宅したテスは、ジホのモノをかたずけてお掃除していました。
テス+ミジョン
「結婚したら、ここに住まないといけないんだから」
「ジテが結婚するの?彼女を紹介されてないけど?」驚くミジョン…


とうとうスアを家族に紹介です!!
(良かったねぇ~)
妹にも紹介してもらえなかったのに、いざジテの家に行くとなると緊張気味のスア…

スアの自己紹介…
両親と兄は、10年前からカナダに移住しているので、女性専用のアパートで暮らしています。

「4年も付き合っていたのに、なんで紹介してくれなかったの?」ジス
「プライバシーだぞ!」テス
「私の方から結婚してくれ!って言ったんです!」
あんな修羅場を見てるテス…ジテが結婚を拒否していたのを知っていたので…
「コ、コマウォヨ」
「最近の若い女性は、お金持ちを好むのに…ありがとう」ミジョン

「それで…お金が掛かるから、ここに住むとしたら…」
「本当にここで生活してくれるの?」オンマ(^-^)

ジテの部屋へ行くスア
「思ったより広々してる~キレイにしてるのね?」
「オモニが掃除したのかな?」(アボジです!)
「この部屋好きよ!気に入った!」
「気に入ったのか?1、2年後にお金を貯まったら引っ越そう!」

17101608.jpg


ソヒョン+秘書君
大学まで送ってもらう車の中で…後部座席から秘書君の顔を(斜め後ろから)見てるソヒョン…
チェロを運んで、後ろを歩く秘書君に…
「どうして前を歩かないの?」
「前だとアガシを守れないから」と言われて、嬉しそうに前を歩くソヒョン…
(こっちも気になります(#^^#))

17101609.jpg


pan_2017101019591730c.jpgスーツ姿のナムグ…「10時までに戻るから」って…どこへ?
「じゃ~その間、オーブン使って自分のパン焼いてもいい?」
「OK!OK!」
大喜びのジスヽ(^o^)丿

スーツ姿のナムグ、ヒョク姉とすれ違い…ちょっと行き過ぎてから振り返り「ソヌ・ヒ氏?」
「気付かなかったよ~久しぶりだな~覚えてないのか?ナムグだよ!」

「覚えてるわ」
「この町に住んでたのか?」
「お使いの途中です」
「そうか…じゃあな~」

立ち去る時は、なんだか厳しい顔…
後姿をジッと見つめているヒョク姉…カフェに戻っても放心状態で、ヒョクに「幽霊でも見たようだ…」って言われてました(笑)

17101610.jpg


ジスは、自分で焼いたパンを持って、ジアンの会社へ行きました。
ドギョンがジスを発見!!
ジスの方はドギョンがヘソンの人間だと知らないので…
「ここで何してるんですか?オンニに会いに…あ、あ、人に会いに来たんです」
「オンニに会いに、ってもう言いましたよね?( ̄∇ ̄;)ハッハッハ」
「アジョシは誰に会いに来たんですか?」
「う~ん、妹は口が固い方かな?」
「あの日会ったことは、オンニに話してませんよ!約束したじゃない?」

「秘密を守れる人みたいだから、なぜここにいるのか教えようか?」と手招きしてコソコソ…
「俺がお前のオンニのオッパだよ!」
「えっ!ジアンのオッパ!!??」
「シ~!!」

ドギョンの計らいか…ジスはジアンの事務所に簡単に侵入(笑)
外で食べよう!というジアンに、無理にサンドイッチを食べさせて…
ジスを見て複雑な気持ちのジアンは「おいしくない…」

ジテが結婚することを、ジアンに教えてあげました。本当の兄の結婚…考えることがまた増えちゃったジアン…
「ところで、ホントのオッパカッコイイね?」ってジス…あっという間に秘密を暴露…
「どうしてオッパを知ったの?」

17101611.jpg


ネットがザワザワ
ドギョンとジアンの写真が、ネット上にUPされて…書き込みが↓
『間違いないチェ・ドギョンだ』
『これは彼女?』
『知ってるぞ、契約社員だった時に一緒に働いたソ・ジアンだ』
『再雇用で、正社員になったよ』
あっという間に1520hit!!
車で送ってもらった時の写真と、ず~っと前の、山奥でイベントした時の写真まで、UPされてます。
(ヤバ~イ!妹だって公表しないといけなくなる!)

同じ職場の人たちも、ネット閲覧!!
「副社長が俺に感情的になるのは、こういうわけだったのか…」と納得の部長(笑)
「こんなの信じられる?」とご立腹のユン・ハジョン

何も知らず、事務所に戻ったジアンに…
「あなたの企画が通ったのも、再雇用になったのも、理由が分かった」とハジョン…
女性社員と上司に呼ばれて、ネットを見せられて、初めてみなさんの視線の意味が分かりました。

ドギョン+ミョンヒ、ジェソン
「公表するまで、慎重に行動するように話したはずよ!」
「否定したところで、世間は信用しないぞ!社員と付き合ってるという記事なんだぞ!」

「40周年イベントのために、博物館に行っただけです」
「マスコミは、ウンソクの過去の生活まで探って、話を作り上げるだろう」

バタバタしてるところに、代表(ハラボジ)から電話
「今日、彼女を公表する!噂は、時間とともに増大する!消えることはない!社内で処理できなかったら、ドギョンは終わりだ!」
「今すぐ公表することはできない…話を作り上げないと」
「今すぐ役員を呼べ!あとは俺がやる!」

17101612.jpg


怖くなって、ひとりで屋上にいるジアンにドギョンから連絡
「6時に会議室に来い!今日、公表する!ハラボジが真実を話したいと言っている」
「ダメ、絶対にダメ!」

必要なことだけ早口で言って、電話を切ってしまったドギョン…
「どうしよう、どうしよう…どうすればいいの?」

17101613.jpg


会議室には、ドギョン家族とジニ夫婦他、会社のお偉いさん達が集合しています。
「今日お集り頂いた理由は…」と挨拶している時に、ジアンが来ました。
「デートでもなんでもないんだ、この二人は…」と言いかけた時…
「会長!私にお話させていただけませんか?お願いします!」

「ソ・ジアンです。契約社員で働いていて、契約は更新されることなく、退職しました。休職中にヤンピョンのイベントでアルバイトしました。もうひとり一緒の方がいたので探しました」
証人まで呼んでいて…女性が入ってきました。
名前を名乗り、8月のイベントの時ホテルで働いていて、ジアンがそこで仕事をしたことを証言してくれました。
ヤンピョンの写真は、報酬について話していた時のモノだと…

「じゃ、チェ副社長を以前から知ってるいるということですか?」
「はい、私の不注意で、チェ・ドギョン氏の車を傷つけてしまい、2070万ウォンの修理費の支払い義務があったのですが、私を気の毒に思い、彼が放棄したんです」

「どうなってんの?」とミョンヒ→ドギョン
(2000万ウォンの借金のことは知ってるので)

「運転していた車は、私のものではなく、上司の急な用事で運転していました。お金を用意できないのを聞いて、修理費を放棄してくれたので、イベントの仕事をしなければいけませんでした。私は携帯を失くして、その時のメッセージはありませんが、副社長は持っていると思います。みなさんに見せていただけますか?」

「見たいわ~」という女性役員にスマホが渡り、読み上げます。
『早く来い』『タクシーで行くお金がない!』『現地で金を払うから』『財閥三世なんですか?すご~い!』
まだヘソンの人間だとわかってない時なので、乱暴な言葉遣いなのがリアル~~

次に男性役員がスマホを…ドギョンのメッセージを読みます。
『急な用事ができた』『できる時に連絡しろ』
「この番号は『加害者』として登録してあります」

ジアンが失くした電話の、メッセージ履歴を印刷した用紙を、みなさんに配布…
「私はマーケティングチームに復帰して、チェ・ドギョン氏と再会しました。私は現在、40周年記念イベントの企画担当です。制作中のプロモーションビデオで明らかになりますが、レトロな背景のリサーチをしていました」

PVの資料を皆さんに配りました。
「偶然の一致ってあるんだなぁ」
「ホントだなぁ」
って、みなさん騙されています。それどころか「チェ副社長は寛大だなぁ」とか言われて…
役員の皆さまは、和やかに帰りました…

会議室に残った身内…
憮然としているジニ夫婦
「ナニ?このドラマチックな感じ?」
ハラボジは「ウンソクは素晴らしい!我々の血を引いてる!計画を成功させたいと思ったんだよ!もっとドラマチックになっただろ?ハッハハハ」

役員会議の模様がネットで流れ…
いちばん驚いてるのが、部長!!(笑)
『車の修理代が2070万ウォン!上司の車でした…急なお遣いの途中でした…』

ジアンが事務所に帰り…ドギョンも来ました。
「ジアン氏、ありがとう」
「こちらこそ、すみませんでした」
その他全員、拍手!
ドギョンが、チーム全員にごちそうする!出かけようと誘いましたが、忙しいと断るジアン…

部長が「ジアン氏…」と注意!
「断ると、また誤解されるだろう?ハッハハハ…じゃ、彼女なしで行くか!」

17101614.jpg


ジアンは夜中まで仕事をして、コンビニで缶ビール!(4本)
「俺から逃げられないぞ!」とドギョンが急に現れて、驚いてむせるジアン(笑)(ストーカー?)
「オッパなんだけど~?」

「ここで何してるんですか?」
「妹なしで、どうしてスタッフにごちそうできるんだ?なぜ電話も出ないんだ?」

「仕事中はサイレントにしているので…ここで何してるんですか?」
「何?お前は今日やったことを考えてみろ?俺たち家族を救ってくれた♪かわいい妹~♪」とジアンに抱きつきましたが…押し返されて( ゚Д゚)「ウンソガ~」
「違います」目をつぶって…
「何?」
「私はウンソクではありません」
「缶ビール1本で酔ってるのか?」
「私はあなたの妹ではありません。私はソ・ジアンです。本当のウンソクは、妹のジスです」
「今、何て言ったんだ?」もう顔が怒ってます。
「私はチェ・ウンソクではありません。ソ・ジアンです。本当のチェ・ウンソクは、私の妹ソ・ジス!

17101615.jpg

会議室の辺りから、もう目が離せませんでした。
娘だと話してしまっていたら、大変なことになるトコでした…
次回が気になって、気になって、早く見た~~い!!
関連記事




category: 黄金色の私の人生