韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『あなたが眠っている間に』 9話あらすじ ホンジュのお仕事の話…  

シェアする シェアする シェアする 後で読む LINEしちゃう
私のサイトは『韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中』 http://kandorapen.blog.fc2.com/
転載されて困っています。。。

PC用のトップページです↓
yuruku.jpg
スマホ用のトップページです↓
yuruku2.jpg

あなたが眠っている間に
당신이 잠든 사이에
While You Were Sleeping
SBS 2017/09/27 ~2017/11/16


キャスト 人物相関図
8話 あらすじ 10話


こんばんは~
前置きが長くてすいません。
とりあえず、記事をUPします。

あらすじ 9話
ホンジュの夢のシーンからです。
SBCのスタッフジャンパーを着て、雨の中で倒れていました。
目覚めてもまだ、夢の中にいるような感じ…
オンマの朝食を作る音が聞こえ…いつものように、オンマが部屋に入ってきて、カーテンを開けて、部屋が汚いってグズグズ…
オンマのおかげで、やっと夢から覚めることができるホンジュ…

朝、お着替えを済ませたジェチャン
ホンジュと( *¯ ³¯*)♡ㄘゅの夢が、頭から離れない様子…そして、このところ早めに出勤しているようです。

家を出ようとしたら、お隣さんがピンポーン!朝食のおすそ分け…ホンジュかと思い、スンウォンに「お前が出ろ」と散々ケンカしたのに、出て見たらホンジュオンマでした(笑)

17102801.jpg


いつものカフェへ立ち寄るジェチャン
「アメリカーノ、ダブルショットで…」
「ヘーゼルナッツシロップですね。ショートヘアの女性がもう注文しました」と店員さん(笑)
先回りされてます!

「お互いにすれ違っていたから、朝早く来たら会えますよって話したんです」(笑)

窓席で、外を覗き込んで自分を探しているんだな~の姿を見たジェチャンは、しぶしぶホンジュの隣に行きました。
「アイゴーヽ(´Д`;)ノストーカーか?やることないのか?」
「うん、ない(^^)朝早く、出掛けてるの知らなかった~この2、3日、時間を無駄にしたじゃない!」
「仕事を休んでいるんだろ?戻ればいいじゃないか」

「そしたら私と会えなくなっちゃうよ♪それでいいの?」ストーカー的発想(笑)
「おぅ!望むところだ!」

「だ・け・ど、仕事よりも、あなたの顔を見るのが楽しいんだも~~ん❤」
仕事復帰するべきかどうか、本当に悩んでいる様子のホンジュ…

17102802.jpg


一緒に乗りたくないのに、エレベーターで一緒になるユボムとジェチャン+その他大勢
いつものように、難癖を付けてホンジュのことまで話すいじわるユボム…

17102803.jpg


エレベーターの中のみなさん


「イ弁護士の女を取ったって噂…本当だったのね?」
「ホントか?」

「全部聞こえてま~す」
「聞こえてるんだったら、説明してもらえますか?」
「この手の噂は、手に負えなくなるからね~」

「言い訳をすれば、もっと制御できなくなります」
「ナム・ホンジュ氏は、どんな方ですか?」
「私もわかりません!」

「サムギョプサルのナム・ホンジュ?」
「ホンジュサムギョプサルの娘?」
「そこに行けば会えるのね?行かない?」(笑)
「彼女はキレイで聡明だと聞いたわよ」
ふん!って顔のジェチャン

「じゃ、シン検事みたいなのか?」
「い~~~え、違います!」ジェチャン
キレイ、聡明を否定された気分のシン・ヒミン、 (°Д°)カチン!! (笑)
「シン検事は、私たちみたいな一般ピープルの中にいたら、まあキレイだけど、ナム氏は違う!」
「チッ!」完全にキレるシン・ヒミン(笑)

「彼女のような人は、私たちと比べられない!」
「イ弁護士だって、なかなか近づけないタイプだって言ってたもの…魔性の女ってことよね?」
コーヒー飲んで、むせるジェチャン(笑)

エレベーター、何階まで行くんですか?話してる時間長過ぎ(笑)

17102804.jpg


美貌と知性を兼ね備えた魔性の女…こんなことしています↓
チキン屋さんで、いちばんおいしいドラムスティックの部分が、入っていなかったとクレーム(笑)
鶏の骨をキレイに組み立てて、ボードみたいのに貼り付けたのを見せてます(笑)

「他の箱に紛れ込んだんだろう」って言う店員さんに、これまで26羽買ってるのに、多めに入ってたことなんてなかった…証拠がある!とスマホを取り出した時にオンマが来て…
耳を引っ張って(笑)連れ戻しました…

17102805.jpg



オンマ+ホンジュ
「どうしたの?話して…」
「バカみたいでしょ?昔は仕事で、検察や警察を廻っていた。それなのにチキン屋で不正を暴こうとしている。才能の無駄だ…」

オンマは、ホンジュの部屋でみつけた『復職願』をテーブルにポンと置いて…
「仕事に戻るつもりなの?」
「うん…」

「記者として死ぬのを、夢で見た…仕事を続けるのが怖いって言ってたわよね?それで、この店の手伝いをするって約束したじゃない?なぜ心変わりしたの?何があったの?」
「心変わりはしていない。未来が変わるかもしれない…」
「変わることはないって、あんたが言ったんでしょう?」
「変えられるんだって分かったの。ジェチャンを見て!彼は二人の命を救った]
「彼を頼りにして、仕事に戻るってこと?彼があんたを救うって言ったの?守ってくれるの?」

「彼が変えられるのに、私は変えられないっていうの?彼は信じて、私のことは信じられないの?」
「そうよ!彼より危なっかしくて、弱い。あんたは私を心配している。私にはとっても大事…この世で、あんただけ…私の元からいなくなっちゃだめ…」

ホンジュ母子が抱き合っているところに、ウタクとギョンハンがご飯を食べに来ました。

17102806.jpg


ソユンのリサイタル会場にいて、ジェチャンに証言をしてくれたボン記者は、SBCでホンジュの先輩のようです。

ジェチャンの奥に座っているおばちゃん検事(ソン検事)が部長に…
「私の飲酒ひき逃げ事件の請求は、なぜ承認しないのですか?」
「証拠不十分と書いたはずだが…飲酒運転を幇助した乗客を起訴するのは、厳し過ぎる。知らないのか?裁判をしても無罪になるだろう」
「去年、同じような違反者が、ガンジュとテジョンで執行猶予の判決を受けました。日本でも同じ…乗客が懲役2年でした」

こんな感じの事件
泥酔するまで一緒に飲んで、ひとりの男が、警察の逃げ方を知ってるからと言って、家まで運転するようにもうひとりの男に頼んだ。彼は、飲酒運転を教唆した。9歳の子が事故のために、両親を失い、残りの人生を人工肛門の生活になった。

「運転手を止めていれば、こんなことにならなかった。これは重い罪に相当する」

部長「彼は運転していなかったんだから…車のカギを運転手に渡しただけだ。検事が、無罪の人を犯罪者にしてはいけない」
(韓国って、こんな考え?)

「部長!!」とキレるソン検事

険悪な雰囲気を紛らわそうとして…残り3人
「昼食にしよう。何がいい?」「とんかつにしよう!」ワイワイ…

シン・ヒミン「ホンジュサムギョプサルにしよう!!」
「あ、あ、あそこは遠いから、もっと近い所にしよう」
抵抗しましたが、部長も賛成して行くことになりました!

17102807.jpg


ホンジュのお店では…
ウタクが夢を分析しています。

ホンジュの夢…いろんな人が登場していたが、最近はジェチャンがよく出てくる。
ジェチャン…ホンジュ関連の夢
ウタク…ジェチャン関連の夢
何かルールがあるはず…(笑)
「それにしても、犯罪や災害を防いでるんだから…戦争とかテロが夢に出て来ないかな?ホンジュ、外国語をマスターしないと!国際レベルの災害も防げる」(笑)

ホンジュオンマは、ウタクの人柄が気に入った様子で、1票増えました。
これで、ジェチャン2票、ウタク2票です。(笑)

アホみたいな話をしているウタクに…
「楽しそうね~あんな夢を見るのが好きなの?」
「もちろんだよ!」
「自分が死ぬ夢を見ても?」オンマ、ピクッ!
「そんな不吉なこと言わないでくれよ」

「だって、あなた警官でしょ。大変なことだってあるじゃない。そんな夢を見たら、仕事を辞める?」
「まさか~警官になるために、耐えてきたことを知ってるか?」
「だけど死ぬかも…」
「自分の未来を変えるさ!変えられる!」
「そう?本当にそう思うの?」

オンマ…さっき1票入れたのに「出て行け!」
「お母さん、どうしたんですか?」
「帰ってって言ったでしょ!」って、ウタクをバンバン叩きます…

「突然どうしたのかな?何か変なこと言っちゃったのかな?」意味がわからないウタク…

17102808.jpg


ウタクと入れ違いにジェチャン一行が来ました。
パトカーを見て「あれ?ウタク?」
オンマはウタクの2票を、塗りつぶして消去!!(笑)

お店に入るなり、目が❤のホンジュとホンジュオンマ(笑)

17102809.jpg


ジェチャンが常連さんだと分かり…
「二人の噂は本当だったのね?」シン・ヒミン
「違います!!」
「常連さんなら、サイダーをサービスしてくれるわね?」

ソン検事「レストランで飲み物や前菜を、タダで要求する人って安っぽいと思うわ~法外な金を取るのと同じ!」
しょっぱい顔のシン・ヒミン、にっこりのジェチャン…シン・ヒミンに「ざま見ろ」って顔(笑)

「いいえ、無料でお出しします~」ホンジュ

シン・ヒミン→ジェチャン、攻撃が続きます(笑)
「彼女がホンジュ?と~ってもキレイね!聡明に見えるし…なんて彼女を説明すればいいかしらん♪魔性の女タイプ?」
真面目なクリスチャン部長「もう一度、何タイプですって?」(笑)

17102811.jpg


ここでも変なお祈りが始まり…呆然のホンジュ母子
ジェチャンはお祈り不参加ですけど。

お祈りにかこつけて…さっき言い争った飲酒運転の事故のことを、目を閉じて訴えるソン検事(笑)
部長に味方して、途中で遮るように「事故は過失によるもの…」とシン・ヒミン
目を閉じながら、4人の攻防が続き、お祈りが終わりません(笑)
とうとう…部長「この国では、年長者を尊敬するのが美徳とされていま~す」
ソン検事、目を開けて、手を振り解いて…「なぜそんなことを話すんですか!!」

イ検事「落ち着いて下さい。公明正大に投票はどうですか?」
ヤケクソのシン・ヒミン「サイダーをタダで持ってきて!!」
ソン検事「無料はダメです!!」ってまた険悪に(笑)

投票結果
乗客も罪になる→ソン検事、イ検事
反対→シン・ヒミン、部長

どっちも手を挙げないジェチャン…非難されて…
「両方とも、主張は妥当だと思いますが、私はもっと考える時間が必要です」
「他人の意見に惑わされないで、正直になってよ~小心者になってないで…」
「そうじゃないわ!!」反論したのは、サイダーを運んできたホンジュ
「私は、このような祈りは宗教的中立性に反していると思います」
「私たち4人はクリスチャンなんです」
「えぇ~まさか…国民の20%がクリスチャンでしょう?あなたたち4人がクリスチャンである確率は、0.0016、double rainbowを見る確率より低い…言い換えると、不可能!!あなたたちの何人かは、実際の宗教を隠している!彼は、組織的文化に染まらないで、自分の信念を表現することを怖れていない…他人が考えることを怖れたり、心配したりする人ではないと思っています!正しいことをするために、じっくり考えているに違いない。誰よりも慎重だから…」

イ検事「や~あの女性は誰ですか?喋りがすごいね~」
部長「彼女の話し方…聞いたことあるな…」

17102810.jpg


昼食後…部長、思い出しました!
「ナム・ホンジュ!レストランの女性は、記者だ!SBCの社会部の記者だ」
「どんな記者だったんですか?」ジェチャン
「自分の意思がしっかりしている人だった。容疑者を護衛する時に、いつも妨害した。2年前…検事事務所での性的暴行事件で、副検事長をクビにした人だ…海外の特派員でもやってるのかと思ってたよ…」


ホンジュは玉ねぎの皮をむきながら…
テレビに映る先輩のボン記者を眺め…、お昼に意見を戦わせている検事たちの様子を思い出し…涙が…

エプロン姿のまま、SBCのビルの前に立っていました。
つ・づ・く

17102812.jpg



記者時代のホンジュも映っていました。
そんな立派な娘が、チキンのドラムスティックでケチ付けてちゃ~恥ずかしいから、そそくさ連れ帰るオンマの気持ち分かります…

いつもスニーカーに短めジーンズのホンジュ…
洋服はかわいいんですよ…
今日のカーディガンは、高くて手が出せないやつだ~と思いながら見ていました(*゚ー゚)>
左:同じやつ、中古
右:色違い、たぶん新品…4、5万するのかな?
『シークレットガーデン』で、ヒョンビンも着てた。。。
そんなのばっかり見てるσ(・_・)ワタシ



関連記事




category: あなたが眠っている間に