韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

あなたが眠っている間に あらすじ12話 飽きてきた…  

シェアする シェアする シェアする 後で読む LINEしちゃう
smallheart.jpgこのサイトは『韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中』で~す!!
http://kandorapen.com のみで、他サイトへの投稿はしていません。

こんばんは~
わたくし…『黄金色の私の人生』とコレと、両方見ているのですが、パク・シフの方が楽しくて、楽しくて…

コレ、ちょっと飽きてきました。
W -君と僕の世界』を見ていた時と、同じような症状です。
どうしよう…


あなたが眠っている間に
당신이 잠든 사이에
While You Were Sleeping
SBS 2017/09/27 ~2017/11/16


キャスト 人物相関図
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話


あらすじ 12話
ステキな場所で、デート❤ドビュッシーの『月の光』が流れています。

「カン・デヒという男が、あなたの夢で私を攻撃したの?」
「最近、お前はどんな事件を担当してるんだ?危険なことや、恨みに繋がることはないのか?死亡保険金に関することは?」
「な~んにも!猫だもん、人でさえない。野良猫…誰かが毒で猫を殺しているの。みんなが、このニュースをやれって」
「あぁ~良かった…」(心配してるのね)

17110401.jpg


「レポーターとして死ぬ夢を見たんだろ?これがそうだったら…」
「これじゃ~ないでしょう?場所はどこ?」
「もしかして山だった?」→NO
「緑色の傘だった?」→NO

ホンジュはジェチャンの手を握りながら…
「あなたの手を握って、道を渡る時、恐怖や心配や何もかもなくなるの…そうじゃなきゃ、記者はできない」甘々…
微笑み返しのジェチャン「お前、変わったな」
「誰のおかげ?(*^-^)ニコ」

「カン・デヒは今、裁判中だ。賢いシン・ヒミン検事が担当しているから、自由にはならないはずだ。心配するな!その代わり、約束しろ!」

約束は、後でわかったんですが、危ない時に「助けて~」とか「場所と時間」を言えってことでした。
そうすれば、助けに行けるから…
↓ホンジュが記者のジャンパーを着てなくなる、夢のシーンです。

17110402.jpg


第2審の日…
緑の傘をさして、車から降りた人…ユボムでした。
夢と同じ傘だと思うんですけど…

17110403.jpg


裁判が始まりました。
シン・ヒミン検事
「これは、被告人カン・デヒが、弟が亡くなった日に、携帯で検索した結果です。被告人は、ドムントンネルに故意に衝突して、弟を殺した。この犯行シーンの目撃者がいないか、探したもの…そして、解剖を避ける方法も検索していた。遺体の火葬も急いだ。葬儀の間、死亡保険の請求の仕方を検索していた」

ユボム
「彼が弟を殺して、この検索をしたと想定するならば、マクチャンドラマ(막장드라마)になる。だが、殺さなかったならば…もう一度、検索ワードを見て下さい…別のストーリーになる。被告人は、遺体を傷つけたくなかった、弟に敬意をはらいたかった。だから、解剖をしなくていい方法を探した。経済的理由から、葬儀費用が掛からないようにするために、火葬について検索していた。弟を亡くした悲しみ以上に、経済的な焦りから、保険のことを考えるようになった。以上が、この検索ワードの理由だ。これもまた、理にかなっている!」

「何がだよ」傍聴席で、とうとう声をあげるジェチャン(笑)
注目を浴びて…小さくなっていました(笑)

シン・ヒミン
弟を失くした悲しみ以上に、経済的困窮があったのに、どうして保険料を、月々400万ウォン、支払えるのか?被告人は、シートベルト未装着で、しばしば罰金を支払っていたが、事故当日、被告人のみシートベルトを装着していた。弟はしていなかった。これは偶然なのか?

ユボム「罰金を払っていたから、あの日装着したんだよ」
ヒミン「事故後も罰金を払ってる。どう説明するのですか?」

イ検事…咳払いのふりして「いいぞ~」みたいなことを(笑)

車載カメラの映像
「眠いのか?」
「ああ、デヒ、ちょっと眠くなった…今日は、仕事が大変だった、疲れた」
「ちょっと寝たらいいよ。あとで起こすから」
(傍聴席で妹が、涙を流しています)

ヒミン「御覧のように、車載カメラは上方に向けられています。記録されたくないことがあったのではないでしょうか?」
ユボム「記録したくなければ、取り外したはずだ。記録から聞いて分かるように、兄弟仲は非常に良かった」

救急隊員+ヒミン
「運転席は大丈夫だったが、助手席は完全にメチャメチャだった」
「運転者の意識はありましたか?」
「はい」
「助手席の弟を助けるように、頼まれましたか?」
「いいえ」

救急隊員+ユボム
「被告人は、大量出血だったが、助手席の方は出血が少なかった。出血がない損傷とは、どんなことを意味しますか?」
「おそらく、死後の傷…」

「被害者の体温は、事故後35度だった。これは低すぎませんか?」
「はい、死後1時間ごとに1.5度低下します」
「では、1.5度以上落ちている…1時間以上経過しているという意味ですか?」
「はい、酸素レベルはゼロでした。ゼロになるには1時間以上掛かります」

「この診察結果は、被害者が交通事故前に亡くなったことを意味しています」

ムン事務官+チェ捜査官
「交通事故の前に亡くなったって、言ってるみたいですよ~、どっちにしろ保険金殺人でしょ?」
「そうじゃないよ~、検察は交通事故で殺したってことで起訴したんだから…この裁判では無罪になる」

↑やっと納得できました。そういうことね~

裁判に戻ります。
ユボムは…心臓発作で亡くなった後、事故に遭ったと主張…(仮説ですが)
解剖していないので…1%でも仮説の可能性があるならば、無罪だって~

17110404.jpg


裁判前のカン・デヒ→ユボム
交通事故で亡くなったのではないから、解剖したくなかった。
青酸カリで殺した。まず猫で試した。
交通事故では、意識を取り戻したら大変なので、100%殺すために、青酸カリにした。
遺体は火葬したので、発見されない…

人でなしってな顔のユボム

17110405.jpg


反省会
ジ「カン・デヒが弟を殺したのは明らかだ。どうして無実を受け入れなければいけないんだ?!」
ヒ「これを言ってはいけないのは重々分かってるんですが…なぜ解剖しなかったんですか?解剖しなかったから、こうなったんですよ!」
イ「そ、それは…」
ソ「医者と警察が、事故だと言ったのよ…被害者の家族が悲しんでいる時に、強くは言えない…」
ジ「釈放の日に、別の逮捕状を請求してはどうですか?」

部「死因も分からないのに、どんな逮捕状を取るんだ?釈放したくないが、法を無視することはできない」
ソ「被害者の死因が分からなければ、無実!というのは、問題です!!」

17110406.jpg


結局…釈放されました。ユボムに握手を求め、応じたのですが、その後、洗面所で血が出るほど激しく手を洗うユボム…(殺人者だもんね~?)
鏡を見ながら「ずいぶん変わってしまったな、ユボム」と自分に問いかけて…

ユボム+ジェチャン
「交通事故でなければ、なぜ死んだんだ?知ってるのか?」
「自分で見つけろ!」
「カン・デヒを釈放したら、妹も殺される!たくさんの人を殺せば、お前は責められることになる!」
「俺が?責められるのは、検察だろう?有罪を証明する証拠を、お前たちが持ってくるべきだろう!!俺は、弁護士としての仕事をしたまでだ」

17110407.jpg


ウタク+ホンジュ
ウタクから、猫にチキンをあげていた男の目撃情報を聞いたホンジュ…
ホンジュはチキン屋の男が、そんなことしていたのを思い出しました。

同じころ、ジェチャンは…
ホンジュとカン・デヒの夢を思い出していました。
『なぜ、カン・デヒがホンジュを攻撃するんだ?』

カン・デヒ逮捕の夢では…栄養ドリンクのパックと、毒を入れたと思われる注射器が…
毒で殺された猫の事件を担当しているホンジュ💡

ジェチャン+チェ捜査官
「カン・デヒを検死した時、遺体に、毒殺された可能性は何かありませんでしたか?」
「お、お、お!!!血の色!普通は青みがかった赤なのに、被害者の血の色は、オレンジがかったピンクだった。毒に感染した症状だ!」
「青酸カリですか?」
「そうだ!!!!」
興奮して、ツバだらけのチェ捜査官
ジェチャンは、急いで外へ…

17110408.jpg


カン・デヒ+妹…チキン屋で
「心配しただろ?」と、妹の手を握ろうとしましたが、拒否され…
「私はオッパの味方だった。検察が何て言っても、そんなことないと話した」
「知ってるよ。だから、ここにいる」

「私…裁判を見に行った。車載カメラの声…二人ともオッパの声だった。オッパが、本当に殺したの?」
(自分が弟に話しかけて、弟の返事も自分が喋っていました)

17110409.jpg


チキン屋の外に到着したホンジュとウタク
先に入ったウタク…異様な空気の兄妹…
声を掛けたウタクを、カン・デヒは無表情のまま刺しました!!
さらに殴りかかり…

ホンジュも店の中に入り、カン・デヒをバッグで殴ったら…ホンジュの方へ向かって行くので…
カン・デヒの足にしがみついて、ホンジュを守るウタク…

17110410.jpg


刺した傷を踏みつけたりして、ホントに残忍なヤツ…

ホンジュは妹と一緒に逃げましたが、二人とも携帯を持っていなくて…連絡できず…

17110411.jpg


ブルーシートの陰に二人で隠れて…
「もしこれを夢で見たら、どうか早く来て、助けて…」
夢で見れるように、時間と場所を言いました。

17110412.jpg


ブルーシートをめくって、カン・デヒが覗き込んだ時…サーチライトみたいのが光り、辺りが明るくなって…
ジェチャンがヒーローのように(笑)登場しました。

相当急いで来たらしく、ゼーハーしながら逮捕状を読み…
助かりました(´・`)ホッ
つ・づ・く

17110413.jpg

甘々シーンから始まり…最後は息が詰まる展開でした。







関連記事




category: あなたが眠っている間に