韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

あなたが眠っている間に あらすじ14話 ミニソー、メイソウが気になって(笑)  

シェアする シェアする シェアする 後で読む LINEしちゃう
このサイトはsmallheart.jpg『韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中』kandorapen.com で~す!!

こんばんは~
なんとかまだ見てるんですが…放送はどんどん進んでいて、もう終わったんですね?


while you were sleeping1

あなたが眠っている間に
당신이 잠든 사이에
While You Were Sleeping
SBS 2017/09/27 ~2017/11/16


キャスト 人物相関図
13話 あらすじ 15話


あらすじ 14話
犬に荒らされた家
「ここで何してるの?ジェチャン、なんで電気も付けてないの?」
ジェチャンは、窓から、お向かいさんの様子を見ていました。
楽しそうに焼き肉パーティをしているホンジュ親子とウタク…
苦々しい顔で見てます(笑)誘われなかったの?

焼肉パーティで…
ホンジュオンマ「聞いたわよ~ホンジュを助けてくれたんだってね?」
「警官として、やるべきことをやっただけです」爽やか笑顔(^^)
「元気になるまで、私がお世話するからね!!どんな料理が好き?」

「あれ?シソの葉がないなぁ~?焼肉はシソの葉がないと…ちょっと待って」

ウタク→ジェチャン
「家にシソの葉ある?」
「ないよ~( ̄□ ̄#))
「買ってきてくれない?あれがないと焼き肉を食べた気がしないから…」
「あぁ、そ、そうだねぇ…買って来るよ」
「たくあんもね~♪」

17111501.jpg


しょうがなく買い物に出たジェチャン…ホンジュも家から出てきました。
シソの他にも、ソックスやパジャマを頼まれたみたいで…「じゃ、大きい店に行こう!」って、行ったところが
『メイソウ』という店…

http://www.miniso.jp/
ネーミングがダイソーのパクリ?、ロゴはユニクロのパクリ?正式名が『名創優品』って、『無印良品』?パクリオンパレードみたい(笑)
東京に本社があるらしいんですが…中国!!
そんな気がした…


17111502.jpg


買うモノが気になるというウタク…
ビデオ通話で、あれこれ指示しながら欲しいものをchoice!!

ホンジュに似てるってことで、ペンギン?も、購入!
いろいろかわいかったので、キャプチャーしました(笑)

17111503.jpg


お買い物から帰り…
荷物を持ってあげるというジェチャンに、「お世話になりっぱなしは嫌だから」と遠慮…

「恩返ししたいんだけど、できない。少しずつ返したいんだけど…」
「俺は例外になれないのか?」

「なんで例外になりたいの?私に会ったらいつでも、助けたいの?❤私を守りたいの?❤私を心配してるの?❤」
「そうだ」
「ゴホッ!」
(いつものストーカーのノリで話したのに…真面目な返事でビックリ)
「最近、どうしちゃったの?冗談で言ったのに…」
恥ずかしくて、顔をパタパタあおぐホンジュの手を握って…(≧∇≦)キスシーン❤のはずが、シートベルトのせいで、あと少し距離が足りませんでした(笑)

17111504.jpg


気まずいジェチャン…
「ジェチャン씨…さっき、車の中で何しようとしたの?」
「お前が、この前エプロン外そうとしてやったのと同じじゃないか…。あの時、俺はお前の気持ちを考えて、何も言わなかっただろ?」

17111505.jpg


言い訳するジェチャンに( *¯ ³¯*)♡ㄘゅ
「これが、あなたがやりたかったことだと思ったんだけど…」

ぼーっとして固まってるジェチャン(笑)
ウタクは、インターホンのカメラで見てました…

「気に入らないのがあったら、交換してね」というホンジュですが、「その必要はない!全部気に入った!」ってニッコリするウタク…袋の中身を見てもいないのに…

17111506.jpg


帰宅したジェチャン+スンウォン
「あの男からまたお金が送られてきた」
10年くらいずっと送金するアジョシがいるようです。
いつか見つけて返金するつもりでいるので、何も手を付けていない様子…

回想シーン
葬儀会場でジェチャン少年が、ホンジュの手を引いて、物陰に隠れました。

追って来た記者たち…
「礼服を来た子は警官の息子で、野球のユニフォームの子は運転手の息子だ」
「犯人の兄が警官だった。葬儀会場にいるらしいぞ」
「じゃ、そっちに行こう!」

ジェチャン少年+子供ホンジュ
「お前が亡くなった運転手の息子なのか?」
「お?うん」(女だと言えばいいのに)

すぐ近くに人影があり…警官が立っていました。
ジェチャン父の部下…ジェチャン少年が問題を起こした時に、優しくしてくれた人…この人の弟が、父親を殺した軍人でした。

泣きながら、警官に掴みかかり…
「これから、いくらでも父親を感動させることができる。たくさん時間があるんだからってアジョシが言ったのに…もうできないじゃないか!アボジはもういない…」
「ミヤナダ、ミヤナダ…」と涙を流すばかりの警官…


この人が、ジェチャンとスンウォンに送金し続けているのですね?

17111507.jpg


翌朝…
外でジェチャンが待っているのが見えて、出て行けないホンジュ…(恥ずかしくて…)
オンマに「もう仕事に行ったって言って」とお願い→「アラッソ~」

オンマ+ジェチャン
「ホンジュが、もう仕事に行ったって言って欲しいんだって…何があったの?ケンカしたの?」(笑)

門の中に向かって「ナム・ホンジュ씨~出て来~い!遅れるぞ~」

ジェチャン+ホンジュ
「昨日のことで、避けてるのか?」
「昨日?昨日何かあった?あなたに会ったかしら?」(笑)
「何もなかったって言うんだったら、話そうか?」
「何のことかしら?」
「昨日何もなかった。でいいか?俺が探した時に、いつも逃げるのは止めろ、いいか?」
「うん(#^^#)」

前回も出て来た工事のシーン
通信工事ですね?

「今度はちゃんと直してよ~」って、今月だけで3度目だそうです。
帰り際に、「ゴミ出しましょうか」と言って、また段ボール箱を持ち帰りました。
箱の中を見てました。怪しいヤツです。

17111508.jpg


と思っていたら、早くも…
パトロール中のギョンハンと婦人警官の元に、変死の現場に行くように指令が来て…

↓こんなことになっていました。
被害者はアーチェリーの女王ユ・スギョン、重要参考人はド・ハギョン
後頭部から大量出血…そしてその血液で幾何学模様を描くって、変な事件…

17111509.jpg


この事件のニュースを、食い入るように見ていたウタク…
「引っ越しする…仕事にも戻らなきゃ」ってことで、ホンジュとジェチャンが送って来ました。

「何か必要なものがあったら、連絡しろよ」
「大丈夫だよ。お前たちは、もう俺に借りはない。この数日間楽しかったよ」
「なんでそんなこと言うんだ?」
「ジェチャン씨が言ったことは正しいよ。俺は傷の自慢もしないし、恨んだりもしない」
↑夢で見たの?

「お前が大丈夫で嬉しかったんだから、泣いて欲しくない。自分を責めないでくれ」
「ちょっと待って」ジェチャン
「もしかして、公園にいた?」ホンジュ
「いや、夢で見たんだ」(やっぱり~)

「それで、お前のための買い出しも、俺たちにやらせたのか?」
「今わかったのか?」

「ウタクってミステリアスね」とか言いながら、帰る二人…

17111510.jpg


ウタクの夢
ジェチャンの尋問に答えるウタク…
「ド・ハギョンとの関係は?」
「高校へ一緒に通っていました。1年半前までルームメイトでした」

ホンジュからの電話で目覚めました。
「大丈夫?何かあったの?」
「なんでだ?」
「あなたの夢を見たの…容疑者のド・ハギョンを知ってるの?あなたの家に押し入っていた」
「なぜ、俺の家に来るんだ?」

「あなたは知っていたのに、知らないふりしていたんでしょ?」
「違う…本当に知らないんだ。その夢は、なんか意味あるものじゃないよ」

「ドアをノックした?あなた、何を知ってるの?早く警察を呼んで!ウタク!」
「俺が警官なのに、なんで呼ぶんだよ~」

「その男が、あなたに掴みかかって脅迫してるのを見たんだから!」
「アラッソ、アラッソ、心配するな」

17111511.jpg


電話を切ったウタク…
「おまえがなぜここにいるんだ?ド・ハギョン!」
「パスワードを変えてないからさ」

ド・ハギョン+ウタク
「俺、殺人者になった」
「ニュースを見た。警察はお前を探している」

「俺はやっていない。彼女の家に入って、インターネットの具合を修理して、すぐ帰ったんだ。それなのに彼女を殺したと言われている。何もやってないのに…何が起こったのか分からない」

「まず自首しよう。俺が付き添う」
「自首するけど、俺を助けてくれるよな?お前は優秀な男だと、知っている。警察にコネもある。俺を信じてくれるよな?」

「お前を信じると言えば、自首するのか?」
「万が一、こんなことで殺人者になってしまったら、お前の秘密を警察でぶちまけるからな!そうして欲しくないよな?だったら、俺の無実を証明してくれ!」

ジッとしていられないホンジュは、着替えて外に出ました。
つ・づ・く

17111512.jpg

ウタクの秘密って…
もともとウタクって死ぬはずの人でしたよね??
何があったんだろう?…って早く先を見ればいいんですよね。
ミニソーとかメイソウとか調べてないで…

関連記事




category: あなたが眠っている間に