韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

あなたが眠っている間に あらすじ23話 イ・ジョンソク君、赤ちゃん言葉で頑張りました(笑)  

シェアする シェアする シェアする 後で読む LINEしちゃう
このサイトはsmallheart.jpg『韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中』kandorapen.com で~す!!

こんばんわ~
このドラマ…面白いっちゃ~面白いんですけど…
なんでしょう?いまいち前向きになれないのは…
とりあえず最後まで見て、書こうと思います!!

while you were sleeping1

あなたが眠っている間に
당신이 잠든 사이에
While You Were Sleeping
SBS 2017/09/27 ~2017/11/16


キャスト 人物相関図
22話 あらすじ 24話


あらすじ 23話

臓器提供と解剖を、同時に行うことを提案したジェチャン
部長付きの事務官かな?太った女子が庁内に情報を拡散!!

言い切った割りには、一人で髪の毛かきむしりながら、「この口が、何で言ってしまったんだろう…」って半泣き(笑)
ホンジュから電話…
「どう決めたのか、気になって…」
「お前の気持ちと同じだよ」
「いちばん大変な選択をしたのね?自信はあるの?」
「もっちろ~ん!!自信があるから、そうしたんだよ」
「信じない。どっかの隅で、髪の毛引っ張ってるんじゃない?」
「夢で見たんだろ?」

「違うも~ん!」
ホンジュ、そばにいました(笑)
「心配しないで、夢で見たの。臓器移植手術はうまくいくし、ジェチャン씨は裁判に勝つから!」

ニコニコして仕事に戻るジェチャン
「はぁ~、ウソも見破れないなんて…」

171223101.jpg


イ検事+ソン検事
「病院に戻られた方がいいですよ」
「どうしたの?」
「チョン検事が臓器採取の承認を得ました」
「何ですって!!」

(そして、移植できましたよ…)

171223102.jpg


バス停で待っているホンジュを、通りかかったウタクが会社まで送っているところ…
ジェチャンが裁判で勝つ夢を見たと、ウソをついたことを打ち明けました。
「最後までつき通したら、ウソじゃないって言っただろ?」

ド・ハギョンがウタクに、バラしてやるって迫っていた夢を見ているホンジュ…
「ウタクもそんなウソがあるの?」
「いや、ないよ」
あっさり~なウタク…
(なんだろう?ずっと気になってるんですけど

171223103.jpg


ユボム+ムン・テミン
「まったく、イ・ファンのクソ野郎のせいで…」
「あ~~、韓国の貴重な作家さんの口からそんな…」
「あいつのせいで、私が殺人犯と呼ばれるかもしれないんだから」
「殺人犯と呼ばれて当然じゃないですか?あの助手の首を絞めて、意識のない彼を動かして、エレベーターの昇降路に突き落としたんですから…殺意を持って…だから、あなたは殺人犯ですよ」
「私を無罪にすると思ってましたけど」
「フッ!そうしてみせますよ。ですが、あなたの罪を忘れないでください」
「本当に無罪判決になりますか?」
「過失致死罪で起訴されたら、無罪になるのは難しいでしょうが、幸い検事があなたを殺人で起訴してくれました。殺人なら、無罪になるのは簡単です」

いつもの会議
シ「殺人罪で起訴したら、無罪になり得るわ」
ジ「殺人だから殺人罪だ。何の罪名にすれば良かったんだ?部長も殺人罪だと言いましたよね?」
部「殺人は、裁判中に照明するのは本当に難しいんだよ。準備できないものに飛び込んで、無罪になったら大問題だ!安全策を取って、過失致死か加重暴行に変更することを考えろ」
ジ「できません。これは絶対に殺人です」
シ「なぜそんなに無謀なの?何か信じられるものがあるの?」
ジ「あるよ!!」
(ホンジュのウソの夢…)

イ「殺人罪で告発して、過失致死罪を付け加えよう」
ソ「それはムダよ。予備罪は、検事が有罪を証明する自信がないってことを、裁判官に告白しているようなものでしょ?」
ジ「絶対に殺人罪でいきます!」

ユボム+ムン・テミン
「ジェチャンは殺人罪を押し通すだろう」
「殺人罪が無罪になりやすいんですか?」
「殺人罪と過失致死罪の違いは簡単です。あの人が死のうと関係ない、という考えは殺人なんです。おそらく死なないな、という考えを押し通せば、過失致死なんです。殺人罪は、労力を要する。難題を克服できなければ、無罪になる」

171223104.jpg


裁判が始まりました。
ジェチャン
「被告は、被害者と他の助手に対して、学生たちの家庭教師を命じたり、洗車させたり、引っ越しを手伝わせたり、私用を指図していました。仕事中の態度を非難して、よく暴力も振るいました。被害者が、被告の出版会で、暴力と搾取を告発しようとしたことに腹を立て、被害者を呼び出し、暴力を振るいました」

ユボム
「被害者イ・ファンは、被告の出版会で許可もなしに、被告の写真を公開しました。名誉棄損行為について、被告は暴力を使わずに、文句を言ったのです」

ジェチャン
「暴力行為の最中に、被告は気を撃ちなわせるために、被害者の喉を圧迫しました。そのままにしては、被害者が更に告発行為に出ると危惧して、被害者を殺害することに決めたんです」

ユボム
「ちょっとした口ゲンカや、荒っぽいケンカがあったのは認めます。しかし事件当日、イ・ファン被害者は、酔っていたため判断ができるような状態ではありませんでした。そのため、被告は犯行現場を去ったのです」

ジェチャン
「被告はエレベーターの入口の奥に、意識を失った被害者を、隙間から強引に突き落としたんですよ。被告は約20メートル下に、被害者を突き落としたんです。そして事件3日後、2016年6月2日、被害者を死に至らしめました」

ユボム
「被告が去った後、イ・ファン被害者は怒りを押さえることができず、エレベーターのドアを蹴って怖し、騒動を引き起こしたんですよ。彼自身でエレベーターの昇降路に落ち、亡くなったのです」

ジェチャン
「検察は刑法第250条第1項において、被告を殺人罪で起訴します」

ユボム
「被告は被害者を殺害する目撃がなく、被告が被害者を殺害したという直接的な証拠もないことが、この告訴を否定する理由です」

証拠に異議申し立てのユボム
「この事件の唯一の目撃者ですが、4歳9か月の子供です。確かな証言ができるのか、幼児の能力とその有効性を疑います。幼児の証言を、直接聞く必要があると思います」

ソン検事は、夜遅くまでお仕事をして、調べ物をしているようでした。

171223105.jpg


幼児の証言を、聞いたと言うウタク…
「子供の知性に合わせて、感情的に繋がるんですよ」
「どうやったんですか?俺にもやり方を教えてくれよ」

赤ちゃん言葉で話すウタクを見て、爆笑するホンジュオンマとスンウォン(笑)
「子供みたいな声ね…だけど裁判でそんなことできる?」
「なんでそんなことするんだ?保護者か児童心理学者を呼ぶよ」

サンタさんが好きだ、という情報をウタクからもらいました。

171223106.jpg


大量のもやしの根っこを取って、「オモニ、これどこに置きますか?」
「何がオモニよ?いつものように呼んでちょうだい」
なんだか冷たくなったオモニ…にショボ~ン

これって、出勤前なんですけど…
みんながホンジュの家に集まって、もやしをいじってる時間があるの?
何時起き?

普段も、朝、カフェに寄ったりして、ホンジュを会社まで送って行くんですけど…
時間の感覚がおかしくないですか?

171223107.jpg


オンマの部屋で、お裁縫道具を探していたホンジュ
引き出しから、ジェチャンプレゼントの指輪を見つけました。
「これが、なんでここにあるの?もしかして、わざと隠したの?」
「うん」
「教えてよ、このところ、何でジェチャンに対してあんな態度なの?」

ジェチャン、忘れ物の携帯を取りに戻ってきました。
「あんなに冷たくするなんて、ジェチャンは何をしたの?」
「チョン検事と、13年前にお葬式で会ったって言ったでしょ?それなのに、チョン検事に会っても大丈夫なの?お母さんは大丈夫じゃないわ。あなたのアッパに起こったことを、やっと忘れてきたのに、チョン検事に会うと思い出すのよ。あなたは大丈夫なの?」
「うん、私は大丈夫」
「違う、大丈夫じゃないはず!この間、チョン検事が死にそうになった時、なんて言った?アッパの事件みたいに、変えられなかったって!アッパみたいになっちゃったら、耐えられないって!泣きじゃくって気絶して、正気じゃなかったでしょ!」

ジェチャン、聞いていて悲しくなる~~

「他の人には分からなくても、オンマには分かる。今、心の中でどう思っているか分かる。アッパの死とチョン検事のケガで、自分を責めて心の中が病気になっているのよ。これからも自分を責め続けて、心の中が病気になって、倒れて傷つくの」
「オンマ~」
「チョン検事に会ってたら、またあんたが傷つくんじゃないかって怖くて、心配なの」
「オンマ、私は本当に大丈夫よ。あの人のおかげで、気分が良くて幸せなの。だから、こんなことしないで…私が好きなように、オンマもあの人のことを好きになって!ね!良くしてあげて」

ジェチャン、わざと玄関のドアをバタン!!
「ナム・ホンジュ~俺の携帯見たか?」
「うん、ここにあるよ」

一緒にいつものバス停に行きました。
しつこいんですが…何時に起きて、今何時?
相当じっくりオンマと話したし…その前に大量のもやしをやっつけて、赤ちゃん言葉のくだりもあったし…

171223108.jpg


証人尋問…こんな形でスタート
「こんにちは、イム・セヨン君、聞こえますか?」
「はい」
「警察官に助けられましたよね?その時話したことを教えてくれますか?」
グズるセヨン君

裁判長「証人が落ち着いたら、また後で行いましょう」

反対尋問でユボムが子供に…
「ここは怖すぎるでしょ?もうお家に帰りたいですよね?」
「はい」
「ここに来る時は、何に乗って来ましたか?」
「バスです」
「何番のバスですか?」
「分からない…」
「イム・セヨン君、何番のバスで来たのか話してくれたら、帰っていいですよ」
「覚えています。6番です」
「セヨン君のお母さん、今日は6番のバスに乗りましたか?」
「いいえ、443番です」
「イム・セヨン君、今ウソをついたんですか?」
「分からない…」泣き出すセヨン君
「以上です」
子供の証人じゃ~ね~って感じになっちゃいました。

171223109.jpg


裁判長「検察官、もう一度尋問しますか?」
「はい!!裁判官、証人と感情的なつながりを持つために、法廷での適切な言葉を使わずに尋問を勧めます」(笑…やるんだ?)

口元ピクピクのジェチャン、笑顔を作り…
「イム・セヨニ~ン♪僕はサンタおじいちゃんのお友達だよ~サンタおじいちゃん知ってるでしょ?」
「はい、でも本当にサンタさんの友達?」
「このガウンは、サンタさんのお友達の制服なんだ~♪クリスマスの時に、このガウンを着て、空を飛ぶことができるんだよ~♪」

呆れるみなさん…ですが、セヨン君は「うわぁ~」って、反応がいいです。

「サンタさんには、絶対にウソつかないよね~?」
「はい」
「じゃ、サンタさんの友達の僕には、ウソつかずに教えてくれるかな~♪」
「はい」
「警察のおじさんに、この絵を描いてあげた?」
「はい」
「上手だねぇ~♪このおじさんが、このお兄さんになって言ったか覚えてるかな?」
「はい、覚えてます」

裁判長に「尋問する前に、証拠67番イ・ファンさんの音声の録音と、比べ聞きたいと思います」

ユボム「今聞くと、子供が真似して言うかもしれない。いや、もう子供に聞かせているかもしれません」
「まず子供から証言を聞いて、音声を聞こうと思っています。この録音は、捜査を行っている検察が見つけたものです。イム・セヨン君は、この裁判で初めて録音を聞きます」
裁判長「尋問を続けてください」

「さぁ~セヨニ~♪このおじさんは、このお兄さんになって言いましたか?」
「お兄さんを押して、酔っぱらってるのかって聞きました。酔っ払いと言ってました。

音声を流しました。
『酔っぱらってるのか?こんなふうに酔っ払いのヒステリーを起こしたら、テロ行為とみなされるんだぞ!』

「このお兄さんは、なんて言いましたか?」
「何も必要なものはないって言ってました。それから靴磨きを習ったって言ってました」

音声『いえ、デビューする必要はありません。教授から習ったことは、靴磨きと洗車だけです』

「さぁ~セヨニ~、もうすぐ終わるからね♪この二人はどうしましたか?」
「白髪のおじさんが、お兄さんの首を掴んで、一生懸命押していました。バンバンって、お兄さんの頭をとっても強く押してました」

「それから白いシャツのお兄さんは、どうなりましたか?」
「急に眠ってしまいました」
「眠ってしまったんですか?」
「それから白髪のおじさんは、白いシャツのお兄さんに何をしましたか?」
「エレベーターにお兄さんを落としました」

171223110.jpg


はぁ~法廷であんなことしちゃった~自己嫌悪のジェチャン…
「おい!サンタのチング~」
ユボムに呼び止められました。
「頑張ってるな」
「頑張らないと、殺人犯が目の前で逃げていきそうだからな。サンタがどうしたって?もっとヒドイことだってできる!」
「どんなヒドイことだ?次の裁判の日に見れるのかな?」
「もちろん」

「臓器移植手術と検死解剖が、同時におこなわれたのは、そこまで事例がない」
「調べたら結構あるけど」
「全部調べたのか?」
「全部調べたよ」
「期待するよ」
「もちろん、期待してくれ」
つ・づ・く

171223111.jpg





関連記事




category: あなたが眠っている間に