韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

あなたが眠っている間に あらすじ29話 泣けた…  

シェアする シェアする シェアする 後で読む LINEしちゃう
このサイトはsmallheart.jpg『韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中』kandorapen.com で~す!!

こんばんわ~
大晦日なのに、次を見たくて見ちゃいました。
最終回に向かって、なんか良くなってきました。
見続けて良かった~ん♪

while you were sleeping1

あなたが眠っている間に
당신이 잠든 사이에
While You Were Sleeping
SBS 2017/09/27 ~2017/11/16


キャスト 人物相関図
28話 あらすじ 30話


あらすじ 29話

注射器を持った女+ホンジュ
少し離れた所に、ユボムがいます。
「これを打てば、全身の筋肉が麻痺する。そして息ができなくなって、5分以内に眠るように死ぬ」
「今、何時?ここはどこ?」
「自分の死に場所がどこで、何時か知りたいのね。ここはヘガンローファームの屋上で、今10時半よ」
注射をブスッ!
「ジェチャン…聞いた?聞いたよね?」

ユボムは、ここまで見届けてから、錠剤を一粒(ホンジュに飲ませたのと同じ睡眠薬?)口にしました。
これでうまくいくという感じ?笑顔です。

17123101.jpg

ウタクとギョンハンが現場に到着…
停電でエレベーターが動かなくて焦りまくり…守衛さんが非常階段の場所を教えてくれました。
(早く、早く!!)

17123102.jpg


ハ・ジュアン+ユボム
「どうしたの?怖い顔してるわね。私を殺すみたいな…」
「ああ、そうするつもりだ」
「殺人者になるということ?」
「いや、ゴミを片付けるってことだ。君はあの記者を殺して、俺も殺そうとした。俺はそれを防ぐために、仕方なく君を殺したということで、正当防衛で無罪になる予定だよ」

急いで注射器の準備をする女を、抱えて…どうなったのか、映ってないんですけど…

17123103.jpg


屋上に到着したウタクが見たのは…ホンジュを抱えたユボム
ウタクがホンジュをおんぶして、非常階段を下りました。
ユボムは薬がまわってるのか、フラフラ…

17123104.jpg


ジェチャンもビルに到着して…
ホンジュをおんぶしたウタク「脈が速いです」
「脈拍の問題ではない。肺が麻痺して呼吸ができないんだ。救急隊に状況を説明して、呼吸器を持ってくるように伝えてください」
ウタク、救急車を呼びに…

ジェチャンは人工呼吸を繰り返しました。13年前にホンジュがジェチャンにしてくれたことを思い出しながら…

17123105.jpg


ユボム+漢江警察署コ刑事+1
「事件の経緯を説明していただけますか?」
「事務所で、ナム記者のインタビューを受けて、コーヒーを飲んでいたら、急に体に力が入らなくなったんです。誰かが薬を混ぜたんでしょう。意識が朦朧とする中、ハ・ジュアンという女性が、ナム記者を背負って出て行くのを見ました。止めようとしましたが、薬のせいで、体が思うように動きませんでした」
「ハ・ジュアンという女性は、今回墜落して亡くなった人ですね?」
(屋上から投げたんですね?殺人じゃん!)
「はい、先日私を訪ねて来て、自分が点滴連続殺人事件の真犯人だと言って…その件で相談に来ました」

「あの事件に真犯人がいたんですか?」
「はい」
えっ!あっ!の刑事二人

「私は自首を勧めましたが、忠告を聞き入れませんでした。私がナム記者と会っているのを見て、マスコミに話したと誤解したようです」
「それで二人を殺そうとして、薬を混ぜた」
「まあ…私の推測ですけど」

「だとしたら…その後はどういう状況だったのですか?」
「体に力はなくても、意識はしっかりしていました。殺人を止めようと、なんとか屋上に辿り着いた時、ハ・ジュアンはナム記者に薬を打っていました。止めたかったのですが、体が動きませんでした。そしてハ・ジュアンは、すぐに私を攻撃しようとしました。ハ・ジュアンともみ合いになり、仕方なく突き飛ばしたんですが…そのまま落ちてしまったんです」

「そしてナム記者を助けようとして、意識を失った、と」
「はい」と言って、顔を手で覆い「私があのコーヒーを飲まなければ、ナム・ホンジュ씨を助けられたのに…」
「ご心配なく、ナム・ホンジュ씨は無事です」

手で覆ったユボムの目がえぇ~?って言ってる。
「無事って?生きているということですか?」
「はい、生きています」
「どうして?あの薬を打ったら5分以内に死ぬと…」
「はい、皆が奇跡だと言っています。1分遅かったら死亡していたそうです」
「チョン・ジェチャン検事が、迅速に人工呼吸して救ったんです」

「チョン・ジェチャン検事が?チョン検事が、現場に来ていたんですか?」
動揺しまくりのユボム…
少し離れた所で、ウタクは様子を見ていました。

17123106.jpg


ホンジュの容態
命に別状はないとはいえ、意識がいつ戻るか…呼吸できなかった時間が長かったので、脳に酸素が行き渡らなかったそうで、楽観はできないと…

17123108.jpg


ウタク+ジェチャン
「さっきイ・ユボム弁護士の話を聞きました」
「何と言っていましたか?」
「正当防衛を主張するようです」
持っていた上着を、床に投げつけて、怒りをあらわにするジェチャン…呼吸も荒々しい(*_*)

ユボムの元へ行こうとするジェチャンを止めるウタク
そこへチェ捜査官が来ました。
「どうして、急に!こんな時に、行ってしまうなんて!俺を一人にするんですか?」
涙ぽろぽろのジェチャン

17123109.jpg


ジェチャン+チェ捜査官
「辞めたことは誰も知りません。ヒャンミ씨も誰にも言わないと言っていました。休暇を取ったことにして、復職されては?」
「私は復職しません。ヘガンローファームに行きます」
「ユボム씨の所に行くために、辞めたということですか?」
「はい」
「どうして?」
「はぁ…大昔、弟が武装脱走したことがあります。弟から辛いと連絡があるたびに、皆経験することだと、叱ってばかりでした。弟の話を聞いてやることもなく…。それが申し訳なくて、弟が脱走して、私の元に来た時、説得して自首させるよりも先に、腹いっぱい食べさせてあげようとして…(コンビニで食料を買っているうちに、弟がいなくなって…事件に)弟が人を殺したと聞いて、死にたかった。自分が手を貸したんだと…」

「どうして今なんですか?時間はたくさんあったでしょう?出会った時に、話してくれれば、もっとスッキリした。今になって俺にどうしろと?許してくれと?それとも、もっと憎めと?」
「いいえ、なぜヘガンに行くのかと聞かれました。だから答えているのです。私はこれ以上、手を貸したくないんです。あの時のように手を貸したくないから、だから辞めるんです。他に理由はありません」
何かを理解したジェチャン「捜査官!」

17123110.jpg


「熱くならないでください、検事!今、ユボムの所へ行って責めても、何にもなりません」
ジェチャンの足元にしゃがんで…
「どちらか選んでください。今、イ・ユボム弁護士を殴って、捜査や裁判から外されるか、ここはひとまず我慢して、後で捜査や裁判を通してやっつけるか…」

ボロボロ流れる涙を、包帯をしていない方の手で、ごしごし拭いてあげるチェ捜査官
「俺がここにいるって、どうして分かったんですか?」
「テレパシーみたいなのを感じたんだよ。検事がユボム씨に乱暴をはたらいて、捜査から外され何もできなくなるって…私には不思議な力があるんですよ。どうしました?ウソだと思ってるんですか?」
「いいえ、そうは思いません。熱くなったりしません」
「そうです。それでこそ署長の息子だ。本当に会いたかったよ。署長の息子…」
ジェチャンの頭を撫でて、抱きしめました。
(涙出ました)
その頃、ベッドのホンジュの目から、涙が一筋ほろ~っと落ちていました。
(夢でこの場面を見たということでしょうか?)

17123111.jpg


メンバー会議
部「コンテナ放火事件…容疑者はハ・ジュアンで間違いないんだな?」
シ「ガソリン購入時に、防犯カメラに映った姿、火災現場から見つかった足跡は、全てハ・ジュアンと一致します」
ソ「ハ・ジュアンが持っていた携帯電話の追跡結果は、容疑者の動きと一致します」
部「ハ・ジュアンを放火事件の被疑者として処理し、死亡しているので不起訴処分としなさい」

部「それから、点滴連続殺人事件の真犯人もハ・ジュアンで間違いないな?」
イ「ミョン・イソクの逮捕以降の殺人事件を調査したところ、全てハ・ジュアンと同室の患者たちでした」
ジ「ハ・ジュアンの家を捜索した結果、犯行に使用した薬瓶と注射器が見つかりました。現場で見つかった薬瓶と一致します」
部「ということは、この事件もハ・ジュアンが死亡しているから不起訴…あっ!証拠捏造の件は?」

17123112.jpg


テグのコンビニで…外にはマスコミがたくさんいます。
ユボム「証拠捏造はハ・ジュアンがやったことだ。俺じゃない」
スンウォン「それじゃ、テグの父親を犯人に仕立て上げたのは、あなたではなくハ・ジュアンだと言うんですか?」
ユ「俺の記憶が正しければ、病院内の君のお父さんの部屋から、薬瓶が見つかったんだ。病院内だったら、患者だったハ・ジュアンが近づけるだろ?どうだ?有り得るだろ?」

テグ「そうだな。こんな簡単に有り得る話で、今は簡単なことなのに、当時はどうしてできなかったのか?どうして当時この考えができなかったんだ?」
ユボム、土下座して
「すみませんでした。検事として、最後まで疑うべきだった。ハ・ジュアンのような犯人がいるとは思いもよらなかった。全て俺の不覚だった」
スンウォン「だったら責任取れよ!」
ユボム「俺も責任取りたいよ。だけど不覚は違法じゃないだろ?」

ユボムの態度に一気に怒りが…
「アボジを返せ」と殴りかかるテグ…止めに入るスンウォン
マスコミを意識して、振り返るユボム…

17123113.jpg


メンバー会議中に、ホンジュの意識が戻ったと連絡がありました。
部長は、ジェチャン&イ検事チームで、裁判までやったらどうだ?と…
ユボムの方は、コ・ソンホ代表が直接弁論するそうです。この方は年収100億ウォン稼ぐ凄腕弁護士…

ジェチャン+ホンジュ
「大丈夫か?手や足は動くか?俺が誰だか分かる?」
「分かるわ…あなたが私を助けるために、どれほど頑張ったかも…。全部聞いた。ひとつ残らず全部…」
「良かった。本当に良かった」
「ありがとう。私の長い間の悪夢を消してくれて…」

こんな変な形のだっこして…
それから、二人で外を歩きながら…
「ずっと寝ていて、あなたの夢をたくさん見た。だから事件がどうなっているのか、イ・ユボムが、どんなにふざけたことを言ってるのかだいたい分かってる。そして、チェ捜査官のことも…。チェ捜査官が、あの警察のアジョシだった」
「うん」
「夢のあなたは泣いていた。私も一緒に泣いた」

17123114.jpg


チェ捜査官+ユボム
ヘガンローファームの顧問になったチェ捜査官…
「ナム・ホンジュ씨の意識が戻ったそうです」
「えっ?」
「どうしました?良かったですよね?」
「も、もちろんです」

そして、コ・ソンホ代表が入って来ました。
「私は裁判で、イ弁護士が書いてくれたものを読むだけでいいんだろ?」って、かなりユボムを信頼している様子…

17123115.jpg


代表+ユボム
「ナム記者と食事の席を設けなさい。ウチの味方なんだから、裁判で口裏を合わせておかないと…」
ユボムの正当防衛を信じてる代表…

「あの…代表…お話があるのですが…」
「何だ?」
「ナム記者は、味方ではないかもしれません」
「どういうことだ?イ弁護士が命がけで助けた人だろう?」
「私のことを誤解しているかもしれません。あの時は混乱していましたので…」

(何か察したのでしょうか?)
「その誤解とは?言ってみなさい。私は久しぶりに裁判をするのだから、恥をかきたくない」

「いいか?イ弁護士…私がイ弁護士を大切に思って裁判に立つと思っていますか?大金を稼ぐために、引き受けたと思いますか?」
「いいえ…」

「私はイ弁護士がどんな人間なのかに、関心はありません。信じてもいません。咄嗟に殺したとしても、わざと殺したとしても、私には関係ない。私はただ、うちの法人に少しの汚点も残したくないのです。正直に話してくれれば、消したり隠したりできる。さあ、話しなさい。その誤解とは何か」
「代表、実は…」
つ・づ・く

17123116.jpg





関連記事




category: あなたが眠っている間に