韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

チャン・グンソク『スイッチ-世界を変えろ』 あらすじ30話 キャー!!また交通事故!  

シェアする シェアする シェアする 後で読む LINEしちゃう
스위치 - 세상을 바꿔라
Switch: Change the World
SBS 2018/03/28 ~ 2018/05/17

 あらすじ 
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話

docchi.jpg


こんばんは~
もうそろそろ解決してもよさそうなんですが…
まだまだクム・テウン、しつこい!!
また事故で人を殺そうとするし…もう何人殺してるかも分からない(笑)


あらすじ 30話

オ・ハラ+サ・ドチャン
「ありがとう。ペク先輩は、手術しても生きられないと分かっていたのね。だからあなたを完璧にペク・ジュンスにしようとしていた」
「ペク検事の死とペク検事としての人生…誰かの犠牲の上の人生って…考えただけでも恐ろしいよ。同意すると思うか?」
「そうね。ホントに感謝してる。ペク先輩のシナリオを改良してくれて良かった」
「手術がうまくいくといいな」
「きっとうまくいくわ…」

「サ・ドチャン…あなたってホントにいい人ね」
「なんだ?急に」
「なんで?前にも聞いてるはずよ」
「あの時はペク・ジュンスになりきってたから」
「とにかくペク先輩の身代わりがあんたで良かった。自分ひとりじゃ、とてもこんなことできなかった」
「本気か?」
舌をべ~っと出して、オ・ハラ逃げました。

ペク・ジュンスの手術シーンが映っていました。。。

18051801.jpg


コ係長が監察に連れていかれました。
監察2名+コ係長
「あなたはペク・ジュンス検事の調査官です。彼が別人では?とか、妙な感じがなかったと言うんですね?」
「他の誰よりも疑っていた証拠があるんですが…」
最初の頃、ドチャンの指紋検査した資料を突き付けられました。
「はい、私がやりました。ですが99/9%でした。本人だという証拠じゃありませんか」

「調査官が検事の素性を疑って、指紋検査をした。なぜだ?なぜ彼を疑ったんだ?」
「とてもいい人だったので…親切にしてくれたので彼を疑ったんです。ペク・ジュンス検事は、これまで一緒に仕事をした検事たちとは違いました」

「おい!!俺たちも検事なんだぞ!!何言ってるんだ?」
「ペク・ジュンス検事はとてもいい人です。彼が傷つくようなことはしないでください」

「おい!そんなことを聞いてるんじゃないんだよ!サ・ドチャンが検事になりすましていたのを知っていたのか、知らなかったのか?『はい』か『違う』かどちらだ?答えてください」
「はい…」

「え?知っていたのか?」
「いえいえ」

「違うのか?もしあなたがこのことに関与していたら、懲戒問題ですよ。職を失うかもしれない」
「知ってたんでしょ?」
「人を信じろよ!!!」
とうとうキレて机をドン!!!
「言っとくよ!ペク検事は素晴らしい人だ。わかった!仕事を辞めてやるよ。俺を信じないんだろ?俺をよく見ろ!お前たちに俺が見えてるのか?」

18051802.jpg


コ係長…
とりあえず解放されて、廊下に出た途端へなへなと座り込んでしまいました(笑)
「ペク検事…いやサ・ドチャン씨…あなたを救うためなら命をかけます。くっそ~!」

コ係長+サ・ドチャン
「ペク検事、今日引っ張られました」
「えっ?どこに?」
「ここだけの話です。誰にも話せませんが、ペク検事にだけは知っておいて欲しい」
「いったいどうしたんだ?」
「最高検察庁の監察部です」

18051803.jpg


元総理+ペク・ジュンス(ドチャン)
「クム・テウン…もはやアイツを追い込んだな。自分に何が起こっても気にしない。どうせ老い先短いんだ。刑務所で朽ち果てても構わない。あの悪魔…クム・テウンを捕まえてくれ」
「そのことであなたに会いに来たんです。何もかも私に話してください。小さなことでもなんでも…」
「キム室長は話したのか?」
「まだです」
「頑固なバカなヤツ…クム・テウンから何ももらってない…K貯蓄銀行の代表だって、キム室長が殺したのは確かだ。クム・テウンの指示で…」
「クム・テウンとキム室長はプリペイド電話を使っていましたか?」
「携帯を買った場所を知ってる。永登浦のユン社長の店だ。店で調べてみろ。番号が分かるかもしれない」

18051804.jpg


ドチャン→オ・ハラ(運転中)
「メール見たか?」
「うん」
「キム室長がプリペイド携帯を買った場所だ」
「これから行くところ…でもスゴイわね。元総理から情報を引き出すなんて」
「年齢、性別を問わず人気があるのが、俺の魅力じゃないか~」
信号待ちのオ・ハラの車に、デカいトラックが突進してきました。

「オ検事?どうしたんだ?ヨボセヨ?オ検事?オ・ハラ!!」

18051805.jpg


オ・ハラは病院に搬送され手術中…
真昼間から飲酒運転で、ホームレスが運転していたと調査官が報告…
「おかしくないですか?」
もう完全にクム・テウンの仕業だと確信したドチャンは、我慢できずクム・テウンの所へ行こうとしますが…コ係長が体を張って止めます。

18051806.jpg


ペク・ジュンス(ドチャン)+コ係長
「ペク検事の気持ちは十分理解できます。でも今行ってもトラブルになるだけです。行ってはいけません」
「オ検事を追い回して、俺を刺激したいんだ。法的に何もできないと思って、俺をからかっているんだ!オレを止めないでくれ!もう限界だ!」
「どうか、どうか堪えてください」

ヤン部長も来ました…
「ペク検事!オ検事が本当に傷つくぞ。またお前に何かあったら、どうやって誰が、捜査を続けるんだ?お前の気持ちはよく分かる。だが以前そんなことして殺されそうになっただろ?アイツを殺したところで何になる?アイツと同じように身を落とすのは嫌だ!俺たちは、法の領域で罰したかったはずだ。これまでも規律に従って懸命にやってきたじゃないか!」
「ペク検事、どうか行かないでください」
ドチャン、なんとか我慢しました。
やっと冷静になって…コ係長には携帯電話の通話履歴の調査、女性調査官には殺人事件の矛盾や未解決部分の調査を指示しました。

18051807.jpg


事故のショックで意識を失っていましたが、オ・ハラ、目を覚ましました。
大事故の割りには、左ひじにヒビが入っただけで、重症ではないようです。
オ・ハラオンマと妹が帰って、もまだ病室にいるドチャン…
「私は大丈夫だから、帰って捜査して…こんなことぐらいで怖がらないことを、クム・テウンに見せないと」
「俺のこと、本当の検事だと思ってるみたいだな?」
「今は誰よりも検事らしいわよ」

18051808.jpg


監察2名+キル・テロ
監察が来て、自分が何かやらかしたのかと焦りまくるキル・テロ(笑)でしたが、ペク・ジュンスのことだと分かり、ホッとしていました。
最高検察庁に連れていかれて尋問です。
「あなたは随分前から、ペク・ジュンス検事を別人じゃないかと疑っていましたね?」
「はい、それであの日、証明しようとして笑いものになった。彼が火傷痕を見せたんです」
「それ以外で疑わしいことはありましたか?」
キル・テロは記憶をたどり…
オ・ハラがペク・ジュンスに「ロースクール行ったの?司法試験の勉強したことあるの?」と言ってた…
会議で『四知事件』を知らずに、とんちんかんなことを言ってた(3話)…
思い出したことを、監察に話したようです。

18051809.jpg


病院でかいがいしくお世話するドチャン
ご飯が運ばれて来て、ベッドを起こしたり…「水!」と命令されれば、素直にコップに注いで…食べる時もぴったりそばで見ています。
オ・ハラを見ている顔がちょっと緩んだのに、自分で気付いたのかな?あくびをして眠そうに目をこすって顔を変えました(笑)
(イイ感じになって欲しいんだけどなぁ~)

メガネを拭いて!って言うオ・ハラ
「オ検事~ちょっと変な気がする。必要以上に俺に命令していないか?」
「じゃ、私がやるわよ」
「あ~~、いいよやるよ」
メガネを拭き終わったら、掛けて!って顔を突き出すオ・ハラ…

18051810.jpg


チョ・サンド+クム・テウン
「車の代金2000億が入金されました」
「とうとう返って来たか…全て小切手に換えろ」
「小切手ですか?追跡されますよね?」
「それを持ってカジノへ行け」
「代表、俺は賭博は止めました」
「俺が事前に話しておくから、カジノでソン理事に会え!」
「代表、俺を信じていないんですか?本当に賭博は止めたんです」
「俺が合法の賭博を教えると言っただろ?俺の言う通りにやれ!」

18051811.jpg


オ・ハラ、職場復帰しました。
女性調査官から、釜山の報告…
クム・テウンがキム室長のオモニに買ってあげたというマンションですが…
海雲台のビーチが見える20億ウォンの豪華マンションですが、オモニの名義ではなく、フィールギャラリーの従業員5名の名前だった…
「クム・テウンは買ってあげたと見せかけて、好きな時にとりあげるつもりね?」
「全く汚いヤツ」

コ係長が、キム室長の携帯電話の調査結果を持って来ました。
K貯蓄銀行代表が殺された日、位置情報から銀行の近くにキム室長がいたことが分かりました。

18051812.jpg


チョ・サンドが、ソン理事と会い2000億を現金に換えたところで、クム・テウンが現金を受け取りに倉庫に行きました。
大量の現金を小型トラックに積み込んでいます。
って…チョン・インテが国際弁護士になって指示した通り、うまくいってるようです。

クム・テウンの車を尾行して、隠しカメラの映像を見ている詐欺メンバー
「これ全部お金なの?」

18051813.jpg


キム室長取り調べ
K貯蓄銀行代表が殺された日の携帯の位置情報の他に目撃証言もあり、黙秘権を行使しても無駄なことを知らされるキム室長…
その上、クム・テウンがオモニに買ってくれた家も、名義人欄にオモニの名前はなく…買ったふりどころか、オモニを人質に取った精巧な詐欺だと言われ、表情が固くなりました。
「クム・テウンはまだあなたを使って、コントロールしているのよ…あなたが全て考えてやったことですか?」
「クム・テウンは第二、第三のキム室長を作り続ける。息子のようだと言いながら…」
そんなこと言われて信用してきたキム室長…、もう泣きそうな顔…

18051814.jpg


キム室長…意を決したように、顔を上げて…
「決定的な証拠を持っています。どこにあるか話します。その代わり条件があります。オモニを安全な所に移してください。それが確認できたら話します」
「心配しないでください。安全な場所で保護します」

そんな時、チョン・インテから連絡!
「江原道から電話しています。荷物が出発します」

現行犯で逮捕できるチャンス!!
ヤン部長から令状をもらい、意気揚々と出発するオ・ハラ、ペク・ジュンス他調査官たちでしたが…

18051815.jpg


ロビーで監察部の集団に止められました。
監察部はコ係長やキル・テロに聞き込みをしても、ペク検事とオ検事が詐欺師ドチャンと共謀していた証拠がないため、直接2人を連行しに来たのでした。
「令状を持って、今出動するところです。見えないんですか?捜査より監察部が優先されるんですか?」
「状況が良く分かってないようですね?詐欺師と共謀した調査は、無効になる」

「ファン・ジェマン~~~~!!!」叫びながらヤン部長が来ました。
監察部の部長の名前…因縁の仲みたいです。
「お前なにやってるんだ?」
「ヤン部長、ここは公務の場だ。分からないのか?!!!」
(大声対決(笑)何があったの?この二人(笑))

「ファン部長!何が重要だ?今何が重要なんだ?!!!俺のチームが逮捕状を持って出るところなのが見えないのか?」
「もしかしてお前も共謀してるのか?」
「このヤロー!!!!わかった!俺が全部責任取るから行かせてくれ!」

ヤン部長…監察部のひとりの検事の胸を押して後ろに下がらせて…
「何してるんだ?早く行け!!」
(カッコいい~~)

18051816.jpg


クム・テウンがギャラリーに荷物を運んでいる時に、ようやくオ・ハラたちが来ました。
「クム・テウン代表、何を運んでるんですか?」
「今度は何だ?」
令状を見せて、自信たっぷりな態度で箱を開けたら…大玉の白菜2個(笑)
「江原道で買って来たんだ。どうした?没収するか?」
つ・づ・く

18051817.jpg




関連記事




category: スイッチ-世界を変えろ