韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『フンナムジョンウム』あらすじ2話 面白かった~吹き出したヾ(≧▽≦) ノ  

シェアする シェアする シェアする 後で読む LINEしちゃう
훈남정음
Handsome Guy and Jung Eum,The Undateables
SBS 2018/05/23~2018/07/12

 あらすじ 
人物紹介 おもちゃたち 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話(最終回)

こんにちは~
面白かった、面白かった!
30分の中で、声を出して笑っちゃったのが何回もありました(^-^)
おもしろい動きとか、表情とか、伝えきれないのが残念です。
イケメン君も3人いるしo(^^o)(o^^)oワクワク
楽しみですよん♪

あらすじ 2話

フンナムが帰った所…ステキな雰囲気のギャラリー
中から出てきたユクリョン(ション・ムンソン)に契約書を見せたところ、なぜだか泣き出しました。

(大沢たかおにちょっぴり似てるとか書いたのに、髪形と洋服のせいでつぶやきシローみたい(笑))
フンナムのことを兄貴みたいな呼び方をしてから、代表って言い直します…毎回…

泣いた理由が、イシモチ(조기チョギ)の辛い鍋を食べた後でフラれた?
「俺、なぜだか何でも早期(조기)で終わりが来る。早期卒業、早期退職…」
「じゃなんでチョギの辛い鍋を食べるんだよ!告白の前に何を食べたかじゃないだろ?」
ユクリョン泣きべそ(笑)
「俺はなんで恋愛がうまくいかないのかな」

フンナムがあげた、デザイナーズブランドのパンツを履いているのに全くイケてないユクリョン…
「ユクリョン、良く聞け!恋愛は、物理的な欲望と感情が絡まり合った、同じスペックの人間のビジネスみたいなもんだ。ビジネスの取引がうまくいくためには、同等の相手にならないといけない。ということは…お前自身の価値を上げないといけないんだ。そうすればお前に投資する。簡単に撤退されないように投資せざるを得ないんだ。分かったか?」
「今、価値が十分にあると思います」
「そうじゃなくて、お前を必要とさせるんだよ」
「はい」弱~い返事

18052601.jpeg


ジョンウムの方は…
酔っぱらったアボジを布団に寝かせて、穴のあいた靴下を脱がせ…ビタミン剤を枕元において…
文句を言いながらも、お世話をしていました。
アボジは酔いがさめちゃっても、酔ったふりしていたのかな?ジョンウムが部屋を出て行くと、目を開けてニッコリ♪

ジュンスは、犬とじゃれてジョンウムを待っていました。赤ちゃん言葉みたいので、犬と話しているのがかわいかった~♪

それからイケてないジャージに着替えたジョンウムと公園へ!
体育会系のジョンウムに付き合って、走り回ったり、ケンケンみたいのをしたりして楽しそう~
石段に座って休憩すると、いつ仕込んだのか?懐からペットボトルの水をジョンウムに差し出すジュンス…二人で回し飲み…

「もう気分は良くなったか?」
「何が?」
「お前がイライラしてるから、ここに来たんじゃないか」
「私のこと何でも分かるのね?」
「‥‥」
「実は今日失敗した…水に入ろうとした」
「本当に?」
「うん、こんなんで死なないさ~って考えて、飛び込みそうになった。水に入る前に、もう死ぬかと思った。大丈夫だと思ったのに、まだダメだった」
「途中まで行けたんだ…水に入ろうとしたんだから!これはリハビリ患者に接していて分かったことだけど…体よりも心の方が問題だ。あともう少しで、また始められるかもしれない」

「私を安心させる必要はないよ~」
「‥‥」
「諦めることも勇気が必要だって聞いたことある。もう達成した夢のために、自分を苦しめるのは止めたの。この人生でやれることをやる。ちょっとずつでも前に進みたかった…」

18052602_20180527141047777.jpeg


ジョンウムの家の前で「おやすみ」って、ジュンスが帰るのかと思ったら、一緒に玄関を入り別々の部屋へ!
一緒の家に住んでるの?どういう関係?

18052603.jpeg


新しい人物、雑誌エディタのチャーリーです。
変な踊りをしながら席に座り、帽子は絶対脱がないって、どんなキャラ?

フンナムはチャーリーに『フンナムジョンウム』というタイトルの原稿を渡しました。
「絶対に、こっちの才能があるのに」
「止めろよ…才能なんて…俺は俺の仕事に集中しないと」

18052604.jpeg


チャーリー+編集長
チャーリーの原稿を覗き込んで…
「記事の準備中?」
「あ、軍隊で一緒だったヤツで、おもちゃギャラリーの理事がいるんですけど…キダルト(子供から大人まで)トイの展示をするというので…ここに来るんです」
「あなたの口から軍隊の話を聞くなんて、ちょっと笑えるわ~チャーリー씨が一生懸命やろうとしているのは分かるけど、エディタになるために何をすればいいのか…正直いつまで待てばいいのか分からない。それはエディタとしての能力がないからよ。ウチの組織に合わないとは言わないけど…」
ド派手なファッションのキレイなおばさま編集長…かなり手厳しいです!

18052605.jpeg


この様子を編集社に来たフンナムが見ていました。
いや~な気持ちで、自分の横を通る編集長をやり過ごし、壁に目をやると…
『社内アイテム企画コンペ』のポスター!
「Le Chic」の発行部数を担う看板企画コーナーを公募します。

実はフンナムがチャーリーと会った時に、「これが最後だ」と言って原稿を渡していて…
チャーリーは、『フンナムジョンウム』のコラムだけが、ここにいる理由だと編集長に言われていたので、帽子を脱いで円形脱毛まで見せて、記事の継続をフンナムに頼んでいたのでした。

18052606.jpeg


ジョンウムは新規登録者獲得のため、路上でアンケート調査をして、個人情報を手に入れるためにフェイスシートをプレゼントしたりして必死!!
ヤンコーチ+ジョンウム
「疲れてるみたいじゃん?」
「客引きをやってる時に、パトロールが来てさ~」
「たくさんお客さんが必要なの?」
「個人情報を手に入れるには、今時大変なのよ!今期、新規がないのは私だけだし…」
コーチはラーメンとキムチをもくもくと食べてるだけ(笑)

「コーチ!週末は何してるんですか?」
「生徒たちのトレーニングをして、何も仕事がなければドラマ見てるだけよ」
「もしかして、男性のこと考えたりしませんか?」
「男?何言ってるの?40歳なのよ!ひとりでいる方が楽…」
「だけどちょっと楽しむだけ…会ってみたくないですか?」
「ちょっと!私にセールスしてんの?!!」
「コーチ…私、ホントに崖っぷちなんです。いちばん安い会員でいいから、お願いします!」
「結構よ!」
「運命の人に会うかもしれないわよ~」
「運命なんて、そんなもの」
「本当に見たのよ!人生の最後に愛を見つけたって人!!事務所に来て、二人で手を握っていたの!」
「とにかく要らない」
「じゃ、分かった!ひとりでいいから男性と会ってみて!」

「スポーツをやめてから、初めてのまともな仕事なのよね?」
「はい、アルバイトはたくさんやったんですけど…(T_T)」
「申込書をちょうだい。運命の男は必要ない。一生懸命働いて、アルバイトは卒業しないと!」

18052607.jpeg


ステキなギャラリーです。
ユクリョンがお掃除中に、『フンナムジョンウム』の原稿を見つけました。
「フンナムジョンウムって言えば…独身者のバイブルじゃないか?でもなんでここに?」
ってところに、フンナムが入ってきて、原稿を後ろ手に隠しました。
「事務所は掃除しなくていいよ」
「ところでヒョン!あっ代表…」
「邪魔しないで出て行ってくれ…」

「これは何ですか?」
原稿を大声で読み始めるユクリョン!
「彼女と初めての時…Chapter1コンドームの準備の前に、夜のイベントを計画せよ」
ヤー!ヤー!って、原稿を奪おうとするフンナム…子供のおもちゃの取り合いのよう…
「これバレたら、おばさんぶっ飛んじゃうよ~大激怒だよ~」と面白がって、原稿を返さないユクリョン(いとこでしたね?)

「分かった、何が望みだ?」
「ヒョンのジャケットをくれたら、考えてもいいよ」
ジャケットを脱いで、ユクリョンに放り投げて…「それから?」
「俺のデートも手伝ってくれ」
「いいよ~」

18052608.jpeg


ユクリョン+フンナム
ジャケットを丁重に返して、フンナムの横にひざまずいて…
「先週の土曜日、歯医者に行くと嘘をつきました。実は紹介デートに行ったんです。その女性がヨジュでいいレストランを知ってるから、ドライブしようってことになって、二人で行って彼女が食事代を払った…あれ?ヒョン!聞いてる?」
興味なさそうなフンナム(笑)

「ヨジュにデカいアウトレットあるの知ってるでしょ?だからそこで靴とバッグを買ってあげたんだけど、それ以来メールの返信がないんだ…靴を買ってあげると別れるって話はホントですか?」(笑)
呆れた顔で無言のフンナム…
「あぅっ!彼女に靴なんか買ってあげなきゃ良かった!ベルトにすれば良かった」
(言い方も動きも面白くて、声をあげて笑いました)
フンナムはずっと無言…

18052609.jpeg


「ヒョン、どうすればいい?彼女の事務所の前で待ってようかな?」
「まず、ツボ指圧スリッパを脱げ!」
「コレ?なんで?すんごく気持ちいいんだよ」
変な健康サンダルをポイっと捨てて…

あとは韓ドラあるあるのデパートお着替えシーンです。
洋服と靴を買って、美容院で髪形を変えて、やっとマシになりました。
つぶやきシローみたいで(T_T)ガッカリだったワタクシ(笑)楽しみが増えました(笑)
髪形と服装で人は変わるんですねぇ?

18052610.jpeg


ギャラリーで、お客様にクマのプーさんの説明をするユクリョン
「こちらはティガーが欠けていて、こっちのほうはイーヨーがいないんです。こっちの方がちょっと安いですよ」(最後は小声で)
「あ~もう一度考えてみます」

フンナムシミュレーション
「プーさんをお好きなんですか?私も好きなんですよ」→共通の関心を確立
「こちらはティガーが一緒にいて、もうひとつはイーヨーが一緒です」→欠けるという否定の言葉を避ける
「プーさんではなくてはならない貴重な友達です。ティガーとイーヨー、どちらを選びますか?」→Yes、Noのクローズド・クエスチョンではなく、どちらか選ばせるようなオープン・クエスチョンに見せかける。そうすれば…
「両方ください」となる。
感心して見ているユクリョン…

18052611.jpeg


メモ帳片手に熱心にフンナムの講義を聞くユクリョン
「最近、結婚相談所に登録したんです。銀行員とヨガインストラクター、どっちと会ったらいいですか?仕事もスタイルも全く違う」
「両方と会え!」
「そっか~💡」
何かがはじけたみたいです(笑)

二人どころか、いろんな女の子と食事をしたり映画を見たり、飲みに行ったり…で、最後に映った女子ははたぶんヤンコーチ…ヤンコーチの方から迫ってベッドイン(笑)

18052612.jpeg


サロンでペディキュアを塗ってもらっているヤンコーチとジョンウム
「幸せそうね?別人みたい♪」
「そうなの。私もこんなふうになると思わなかった。ありがとう!ジョンウム♪あなたが言ってた運命の人に会ったみたい。彼のおかげでとっても幸せ❤」
「ふ~ん、みんなゴミだって言ってたのに…でも幸せになって良かった。無理に登録してもらって悪いな~と思ってたんだけど…今は羨ましい~」
「あなたにも医者の彼氏がいるじゃん?」
「ただの友達よ~子供の頃から知ってるんだもん!10代の時、ちょっと意識したこともあったけど、彼のタイプじゃないって言われた」
「今は違うかもしれないじゃん!」
「今は私がそんな気持じゃないの」
「なんでイヤなの?」
「若くてバカだったのよ。私たちにとっていい結果にならない。現実味がない。経験上、同じ価値観の人が必要よ。ジュンスはトリプルAだけど、私は自分の状況から…100%失敗」
「そんなの関係ない!愛があれば乗り越えられる!!」
「私は乗り越えられない。何度も試したもん」
「ホントの愛じゃなかったのよ!フビン(元彼)と付き合ってた時は、彼の留学を止めるために、大会を抜け出したじゃない!彼が金持ちの家だからって、みんなが反対しても…」
もう思い出したくないようです。。。ヤンコーチの言葉を遮り「今日も彼と会うの?」
ユクリョンはプレゼンがあるので、今日はデートなしだそうです。

18052613.jpeg


ユクリョンのプレゼン…フンナム一家の前で、ギャラリーの経営について説明…売り上げは伸びているようです。
フンナム父カン・ジョンド、継母ゴ・ウンニム、兄の登場です。
お母さんは『宮』のいじわるおばさん、『ト・ボンスン』の母親ですね。

「驚くほど利益をあげてるのね」
「数字で作品を評価できない…」
「不倫が愛の形だって言う、あなたよりいいわ」
コーヒーを吹きそうになるジョンド(笑)
息子、甥っ子に向かって…「選挙が終わるまで、イメージを傷つけるようなことはしないでね」
「は~い」

「チナム(たぶん兄の名前)あなたは工場を常に衛生的にして!」
「はい!」
「フンナム、あなたは私たちに相応しくない展示アイテムを選び出して!」
「はい」
「ユクリョン!ヒョンじゃなく代表と呼びなさい」
「はい」

ジョンドの顔を見ながら…
「あなたたち二人とも、ビジネスの場に女を連れ込まないように!」
「ハイ!!!!((*゚Д゚)ゞ 」←息子二人
何も言えないジョンド…

18052614.jpeg


兄の子供をあやすでもなく、剣やぬいぐるみで叩かれたり、首を絞められたリしても、じ~っと我慢しているフンナムです。
「こんな生活嫌だ…だから結婚したくないんだ」
「愛の終着は責任だ」
「だから終着に到達したくない」
「お前も始まったら、気持ちが変わるよ」
「うん、始めない!能力がないのを知ってて、責任を取るようなふりをするのは嫌だ。これ以上、自分の責任感から逃げるには嫌だからな」
「そうだな、アボジがそんなふうに生きてた。だけどそのために、愛情まで影響されちゃいけないよ」
子供たちに、顔に落書きをされながら、こんな話をしています(笑)

帰り際のユクリョン+フンナム
ユクリョンも落書きされています(笑)
「おばさんに敵う人はいないですね。若い女性と浮気した時のおじさんを見ると、尊敬しちゃいます!あっ💡ヒョンも良かったですね!おじさんに似てるんだから!!!」
呆れて、先に帰っちゃったのか、目の前のフンナムはもういませんでした(笑)

18052615.jpeg


朝早く、ジョンウムの携帯が鳴り…相手はヤンコーチでした。
「今日は漢江が特にキレイよ(T_T)夜、パークヒルズから、この橋が見えた(T-T )愛が私を裏切ったの。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!」
「何が?」
「彼が他の女とモーテルに行ったの(╥_╥)」
「コーチ…」
「いい人生だった」
電話が切れて、ジョンウムの方から掛けても繋がらず…とりあえず上着だけ引っ掛けて、コーチを探すために家を出ました!

ジュンスとランニングした場所かな?ジョンウムは気が付きませんでしたが、フンナムも同じ場所でジョギング中です。
そして、ジョンウムは橋の上によじ登っているコーチを発見!!

18052616.jpeg


コーチも、飛び込みの経験者(当然そうですよね?)らしく、キレイなフォームで(笑)川に飛び込みました!
すぐに川へ行って助けたいジョンウムですが、水が怖くてオロオロ…
「誰か泳げる方いませんかー!!」

18052617.jpeg


遠くの方で、グーの手を上げて名乗り出た人がいた!!と思って走り寄っていくと…フンナムがストレッチしていて、右手を上げていただけ(笑)

そうとは思わず、にっこにっこで近寄って、右手をがっしりタックル「カムサハムニダ(T_T)」(笑)
右腕を掴んで、振り回して川に投げ飛ばしました(笑笑)
なんでこんなことに???喚くフンナムに…
「喋らないで!!泳いで!!こんなふうに!」って、地上から水泳指導するジョンウム(笑)

18052618.jpeg


水中に沈んでいくコーチ…溺れてもがいているフンナムの姿が目に入りました(笑)
結局、水泳が得意なコーチが、フンナムを救助!!
溺れている時の、ナムグン・ミンの顔や動きがチョー面白かったヾ(≧▽≦)ノ

18052619.jpeg


自分がぶん投げたせいで、フンナムが死んだら大変!!必死に人工呼吸や心臓マッサージをするジョンウム
やっと息を吹き返した時に、お互いにあの時の!!って気づきました。
つ・づ・く

18052620.jpeg




関連記事




category: フンナムジョンウム