韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『フンナムジョンウム』 あらすじ10話 キム・ソウル+オ・ドリが笑えた~♪  

シェアする シェアする シェアする 後で読む LINEしちゃう
훈남정음
Handsome Guy and Jung Eum,The Undateables
SBS 2018/05/23~2018/07/12

 あらすじ 
人物紹介 おもちゃたち 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話(最終回)

こんにちは~
10話はキム・ソウルとオ・ドリのカップルにやられた~笑いました!
キム・ソウル役のキム・グァンギュ씨…こんな感じでいいんですか?
『トキメキ☆成均館スキャンダル』や『花郎』『宮』など、たくさん出てますね~
覚えてなかったんですが、『私の心が聞こえる?』で、植物園の園長だったみたい…
ってことは、フンナム、ジョンウムとも共演してたってことですね?
ラブコメに欠かせない人ってイメージです(笑)

あらすじ 10話

ヤンコーチの美容室のシーンから始まりました。
予想以上の金額でビビってましたけど…ユクリョンとまた付き合うのでキレイにしたいのかな?

そして、ジョンウム…
フンナムのギャラリーの前で「どうやって顔を合わせればいいの?」と、行ったり来たり…
「そうよ、私は胴体をあげるために来たのよ!」

「早くくれよ」とフンナムが外にいました(笑)
顔と顔が至近距離!
「寝る前に、ラーメン食べただろ?顔がむくんでるぞ」

18060801.jpeg


ブリキ男の胴体を、鑑定士のようにチェックして、ケースに収納するフンナム(笑)
「どうして、ブリキ男を手に入れられなかったんですか?プロのコレクターなのに」
「探してもなかったのに…妙な提供元が現れたってことさ」

昨日のことを言い出そうとするジョンウムに、「過去のことは忘れて、今のことだけ考える」
なんかはぐらかされました…

ブリキ男の足が欲しいので、すぐに次のゼロ会員のミッションに取り掛かりました。
オ・ドリです!

スペシャルAクラスの人材を、ユクリョンに探させて、見合いをセッティング!
毎日世界旅行している男、8ヶ国語を操るイケメン、歯科医、シェフ、弁護士、どっかの王子の親族(笑)…最後はなぜかチャーリーまで(笑)ことごとく拒否するオ・ドリ!

フンナム+ユクリョン+ジョンウム
「ここまでやってダメってことは、グレードは関係ないってことだよ」
「じゃ、俺は何のためにやってたんだ?」
「簡単に説明して!」

「この現象はプライマシーイフェクトだよ!」
もっと????なジョンウムとユクリョン(笑)
「最初に紹介された情報が、後の情報と比較する時に、強く影響するってことだ。オ・ドリと最初に会った男性は誰だ?」
「キム・ソウルよ」
「キム・ソウルと試してみるのはどうなんだ?」
「あり得ない~」
「可能かどうか、やってみないと…キム・ソウルはどこに住んでるんだ?」

18060802.jpeg


キム・ソウルの元へ向かうジョンウムとフンナム…田舎道を車で走っています。
キム・ソウルには、知り合いを連れていくとだけ話しています。
ウソをついているようで気が咎めるジョンウムに「大胆になるか、戻るかどちらかだ!」とフンナム…

同じころ、ウンニムが電車に乗ってひとり旅?
車窓から見える景色が田舎な感じ…もしかして同じ方向なんでしょうか?
バケットリストを書き留めたノートを開いていました。

18060803.jpeg


ジョンウム+フンナム
「車を乗り入れられないから、ここで止めるように言われたの…」
「野生の生活をしてるのか?」
「キム・ソウル씨の話によると、食べ物を粗末にしたくないからって、冷蔵庫もない暮らしみたい…」

そこに、タクシーでオ・ドリが到着しました!
「こんな所まで連れてきて、誰を紹介するのかしら?」ちょっとお怒り…
「花よりもキレイなオ・ドリの存在は、この町全体を明るくしますね」
イケメンに言われて、すぐにご機嫌が直りました(笑)
「空気がおいしいわね♪」

18060804.jpeg


オ・ドリ、フンナム、ジョンウムの3人が田舎道を歩いて、1軒の家に辿り着きました。
時代劇に出てくるような佇まい…家から出てきたのは、さんざんヒドイ扱いをされている(笑)キム・ソウルです。
途端に嫌な顔になるオ・ドリを、横目で見ているフンナム…

「何これは?どうして彼の家なの?」
騒ぐオ・ドリを、イケメンフンナムが「入りましょう」と促して…3人は、階段を上って家へ…
花や野菜の畑、井戸、かまどがあり、鶏や牛を飼っていて…ホントに時代劇の家みたいです。

18060805.jpeg


ジョンウム+フンナム+キム・ソウル+オ・ドリ
ジ「ステキな家ですね~」
キ「自分の心を無にしたくて…この家も自分で建てたんです」
フ「先生の哲学が感じられます」
オ「イヤだ!イヤだ!こんな家」
オ・ドリを無視するキム・ソウル…

キ「種芋を植え終わるまで、ここで待っていてください」
フ「手伝いますよ。ジョンウム씨は種芋を植えるのが得意なんです」
『ハァ~?』目がテン(・.・;)になるジョンウム(笑)
フ「ジョンウム씨は運動選手だったので」
ジ「あ~トレーニング中、たくさん植えてました」
オ・ドリとキム・ソウルを二人きりにさせるために、フンナムが気を遣ったんですね?

18060806.jpeg


オ・ドリ+キム・ソウル
どうしていいか分からず、片足で土をイジイジ?しているオ・ドリ…
キ「子供みたいに立ってないで、中に入って座りなさい」
オ「家具がない暮らしなんかしたことない…」
って時に、鶏がバタバタ飛び出して来て、逃げまわるオ・ドリ…そのうち、お腹がグ~(笑)
「お腹空いてるのか?」
「いいえ!!」
「何か作ってあげるから、そこで待っていなさい」

「なんてタイミングで鳴るの!!」ってお腹を叩いて悔しがるオ・ドリ(笑)
畑で唐辛子か?何か摘んだり、薪割りをするキム・ソウルを、イケメンでも見てるかのような目で、オ・ドリは見てますけど?
いつのまにか、キム・ソウルの汗がキラキラして見えてる感じ(笑)

18060807.jpeg


畑をメチャクチャ走るジョンウムを、楽しそうに見ているフンナム…
(完全に好きじゃん?)
涼しい木の下で休んでいたフンナムでしたが、とうとう一緒に種芋植えを始めました(笑)

とっても楽しそうに種芋植えをしていて…ポッケから車のキーが落ちたのも気付かず…
ジョンウムは、掘った穴に車のキーが落ちたのに、その上に土をかぶせて…
「ん?なんか変?大きいカブトムシでもいるのかな?」(←鈍感)
虫嫌いのおぼっちゃま君なのか、大騒ぎして逃げまくるフンナム…
見えててもよさそうなのに、キーは土の中に埋まってしまいました。

18060808.jpeg


山菜料理でも出てくるのかと思ったら、オ・ドリのことを考えて、パスタを作ってくれました~
オ・ドリ、感激!!で、おとなしく食べていればいいのに…
「私、パスタを食べる時は必ずS0BUCKのコーヒーを飲むんだけど…こんな田舎じゃないわよね~」
「あるよ!ちょっと出かけないといけないけど」
「ホントに?でも車あるの?」
「ちょっと待ってください」
スポーツカーか何か?って、ワクワクのオ・ドリ…
牛を1頭連れて来ました(笑)

18060809.jpeg


牛を見て驚き過ぎてしゃっくりが出てたのに、気分良さそうに荷台でニコニコしてるオ・ドリでした。
なかなか良さげです、この二人(笑)

18060810.jpeg


バンジージャンプの準備完了のウンニム…そういえばバケットリストに書いてましたね。
意外と躊躇することもなく飛びました!
「私は戻らない!」って叫びながら…
この声が山にこだまして、畑にいたフンナムとジョンウムの耳にも届くのですが、まさかオンマの声とは思わず…もくもくと種芋を植えていました(笑)

18060811.jpeg


カフェのドライブスルーで(笑)コーヒーを注文!
スターバックスのマークが牛の絵…実在のショップ?ドラマ用?SOBUCK COFFEEって看板です。
「ホントに気持ちいいわ~」
満足そうなオ・ドリ(#^.^#)

家に帰ったら、もう夜!
「ありがとうございます、いろいろと」
「ありがとうって聞けて良かったよ」
「これから何しましょうか?」
「お気に入りのコーヒーを飲んだし、もう帰りなさい」
「え?」
「人として礼を尽くしてもてなした。私たちの縁は、ここまでだと思う」
お辞儀して、立ち去るキム・ソウル…
オ・ドリが呼び止めても、振り返ることもなく…
泣きそうな顔で、オ・ドリは帰りました。

18060814.jpeg


ジョンウム+フンナム
「あの二人どうしてるかしら?」
「さあね~男と女が、家ですること…」
「キャー(≧∇≦)じゃもっと時間をあげないと!」

道端に落ちていた自転車に乗ろうってことになり…
フンナムが自転車に乗れないことがバレて、自転車の練習が始まりました(笑)

ジョンウムが、自転車の後ろを支えて、フンナムがよろよろ運転していた時に、走って帰るオ・ドリを発見!
ジョンウムが、後ろにフンナムを乗せて、車を止めた所まで二人乗りで急ぎましたが、間に合わず…オ・ドリはタクシーで帰ってしまいました。

18060812.jpeg


オ・ドリに連絡しようとしましたが、二人とも携帯がバッテリー切れ!
そして車のキーがないことに気付き…
「さっきのカブトムシが車のキー?」
つ・づ・く

18060813.jpeg




関連記事




category: フンナムジョンウム