韓国ドラマ感想 ゆる~く更新中

『彼女の私生活』 あらすじ 1話オタクって知ってますか?  

シェアする シェアする シェアする 後で読む LINEしちゃう
그녀의 사생활 Her Private Life
tvN 2019/4/10~

あらすじ 2話
登場人物紹介のページ


こんにちは~
1話、見ました。おもしろくなるのかな?1話はいつものように、人物紹介みたいな回です。飛ばし飛ばし読んでください。私もまだハマれていないので、気持ちが入っていないかも?(笑)です。
それでも『キム秘書…』を見てから、パク・ミニョンがそれほどイヤじゃなくなりました。秘書のスタイルとはまたちょっと違って、スーツ姿が多いですね。

あらすじ 1話 オタクって知ってますか?

オタクって言っても…アイドルオタク(?追っかけみたいな感じかな?)

チェウム美術館勤務の3人
ソン・ドクミ(パク・ミニョン)ユ・ギョンア(ソ・イェファ)キム・ユソプ(チョン・ウォンジャン)
最後のお客さんが帰ると、スポーツウェアに着替えて、次の日オープンの展示準備に取り掛かります。展示物の到着が遅れれたため、必死!!

19041201.jpg


もしかして寝ないで準備して、なんとか間に合いました~
セレモニーでは何もしていない館長オム・ソエ(キム・ソニョン)が、上品にご挨拶…
その間も、時間を気にして外に出たソン・ドクミ…
しぶるバイク便のお兄さんに4倍の料金を提示して、猛スピードで自分をどっかに運んでもらうようです。

「あんなに急いでどこ行くんだ?」とキム・ユソプ…
「仕事中毒なのよ」←ユ・ギョンア

19041202.jpg


コインロッカーから大きなケースを取り出し…いつのまにか着替えて、でかいカメラを構えているソン・ドクミ…
誰か芸能人の出待ちかな?女子がいっぱいの中で、脚立に乗って望遠レンズってヽ(゚Д゚;)ノ

アイドルグループホワイトオーシャンが到着…キャーキャー騒ぐ女子たちの中、冷静にシャッターを切るソン・ドクミ(笑)
ホワイトオーシャンのシアン推しみたいです(笑)

19041203.jpg


コンサートで…
シアンが放り投げたペットボトルをキャッチして、ガッツポーズのソン・ドクミ…美術館でテキパキ仕事をこなす姿との落差ハンパないです(笑)

19041204.jpg


ソン・ドクミ、自宅で
シアングッズに囲まれ…シアンの動画を見ています。
『両親が芸術にとても関心があったので、幼い頃から芸術品に囲まれていました。最近は自分好みの作品を買い始めました。これが僕のコレクションです…これはイ・ソルという作家の絵画です。見た瞬間、一目惚れしました。限定品です。キレイでしょ?』

スマホでシアンの動画を見て「かわいい❤かわいい❤」とジタバタ…顔がメロメロ…
シアンが紹介していた絵を、今年のシアンの誕生日プレゼントにしたいなぁ~とか、無謀なことを言ってます(*_*)

19041205.jpg


意味ありげに映った絵…
これはシアンが一目惚れしたっていう絵と似てます?
この絵が飾ってある部屋にライアン・ゴールド(キム・ジェウク)がいました。
場所はニューヨーク?RISING ARTISTS NYって建物…
ギャラリーオーナーやコレクターが、ライアンの動きを見守っています。。。
ライアンの芸術に対する見極めが確かなようで…
1秒見た絵→✕
2秒→まぁまぁ
3秒→good!
去年5秒見た絵の作家は、今年超ブレイクしたそうです。

ライアン自身もアーティストなのに、今は何もしていないようで…
サインをもらいにきた女の子に「いつになったらアーティスト・ライアンに会えるの?」なんて聞かれていました。

19041206.jpg


お医者さんのような人+ライアン
「スタンダールシンドローム…美術的・文化的価値の高い芸術作品を鑑賞した人が動悸・めまい・失神・錯乱・幻覚などの症状を呈する心因性の疾患…」
ライアンはテニスボールを壁の絵にガンガンぶつけてキャッチボールしながら聞いています(笑)
「止めろ!!この絵がどんだけするか知ってるのか?」
「$89.99?原価はたぶん…$12だろ」
ぽか~~んなお医者さん(たぶんお友達)

「ホントに好きでその絵を買ったのか?それとも安かったから買ったのか?」
「好きで買ったけど!問題でも???٩(๑`ȏ´๑)۶」
絵を床に置いて、診察に戻りました。

「ある絵を見た後で、絵を描けなくなっただけじゃなくて、筆も持てなくなったってこと…それがスタンダールシンドロームと診断した理由だ」
「この3年間…心理療法や催眠、薬物療法をやってきたけど改善しなかった。無能な医者のせいで…」
「認めるから(^▽^)/来ないでくれ!諦めた!オッケー?」
「今、なんて言った?俺は諦めないぜ~お前を無能な医者にするわけにいかないから!お前ならできる! ( ̄ー ̄)bグッ!」

「ところで、あの絵を見たのか?」
「K-POPのチャ・シアンを知ってるか?」
「ホワイトオーシャンの?あぁ~姪っ子がファンだよ」
「そいつが持ってるんだ」
「ホントか(゚Д゚;)?3年間、誰が描いたかもよく分からないってのを、K-POPスターが持ってるって???有名な作家のものじゃないか?とりあえず…いいことだ!見れるか聞いてみればいいじゃん?」
「俺が?」
「そう!お前!他に誰だよ?」
とにかく背後にいる作家を探したらどうだ?とアドバイスするお医者さんでした。ライアンの『R』の発音を直されていましたけど(笑)

19041207.jpg


美術館の人々…
前髪が特徴的な館長、オム・ソエ
この間の展示の時、なんですぐいなくなったのか聞かれて…若い才能のある子を支援しているとごまかすドクミ
才能の発掘よりも、実際に人気のある作家イヴァノフのものを買って来いって命令されていましたけど…

ユ・ギョンア+キム・ユソプ
ちっちゃいシールを貼るだけなのに…不器用なキム・ユソプの後ろから手を伸ばしてコツを教えるギョンア
ドキドキのキム・ユソプ→恋愛に発展するんでしょうけど、なんかどうでもいい(笑)

19041213.jpg


実家に立ち寄ったドクミ
ドクミが出張の話をすると…
「もしかして…仕事にかこつけて、アイドルの追っかけをするんじゃないの?」と、オンマに突っ込まれアタフタ(笑)

ドクミが子供の頃から、オンマは編み物三昧、アッパは拾った石?を磨いて嬉しそうにしていて…オタク気質は持って生まれたものだって開き直るドクミ…
おかずのタッパをたくさん持たせようとして、ドクミ一人では持ちきれないので、ナム・ウンギが運んであげることになりました。
筋肉ムキムキのナム・ウンギ…ホントの兄かと思ったら、幼なじみが家族みたいに同居してるだけでした。
ドクミに片思いしているって、人物紹介に書いてましたけど…

19041208.jpg


ドクミの部屋は…
ステキなマンションの最上階と思ったら、屋根部屋みたいなところ…でもオシャレなお家です。
玄関ドアの暗証番号を代えたというのに、ウンギは普通に開けてしまいました。
「チャ・シアンの誕生日かデビュー日だろ?」って、ドクミのことはなんでもお見通しみたい…

19041209.jpg


ウンギは部屋に入るなり人影に気付き、思わず殴り飛ばしたら…チャ・シアンの等身大パネル(笑)
ドクミにバッグで殴られ…せっかく荷物持ちをして送ってくれたのに、冷たくあしらわれていました。かわいそ~

19041210.jpg


こちらはライアン・ゴールド
MONO ARTってところ…ギャラリーなのか、ライアンが住んでいるところなのか…デスクやソファもどなたのデザイン?超高いのかしら?ってものばかり…
PCで見ているのは、いつか話していた絵?
ガラス玉みたいなシャボン玉みたいな、輝きがある玉と、背景はぼんやりした花なのかな?

中国のオークションのサイトを見ていて…
ニューヨーク→上海

19041212.jpg


中国の金華オークション会場
ソン・ドクミがイヴァノフの絵を落札して…ひと仕事終えたなって時、近くにシアンに似たイケメンがいるのに気付き、チラ見二度見三度見していると…
「1987年作…」とイケメン君が話し出すので(゚Д゚;)!!(゚Д゚;)
『韓国人だったの?』

イケメン君のつぶやきが続きます。
「目鼻立ちの上品なライン、完璧なまでのバランス…」
「何を言ってるのかしら…」
「アート作品のタイトルは…ライアン・ゴールド」
「まさか…ご自分のことを???」
「欲しいのか?」
「ぇぇ?いいえぇ~」
「欲しいのかと思ったよ。ずっと俺のこと見てたから」
「オモ…どうかしてる(韓国語のトライってやつ、いつも出てきますね)」

オークション会場でイ・ソルの作品が紹介
『キャー!!これはシアンが好きだって言ってた!!』
頭の中で、シアン誕生日積立金を素早くはじき出すドクミ(笑)
『3000万₩→27000$ある!!!』
ニッコニコで競り落とす気で、札を上げました→10000$
すぐにライアンが札を上げて→11000$
どんどん値が上がり…
なんとしてでも、シアンの誕生日プレゼントにしたいドクミは23000$
ライアン→24000$

とうとうドクミは限界の27000$→ライアンは28000$
ビクビクしながら限界超えの29000$(笑)
落札を祈るドクミですが、ライアンが30000$で落札しました。

ドクミは、オークション会場を後にするライアンを追いかけて、譲ってくれって頼みますが、そんなことに応じるはずありませんよね?

19041214.jpg


帰国したドクミ…
美術館に出勤すると、オム・ソエ館長がソウル地区検察庁に連行されているところで、ドクミも一緒に連れていかれました。。。
館長は、TKグループのキム・ムソン会長の妻…裏金作りのために横領かなんかしていたみたいです。
TKグループの関係団体の美術館も捜索、取り調べられました。

19041215.jpg


取り調べから解放されて帰宅したドクミ
合鍵を持ってるの?イ・ソンジュ(パク・ジンジュ)が家でくつろいでいました(笑)
高校の同級生でアイドルオタクをやっていた人ですね。

美術館の仕事が大好きなドクミ…自分が展示していた絵が、人々を感動させるためではなくて、不正な資金のためだった…涙涙( ノД`)シクシク…

ですが…翌日にはGNグループにヘッドハンティングされてニッコニコ(^^)/
週40時間出勤するだけでいいので、オタク活動の時間が十分取れる❤
早速、オム・ソエ館長に話に行きましたが…これまでの功績に感謝されて、館長に相応しいのはあなただけと言われて…言い出せず…それどころか館長になった自分を想像してうっとり~~❤

19041216.jpg


こちらは…韓国へ向かう飛行機の中
シアンの追っかけのシンディが機内でも写真を盗み撮りして、SNSにアップしています。
そして、同じ飛行機にライアンも乗っています。。。

19041217.jpg


空港ではたくさんのファンがシアンをお出迎え
飛行機に同乗しているシンディがアップした写真を見て、悔しそうです。
ドクミは黒づくめのファッション、黒マスクで、ファンのみなさんから離れた所に脚立を用意!望遠カメラを構えています。
ドクミはまず俯瞰で見れる場所で、シアンや迎えの車、ボディーガードなどの動線を考えて、カメラの場所を割り出して移動しています(プロ?(笑))

ドクミの読みが見事に的中して、大勢のファンに邪魔されることなくシアンを連写…と思ったら…シアンの前に邪魔者の男が映り込み(笑)
「何?誰なの?どいて!どけ!」って、ライアンです(笑)

ファンの女子が「あっ!シアンオッパだ!!」と気づいた時には、急ぎ足のシアンは空港を出る寸前(もう少しで車に乗り込むところ)
後ろを歩いていたライアンは、自分の方に向かってくる女子の群れに(゚Д゚;)ビックリ!!!

19041218.jpg


人混みに押されたライアンは…
脚立に登っていたドクミにぶつかり、そのまま二人は床に倒れて…ライアンのジャケットの袖が破れちゃってます。
「私だって…カメラが…」
「はぁ~謝らないのか?謝るんだったら、顔を見せろ!」
黒マスクにライアンが手を掛けた時、ドクミは走って逃げてしまいました。。。
床に落ちていた何かを拾うライアン…たぶんドクミのもの…

ドクミはシアンの写真をイ・ソンジュと一緒に見ていて…
「この邪魔者の男、どこかで会った気がするんだけど覚えてないんだよね~」

って、急に思い出しました。
「この男、シアンの好きな絵を私から取った男だ!!」
ライアンの目にモザイクを掛けて、写真をサイトにアップしました(笑)

1904121.jpg


新館長気取りで出社したドクミ
後任の館長はアメリカ人だと、ユ・ギョンアから聞かされ呆然(;゚Д゚)…
どうやら…オム館長は、ドクミがGNグループの人間と接触していたのを見ていて、引き抜かれるのは屈辱的なので、ひと芝居打って次の館長はあなたみたいなことを言って褒めちぎったみたいです。
後任は完璧な人物だって言ってました(ライアン?)
ドクミはGNグループに連絡をしましたが、もう新しい人を採用した後でした(--*)

イ・ソンジュと会って、愚痴って…
こんな時は『聖地巡礼』だって、ソンジュが励まして出掛けましたけど…

성지 순례(聖地巡礼)
アイドルオタクの巡礼は…好きなアイドルゆかりの場所をめぐる?

ホテルでくつろぐキム・ジェウクライアン・ゴールド
ステキなキム・ジェウク(*˘︶˘*).。.:*♡
このホテルにイ・ソンジュとソン・ドクミが到着
シアンが滞在する時に使う3250号スイートの部屋を行くみたいです!!高額らしくて遠慮するドクミですが、ソンジュの父親がここの地主?らしくて全然大丈夫!!(うらやましい)

フロントに預かりものの書類?を取りに来たライアンに…
「キム秘書に別の部屋にするように言われました。スイートルームのキーです」
3250のカードキーを渡しました。

直後にドクミとソンジュがフロントへ…
「すみません。たった今、別のお客様が…」
諦め気味のドクミに、「なんとしても引き下がらないのがオタク!!」と、ソンジュはライアンを追いかけました。

19041219.jpg


ソンジュ+ライアン
「3250号のスイートルームのお客様ですか?部屋を変えてもらえませんか?」
「え?」
「急なことで驚きますよね?無礼なのは承知して…」
「無礼なことが分かってるなら、そんなことするべきじゃない」
「タダでこんなことお願いしません。お支払いします。いくら欲しいですか?ちょっとお話できないんですが、これには事情があって…」
「どんな事情ですか?」
「そ、それは…」
「いったいどうしてこんな無礼な行動をするのか理由を知りたい!」
「お話できないって言いました…」

ポッケからカードキーを出して…
「コレ、欲しくないんですか?」
「話します。話したら代えてくれるんですね?」
「…」
「実は…巡礼中なんです」
「(・・?」
「だから…好きな人がいて、その人がそこのスイートを以前利用していて…お互いに簡単に会うことができないので…」
「(・・????」
「ところで、前に会ったことありませんか?」
イケメン君は、いつもこんなふうに声を掛けられるのかなぁ?「またか~」みたいな顔をして、ライアンはいなくなっちゃいました。

19041220.jpg


ホテルのバーで…
イ・ソンジュは、結婚してオタク活動がなかなか思うようにできないようです。楽しそうにドクミとオタク談義をしている時に、ライアンがバーに入って来ました。
『好きな人に会いに来たって言ってたのに?』
2人でイヤホンをシェアして、シアンの動画を見てはしゃいでる姿が、女同士でくっついてるように見えたんですね(笑)
『簡単に会えない』って言ってたし(笑)

19041221.jpg


うろうろして考えこんじゃうライアン
『彼女が愛する人が当然男だと考えるのは、偏見と差別だ。その上、彼女は勇気を振り絞って真実を話してくれたのに…俺は彼女を信じなかった。信じられなかった。ホントに自分がイヤになる』
自己嫌悪でうなだれるライアン(笑)(笑)(笑)

トイレに立ったソンジュを、ライアンは呼び止めました

19041222.jpg


とうとう!!3250号室へ
「わぁー泣きそう…信じられない…ソンジュ大好き!すごーーーい!」
この部屋で撮ったシアンの写真をマネっこして大はしゃぎの二人…
「あなたのおかげで楽しかった~♪新しい仕事をみつけたら、お返しするね」
「ホントに辞めるつもり?」
「当たり前よ!オム館長にあんなにバカにされて、いられない!辞表を明日ぶん投げてやる」
「それで?後どうするの?計画はあるの?」19041226.jpg
「まず~コンビニでロトを買う」
「チッ!」
「ロトを当てるの」
「ヤーー!!もっと具体的な計画はないの?」

ロトが当たったらの夢話をするドクミ
「シアンのアルバムをたくさん買って…撮影場所に移動カフェの車、チュロス車とか差し入れして~❤…ところで、ここの部屋の人はどうして突然部屋を代えてくれたのかしら?」
「さぁ??でも、ホントにどっかで見たことあるのよね~」
ファンからの差し入れの移動カフェとかチュロスの車を、インスタにアップしている韓国俳優さん多いですよね?これは➡『キム秘書』の時のパク・ソジュン君です。


19041223.jpg


翌日、美術館へ
『何が起こっても、私はいつも仕事に戻る…』
心機一転、張り切っているように見えます。辞めるんじゃなかったんですね?

チカチカするライトが目について、脚立に登って直している時に…男性の靴音…
「そこで仕事ですか?」
「はい、お待ちください」
脚立を降りながら…男性がライアンだと気付きました。
中国のオークション会場、空港でシアンの前に立っていた人…
動揺して脚立から転げ落ちるドクミ…
(やっとドラマが始まる~~って感じです)
つ・づ・く

19041224.jpg



関連記事




category: 彼女の私生活